「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

建築の仕事をしている者ですが、知識が浅い為教えて下さい。
先日、新築住宅が竣工した為、完了検査を受けました。すると宅地の空きスペースに物置(プレハブ)を2つ設置してあった為不合格になってしまいました。お客様が私にも現場の者にも許可を得ず、勝手に設置してしまったのです。
物置の設置に関しては行政によっては解釈の違いがかなり有る様なのでお客様に説明した上、不合格覚悟で検査をしてもらったら案の定ダメでした。行政からはCBと物置を固定して防火戸であるか性能書を提出して下さいと言われました。
そこで教えて下さい。
CBと物置は外側から金物で固定します。戸も性能を満たす物に取り替えます。
物置と隣地の関係ですが、隣地から30cmしか離れてない所に設置してあるのですが、延焼ラインは防火戸に変更する為クリアと考えて良いのでしょうか?
わかりずらい内容かとは思いますが教えて下さい。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「行政からはCBと物置を固定して防火戸であるか性能書を提出して下さいと言われました。


答えは出ていますね、本来ならば完了検査はOK出来ないが行政の判断で、上記の条件を満足すれば、完了検査済書を出すと言うことです。
そのあたりは深く突っ込まずに(不利になります)行政の条件をクリアして、写真と、性能書を提出すれば良いのです。微妙な駆け引きですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。行政に言われたことをして申請して、それで終われば良いのですが境界線の問題でまた指摘されたらと正直心配です。
施主には行政に指摘されるから条件を満たして申請するので費用も時間もかかりますと説明しているので気は楽ですが・・・何とか設置出来るといいんですが。
回答者さんの言う様に思い切って申請してみようかな?

お礼日時:2011/01/26 14:43

防火・準防火の地域だったからダメだったというのは、たんなる理由付けの一つです。

解釈ではありません。

実際に、新築の完了検査に図面に無い物置がある自体がアウトです。床面積を増やしてしまっています。
そうでないと、変更建築確認申請を出さないとダメとは言われませんでしたか?

是正策は、設置した物置を一時解体して写真等の証明を提出することでたいがいは良いはず。
検済を貰ってから再度組立てしまえばいい話です。
近隣の住宅でどんな物置が設置してあるのかを観察すると防火戸が云々なんてのは無いと思います。

お施主さんと簡単な方法で対処するべきと考えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
行政には面積が10m2以上あるので軽微の変更でなく追加説明書を提出する様に言われました。その他、防火戸の資料、CBと物置を金物で留めた写真、現況の配置図を提出と言われています。
物置を一時解体するのが一番簡単な方法だとは思いますが、施主的には解体ではなく申請して欲しいとの事ですので行政と協議しながら解決したいと思います。

お礼日時:2011/01/26 14:33

ご質問に関係する法規は「建築基準法 第64条、65条」だと思います。


「(外壁の開口部の防火戸)
第64条  防火地域又は準防火地域内にある建築物は、その外壁の開口部で延焼のおそれのある部分に、防火戸その他の政令で定める防火設備(その構造が準遮炎性能(建築物の周囲において発生する通常の火災時における火炎を有効に遮るために防火設備に必要とされる性能をいう。)に関して政令で定める技術的基準に適合するもので、国土交通大臣が定めた構造方法を用いるもの又は国土交通大臣の認定を受けたものに限る。)を設けなければならない。

(隣地境界線に接する外壁)
第65条  防火地域又は準防火地域内にある建築物で、外壁が耐火構造のものについては、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。 」

問題はいくつかあります。
1)問題の「物置」が「イナバの物置」のようなものなら「防火戸」となるような扉はおそらく無いです。
2)問題の物置が隣地境界線から30cmしか離れていないなら、上記65条から考えて、外壁自体の耐火構造を求められるおそれがあります。当然それは無理な話です。
3)問題の物置を「建築物」として扱うなら、「延焼のおそれある部分」は隣地境界線だけでなく、同じ敷地内の別建物(母屋?)との間にも発生します。1階において母屋と物置が6m以上離れていない場合、母屋の方にも延焼ラインがかかり、防火戸等の設備が必要になるでしょう。

以上からおわかりのように、プレハブ物置を適法に設置するのはかなり困難です。そう言うものは普通は竣工検査の後に「こっそり設置」するのです。そうでなければ、物置は撤去する以外現実的にはあり得ないでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。施主に撤去の話もしましたが家を新築する前から使っていた物で、撤去は考えられないから費用は出すので申請して欲しいとの事でした。
正直、一言言ってくれればと言う気持ちはありますが、行政と協議して解決したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/26 13:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q準防火地域に建てることのできる物置orプレハブ小屋

準防火地域の空き地に3坪程度の倉庫の建築を予定しています。
建築確認を含め、正規に建てる計画です。
そこで、質問です。
準防火地域でも対応できる商品(物置、プレハブなど)でおすすめはありますか?
使用目的は、町内会の備蓄庫です。
食品も保管するので、少しは断熱性能があったほうが良いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

そういうのは旧大和工商リースがいいんじゃないかな。
リースだけじゃないと思うんだけど
昨年から大和リースと改称したらしい。
いわゆるプレファブやだから最適かと。
準防火地域には申請が必要とうたっているから対応商品もあるのでしょう。商品群は多すぎてどれがいいかはわかりません。

Q物置の確認申請

職場の有料老人ホーム(RC造3F)の敷地内にヨドコウなどの既製品物置(4平米ほど)を
置きたいのですが、確認申請がいるとのアドバイスを受けました。
敷地が準防火地域なので面積に関係なく確認申請が必要とか・・・。

その旨、行政に問い合わせた所、厳密に言えば建築物になり確認申請が必要だが
既製品物置で確認申請を通した前例が無く何とも・・・・と言う回答でした。
暗黙の了解で建ててもいいのですが、土地が借地なので家主さんとの契約で建築基準法等を
厳守する事となっていますので、暗黙の了解では家主さんの了解が得られません。

4平米のヨド物置の確認申請は通るのでしょうか?素材は全て亜鉛鋼板です。
ちなみに場所は境界のフェンス沿いに建てたいので延焼ラインというのに入るそうです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最低限、防火設備対応の物置である必要があります。

固定しなければ建築物ではないというような間違った意見も見られますが、4平米の物置は簡単に移動できるものではないため建築物として申請が必要です。
簡単に移動できるものというのは、小さな犬小屋のように人が抱えて移動できるような形態のものを言います。
建築士の資格を持っている人(行政も含む)でも間違った解釈をしている場合があり困ったものですね。

有料老人ホームという条件であり、一般住宅ではないので適当な解釈で判断すべきではありません。
物置は必ず基礎を設けて動かないように固定してください。
もし台風で倒れたり飛ばされるなどして人的な被害を与えた場合、それ相応の刑事罰を受けることになりますよ。

また物置を設置する場所に関してですが、老人ホームの付属建物である以上、避難上あるいは消火活動の妨げにならないように配慮する必要があります。

確認申請は、物置の構造だけを見るわけではありません。
同一の敷地にある建築物との関係についても審査の対象となります。

個人と法人では法的責任が大きく違いますから、ホームを設計した会社に問い合わせるなどして法律上の不備が生じないように対処してください。

最低限、防火設備対応の物置である必要があります。

固定しなければ建築物ではないというような間違った意見も見られますが、4平米の物置は簡単に移動できるものではないため建築物として申請が必要です。
簡単に移動できるものというのは、小さな犬小屋のように人が抱えて移動できるような形態のものを言います。
建築士の資格を持っている人(行政も含む)でも間違った解釈をしている場合があり困ったものですね。

有料老人ホームという条件であり、一般住宅ではないので適当な解釈で判断すべきではありません...続きを読む

Q10m2以下の物置は確認申請上、建築面積や床面積に含まれるか

10m2以下の物置は確認申請上、建築面積や床面積に含まれるか
知りたいです。
カーポートを設置するために確認申請を出すのですが、敷地内に10m2以下の物置
(ヨド物置)が2つ置いてあります。
1つの物置が5.43m2で2つ合わせると10.86m2です。
他に建物はたっていません。

この場合、確認申請の既存建物の床面積、建築面積には含まれますか?
ちなみに防火地区の指定はありません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

物置も今の法律では建築物の扱いです。確かに昔は可動なものだといって法解釈が違いました。
基礎がちゃんとしてないと実は既存不適格扱いになることもあります。
面積を換算する物置の定義は中に人が入って作業するものかどうかです。
5.43m2なら大きいのでこの場合は面積に含まれます。

他に建物が建っていない???増築ではないということでしょうか?
家があるとすれば建物の申請から10.86m2建築したことになり本当はその時点で申請が必要であったということになります。今となってはきびしくいえば手続き違反の状態です。

取り扱いや申請の細かいところは審査機関でご相談ください。
審査期間は違法を摘発するところではないので適法状態にする相談をするとよいでしょう。
審査機関によって実は求められる内容に差がでる部分です。

Q物置の建築確認申請について

お世話になります。新築住宅の土地の片隅に、市販されている既成品の物置の設置を考えておりますが、建築確認申請が必要なのでしょうか?

住宅施工会社は建築確認が必要なので、それによると敷地より1m離して建築しなければならないと言われました。
一方、相見積をとった他2店のホームセンターでは10平米以下の物置は、住宅が建っている庭でしたら建築確認の必要はありませんと自信を持って言われました。

できれば、ホームセンターではなく住宅施工会社に依頼したいと思っております。

できるだけ、土地を有効活用したいので、できれば目一杯隅に寄せて物置を設置したいのですが、
建築確認が必要なければそれで良いと思うのですが、どちらの言い分が正しいのか、ご存知の方のアドバイスを宜しくお願い致します。

【物置の詳細】
イナバ物置 ドマール FX-70HD
W2630 × D2630 × H2375
シャッタータイプ、基礎工事必要
▼外形図
http://www.inaba-ss.co.jp/monooki/download/PDF/FX/doku/out/FX-70HD.pdf
▼基礎図
http://www.inaba-ss.co.jp/monooki/download/PDF/FX/doku/kiso/FX-70HD.pdf

【土地の詳細】
用途地域:第1種低層住居専用地域
防火地域:法第22条指定地域・防火指定なし
その他:高度地区(第1種高度地域 後退距離1m 最高高さ10m)

【設置場所の状況】
正方形の土地の角地(隣地3方に建物あり)

お世話になります。新築住宅の土地の片隅に、市販されている既成品の物置の設置を考えておりますが、建築確認申請が必要なのでしょうか?

住宅施工会社は建築確認が必要なので、それによると敷地より1m離して建築しなければならないと言われました。
一方、相見積をとった他2店のホームセンターでは10平米以下の物置は、住宅が建っている庭でしたら建築確認の必要はありませんと自信を持って言われました。

できれば、ホームセンターではなく住宅施工会社に依頼したいと思っております。

できるだけ、土地を有...続きを読む

Aベストアンサー

建物を増築・改築・移転する場合では、防火地域及び準防火地域の指定を受けていない地域で増築・改築・移転する部分の面積が10m2未満の場合に限り建築確認申請が不要となっています。

郊外の住宅地等では防火地域及び準防火地域の指定を受けていない事が多くこれに該当するケースは案外多いと思われます。

今回のケースでは鉄製の簡易な物置であれば建築物扱いはされず、建築確認も不要となると考えられます。

しかし、法的に完全な答えを! と言われれば、県民局建築指導課で、御協議下さい!!!

以上、堅い話をしましたが、次にざっくばらんに、普通の事を言います。



建築屋としては、5坪、7坪程度の倉庫(軸組み工法)なら闇で建てる事が多いです。

なぜなら、お施主に負担をかけたくないから。。

単独で建てるなら、まだしも、住居の後から建てる建築はどうしてもサービスになりがち。

極端な話、カーポートでも物により、確認対象になり得ますが、だれひとりとして、確認なんか出しません!!!

それと同じ事なんです。車の屋根に誰が20万も出して確認なんかとりますか?


半年前、私の隣人が声がけもなしに、倉庫を建て始めました。

私の家から2メートルしか離れてない。風通しは悪くなるは、風景も変わってしまったし、日当たりも悪くなってしまいました。

調べたら案の定、無申請でした。建築課へ違法の意で届け出しました。

あまりに腹がったったので。。。

しっかり、施主と建築業者はおしかりを受け、一からの申請となりました。これは私のタレこみ、復讐ですが、近隣に迷惑がかからなければ、そのまま素通りしそうなパターンですね。

建物を増築・改築・移転する場合では、防火地域及び準防火地域の指定を受けていない地域で増築・改築・移転する部分の面積が10m2未満の場合に限り建築確認申請が不要となっています。

郊外の住宅地等では防火地域及び準防火地域の指定を受けていない事が多くこれに該当するケースは案外多いと思われます。

今回のケースでは鉄製の簡易な物置であれば建築物扱いはされず、建築確認も不要となると考えられます。

しかし、法的に完全な答えを! と言われれば、県民局建築指導課で、御協議下さい!!!

以上、...続きを読む

Q「延焼のおそれのある部分」にかかる部分の構造について

敷地面積が約750m2の土地に鉄骨造平家建の事務所を新築する予定です。この敷地は防火地域または準防火地域ではなく、法22条区域となっています。
が、敷地を有効に利用するため、建物が延焼のおそれのある部分にかかっています。

そこで、この延焼ラインにかかる部分の外壁もしくは開口部はどのような構造にしなければならないのでしょうか?
自分なりに調べたところ、
屋根…不燃材料
外壁…(延焼ライン内に限り)準防火性能を有する土塗壁等の構造
にしなければならないと解釈したのですが、これを材料にたとえるとどのような構造にすればよいのでしょうか?

現状は
屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
外壁…防火サイディング
    内装…壁:PB12.5mm+クロス仕上
        天井:ジプトン9.5mm仕上
外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
で考えていますが、このような構造でも大丈夫なのでしょうか?

ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉄骨造は、重量鉄骨ですか?軽量鉄骨ですか?
一般に、鉄骨というと、重量鉄骨を意味する場合が多いのですが、平屋の事務所だと、重量鉄骨にする意味が無いので、軽量かな?と考えました。

とりあえず、軽量鉄骨として、一般的な防火構造のことを回答します。
(重量鉄骨であれば、準耐火建築物になるので、少し視点が違います。大枠は同じですが‥‥)

>屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
不燃材料の認定が必要!
屋根材として販売されていれば大丈夫だと思います。
ガルバリウムの折板なんてあるんですね。勉強不足でした。

>外壁…防火サイディング
    内装… 壁:PB12.5mm+クロス仕上
       天井:ジプトン9.5mm仕上
防火サイディングは、防火構造認定品だと思いますので、OK!一応確認しておいてください。
*確か断熱材の充填の要求があったと思います。

>外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
これはNGです。
防火戸認定品のアルミサッシで、網入りガラスを使用しなければなりません。
(網無しでも認定品が出ていますが、かなり高価です。)

金属板の屋根は、断熱性能に不安があります。
快適な事務所にするのであれば、屋根面の断熱をかなり強化したほうが、光熱費の助けになり、快適な空間が得られると思います。

鉄骨造は、重量鉄骨ですか?軽量鉄骨ですか?
一般に、鉄骨というと、重量鉄骨を意味する場合が多いのですが、平屋の事務所だと、重量鉄骨にする意味が無いので、軽量かな?と考えました。

とりあえず、軽量鉄骨として、一般的な防火構造のことを回答します。
(重量鉄骨であれば、準耐火建築物になるので、少し視点が違います。大枠は同じですが‥‥)

>屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
不燃材料の認定が必要!
屋根材として販売されていれば大丈夫だと思います。
ガルバリウムの折板なんてあるんです...続きを読む

Q10m2以下の建物は確認申請が不要と言うことで

DIYでの倉庫を住宅に変更しる改装がほぼ終わり、皆様に色々教えていただき腕も結構身についてきました、
そこで来年は建物作りに挑戦しようかと考えています、
建物=確認申請と言うのは認識しています、しかし10m2以下は申請不要ということで10m2(6畳間)の四角い空間を一棟づつ作り、積み木のように横・縦に組み合わせて置いて大空間、または連結しては駄目な場合90cmほど間を空けて置いていく場合は申請を出さずに作っても大丈夫でしょうか、

Aベストアンサー

10m2以下の建物は確認申請が不要・・・×
10m2未満の建物は確認申請が不要・・・○
です。

敷地内に別棟で作る場合や、既存の建物に増築する場合
10m2未満なら確認申請の提出は不要ということです。

但し、防火地域や準防火地域の場合は10m2未満でも確認申請が必要です。

また別棟で作る場合、ひとつの敷地に可分の建物を建てる場合には
敷地の分割(机上でOK)が必要です。


10m2未満の増築を確認申請無しで作ることについては、某市役所の
建築指導課では「OK」としていますが、役所への確認は必要かと思います。

確認申請不要ということについて勘違いしている人がいるので注意してください。
確認申請不要とは役所への届けが不要なだけであって、
建物を作る際には法に合った建物を作らなければならないということですので
お間違えのないように。

Q延焼の恐れのある部分

はじめまして。私は建築を勉強しているのですが、
『延焼の恐れのある部分』についての質問があります。延焼部分って
用途地域や防火地域、22条区域などの指定が無くても発生するものなのでしょうか?
また鉄骨の建物を増築して延焼にかかる場合、建具を防火設備にするだけでよいのでしょうか?

Aベストアンサー

防火地域や用途地域とは切り離して考えて下さい。
ようは自分の建物が燃えた時や隣の家が燃えた時に延焼を防ぐ為の法令です。隣地境界線から1階は3メートル、2階以上は5メートルまでが延焼のおそれのある部分で防火構造の壁(建築基準法に規定されてます。)で作らなくてはなりません。
同様に自分の敷地内でも2棟ある様な場合には建物と建物の中心から1階は両側に3メートルづつ、2階以上は両側に5メートルづつが延焼の恐れのある部分となり防火構造の壁で作らなければなりません。

鉄骨の建物の場合は外壁・軒裏を防火構造、建具は防火設備、屋根及びその下地は不燃性能を持たせた物で作らなければなりません。
例外もあり、国土交通大臣が認めたものについてはそのまま使用できます。しかし、大臣が認めたもの(すなわち大臣認定)はとても大変な作業になりますので、通常は前者の条件を満たす事で合法としています。

Q準防火地域と車庫のシャッターについて

今回、準防火地域に家を新築しました。
ビルドインの車庫があるのですが、現状はシャッター無しです。
今度、電動シャッターを取り付ける予定なのですが、
乙種防火戸仕様のシャッターを取り付けるべきでしょうか?
それとも、一般のシャッターで十分でしょうか?

回答のほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 
 
#2です。
 
>>外壁の開口部でも延焼のおそれのある部分でなければ防火戸の必要はありません。
>>ここまできて、法的に防火戸にする必要がある事になります。
 
>この2行の意味が私にはやや専門的過ぎて、理解できません。
 
#3の方への質問ですが、返答がないようなので代理で投稿します。
 
「延焼の恐れのある部分」とは、道路の中心線、隣地境界線から1階で3メートル、2階以上で5メートルの範囲の敷地の部分を言います。この範囲にある開口部は防火戸とする必要があります。道路側面はクリアすることが多い(道路幅があるから)のですが、車庫が隣地側から3メートル以上あけられていることは少ないと思いますから多かれ少なかれ「延焼の恐れのある部分」に引っかかってるのではないでしょうか?少しでも範囲に入っていれば、その開口は防火戸にする必要があります。
 
逆に言うと広い敷地で少なくとも車庫部分は隣地から3メートル以上離れているのであれば、防火戸の必要はありませんが、失礼ながら準防火に指定されている地域は密集地が多いので、そういう余裕があることは少ないので、前回の投稿ではあえて書いていませんでした。
 
 

 
 
#2です。
 
>>外壁の開口部でも延焼のおそれのある部分でなければ防火戸の必要はありません。
>>ここまできて、法的に防火戸にする必要がある事になります。
 
>この2行の意味が私にはやや専門的過ぎて、理解できません。
 
#3の方への質問ですが、返答がないようなので代理で投稿します。
 
「延焼の恐れのある部分」とは、道路の中心線、隣地境界線から1階で3メートル、2階以上で5メートルの範囲の敷地の部分を言います。この範囲にある開口部は防火戸とする必要があります...続きを読む

Q建築基準法上の「建物の最高高さ」とは?

自宅の南側に10階建てのマンションが建設中なのですが、建設業者の説明を聞いてもよく分からないところがたくさんあり、本当に困っています。
建物の高さに関して、下記の3点が分からないのですが、どなたか教えて頂けると助かります。

(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
(2)建築基準法上の「建物の最高高さ」とは、どこからどこまでの高さのことでしょうか?例えば、最上階にエレベーターが突出した所があるのですが、それも高さに含まれますか?
(3)建物の「最高高さ」と「建物高さ」って、どういう違いがあるのでしょうか?

以上です。
何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ
だいぶ大変みたいですね。
反対派の住民のみなさんの中に建築士や建設業界のかたが誰もいない状況ですか?
そういう職業の人がいれば町内会で顧問のような形で相談したほうが身内ですし
親切に安心できると思いますのでぜひご町内を探して見てください。

>(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
私達素人にはとっても難しいんですが、がけ地にマンションを建てるような場合
には水平な土地ではありませんので、高さの基準になるゼロ地点がどこにしたら
よいか困ることになります。
そこで、仕方なしに「形だけこれを水平面と仮定しよう」という線を一本引くこ
とになります。これが設計GLです。(GLはグラウンドラインの頭文字です)

水平でない地盤がだらだらと長く続いてしまう場合は3メートルごとに「平均地
盤面」を算出する決まりになっています。
・・・なので、だらだら長い斜面に巨大なマンションが建つような場合には、
A地点の平均地盤面、B地点の平均地盤面、C地点の・・・と3メートルごとに
たくさん地盤面が登場することになってしまうことがあります。
(建築基準法施行令2条2項だったけど最近変わったかもしれません)

>(2)建築基準法上の「建物の最高高さ」とは
これも私達にははてな印がいっぱい点滅してしまうんですが、「エレベーターが
突出した所」の面積が、マンション全体の建築面積の1/8以内のちいさいもの
だったら、12メートルまでは高さに含めなくてよい、といった免除の規定があ
ったりしてこれは非常に入り組んでますので、実地に図面を見る事のできる人に
相談して見てください。
(みんな12メートルかと思うと、実は低層の住宅専用地域だと5メートルとか、
変な但し書きがいっぱいありますので、掲示板だけではちょっと無理だと思いま
す)

〉(3)建物の「最高高さ」と「建物高さ」って
これは普通の平地なら、軒の高さと最高高さしかないんですが、がけや坂に建っ
ている大きな建物だと、(1)のようにいろんな地点での高さがあることになる
ので、それで使い分けているんじゃないでしょうか。
ご質問のマンションは斜面に建っているんですね、きっと。

ちょっとネット検索して見たら、わりと私たちにも親切に書いてくれているサイ
トがありました。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~katana/yougo.htm
すごくいっぱい説明されていて嬉しいのですが、あまりに多すぎるので
↑ここで「平均地盤面」とかページ内検索してみてください。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~katana/yougo.htm

こんにちわ
だいぶ大変みたいですね。
反対派の住民のみなさんの中に建築士や建設業界のかたが誰もいない状況ですか?
そういう職業の人がいれば町内会で顧問のような形で相談したほうが身内ですし
親切に安心できると思いますのでぜひご町内を探して見てください。

>(1)平均地盤面と設計GLって何ですか?
私達素人にはとっても難しいんですが、がけ地にマンションを建てるような場合
には水平な土地ではありませんので、高さの基準になるゼロ地点がどこにしたら
よいか困ることになります。
そこで...続きを読む

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング