ダイエットすると筋肉から先に落ちて、脂肪は次に落ちると聞きました。
これっておかしくないですか?

脂肪は飢餓に備えてエネルギーの貯蔵庫としてあるわけですよね。
ダイエットすることでエネルギー不足が起こったなら、この考えでいくとまずは脂肪から使うべきだと思うのですが、人体は何を考えて筋肉から先に分解していくのでしょう?

筋肉は生物の身体において、活動するのに重要なものですよね。
エネルギー確保のために狩りをするのにも瞬発力が必要ですし、筋肉から分解してしまうとそれすらもできなくなります。

ダイエットはタンパク質も不足するから、動くだけで断裂を起こす筋繊維の減少の方が早いということでしょうか?
だとすると、ダイエット中も必要分のカロリーをタンパク質で摂っていれば、脂肪から先に落ちていくということになりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

駄文の回答集をお読みいただきありがとうございます。


もしよろしければ去年ここから締め出されたこの人の回答集なども
お目を通していただくとよろしいかもしれません。
http://kikitai.teacup.com/user.php3?u=1289144

この人1年ぐらい消えてたのですが、再登場後の回答は明らかに「ウケ」だけ狙った
ものが多いので2009年ぐらいより前の回答の方が役に立つと思われます。

>筋肉に与えるダメージの意味で質問に「断裂」という言葉を使っていますけど

実際には日本語だと「筋線維の(微細)損傷」ですね。
豆知識ですがポジティブ動作とネガティブでは損傷箇所が変わります。

>ダイエットで減量している時は筋肉が減るという考えですよね。

えと、ある体脂肪率(実際は体重や身長に対しての絶対的な体脂肪量)までは
減量テクニックがあればほぼ減らすことは無いです。
そこを超えるとやっぱり減ります。
したがって

>同時に減り始めてそれぞれのスピードに差があるだけという認識でよろしいでしょうか?

体脂肪量とトレーニングの有無によります。そこそこ脂肪が乗って筋肉がそれほどついていない状態でそこそこの摂取カロリーがあるなら
ある程度脂肪を落としながら筋肉を減らすことも出来ます。

一つの例として貼らして頂きますが
http://oneh.main.jp/forum/viewtopic.php?f=9&t=46

非常に特殊な例なのでこう覚えて下さい。
一般的なダイエットの状況下できちんとしたウエイトトレーニングを行った場合
・ある一定の体脂肪率(体脂肪量)までは脂肪だけ落ちます
・そこを超えると9:1ぐらいで減って行きます

ウエイトトレーニングを行わない場合は
・8:2ぐらいでほぼ同時に減ります。
・かなり体重が落ち標準体重を切り脂肪が少なくなると筋肉と骨の減少率は上がります
(男女差があります)

なので体脂肪率は体重が分母になりますから、通常、体重が下がると体脂肪率は上がります。

この件に関しては後ほど新しく立てられた質問にも参加してみます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>そうだとして、筋肉が生活強度に適した量にまで減った場合はいかがですか?
>あとは脂肪だけが減っていくという認識で良いのでしょうか?

↑このようなことを訊いてしまいましたけど、よくよく考えれば筋肉の量がその時の生活強度に適していても、脂肪が減って体重が減ればまたその強度に合わせて筋肉も減るんだから、脂肪だけが減るなんてことはないですよね(^_^;

僕が今回知りたかったのはトレーニングをしなかった場合ですけど、そういう状況下でも筋肉が減る量の方が少ないということで、標準体重より重い場合は筋肉が先に減っていくということはありえないということになりますね。

最近は標準体重からさらに下げようという女性が多いので、それによって上がる筋肉と骨の減少率を勘違いして、「筋肉の方が先に減る」という情報が広まったのかもしれません。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/03 09:46

ゴメンナサイ


×ある程度脂肪を落としながら筋肉を減らすことも出来ます。
○ある程度脂肪を落としながら筋肉をつけることも出来ます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2011/02/03 09:59

あっ上のこのリンク



>一つの例として貼らして頂きますが
http://oneh.main.jp/forum/viewtopic.php?f=9&t=46

長いので読む必要を省きます、要点を言うと
このスレヌシの方は1ヶ月ぐらいで体重キープのままウエストを5cm減らしました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

世のダイエットをしている人たちが望む、食べる量や筋肉を減らさないとかいう方法は、ここまで繊細に考えてじゃないとできないんですね。
テレビ番組でつけた知識だけの人たちが失敗する理由が分かりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/02/03 09:58

たいへんありがたいお礼をいただいてうれしいです。

ありがとうございます。

>ジムのインストラクターの人ですら、こういった話はしてくれませんでしたよ。

ここを長年みて思うのですが、ジムのインストラクターやトレーナーの指示を
仰いで短期間で痩せたり筋肉つけたりの結果出される方は殆どいらっしゃいません。
これは単純に一見詳しそうに見える職業の方たちが実は素人同然の知識しかないから
なんですけど。

>なんだかどうやって勉強して良いか分からなくなってきましたね(^_^;

英語論文はちょっと、、、、であったとしても実は1年前までこのサイトも結構
基礎的なことは勉強できました。なんでダメになっちゃったか?っていうと
サイトのシステムが変わっちゃったからなんですけど
下記は私のプロフィール欄ですが、そこを見ると最近私自身で立てた質問がありますよね。

http://kikitai.teacup.com/user.php3?u=1933544

これにお目を通されるとお解りになりますが、その回答者の方々の昔を懐かしむ声で
溢れています(笑
みなさんネットの情報だけで短期に結果出されてます。


>zorroooさん並の知識を持った人に師事したい場合は、どこに行けば良いんでしょうね。

ありがとうございます。もし質問者さんが「ジムに通って筋トレをされてるような方」
なら、まず私のIDをググッてみられると良いかもしれません。
私がアドバイスさせていただいてるたくさんの方のブログが引っかかると思います。
特定サイトは引っかかりませんので規約には反してないですよね?

>実は筋肉は一日に7gしかつかないという話を鵜呑みにしていたんですが、これも嘘ということでしょうか?(笑)

えと、これ大事なところですよね。80kg以上既に体重があるマッチョなら別ですけど
標準体型や痩せ型からなら2~3ヶ月でまあ普通5kgはつけられると思いますよ。

私個人は(これは特殊な例なのであまり参考になりませんが)3ヶ月で筋肉15kgほどつけた
ことがあります。つけたっていうより戻したって表現の方が近いですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々のご回答ありがとうございます。

恥ずかしながら、ジムに通って筋トレをしている人間ではありません(^_^;
かつて挑戦はしましたけど、当時は筋肉をつけると同時に脂肪を減らせると本気で信じていたもので、またそれに対してインストラクターの指摘もなかったので、もちろん効果が出るわけもなく、半年で辞めてしまいました。
今はその頃に身につけた知識が正しいのかの確認の意味もこめて、知識欲を満たすために質問しています。トレーニングで真面目に悩んで質問している人たちに怒られてしまいますね(^_^;

そういえば回答歴を見られることを思い出して、zorroooさんが参加された質問と回答とすべて読んでみました。
素人衆と玄人衆とで、やはりだいぶ食い違いがあるようですね。
180度間違えた認識なら分かりやすいんですけど、一番厄介だなと思ったのは僕を含めて素人衆は違った認識で同じ言葉を使ってることがあるということでした。
「太る」という言葉一つにしても、単に体重が増えることを指すのに使う人、増えた脂肪に対して使う人、筋肉と脂肪が増えることに対して使う人といるように見えました。
僕にしたって、超回復を起こす上で筋肉に与えるダメージの意味で質問に「断裂」という言葉を使っていますけど、よくよく調べるとまったく違う意味ですよね。そもそも超回復自体が嘘だとは思いませんでしたよ(^_^;

それにしても本当に詳しい人たちは、やはり英語論文を読まれていますよね。
それなりの知識を本気で身につけようとしたら、そういうのを自分で読んで判断できないといけないんだろうなと思いました。
僕が使える英語なんて、この現状に「Oh,My God!」とつぶやくぐらいですよ(笑)

さて、筋肉を鍛えるプロであるzorroooさんからしても、ダイエットで減量している時は筋肉が減るという考えですよね。
ただ、一週間で見ても減る量は脂肪の方が多く、筋肉が減るのはその1割ちょっとということでよろしいでしょうか?

脂肪1kgに対して、筋肉100g~。
これらはどちらかが先に減り始めるというわけでなく、同時に減り始めてそれぞれのスピードに差があるだけという認識でよろしいでしょうか?
そうだとして、筋肉が生活強度に適した量にまで減った場合はいかがですか?
あとは脂肪だけが減っていくという認識で良いのでしょうか?

お礼日時:2011/02/01 15:02

>運動を取り入れない減量は筋肉ばかりが減っていってリバウンドしやすい身体になるという話が、なぜ出てきたのかが不思議ですよね。



基本的にはレジスタンストレーニングなどの無酸素系の運動でないもの
有酸素運動での減量では筋肉の減少率は単純な食事制限のダイエットと変わりません。
やはり2割前後でしょう。

>落ちる時も少しずつということなんでしょうか?

だいたいのダイエッターが日に作れるアンダーカロリーの量は多くて1000kcalぐらいです。
週に1kg弱脂肪が落とせるカロリー量ですけど
週に7000kcalのアンダーの2割が筋肉だとすると140kcal分の筋肉、筋肉1kg辺りの
エネルギー変換率は1100kcalぐらいだと思いますからまあ減って週100g~ぐらいじゃ無いですか?


ネットが普及したせいで、科学的なエビデンスにも簡単にアクセスできるようになりましたが
根拠の無いでたらめも同じように広まっていくようになりました。
まあこのサイトもその温床となってますけど。

また、実証論文をマスコミが捻じ曲げて報道することがあります。
つーか記事書いた人自体が内容を理解できてなかったりすることも多いのですけど。

一般の方が目にするダイエットの情報はまず殆どが学問的な目でみるとでたらめと
思っていいと思います。

>筋肉は少しずつついてくと聞いた事がありますけど、

これも嘘です(笑
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たぶん、捻じ曲げてとかでたらめとかより、理解せずに情報を流しているというのが一番の理由なんでしょうね。
今回の「筋肉が先に減る」にしたって、なぜそうなのかとか、一日何グラムずつ筋肉と脂肪がそれぞれ減るのかとかの情報はなかったですから。
週に脂肪が1kgで筋肉が100g~ということが分かっていたら、こういう話にはならなかったと思います。
ミーハーな昔と違って、今はここまで追及した番組を作った方が視聴率は上がると思うんですけどね(^_^;
作らないんじゃなくて、やはり作れないんでしょうね、理解してないから。

ところで筋肉が週に100g~で減るというのは結構な量だなとは思いましたけど

>これも嘘です(笑

実は筋肉は一日に7gしかつかないという話を鵜呑みにしていたんですが、これも嘘ということでしょうか?(笑)
なんだかどうやって勉強して良いか分からなくなってきましたね(^_^;

ジムのインストラクターの人ですら、こういった話はしてくれませんでしたよ。
zorroooさん並の知識を持った人に師事したい場合は、どこに行けば良いんでしょうね。
zorroooさんがダイエット番組に出ていただければ助かるんですけど(笑)

ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/28 11:59

追記


・それと、体脂肪計では体脂肪率は計れないってご存知ですか?
体脂肪計はたとえ筋肉が増えていても増えたようにでるのは5分5分のくじみたいな
ものですよ。

・筋肉の材料は8割方水分ですから、減量初期に筋量ではなく筋湿重量の低下は
起こるかもしれません。すぐ戻りますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

体脂肪計で正確に測れないというのは聞いた事があります。
本当に正確にしようとすると、人体を水に沈めて~みたいな方法だったかな?
運動した後だと筋肉が水を吸収しやすいので、体脂肪率が下がったように見えるとか。

水分が多いだろうなとは思ってましたけど、筋肉の8割とは知りませんでした。
この水分が減った時に、筋肉が先に落ちたと勘違いしたのかな?
減量に挑む時は、その方法よりもまずは正確に測る方法から身につけないといけないのかもしれませんね。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/27 15:12

>どのようにでたらめなのか教えていただきたいです。



えと、例えばここに「低炭水化物ダイエットと低カロリーダイエット」を比較した
実証論文がありますけど
A Low-Carbohydrate, Ketogenic Diet versus a Low-Fat Diet To Treat Obesity and Hyperlipidemia
A Randomized, Controlled Trial

1. William S. Yancy, Jr., MD, MHS;
2. Maren K. Olsen, PhD;
3. John R. Guyton, MD;
4. Ronna P. Bakst, RD; and
5. Eric C. Westman, MD, MHS
http://www.annals.org/content/140/10/769.full
片方は徹底的に炭水化物を切って片方はたんぱく質も必要量を切るような低カロリーの
ダイエットを行わせてます。

ですが、除脂肪の減少率はどちらも体重あたり2割で、落ちた体重の8割は脂肪です。
当たり前ですが極端に低い体脂肪率で無い限り筋肉から先に落ちることはありません。
筋肉が落ちる理由は体重低下による日常負荷の低下によるものです。
負荷を低下させなければ筋肉も殆ど落ちません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

英語は読めないので確認はできませんけど、減った2割の除脂肪はおそらく負荷が減った分ということですよね。
その2割の除脂肪と8割の脂肪は、どちらが先に落ちたのでしょうか?
グラフが小さくて確認しづらいですけど、おそらく落ち幅の大きい方が脂肪ですよね。
筋肉は少しずつついてくと聞いた事がありますけど、落ちる時も少しずつということなんでしょうか?

ふと思ったのが、もし負荷が低下した分の筋肉が落ちるスピードが早くて、脂肪が落ちるより筋肉が負荷に合わせる方が早いなら、それを勘違いしたのが「筋肉が先に落ちる」という理屈なのかなと。
もしあくまで脂肪が先に落ちるということであれば、運動を取り入れない減量は筋肉ばかりが減っていってリバウンドしやすい身体になるという話が、なぜ出てきたのかが不思議ですよね。
単純に基礎代謝が減ってるのに、食事を元に戻すからまた太ると僕は思ってるんですけど。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/27 15:03

>筋肉は生物の身体において、活動するのに重要なものですよね。



程度問題。寝たきりの人にはそれほど筋肉は要らないし、スポーツしていない人にはスポーツ選手程の筋肉は重要ではないです。

>エネルギー確保のために狩りをするのにも瞬発力が必要ですし、筋肉から分解してしまうとそれすらもできなくなります。

狩りをしたりして瞬発力を伴う活動をしていれば、ダイエットしてもその強度の負荷に耐える程度の筋肉は維持されます。でも実際は狩りなどしていませんし、瞬発力も発揮してません。

歩いて通勤通学したり、軽く走ったりする程度の生活を続けていれば、それ以上の力を発揮する必要はないですよね。歩ける程度の筋肉を残して、あとは減っていきますね。

ダイエット中に筋トレを推奨するのは、極力チカラを発揮することで筋肉を落とさないようにするためです。たんぱく質をしっかり摂ったとしても、それがすべて筋肉に同化されるわけではありません。

栄養摂取はもちろん大事ですが、筋トレして筋肉を同化させるホルモンの分泌を盛んにさせることで初めて、筋肉の減少を防いだりできます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

予算が余れば、次の年はそれに合わせたものに減らされるようなものですね。
常に身体は負荷に大して多すぎも少なすぎもしない適応した状態を保つということでしょうか。
過去にまったくスポーツの経験のない人は、痩せていたころの筋力に戻るだけなので、筋肉から先に落ちるとか気にしなくても良いのかもしれませんね。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/27 10:20

筋肉の60%はグルタミンですが



グルタミンは体が酸性になるのを防いでくれたりT細胞やその他の免疫細胞の餌となり体の抵抗力を維持しています

人体の構成で1番効率よく使われるのはたんぱく質です なぜなら

血液が足りなくなったとします それは脂肪から血液まで作るのには時間がかかり過ぎます

手っ取り早く糖やその他の免疫 飢餓状態になって糖に変換されるのは筋肉中のアミノ酸が早く効率が良いからです

脂肪が糖まで変換されるのには筋肉中のアミノ酸が糖に変換されるまでの時間が長いのです

体の仕組みなのでダイエットしててたんぱく質をどれだけ多く摂ろうが

筋肉のアミノ酸が糖に変換されるのが早いので脂肪から先に落ちることはありません

これは体の生命を維持する機能ですから 変えようがありません
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そういう仕組みでしたか。
脂肪を効率よく材料にできるように進化すれば良かったのにとは思いますけど、無駄なカロリー消費を防ぐというのと併せて、筋肉を分解することを選んだんでしょうね。
脂肪はエネルギーの主力部隊だけど、届くのが遅いので間に合わせで筋肉を使ってるというイメージですね。
器用なのか不器用なのか・・・。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/27 10:15

ご質問に全部答えて無かったです。



>ダイエットはタンパク質も不足するから、

いえ、別にたんぱく質を適量摂れば不足しません。通常減量時の摂取カロリーでも
必要なたんぱく質量は確保できます。

>動くだけで断裂を起こす筋繊維

どこで読んだ話か知りませんがそんなことはありえません。

>だとすると、ダイエット中も必要分のカロリーをタンパク質で摂っていれば、脂肪から先に落ちていくということになりますか?

えと、なんというか、基本原則として筋量は部位ごとに与えられる負荷に適応します。
したがって増量中でも筋肉の減少はおこりえます。
ただし筋肉が増える時には余分な代謝カロリーが必要になるので通常は
減量中に筋肉が増えることはありえません。(一部の例外を除く)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>どこで読んだ話か知りませんがそんなことはありえません。

腕を上げるだけで筋肉は傷ついているという話を聞いたことがあるのですが、これは嘘ということなんでしょうか?
確かに動くたびに壊れていたのでは、スポーツマンなんて簡単に再起不能になってしまいますよね。

>いえ、別にたんぱく質を適量摂れば不足しません。通常減量時の摂取カロリーでも必要なたんぱく質量は確保できます。

確保はできるけど、おそらく多くの方は知識不足で必要な量を確保できていないと思います。
脂肪より筋肉が先に落ちるというのは、そういった場合に限るのでしょうか?
それとも体重が軽くなる分、その負荷に適応した筋肉になるだけで、先に落ちてるように見えるだけなんでしょうか?
先に筋肉が落ちるのかどうか、もしそうならどういう理由なのかを知りたいのです。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/01/27 10:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q開脚したとき見える足の付け根の筋肉の名称

股割りや柔軟で脚を左右に開いた際、足の付け根の部分にすじのような硬い筋肉がでてきますが、
あの筋肉の名称はなんと言うのでしょうか。

自分でも調べてみたのですが、はっきりとした答えは見つかっていません。(大内転筋?)

教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

図解がありますので載せて起きます。

<薄筋>
http://www.condition.co.jp/text-musclelam/kokansetu-hiza/002hakukin.htm

<短内転筋>
http://www.condition.co.jp/text-musclelam/kokansetu/005tannaitenkin.htm

<長内転筋>
http://www.condition.co.jp/text-musclelam/kokansetu/006tyounaitenkin.htm

<大内転筋>
http://www.condition.co.jp/text-musclelam/kokansetu/007dainaitenkin.htm

<恥骨筋>
http://www.condition.co.jp/text-musclelam/kokansetu/004tikotukin.htm

解説を見ると、前面から見て手で触れることができるのは長内転筋のようですね。

Q脂肪を減らしてから筋肉をつけるのか、脂肪を減らすために筋肉をつけるのか

ダイエットを始めようといろんなページを見ているうちにわけがわからなくなってしまいました。
まず脂肪を落としてから筋肉をつけないとよけいに脂肪が落ちにくくなるのか、脂肪を減らすために筋肉をつけて基礎代謝をあげると良いのかどっちなんでしょう?
身長160cm、体重56kg、体脂肪率30%の女性です。全身に脂肪がついているのでなんとかしたいのです!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何もしない状態では脂肪より先に筋肉が減ります。
筋肉が脂肪になったり脂肪が筋肉になる事もありません。

脂肪は睡眠中に多く蓄えられるのでダンベル体操に
代表されるような軽度の筋肉トレーニングを続けると
基礎代謝があがり寝ている間でも脂肪燃焼が起きます。

脂肪は筋肉にぶら下がった状態になっていますから
筋肉が衰えると脂肪が垂れ下がり良く言う
「プルプルお肉」になってしまう事になります。

皆さんが言われているように炭水化物や糖質、脂肪(動物性)などを摂り過ぎないように注意し
蛋白質やミネラル、ビタミン、繊維質などを多く含む
食品をしっかり摂りながら適度の運動を心がけてください。

参考URL:http://www.kenko.com/contents/cnt_100304.html

Q背中の筋肉で「鬼の目」のように見える部分の名称と鍛え方を教えていただけませんか?

背中が貧弱なため、鍛えようと思ってかれこれ懸垂を10年間ほどやってきました。
しかしながらなかなか厚みが出てきません。

最近映画「デスレース」で主演のジェイソンステイサムが懸垂するシーンを見たのですが、見事に隆起した上背部の筋肉、中でも左右の肩甲骨付近にある「目」の様な筋肉の発達が目を引きました。
同じ懸垂をしているのに私にはありません。
そうぼう筋、広背筋、りょう形筋、小円筋、ローテーターカフ、いずれにも該当しないような気がするのですが...
せめて名称と鍛え方を知りたく質問しました。
どなたか教えてくださいませんか?

Aベストアンサー

>同じ懸垂をしているのに私にはありません。

映画で、どんな懸垂をしていたか解りませんが
大きな筋肉を作るのに自重の負荷でのトレーニングは
補助的な物として考えた方が良いです。


>背中が貧弱なため、鍛えようと思ってかれこれ懸垂を10年間ほどやってきました。

市販されている本や、ここでのアドバイスではレベルに見合ったメニューを導くのに限界があります。
高強度のトレーニング(他にも色々ありますが)、サイクル、栄養摂取が上手く行くと
今までやってた事は何だったんだろ?と思うぐらいパワー&筋量が増えます。

友人で、173cm-62kgから約6年間で、
体脂肪16%、体重82kg、上腕囲41cm(腕の力を入れた状態での太さ)
まで成長した人がいますが、トレーニング方法を熟知していて良い刺激を受けました。
ボディービルジムや筋量のある人が集まっているジムで
実践ノウハウを色々伝授してもらうのが近道ではないかと思います。

Q筋肉が落ちて出来たかたい脂肪(特にふくらはぎ)は運動すれば筋肉になって

筋肉が落ちて出来たかたい脂肪(特にふくらはぎ)は運動すれば筋肉になって細くなりますか?
それともかたい脂肪だけ残りますか?

Aベストアンサー

脂肪と筋肉は化学的に別の物質なので、
脂肪が筋肉になるとか、筋肉が脂肪になるとか
というようなことは起こりえません。

また部分痩せはできないというのが一般的ですが、
筋トレして筋肉をつけていけば、その部位は
相対的に脂肪がなくなり易くなるというような
ことはあるそうです。

但し私の言う筋トレとは、ダンベル体操とかではなく。
本当のレジスタンストレーニングもしくはスロトレです。
因みに有酸素運動でも脂肪は落ちますが、
ふくらはぎ狙い撃ちはできません。

重いダンベルを持つか、軽めの重りを持ってスロトレを行うか。
いずれにしてもふくらはぎならカーフレイズですね。

Q筋肉トレーニングと筋肉の名称について

21歳学生の男です。5月頃から筋肉トレーニングを始めました。
今の自分の体の状態を申しますと力こぶはテニスボールを二回りほど
小さくしたくらいで腹筋は力をいれると、うっすらと割れ目が見えています。
胸は中心は谷間?ができるほどではありませんが外側のところは盛り上がっています。
と今こんな状態です。昔剣道をしていましたので元から筋肉はあったほうですが夏までに腹筋をもっとしっかり割りたいのと胸も大きくしたいです。今から間に合うでしょうか?
もうひとつですが腕を曲げて力こぶを作った状態のときに腕の側面にできる筋のようなものはどこの筋肉でしょうか?
調べてみて上腕三頭筋かなぁと思いましたがあっている自信がありません。
長くなりましたが質問です。
夏までに腹筋や胸の筋肉をもっとしっかりつけることはできますでしょうか?上腕の側面の筋の名前と鍛え方を教えていただけるとうれしいです。そこの筋は力のいれどころがわかりにくいです。
ちなみに器具は5キロのダンベル一つしかありません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>夏までに腹筋をもっとしっかり割りたいのと胸も大きくしたいです。今から間に合うでしょうか?

夏までということなので、7月末頃でしょうか。8週間あるので、多少の効果は得られると思います。しかしながら、5キロのダンベル一つではどうすることもできないので、器具の揃ったジムへ週3回サボらずに通い続けられる気力と環境が必要となります。胸を大きくするにはベンチプレスが一番です。

トレーニングメニュー:

・ダンベルベンチプレス (ウォームアップ後、正しいフォームで10回が限界の重量で4セット。)
・インクラインダンベルベンチプレス(ウォームアップ後、正しいフォームで10回が限度の重量で3セット。)
・ペクデックフライ(バタフライマシンともいう。ウォームアップ後、正しいフォームで10回が限度の重量で3セット。)
・アブ・クランチ (腹筋マシーン。20回が限度の重量で4セット)

セット間のインターバルは約2分としてください。胸だけに偏った大変おかしなメニューですが、このプログラムを2日おきにサボらず8週間続ければ、胸と腹だけはある程度大きくできると思います。本来なら胸などは週一回のトレーニングが基本ですが、筋トレという意味では恐らく初心者の方とお見受けしますので、効かせるテクニックが身についていないであろう可能性を踏まえ、2日おきのトレーニングメニューを組みました。プロテインなどは、飲みたければ飲んでも良いですが、基本的には食事からのたんぱく質で十分です。

>腕を曲げて力こぶを作った状態のときに腕の側面にできる筋のようなものはどこの筋肉でしょうか?

どの筋のことを指しておられるのか、はっきりとは分からないのですが、上腕二頭筋の一部だと思います。

>夏までに腹筋をもっとしっかり割りたいのと胸も大きくしたいです。今から間に合うでしょうか?

夏までということなので、7月末頃でしょうか。8週間あるので、多少の効果は得られると思います。しかしながら、5キロのダンベル一つではどうすることもできないので、器具の揃ったジムへ週3回サボらずに通い続けられる気力と環境が必要となります。胸を大きくするにはベンチプレスが一番です。

トレーニングメニュー:

・ダンベルベンチプレス (ウォームアップ後、正しいフォームで10回が限界の重量...続きを読む

Q筋肉↑脂肪↑ 筋肉↓脂肪↓ならばメタボ→マッチョは

筋肉を増やしている時は脂肪も増える。
脂肪を落とす時は筋肉も落ちるが、トレーニングでそれを最小限にする。

筋肉を鍛える人たちにとっては常識だと教えていただきました。
そこでふと思ったのですが、メタボな人が脂肪を落とすを通り越してマッチョになりたいと考えた場合、どちらから先に始めてるのでしょうか?

基礎代謝は体重に比例するので、脂肪より重い筋肉で先に体重をつけた方が脂肪を落としやすそうに思えます。
でも、メタボ体型で80kgとか90kgとかある人が筋肉をつけるためとはいえ脂肪も一緒につけたら、見た目もとんでもないことになりそうだし、筋トレのフォームも崩れそうですよね。
となると、やはり減量から先に始めるのでしょうか?

減量から始める場合ですが、筋肉を維持するトレーニングをしながら?
運動をせずに太ったメタボは、筋肉も変なつき方をしてそうですよね。
マッチョの格好いい身体を作り上げることを考えると、維持のためのトレーニングは行わず、脂肪も筋肉も落として1から鍛えなおすという方法を取ったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

168cm体重93kgから自然減で88~89kgへ

筋トレ開始1年は体重は86kg~88kgでほぼ維持。

減量開始し4カ月弱で76kgへ

減量解除で79kgで維持

僕の場合はこんな感じです。

減量のやりかたきっちり1年は勉強しました。その1年間は筋トレも試行錯誤でした。まあ今も試行錯誤ですが・・・

最初の1年くらいは筋肉増えて脂肪減ったような気がします・・・ 気だけですが・・・

減量の仕方とトレのやり方の勉強して自信が付いたら決行した方が成功すると思います。

自分の場合はですが・・・

Q筋肉の名称と鍛え方

教えて下さい ! 宜しくお願いします☆

バストの横の筋肉を引き締めて、
 ↓
http://www.flickr.com/photos/28940704@N08/2708962856/

彼女のようなバストの形を目指したいのですが・・・
(整形かどうかの議論は抜きで)

今は背中と脇とバストトップにかけてなだらかに繋がっている感じで、
将来形が崩れるのも心配です。

トレーニング方法をご存じならそれもお願いします!!

Aベストアンサー

前鋸筋の事を仰ってるのだと思いますが、胸のトレーニングを行えば自ずと前鋸筋は鍛えられます。
ダンベルプルオーバー 、ダンベルベンチプレス、フロントプレス等がトレーニング方法です。

Q内臓脂肪は落ちたが、皮下脂肪が落ちない~!(悲鳴)

こちら厄年の日本男子です。
半年前、思い立ってフィットネスを始めました。筋トレ・エアロバイクをしてます。
最初全く変化がなかったのですが、3か月して急に効果が現れ始めました。内臓脂肪がびっくりするほど落ちたんです。
ところが、皮下脂肪はいまだタプタプしてます。男子たるもの、外見にこだわらず実力をつけることに精進しなければいけないのですが、せっかくここまできたんです。できればなんとかこの皮下脂肪を落としたい。
今やってる筋トレ・エアロバイクを継続するだけで大丈夫でしょうか。ちなみに私は小学生の頃は、肥満児一歩手前でした。
すみません、どうかご回答おまちしております。

Aベストアンサー

こんにちは☆ダイエットコンサルタントのアゲハです。

Patek-pさん、がんばりましたね。
今はどんどん体が変化されるのを楽しんでいらっしゃるのでは?!

ご質問の件ですが、No2さんもお話されたように、
内臓脂肪→皮下脂肪の順番で基本的には落ちていきます。

それプラス、
内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方が若干異なります。
内臓脂肪を落とす場合、基本的には有酸素運動
例えば20分以上のエアロバイク、ウォーキング等です。(サプリメント不使用の場合)

皮下脂肪を落とす場合、
(1) 皮下の体温を上げる
この為にフィットネスにあるお風呂などを活用し、体温を上げる

(2) 気になる部分をマッサージする
マッサージすることで皮下脂肪が遊離脂肪酸に変換され、痩せやすい状態になります

(3) 気になる部分の筋力トレーニング
たるみが出ている皮下の筋肉が少ない場合が多いので、そこの部分を鍛える。

フィットネスにはインストラクターがいると思うので、その人を捕まえて、そこの部分を鍛える筋力トレーニング法、とくに、その部分の「等尺性収縮」で行なうトレーニングを教えてもらってください。

「等尺性収縮」は筋肉の量が増えるので、やせたい質にもなるし、見た目のたるみも取ってくれます。

(4)筋力トレーニング後は有酸素運動:エアロバイクで脂肪を燃やす。

この順序、方法で筋肉を増やし、脂肪を燃やせば、痩せてしまった体になると思います。

また、成長期に体が大きい場合、脂肪細胞の数が他者よりも多く、また、脂肪細胞自体大きいので、痩せるまでに若干時間がかかったものと思われます。

でも、効果が出てきているので、続けてがんばってくださいね。

応援しています。

私のHPも痩せる特集をしていますので、時々遊びに来てくださいね☆

こんにちは☆ダイエットコンサルタントのアゲハです。

Patek-pさん、がんばりましたね。
今はどんどん体が変化されるのを楽しんでいらっしゃるのでは?!

ご質問の件ですが、No2さんもお話されたように、
内臓脂肪→皮下脂肪の順番で基本的には落ちていきます。

それプラス、
内臓脂肪と皮下脂肪では落とし方が若干異なります。
内臓脂肪を落とす場合、基本的には有酸素運動
例えば20分以上のエアロバイク、ウォーキング等です。(サプリメント不使用の場合)

皮下脂肪を落とす場合、
(1) 皮下...続きを読む

Q筋肉の名前

頭の回旋に作用する、肩甲骨と脊柱の間にある筋肉の名称を教えて下さい。

Aベストアンサー

僧帽筋 かな?

あと、首回りの筋肉の図解
  ↓
http://occ.sacrum.biz/2008/03/12/

Q体脂肪も落ちるのですが、筋肉量も落ちるのです。。

トレーニングをして4か月になるのですが、体脂肪も落ちるのですが、筋肉量も落ちるといった事態に陥りました。トレーニングをして4か月になるのですが、体脂肪も落ちるのですが、筋肉量も落ちるといった事態に陥りました。

要は、食事制限によるタンパク質、炭水化物不足だとわかり、それからいろいろ調べて3日前から今までのやり方を変えました。

今は、食事はしっかり取り、野菜、玄米、魚か肉を自分なりにバランスよく取ってるつもりです。

トレーニングは

1日目:加圧トレーニング15分→ジムでウエイト1時間→エアロバイク1時間

2日目:ヨガ1時間→エアロバイク30分

3日目:ヨガ1時間→腹筋→エアロバイク45分

を繰り返しています。

そして、運動1時間半前にホエイプロテイン20グラムとカルチニン、運動後30分に20グラム、寝る前にソイ20グラムを水で取るようにしました。


ここで質問なのですが、上記よりもっとこうしたほうが脂肪が減って、筋肉が増えるよといったアドバイスがあればいただきたいのです。
少し気になるのは、ジムの筋トレのあとに加圧をしたほうがいいのかというのと、プロテインを飲むタイミング(運動1時間半前というのは適切なのか、すべてのトレーニングが終わる前より、筋トレと有酸素運動の間に飲んだほうがいいのかとか)なのですが、そのほかでも
細かいことでも何でもよいので、気がついたことがあればご享受ください。

よろしくおねがいします。

トレーニングをして4か月になるのですが、体脂肪も落ちるのですが、筋肉量も落ちるといった事態に陥りました。トレーニングをして4か月になるのですが、体脂肪も落ちるのですが、筋肉量も落ちるといった事態に陥りました。

要は、食事制限によるタンパク質、炭水化物不足だとわかり、それからいろいろ調べて3日前から今までのやり方を変えました。

今は、食事はしっかり取り、野菜、玄米、魚か肉を自分なりにバランスよく取ってるつもりです。

トレーニングは

1日目:加圧トレーニング15分→ジム...続きを読む

Aベストアンサー

 加圧トレは公式HPなんか見ると、通常のトレ同様の期間、休んだほうがいいというような奇術を見かけた覚えがありますが、私の経験では翌日の筋肉痛(遅発性筋肉痛)がありません。また、加圧トレの翌日に、通常トレのパフォーマンスが落ちるということもないようです。ですので、私は通常トレをしない日は加圧トレしています。ここら辺は、質問者様ご自身が、ご自身の体と相談しながらスケジュールを組まれるほかないと考えます。参考にならなくてすみません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報