昔物理の先生に「おまえ達ツバはもったいないから吐くなよ」と言われました。
昔のことなので詳しい説明などは忘れたんですが、確か人間の唾液は無限じゃないからあまり吐きすぎない方がいい。というような事を言っていたと思います。
実際人間の唾液って一生の容量が決まってるものなんですか?
素人考えでは分泌液だから体内で生成できそうな気がするんですが。
知っている方教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご推察のとおり、唾液は体内で(正確には口腔内にある唾液腺で)リンパ液を原料に合成され、分泌されます。


唾液の分泌量は成人男性で1日に1~1.5リットルと言われているので、一生分の唾液がもし体内にストックされてたら大変なことになりますね(^_^;)
おそらくその物理の先生が言いたかったのは、
・むやみに唾を吐くのをいましめるための口実(「ミミズにオシッコをひっかけると…」の類)
・水分が補給できないときに唾を吐けば、当然体内の水分の損失になるので、そういう状況限定での注意
・質量保存の法則を象徴的にあらわしたかった
のどれかではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございます。
いやー、やっぱりそうでしたか。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/17 18:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

唾液」に関するQ&A: 唾液を飲ませる心理

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング