最近、吸血鬼ものの漫画や小説にこってます。
少年漫画、少女漫画、小説も難しいものから、ライトノベルまであまりジャンルは問いません。
ただ萌え系?乙女すぎるものは苦手です。

何かおすすめはありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

松本光司「彼岸島」


サバイバルホラーです。おすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速調べてみましたがおもしろそうですね。サバイバル系ってぞくぞく、わくわく(?)するので好きです☆
検討してみます。
ありがとうございました(^^)

お礼日時:2011/02/02 03:26

乙女?すぎろかもしれませんが・・・。


まずは参考までに

漫画「ヴァンパイア騎士」
小説「トワイライト」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます☆
どちらもそんなに乙女すぎないと思います(^^)
バンパイア騎士、以前読んだことがあり大好きです。トワイライトも今、話題で気になります☆
参考にさせて頂きますm(_ _)m

お礼日時:2011/01/31 22:34

黒乃奈々絵『Vassalord.』


http://www.amazon.co.jp/Vassalord-BLADE-COMICS-% …

小説
須永朝彦『就眠儀式』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます☆個人的にvassalord の絵が麗しくて気になりました(^^)おもしろそうです。
ぜひ参考にさせて頂きますね☆

お礼日時:2011/01/31 22:39

『屍鬼』


かなり長い、ちなみにスティーヴン・キングの『呪われた町』のオマージュです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます☆
深夜アニメで見てました。原作は小説だったんですね。知らなかったです。
かなり気になります(^^)参考にさせて頂きます。

お礼日時:2011/01/31 22:19

ライトノベル


菊池秀行「吸血鬼ハンターD」
http://www005.upp.so-net.ne.jp/leo/d_main.html
瑞山いつき「スカーレット・クロス」
http://www.kadokawa.co.jp/beans/series/index.php …
鈴木鈴「吸血鬼のおしごと」
http://www.matsubokkuri.net/main/SuzukiSuzu.html
渡邊裕太朗「ヴァンパイア・ガーディアン」絶版ですが...
http://books.livedoor.com/item/700154

漫画
JUDAL「吸血遊戯」
垣野内成美「吸血姫美夕」「吸血姫夕維」「新・吸血姫美夕」「吸血姫ヴァンパイア・プリンセス」
環望「ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド」


吸血鬼(漫画・小説)の紹介サイトを紹介します。
吸血鬼の館††幻想館††
http://www.vampyre.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなにたくさんありがとうございます☆
参考になります(^^)
サイトすごいですね!ちょっと興奮してしまいました(笑)
吸血鬼好きには助かります。
ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2011/01/31 22:11

田中芳樹「紅いバラ」シリーズ。


明るい吸血鬼モノです。

萩尾望都「ポーの一族」
古典です。
「美少年美少女はバラを食べて生きている」というのは、この作品のせいかもしれません。

平野耕太「ヘルシング」
狂信者とキチ○イと吸血鬼との戦争。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

明るい吸血鬼ものって珍しいですね☆
ポーの一族は前から気になってました(^^)
どれもおもしろそうで気になります。
参考にさせて頂きます。ありがとうございました☆

お礼日時:2011/01/31 21:58

スティーヴン・キングの「呪われた町」なんかどうでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます☆
あらすじ読んでみましたが、おもしろそうですね~(^^)田舎町とか閉鎖的な雰囲気が好きなので気になります。
ぜひ参考にさせて頂きます☆

お礼日時:2011/01/31 21:51

「QUO VADIS~クオ・ヴァディス~」佐伯かよの/新谷かおる


「真月譚 月姫」佐々木少年/TYPE-MOON
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます☆

あまり読んだことのない作風で、個人的にはQUOVADISが気になりました(^^)
ぜひ参考にさせて頂きます。

お礼日時:2011/01/31 21:45

 んー、参考になりますかどうか(酔汗)


おっちゃんが知っているのは・・・

菊池秀行さんの小説「吸血鬼ハンターD」シリーズと
「ラストブラッド」くらいですね(_ _;b

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/BLOOD_THE_LAST_VAMP …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2作ともおもしろそうですね。
私的には吸血鬼ハンターDが気になりました(^^)シリーズなんですね。
参考にさせて頂きます。ありがとうございました☆

お礼日時:2011/01/31 21:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q狼男と吸血鬼。

洋画ではときどき狼男と吸血鬼の対立が描かれています。
たとえば『アンダーワールド』(2003年)とか、
『ヴァン・ヘルシング』(2004)などですが、
そういう対立を示唆する伝説・伝承の類は存在するのでしょうか。

Aベストアンサー

もともとそういう伝承や伝説は無いはずです、
もともと森が身近であったヨーロッパでは狼は敵対者であり、
そのモンスターとして獣人化現象を起こす狼男(女版もあり)の方がメジャーで(男が狼男で女は魔女になる)、
吸血鬼は18世紀ごろからの流行、
狼男伝承の中には血を飲むというのもあり、
後には狼男と吸血鬼が混同されてた伝承も東ヨーロッパにはあったようです、

特に狼男と吸血鬼の対立を物語化するのには、
ドラキュラを代表とした貴族的な吸血鬼と、
荒々しく野蛮な狼男との対比がビジュアル化しやすいためでは?

Qマチコという吸血鬼が登場する少女漫画

30年以上前に親類の女の子の家で見た少女漫画の作者とタイトルを探しています。
(覚えていること)主人公はマチコという少女。吸血鬼で、人間の男を好きになってしまう。近隣住民に正体がばれ、どこかに逃げていくシーンで終わる。マチコという名前は、漢字、ひらがな、カタカナいずれだったか不明。単作だったと記憶。

どなたかご記憶ないでしょうか。

Aベストアンサー

主人公が「真知子さん」でしたらこれかな?と思います

1974年 ひばりコミックス
『魔血子』 著:清水修

参考URL:http://book.geocities.jp/inudahajime/machiko.html

Q狼男や吸血鬼が銀の銃弾やにんにくに弱いのは何故ですか?

ブレイドという映画では、ヴァンパイアは銀の銃弾とにんにくと太陽光線に弱いという設定です。
これは昔の吸血鬼や狼男の映画の影響だと思います。
そもそもどうしてにんにくや銀の銃弾に弱いとされているのでしょうか?
にんにくは強壮剤だし、銀の弾と鉛の玉もさほど違いはないように思えます。
なにか文化的、伝統的な背景があるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 自称“妖怪研究家”です。まず、一般に吸血鬼と狼男は別種と考えがちですが、人狼も吸血鬼の一種と見なす、または人狼が死ぬと吸血鬼になるという考え方があります。

 さて、現在の吸血鬼のイメージは、東欧のスラブ地域などの吸血鬼伝承に基づくものが大きいでしょうが、(ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』もそうですね)そこには、キリスト教以前の民間信仰に基づく概念が大きく影響します。“香草・香木は邪気を祓う”という考えは洋の東西をかかわらずに存在します。そして、東欧ではニンニクもそのひとつとされ、悪魔・吸血鬼・亡霊を祓うとています。その民間伝承に基づいて、ブラム・ストーカーが吸血鬼の弱点と大きく取り上げたので、本来は香草全般が魔除けだあったにもかかわらず、現在ではニンニクのみが弱点と思われがちです。香草は悪臭を消すために咒力があると思われたのでしょう。
 銀も同様で魔除けの力が広く信じられています。 東欧では、塩、イバラ、豆、馬蹄なども魔除けとされました。
 もともと、吸血鬼というのは単体ではなく、性質に共通点は持ちながらも、その地域地域によって特性があったわけです。ところが小説『吸血鬼ドラキュラ』に取り上げられたことによって、知名度は大きくなりましたが、逆に地域の独自性が消されていった観もあります。
 また、十字架・聖水などのキリスト教関係のものが弱点とされるのは、この地方にキリスト教が広まるにつれ、“いかなる魔物も「創造主(唯一にして絶対なる神)」には無力である”という思想からです。

 なお、吸血鬼が太陽で灰になるというのは、映画『吸血鬼ノスフェラトゥ』によって初めてなされた演出であり、まったく新しい概念です。

 自称“妖怪研究家”です。まず、一般に吸血鬼と狼男は別種と考えがちですが、人狼も吸血鬼の一種と見なす、または人狼が死ぬと吸血鬼になるという考え方があります。

 さて、現在の吸血鬼のイメージは、東欧のスラブ地域などの吸血鬼伝承に基づくものが大きいでしょうが、(ブラム・ストーカーの小説『吸血鬼ドラキュラ』もそうですね)そこには、キリスト教以前の民間信仰に基づく概念が大きく影響します。“香草・香木は邪気を祓う”という考えは洋の東西をかかわらずに存在します。そして、東欧ではニンニク...続きを読む

Q子供の頃に吸血鬼に親を殺され、吸血鬼に血を取られる主人公。ある日家族のような存在の子供達と脱出しよう

子供の頃に吸血鬼に親を殺され、吸血鬼に血を取られる主人公。ある日家族のような存在の子供達と脱出しようとして、1人だけ逃げられ吸血鬼に復讐をしたい主人公がいるマンガ(アニメ)の名前を教えてください

Aベストアンサー

答えは下記ページにあります。

http://owarino-seraph.jp/chara/mika.html
http://owarino-seraph.com/article/charactor2.php?p=v3

Q吸血鬼について

カテゴリから言うとオカルトや民俗学になるんでしょうが
ないので 知識と言う意味で関連深そうなここに質問します。吸血鬼には十字架やにんにく・銀の銃弾・木の杭を
心臓に刺す・・・が弱点と
聞きましたが、その説はどこからきてるのでしょう?
また純潔の吸血鬼と吸血鬼に噛まれて吸血鬼化した吸血鬼とは何か呼び方に違いがあるのでしょうか?
回答お願いします

Aベストアンサー

ブラム・ストーカー 作の小説「吸血鬼ドラキュラ』(1897年)
が最初だったと思います。
自身は、中学期に図書室にあったものを借りて読みました。

ニンニク、十字架、心臓に木の杭、太陽が嫌い などの設定は
原作者の創作である可能性が大 と思います。

Q皆さんのオススメのアニメや漫画を教えてください!!少女漫画でも、少年漫

皆さんのオススメのアニメや漫画を教えてください!!少女漫画でも、少年漫画でもどちらでもいいです。もしくは、東方やボーカロイドのような感じのも何かあったら教えて下さい!!!!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

【マップス&マップスネクストシート】
長谷川祐一先生の書く超大スケールスペースオペラです。
ウラシマ効果やブラックホールの原理などが随所にちりばめられている
うえに、ヒロインがかわいい(かっこいい)、ちょっと露出は多めです。
メカニックも結構好きですよ。なぜ、アニメ化しないのかが不思議

Q吸血鬼

吸血鬼って、存在すると思いますか?
吸血鬼は、隠喩として考えてもらっても構いませんし、
伝説や映画に出て来るヴァンパイアと考えてもらっても構いません。

あなたなりの吸血鬼について教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。
います!
私が、吸血鬼です! 
ただ、血では無く、主に「アルコ~ル」ですが。
今夜もまた、吸血鬼に成っています(泣)

Q少女漫画をさがしてます。 ある、少女漫画をさがしてます。 龍が出てくる少女漫画

少女漫画をさがしてます。











ある、少女漫画をさがしてます。
龍が出てくる少女漫画(少女漫画だった気がします)なんですけど、女の子が主人公でその相手役みたいな男性が龍を体内?に取り込もうとした時勘違いで主人公の女の子が誤って龍を体内に取り込んじゃったみたいなシーンがあった気がします。

その龍が人間の形をすることもあったような…その女の子はパンダが好きだった気がします。

説明があやふやで申し訳ないです。
小学生低学年ぐらいに読んでいたので6.7年前くらいのです…

Aベストアンサー

こんにちは。
聖・ドラゴンガール かもしれません。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB

Q吸血鬼または、権力を駆使した漫画。

このごろ、吸血鬼や俺の空や内閣権力犯罪強制取締官財前丈太郎などにはまっています。吸血鬼や権力や地位を使う漫画があれば教えてください。

Aベストアンサー

垣野内成美さんの作品に吸血鬼ものが多いです。

吸血姫(ヴァンパイア)美夕
吸血姫 夕維
THE WANDERER 1~3

DAHLIA THE VAMPIRE 1,2
チャイナ・ブルーJASMINE 
ルビー・ブラッド

桂 明日香さんの
BLOOD+ 1~5

スエカネ クミコさんの
BLOOD+ A 1~2

如月弘鷹さんの
BLOOD+ 夜行城市

まだあったと思いますが、今はこれくらいしか思い出せませんね…

Q鬼・吸血鬼ものを書くと呪われるという噂

インターネットで好きな漫画について調べていたら「鬼・吸血鬼ものを書いた作家は大変な目に遭う」という噂を知りました。実際に週間少年ジャンプに「鬼が来たりて」を連載していたしんがぎん先生、昨年にはライトノベル「トリニティ・ブラッド」の作者吉田直先生が同作品が未完のまま亡くなってしまいました。
でも、鬼・吸血鬼ものを書いている漫画家(小説家)て世の中には結構いますよね。大変な目に遭った作家さんって他にもいるんでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちわ。
 鬼・吸血鬼ものとは違うのですが
漫画家の米沢りか先生が「しゃべくり大王」という漫画の中で漫画家の修羅場中に霊はよく来る
特に漫画の中に霊を出したら描いてる最中ずっとラップ音がしていたと描いておられました。
 真夜中に大勢の人間が集まりにぎやかに騒いでいる事で霊が寄って来るのではないか、
そして修羅場中の漫画家は睡眠不足、
カフェインなどの摂取、眠気覚ましの湿布等のせいで
体は疲れているけれど、精神は研ぎ澄まされているので
寄って来た霊を感知しやすい状態にいるのではないかと
推察されていました。 
 大変な目と言うほどの事では無いようなのですが、参考になればと思い書きました。


人気Q&Aランキング