ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

あるフランス料理店に8名で行き、コース料理を注文した時のことです。

メインディッシュのお肉を食べている時に、のどが渇いた私が「お水を下さい」と頼んだら、ウェイトレスが常温の水をグラスに入れて持ってきました。「ぬるいな~」と思いましたが、ここは我慢しました。ところが、メインのお肉が終わった後、私以外の全員には冷たい水が運ばれ、私だけもらえませんでした。

そこで「私にも冷たいお水をいただけますか」と頼んだら、ウェイトレスは「コースの最中はお水を出さないことになっております」と言い、「どうしてもと言うのなら、その(常温の)水に冷たい水を注ぎ足します」と言うのです。

私は冷たい水が欲しかったので、「注ぎ足さないで、別のグラスで下さい」と言うと、「グラスは2つはお出しできません」と断られました。「常温の水でなくて、冷たい水が欲しいのです」と更に言うと、「常温ではなくハウスウォーターでございます」と言われましたが、答えになってないです。わけがわからず不快でした。

フランス料理のコースで、このような決まりごとがあるのでしょうか。また、ハウスウォーターとは何でしょうか。フランス料理に詳しい方、どなたか教えていただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

気分を悪くしたらスミマセン(x_x;)




その店 フランス料理とうたっているだけで エセフランス料理のお店では?


本当に一流のフランス料理店ならば
【若い頃に お互いに違うコースを頼んで 彼が料理人だったので 少し交換して食べたかったんですが…マナー違反かな?と思っていたら ルールなんてないので 堅苦しく思わずに 楽しく食べていって下さいね。と 若干 20才私達にも素敵なサービスでした。ワインも嗜んでいましたが…途中でお水下さい。といったら 普通に氷なしの冷たいお水出てきました。】一流店でしたが…
その他にもいろいろいった事ありますが…そんな話し聞いた事ありません。私はワインよく呑んでましたが…彼はいつも食前酒以外はお水でしたし…冷たい水にかえてと言ったら普通はかえてくれますよ…。有り得ない対応ですね。

それにしても お客様あってのお店なのに…
どんなお店にしても…その ウェイトレスさんがおかしいかと思います。お客様にその態度はないと思います。ハウスオォーター聞いた事ありません。フランス人のお友達に聞いてみたら?水道水?かな?とか英語だからよく解らないけどフランスは水のかわりにワインを皆のむけど…お水も好きずきに呑むよ。といってました。そのウェイトレスさんがおかしいだけですよ。雇った側にも…?ですが。

一生懸命 お料理を作っている料理人の方々が可哀想です。
ソースやいろいろ手間暇かけて作っているのに その1人のウェイトレスさんのせいで 楽しい席が台無しでしたね。

今後のその人や周りのお客様の為にも オーナーや店長さんに 手紙など出した方が良いと思いますよ


8人で言って 料理は美味しくて?料理人さんには申し訳ないですが全員で二度と行かない。と思いました。
【もちろんウェイトレスさんの名指しした方がよいです】


とにかく フランス料理とうたっている 最悪なお店でしたね。


せっかくのお食事でしたのに 残念でしたね。
    • good
    • 0

ぼくだったら店長を出せと言いますけどね。


つーか、何、その低俗なお店。
そこまでまともにサービスもできないお店って、そのうちつぶれるんとちゃうかなぁ。
    • good
    • 0

フランス料理は好きですが、ハウスウォーターとは初耳です。

ハウスワインなら言いますが、、、水道水を英語で言うなら、tap waterだし。

へんな店ですね。8人で行ったから、細かく対応するのに疲れたんだとしても、妙な対応です。

ただ、へんなのはウェイトレスだけなんですよね。お料理のお味とか、出てくるタイミングなどは、問題なく、コストパフォーマンスもよかったですか。であれば、ネタとして楽しむ程度で、忘れましょう。再訪する際に同じ事件が起きたら、支配人に手紙くらい書いてもいいです。

話しがずれますが、数年前、友達のお祝を、小奇麗なフランス料理店で行いました。お皿に名前を書いてもらうことになっていて、がーん!皿の上の友達が別人になっています。もちろん取り替えさせましたが、あのときほど恥ずかしかったことはありません。

いい料理人がいても、サービススタッフがへんなことはありますよね。私も、ネタにできるまで、しばらく時間を要しました。お疲れ様でした。
    • good
    • 0

 何だろう? 水を飲むのならワインを飲めという意味かな?



 ハウスウォーターってもしかして水道水?

 その店、二度と行かないほうがいいかもしれん。シェフも含めて疑問符が出てきそうです。
    • good
    • 0

>「コースの最中はお水を出さないことになっております」


どんなフランス料理店ですか?・・・・・・この時点で「お馬鹿な店」だと思いますよ。フランス店もどきの居酒屋では?。

>グラスは2つはお出しできません」と断られました
料理の皿かテーブルの下に水を捨てれば良かったのにね・・・。


一流の料理店で水を頼むと大抵は「有料のミネラルウォーターになりますがよろしいですか」と聞かれますが料金を取らない店では「冷たい水か普通の水、どちらがよろしいですか」と聞いてきますよ。それが普通のサービスです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高級フレンチで水を・・・

今度、友達とフレンチに行こうと言ってますが、二人ともゲコで、ワインなど飲めません。「お飲み物はどうされますか」といわれたら「水をください」というのは失礼ではないですか??

Aベストアンサー

こんにちは。フレンチのコックです。

ワインリストを渡されたらすかさず、飲めないことを
伝えて「水を下さい。」でOKですよ。
店によってはミネラルウォーター(有料)か
レギュラーウォーター(無料 大抵の場合浄水システムを
通した水です)かの選択を迫られる事もあるので
お好きな方を選択してみて下さい。

確かに炭酸水の方が料理に合いますので、その場合は
スパークリングウォーター下さいでOKです。

僕がランチで食事をする場合はいつも炭酸水です。
夜は好きなワインをガンガン飲みますが。

Qフランス料理店での有料のお水

フランス料理をいただきに行った時に、隣のお客さんがドリンクはいらないと言ったら有料のお水が出てきていました。 

私もアルコールはとても弱いので、一杯目はノンアルコールかアルコールを選ぶと、ほとんど飲めずにお水をお願いしたくなります。この場合はたいてい、無料のお水が出てくるのですが、「お水をお持ちしましょうか?」と言われると出てくるまで会計の事が気になります。どうせなら、ワゴンサービスのチーズとかにお金を使いたいので。

フランス料理店で働いた事のある方や良く色々な高級フレンチに行かれる方、この辺りのどういう場合は有料のお水になるか、あるいは、スマートな無料のお水の頼み方などを教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

私はいつも「お水をお願いします、 名古屋市水道局の2006年物を」とにこっと笑って言います。
こういった後ににこっと笑うソムリエのいるレストランは、まず間違いありません。
 蛇足ですがワインリストを渡されて何を注文していいかわからないときは、見栄を張らずに
 「決めた!安くておいしい赤ワインを一本」
「パタン」とワインリストを閉じましょう。
あなたがソムリエだとして、こういうお客から金を
ふんだくろうと思いますか?

Qフランス料理店でお酒を頼まないと馬鹿にされるの?

ある福岡のフランス料理店のシェフがブログを出していて、次のような記事がありました。

おまえら本当にグルメか?! 出ました お水で乾杯
http://blog.livedoor.jp/atelieroki/archives/2007-01.html#20070128
要するに、「料理とお酒はワンセット」なのだから頼むべきであって、酒を頼まない者は品格がない、という趣旨だと思います。

しかし、お酒を頼まないお客さんにも、お酒が飲めない人や妊娠中で控えている人、病気で禁酒している人、車で来ている人、宗教的な理由など、様々な都合があると思います・・・。

質問なのですが、
(1) フランス料理店では、お酒を頼まないと、喜んで食べていないとか、センスが悪いとかいう理由から、品格を疑われ、粗末に扱われるのでしょうか?
(2) フランス料理店では、健康を気遣ったり、飲酒運転しないことよりも、お酒を飲むほうが偉くて大切だというムードがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

フランスに長く住んでおります。グルメで、仕事以外にもプライベートで、よくレストランにも出かけており、先月はミシュラン三つ星レストランの「Grand Vefour」(シェフ:ギー・マルタン)に行って来ました。ご質問のタイトルにつられて、回答させていただきます。


ブログ拝見しました。

一言、可哀相なシェフです。自分が選んだ仕事に誇りが持てず、幸せでないのでしょうね。毎日毎日、ストレスの中でしたくもない演技をし、笑顔をふりまき他人にサービスする、そんな押さえられた自我を開放する場所が、このブログなのでしょう。

奉仕をする職業の人に多い、一種のメンタル障害です。一度カウンセリングが必要と感じました。さらに、ブログの文章と写真の表情を見るだけで、大変自我の強い料理人だと感じられます。あと、幾つかのブログの文章から、権威主義的な人のようです。

こうしたタイプの人は、裏方の職人としては力量を発揮できますが、表方のサービス部門には不向きです。客自身も満足したサービスを受けられませんし、彼自身も不幸です。サービスすることが「下になること」と感じているようでは、サービス業のプロとは言えません。

フランス料理の真髄は、「お客様に楽しいひと時を過ごしてもらうこと」です。まさに一期一会の精神です。客を緊張させることではありません。フランス料理店に多くのウェイター達がいるのは、客を満足できるサービスを提供するためです。大いにリラックスして、シェフの魂のこもった料理を楽しんでもらう、それが一流店の求める「もてなし」というものです。一流のシェフ、料理人とは、そのエスプリを持っている職人・アーティストです。

客はそんな店側の意気込みに敬意を払い、お洒落をし、くつろいで、上質のサービスを十分満喫すればいいのです。それが、お店に対する最高の礼儀となります。

ただ、ご質問のこのお店はただの三流店ですから、「フランス料理店のシェフ」などと気取らずに、「フランス風居酒屋のおやじ」と名乗れば十分でしょう。客をぞんざいに扱うことが「粋」と勘違いしている、頑固なすし屋のオヤジなどによくいるタイプです。フランス料理に必要な「エスプリ」も味わえそうにないので、他の回答者のように、行ってみたいとも思いません。味は想像できます(一部のブログの料理写真を見ても)。


ご質問1:
<フランス料理店では、お酒を頼まないと、喜んで食べていないとか、センスが悪いとかいう理由から、品格を疑われ、粗末に扱われるのでしょうか?>

そういうフランス料理店があるとしたら、三流店です(三流が最低として)。この店は三流のエスプリを持った、「フランス風居酒屋のおやじ」の店なので、仕方ないです。

叱られたり、蔑まされたり、侮辱されるのが好きなマゾ気質の人は行って下さい、という感じで、そうでない方は無視して下さい。

フランスの本場のレストランでは、お酒を注文しないテーブルも多くあります。日本ほどではありませんが、年々アルコール規制が厳しくなっているので、自粛している客も多いのです。No.6の回答にあった「高速道路の食堂の客」は、恐らく旅行者か、トラック運転手でそのサービスエリアのホテルに宿泊するのか、かもしれません。

フランスではどんな料理店でも、お酒を頼まない客をぞんざいには扱いません。ただ、忙しい時はサービスが不十分になる店は結構あります。また、三つ星などの一流店でも、ジーンズで着ている人もいますし、それでサービスが低下することはありません。一流のサービスとはそういうものです。


ご質問2:
<フランス料理店では、健康を気遣ったり、飲酒運転しないことよりも、お酒を飲むほうが偉くて大切だというムードがあるのでしょうか?>

まったくありません。ご質問の店は「居酒屋」なので仕方ないです。お酒を飲む人のための店なんですよ。つまみにフランス風料理を出すような。

ブログのプロフィールは、以下のように改訂した方がいいですね。

「90%の良識的な客を失っても、
10%の物好き・偏屈・マゾ気質を求む」

「不良シェフは、フレンチ料理らしき物を造るが、心はつむぎません。」

ま、一種のカルト的な居酒屋を目指しているようですから(顔もオウムの麻倉彰考っぽいし)、利口な客、味のわかる客は寄り付かないでしょう。いずれ、馴染み客の溜まり場化していき、料理への緊張感もなくなり、料理の腕も落ちていくのが、「行く末」でしょう。


以上ご参考までに。

はじめまして。

フランスに長く住んでおります。グルメで、仕事以外にもプライベートで、よくレストランにも出かけており、先月はミシュラン三つ星レストランの「Grand Vefour」(シェフ:ギー・マルタン)に行って来ました。ご質問のタイトルにつられて、回答させていただきます。


ブログ拝見しました。

一言、可哀相なシェフです。自分が選んだ仕事に誇りが持てず、幸せでないのでしょうね。毎日毎日、ストレスの中でしたくもない演技をし、笑顔をふりまき他人にサービスする、そんな押さえられた自...続きを読む

Qホテル配膳時の赤ワインの注ぎ方のコツを教えて下さい(涙)

ホテルの配膳を始めてそろそろ1ヶ月がたちます。

いつも、赤ワインとスパークリングワインの注ぎ方で粗相をしてしまいます;

入れ始めもトポッとハネてしまったり、入れ終わったときにポタポタとテーブルに垂れてしまいます。

ビール瓶はまったく平気なのですが、赤は必ずといっていいほどやらかしてしまいます。

白もわりと平気なのですが、何故か赤とスパークリングが!!

上手な注ぎ方の方法やコツがあったら教えて下さい。
宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

某ホテルでソムリエ兼、レストラン、宴会副支配人をしている者です。

赤とスパークリングでこぼしやすいとおっしゃっていますが、
それは当然の事なのでそんなに気にしないで良いです。
また、まだワインが満タンにに入っている時もこぼしやすくなります。

宴会場なら黒服の常備配膳やセカンドからプレッシャーかけられながら
丸テーブルのお客さんに順番に急いで注いでいく訳ですから、こぼして
当然と言えるかもしれません。
また、宴会場のグラスは通常レストランで使うものより安価で小さい
場合がありますので余計にです。
レストランではもう少し余裕を持って接客は出来ますが、赤はエキス分が多いので垂れやすい、スパークリングは泡のせいで液面が安定しないのでこぼしやすいと言う事は変わりません。

個人の努力も必要ですが、責任者クラスの人間の余裕や接客の姿勢も
大事ですがコツとしては。。。。

・恐がらない。
(※恐がって躊躇するとワインの流れが弱い為に垂れやすい)
・ワインがたくさん入っているボトルは、出来るだけ注ぎこむ直前の
 角度まで寝かせてグラスに近づけてから、躊躇せずに注ぐ。
(※沢山はワインが入っているボトルは倒しにくい為に、上記※の原因になる。)
・注いだ後ワンテンポ置いてからまわしてボトルを起こす。
(赤ワインはエキス分が白より多い為、瓶の口に滴が塊で残りやすく、
動かした反動で残った滴が自身の重みと合わさって落ちる。まわす事で瓶の口に滴を広げる)
・注いだ後、ボトルの口をしっかりと拭く。
(※瓶の口に残った滴が次の滴を取りこんで塊が大きくなりこぼしやすくなる。)
・急いで注いで回ったり、ボトルをまわして起したりしながらも
出来るだけボトル内のワインの液面を揺らさない。
(※液面が揺れている状態で注ぐ事になるので当然こぼしやすい。)

色々書きましたが、一番大事な事は↓↓↓

◎こぼしても大丈夫なように、リトーかアームタオルで瓶の口の下を
受けてボトルをグラスまで持って行きワインを注ぐ、注ぎ終わったらタオルで受けてボトルを起こすのがワインサービスの基本です。

でも、基本的には慣れです。
慣れない内はコーヒーカップを出す時も、ソーサーとカップがカチカチ鳴ったりしますが慣れれば知らないうちに音が鳴らなくなります。
それと同じです。
気を付けて試行錯誤しながら慣れる事が最高の解決策です。

某ホテルでソムリエ兼、レストラン、宴会副支配人をしている者です。

赤とスパークリングでこぼしやすいとおっしゃっていますが、
それは当然の事なのでそんなに気にしないで良いです。
また、まだワインが満タンにに入っている時もこぼしやすくなります。

宴会場なら黒服の常備配膳やセカンドからプレッシャーかけられながら
丸テーブルのお客さんに順番に急いで注いでいく訳ですから、こぼして
当然と言えるかもしれません。
また、宴会場のグラスは通常レストランで使うものより安価で小さい
場合...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報