先日、「風と共に去りぬ」を見ました。あの映画は一体何を伝えたかったのか?何故名作と云われているのか、私には理解できませんでした。皆さんのご意見を聞かせていただきますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

「タイタニック」と同じようなものと考えたらいかがでしょう?タイタニックも映像の部分が価値で、話は特にこれといったものはありませんよね?(すみません、タイタニックあまり好きじゃないんです(^_^;))


当時は映像としてすごいものだったと思います。その部分が現在ではわからないから「どこがいいのかわからない」という意見も出てくるのでしょう。

わたしは原作を非常に面白く読んで、後で映画を見たのでそれなりに満足感はありました。衣装もセットも楽しめたし。役者がイメージに合っていた(というより、すでにクラーク・ゲーブルとヴィヴィアン・リーは役と不可分ですよね)ので、あの大長編が映像で見られるのが嬉しかった。あとにも先にも映画館で見た映画で途中で休憩が入ったのはこの映画だけです。

ただ原作と比べた場合、純粋にストーリーだけを考えるなら不満ですねー。原作にはたいした腕力があり、引きずられるような面白さがあるのですが、映画で話の部分はその30%くらいしか描ききれてない。
でもまあそれはそれで仕方ないことだと思います。小説は文庫で5冊分ですからね。「指輪」だって三部作になっているのに、それを大長編とはいえ一本でやろうとしたのですから。大雑把になるのもね。もちろん見る側としては話にも映像にもベストを尽くしていただきたいのですが、そのバランスが取れている映画は滅多にないでしょう。

風とともに去りぬのストーリーに関してもっと疑問があれば、とりあえず小説をお読みになることをお薦めします。その上で映画を振り返ってみれば、映画は何を犠牲にしたのか、何を生かしたかったのかが自分なりに見えてくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごい!思わず納得しました!小説も読んでみます。ありがとうございました(^^)

お礼日時:2003/09/11 17:43

 ずばり言って「自分は誰か?」ということでしょう。

女性ならスカーレットなのか?メラニーなのか?
男性ならアシュレーなのか?バトラーなのか?
この映画には自分がどのタイプなのかを考えることによって「自分は誰か?」「自分ならどうする?」といったことを考える作品であると思います。
 また、人種差別や「強く生きること」を考えさせてくれる映画でもあります。批判もあるでしょうが、僕は今だからこそこの映画が必要だと考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんそれぞれ色々な考えがあるのですね(^^)今の時代、安易にスカーレットのような人生を選ぶような人が増えたような・・・もちろんこれは安易な道を選ぶというか、拝金主義が蔓延してきたというか・・・考えさせられますねえ(^^:

お礼日時:2003/09/11 17:40

 アメリカの南北戦争を南部の側から、1人の奔放な女性を主人公にして描いた映画でしょう。

映画化作品というか。

 スカーレットやバトラーが普遍的に魅力のある人物かというと、それは疑問です。良くも悪くもアクの強い人物設定になっていますから。でも、スカーレットは時代の常識に負けなかったのは事実でしょうね。

 舞台裏を見れば、セルズニックの執念が凝集した映画です。莫大な費用とこだわり抜いたキャスティングや、当時はまだ実験段階にあったテクニカラーの導入とか。バトラーの最後の一言の変更要請をつっぱねたこととか。

 公民権運動の観点からも批判されてきた映画ですが、こういった映画制作は現代では無理でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今でこそスカーレットみたいな女性をよく見かけます?が、当時は珍しかったのですね。なるほど・・・言われてみればそうですね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/09/11 17:33

あの映画は私もマーガレット・ミッチェル原作の物語としては余り好きではありません(評価はいろいろでしょう)。

ただ、1939年(昭和14年)に米国ではあのようなスケールの大きい映画(カラーですよ!)が製作されたという事実がすごいのです。戦争中に上海でこの映画を見た帝国海軍の幹部が「このような映画を作れる国ならば日本はとても勝てない」と言ったと伝えられています。出てくるクラーク・ゲーブルやビビアン・リー他はみんなすばらしいですね。ハリウッドの戦前の黄金時代を彷彿させます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カラーの映画はそれほど画期的だったのでしょうね。貴重なご意見、ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/11 17:06

上映当時は「強く生きる女性の姿が描かれている作品」は珍しく、女性に絶賛されたとか。

確かに上流階級の衣装は美しく、お姫様抱っこで階段を降りるシーンは恋愛映画の王道と言えるでしょう。
しかし、今の時代で「名作」として選ばれるかは疑問です。
正直私も、スカーレットは人を踏み台にして、はい上がって行く恐ろしい女だと思いました。特に前半のラストシーンで、風に髪を振り乱して仁王立ちする姿は怖いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>特に前半のラストシーンで、風に髪を振り乱して仁王立ちする姿は怖いです。
同感です^^あれは怖かったです・・・

お礼日時:2003/09/11 17:03

私もなぜ名作なのかはわかりませんが、映画が公開されたのは昭和14年頃らしいですよ。


その頃は今よりも女性は自由がなかった時代ですよね。
ですから主人公みたいに自由に生きたいという希望もあったのかなと思います。
時代が古いですから今とは価値観とは違うとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんなに古い映画だとは知りませんでした。
そんなに古い時代なら確かに理解に苦しむでしょうね。どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/09/10 19:58

よく言われる事ですと、スカーレットとレット・バトラー


は、女性にとってそれぞれ理想(とゆーか願望)の男女
なんだそうです。
実際、ファンはほとんど女性ですからねえ。
まあ男としては、レット・バトラーって全然魅了ないですな。行動や価値観(女の好み含む)すべてね。
個人的には、スカーレットをふった男に一票(笑
まあそんな感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>女性にとってそれぞれ理想(とゆーか願望)の男女
なんだそうです。
そーだったんですか!確かにバトラーはイイ男ですが、スカーレットは嫌いです。貴重なご意見、ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/09 15:28

ある金持ち家族の「栄枯盛衰」をあらわした、長編作品です。


金持ちに生まれ育った「お嬢様」が、あらゆる苦悩にも負けずに力強く行きぬく姿を描いています。
名作なのでしょうが、そういったおもしろさがあるだけで大した作品だとは私は思っていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですねえ。わたしも見る前はどんな物語が展開されるかと楽しみにしていたのですが・・・(^^:

お礼日時:2003/09/09 15:21

私にも良くわかりませんでした。

まったく面白くありませんでした。
家が燃えるあの映画ですよね。
あれが見所なのでは?と自分なりに思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました(*^^*)

お礼日時:2003/09/09 15:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカの黒人差別について触れている映画、書籍を教えてください

アメリカの黒人差別について触れている映画作品や書籍を教えてください。
以下のような感じで、黒人差別自体がテーマでなくともOKです。

(1)黒人差別問題自体を扱っている映画
 ex:アメリカンヒストリーX、カラーパープルなど
(2)作品の中で黒人差別触れている映画
もしわかれば、どのように触れているかも教えてもらえると嬉しいです。
 ex:風と共に去りぬの黒人の描写
 ex:スモークの「 Black is black,and white is white.And never in between they shall meet」という台詞 など
(3)黒人映画について扱っている書籍
 ex:岩本 裕子『スクリーンに見る黒人女性 』
 ex:井上一馬『ブラック・ムービー―アメリカ映画と黒人社会』
(4)その他、参考になりそうな書籍

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「アンダーカバー・ブラザー」
白人優位主義者の秘密結社から、黒人文化と権利を守るために
結成された組織のスーパースパイが主人公
良くも悪くも70年代のブラック・ムービーのパロディというか、
オマージュに近い内容
ある意味、自虐的な冗談が好きなブラザーだからこそ
成り立つ映画ではあるんですが。
真面目に見るところがあるかどうか。
それでも、黒人の家庭が家賃払えないとか出てきますしね。

「国民の創生」
この場合「国民=>愛国者=>KKK団」ですからね。
凄く、有名な映画ですけど、なんですけど、
悪習を広めた功罪を考えると手放しで傑作とは言えないなぁ。

「ローズウッド 自由への逃避行」
今世紀初頭のある南部の村で、浮気している奥さんが旦那に
ばれそうになったときにいった嘘がもとで、村中で黒人への集団リンチが展開されてしまうという話
実話といううたい文句ですが、本当ですか?という話しです。
もっとも、描写はリアルで怖いんですが。

「愛と精霊の家」
イザベル・アジェンダの代表作の映画化です。
黒人差別と言って良いのか微妙ですが、でも明らかに
移民の白人が現地人を差別している様子が伺えます。(黒人も含む)

ハードボイルド系は結構多いと思いますけど、差別が背景にある事件が出てきますから

「さらば愛しき女よ」
原作には、いくつか出てきますが、映画では黒人女性と結婚したがゆえに仕事をなくしたバンドマンという人物が出てきます。

「青いドレスの女」
家系に黒人がいるがゆえに名門の御曹司から捨てられる女性が事件の鍵
まぁ、主人公も無職の黒人なのですが。

「アンダーカバー・ブラザー」
白人優位主義者の秘密結社から、黒人文化と権利を守るために
結成された組織のスーパースパイが主人公
良くも悪くも70年代のブラック・ムービーのパロディというか、
オマージュに近い内容
ある意味、自虐的な冗談が好きなブラザーだからこそ
成り立つ映画ではあるんですが。
真面目に見るところがあるかどうか。
それでも、黒人の家庭が家賃払えないとか出てきますしね。

「国民の創生」
この場合「国民=>愛国者=>KKK団」ですからね。
凄く、有名な映画ですけ...続きを読む

Q「風と共に去りぬ」DVD情報を教えていただけませんか?

こんばんは。
なぜかふと「風と共に去りぬ」のDVDを買いたいなと思いました。

4枚組み、最強版は別にしまして映画会社からでてます1500円版
は1枚、両面再生と聞きましたが本当ですか?

あと500円はいっぱいでてるようですがほとんど片面だけであと500円
を最初に始めた会社が高画質版ということで前編500円、後編500円と
あるようですがこれと映画会社版の1500円だとどっちが画質がいいかななどと考えています。

普段DVDは見ない人は画像も無しですからわからないと思います。
もしわかる方がいらっしゃったらコメントお願いします。

Aベストアンサー

(一枚のみに収録、
片面2層でDVDを裏返す必要がなく、しかも吹き替え付き)

http://www.amazon.co.jp/%E9%A2%A8%E3%81%A8%E5%85%B1%E3%81%AB%E5%8E%BB%E3%82%8A%E3%81%AC-DVD-%E3%83%93%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0/dp/B000RL1F56/ref=sr_1_4?ie=UTF8&s=dvd&qid=1240664667&sr=1-4
↑アマゾンレビューに一番上の方が詳しく解説。
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b95168052

株式会社マックスター 商品か

メーカーは、違いますが、
ミックエンターテイメント株式会社から
発売の
http://page17.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/v67098272

も全く同じ内容の商品です(一枚のみに片面二層、吹替付)
(***社名変更をしたのか、他会社に権利を委譲したのかは
わかりません)

↑の二者の画質は全く申し分なく綺麗です。
迷うことなく、
株式会社マックスターor
ミックエンターテイメント株式会社
をお奨めいたします。

ただですね。ヤフーのオークションで、
新品が100円以下で定期的に売られており
安くなったところをメール便か何かで
送ってもらった方が得策かもしれません。
ちなみに、私は(同メーカーの他シリーズも
含め)98 円で新品を購入。
この二つのメーカーはヤフーのオークションで
頻繁に定期的に出品されるため
へたすれば1円オークションで1円でゲット
できますよ。あせらずに定期的にチェックすれば。

(一枚のみに収録、
片面2層でDVDを裏返す必要がなく、しかも吹き替え付き)

http://www.amazon.co.jp/%E9%A2%A8%E3%81%A8%E5%85%B1%E3%81%AB%E5%8E%BB%E3%82%8A%E3%81%AC-DVD-%E3%83%93%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%82%B0/dp/B000RL1F56/ref=sr_1_4?ie=UTF8&s=dvd&qid=1240664667&sr=1-4
↑アマゾンレビューに一番上の方が詳しく解説。
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b95168052

株式会社マックスター 商品か

メーカーは、違い...続きを読む

Q新潮社の「風と共に去りぬ」について

新潮文庫の「風と共に去りぬ」(価格:¥780)は「風と共に去りぬ(1)」「風と共に去りぬ(2)」・・・・と5巻まで出版されていますが、続いているのですか?バトラーが去ってしまう話は5巻なのですか?
(質問がわかりづらくてすみません><;)
続いているとすれば、1巻の終わりはどういう話(場面)でしょうか?

Aベストアンサー

十何年か前に読んだのですが、すっかり内容を忘れてしまいました(笑)

はい、「風と共に去りぬ」は続き物で、5巻完結です。

映画も見たんだけど・・・バトラーが去るのが最後のほうでしたら、5巻なんでしょうね、やはり。

アマゾンなどネット上に多少はあらすじが出ていますので、参考になるかもしれません。
あっ、そうか、結婚するんだっけ。
本当に忘れてます・・・・・。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410209105X/ref=pd_sim_dp_5/250-9849104-8625039

Q「風と共に去りぬ」についてわかる人に質問

2回ぐらい見ました。
が、これが映画史上不朽の名作みたいに言われているのがまったくわかりません。
オハラがレッドバトラーを利用しまくるのは見てて不愉快だし、彼女は安野モヨコの「ハッピーマニア」の主人公の重田カヨコみたいで、とても軽はずみで不実な女性に見えます。
こんな女が暴れまくるのを延々見せられて、最後はレッドに振られて(当たり前だろ!)終わる。
もう、全然この映画の良さがわかりません。

あと、最後のレッド・バトラーのセリフ
(正直なところ、どうでもいい=Flankly,my dear,I don't give a damn)が「映画史上、もっとも印象に残ったセリフ」として1位に輝いたのも意味がわかりません。

別に映画をコキ下ろしたいわけではないのです。
が、あまりにもわからないので、この映画の良さがわかる人、教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
ボクもあの台詞がなぜ支持されるのかはよくわまりませんね。どうして有名な”Tommorow is another day”じゃないのかなぁと思いました。

ところでmacaco_1974さんの質問の書き込みを見ると、主人公にまったく共感できないのがこの作品を好きになれない理由のようですが、そもそも「好きな映画」と「いい映画」とは違うものだと思います。
登場人物に共感できないからといって、善し悪しを判断する批評家のような仕事をしている人たちが「悪い作品」と決めつけたら、おかしいことになっちゃうと思うんですけど。
実在した犯罪者や殺人者が主人公なのに、映画史に残るような名作も多いものです。


ところで「風と共に去りぬ」が支持されるのは、まず作られた1939年という年代にあると思います。
この作品が1980年頃に作られたものだったら、こんなには評価されていなかったのではないでしょうか。

それに支持しているのはアメリカの映画関係者がいちばん多いように思います。先の「映画史上の台詞」を選出したAFIも、見る側というよりも作る側にいるような人たちでしょうし。

作る側にとっては驚異的な映画なのだと思います。
特にハリウッドは他国の映画の作り方と比べるとプロデューサーシステムといって、全権利をプロデューサーが握っています。この作品のデビッド・O・セルズニックは伝説的なワンマンプロデューサーで、「THE MAKING OF A LEGEND: GONE WITH THE WIND」というドキュメンタリーを見て、あっけにとられました。

で、ハリウッドを支配する現役のプロデューサーにとってはこのセルズニックは憧れでもあるので、「俺もあんなぐあいに、好き勝手に超大作をつくりてぇ~」と支持するんじゃないでしょうか。
余談ですがソフィア・ローレンの夫としても有名な大プロデューサー:カルロポンティが60年代になって「俺もあんな映画をつくりてぇ」とMGMで作ったのが「ドクトルジバゴ」です。


ボク自身は劇場やTVを含め5回くらいは見ました。特に登場人物に共感することも毛嫌いすることもありませんが、マックス・スタイナーの堂々たる音楽、豪華なセットや衣装、再現は不可能にも近い大エキストラなど、総合的に見て、「いい作品」だと思いますけど。
ただもうちょっとストーリーの流れに「纏まり」が欲しかったと思います。
製作中にはセルズニックの意向で脚本家も監督も何人も変えられたそうで、先のドキュメントの中でも「脚本と呼ばれるものはセルズニックの頭の中にだけ存在していた」なんて言ってます。
これだけお金を掛けてむちゃくちゃですよね。

ついでですが、世界の映画監督が選ぶベスト映画という中でこの作品を挙げているのは、ジャッキー・チェンだけでした。

こんにちは。
ボクもあの台詞がなぜ支持されるのかはよくわまりませんね。どうして有名な”Tommorow is another day”じゃないのかなぁと思いました。

ところでmacaco_1974さんの質問の書き込みを見ると、主人公にまったく共感できないのがこの作品を好きになれない理由のようですが、そもそも「好きな映画」と「いい映画」とは違うものだと思います。
登場人物に共感できないからといって、善し悪しを判断する批評家のような仕事をしている人たちが「悪い作品」と決めつけたら、おかしいことになっちゃうと思...続きを読む

Q「風と共に去りぬメーキング」のメーキングの使い方

ビデオカメラでアマチュアのモーツアルトの弦楽四重奏を合奏して仕上げていくミニドキュメンタリーを6分の作品にまとめました。ユーチューブにアップしようと思います。

「風と共に去りぬ」の制作過程を記録した作品「風と共に去りぬメーキング」のように
「モーツアルト弦楽四重奏メーキング」というタイトルをつけても英語として通じますか。
お教え下さい。

Aベストアンサー

 (The) Making of [タイトル名]でしょうね。「[タイトル名]の作り方」といったニュアンスにもなります。日本語でも、メイキングオブと言う言い方が、現在では多くなっているように思います。

Q私もつられて風と共に去りぬ・疑問なこと

名作だとは思いますし大好きなんですが、何度見ても、原作を読んでもなんだかしっくりしないところがあります。

それは、最後のアシュレイの気持ちがなんだかよくわかんない、という所です。
ほんまにメラニーが亡くなってから、この人は唯一人の女性だと気づいたんでしょうか。んなこともっと前からわかるもんじゃないか、と。
そんなこともわからないようなボケナスではなくとても深く考えるタイプの男性に描かれていたのに、なんだか嘘臭く感じてしょうがないです。
(アシュレイのそういう態度を見て当てが外れたとばかりにレットの存在の重さに気づくスカーレットも変ですが、まあこの人は単純な人だからそんなこともあるかな、と)

小説だからと今まであまり考えないようにしてきましたが、一度は聞いてみたくなりました。変だと思うのは私一人なんでしょうか、それとも同様に感じられた方もおられますか?はたまた私の見方が浅いのでそう感じるだけでしょうか???

Aベストアンサー

私的には、自分の物にならないから、余計欲しくなるって感じじゃないかと…
そもそも、たいしてパットしない男じゃないですか?何でこんなのほしいかねぇと思うのですが?良いところといえば、誠実なところ?でも、スカーレットにも惹かれてるんですからねぇ…女心を利用してと言うと、悪いけど自分に気のある女に女房を任せていくなんて、罪な男だなとアシュレイを私は嫌いです。
で、結局は落ち着くところに落ち着くなんて、男ってまぁ…そんなもんですよ。(個人的見解)
スカーレットは、自分を最後に支えてくれる男はレットしか居ないと思ったのでしょう。例えば、男なんて要らないわ!私は一人で生きていくのよ!では、チョット強がりで可愛げ無いと、男性は思うでしょう?あの人を、いつか振り向かせるわ!とか、待ってるわ!の方が見てる人には受けが良いので、ああなったのかなぁと、勝手に解釈しています。

Q「風と共に去りぬ」はすごく売れた映画のはずなのに、読んでる本に矛盾する表現があって、気になってます。

映画会社の人間がある作家の作品を映画化しようとして交渉するシーンなんですが、収益の*パーセントを配分すると提示したあとで、「風と共に去りぬがいまだに利益を生んでいないことを考えると、そんなもの雀の涙みたいなものだけどね」というようなことを言うんですが、風と共に去りぬといえばギネスに載っているほど売れた映画ですよね。実は作家のほうにはお金が入らなかったというような裏事情があったのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

Aベストアンサー

よくはわからないのですが、映画データベースのトリビア欄によると、映画化に伴いプロデューサーのセルズニックは、原作者ミッチェルから、「当時としては破格値の大金」5万ドルで権利を買い取ったそうです。さらには、興行成績から判断したのか1942年に「それでは足りないと気づいて」5万ドルのボーナスを提供したとあります。逆にいえば、その後、映画が売れ続けているにもかかわらず、それだけしか作家には支払われていないということなのかなとも思います。

一方で同欄には、映画の権利がさまざまな事情で、時には「つまらない」転売を繰り返し、最終的にMGMが240万ドルで買い戻しているとあります。映画自体は初公開時だけで2000万ドルという売り上げを記録してはいますが、転売の影響で誰も最終的には大して“儲け”ていないのかもしれません。少なくともプロデューサーは、会社の経営が火の車になるなったからこそ、権利を「つまらない」額で売り渡したそうです。

いずれにせよ、それほど誰もが知っているような裏事情があるわけではないように感じます。その記述は、わかる読者にだけ「ああ、例のあの噂ね」と思わせるトリビアなネタか、何かの伏線か、あるいは、よくある単純な誤訳ではないかと思うのですがいかがでしょう。

参考URL:http://www.imdb.com/title/tt0031381/trivia

よくはわからないのですが、映画データベースのトリビア欄によると、映画化に伴いプロデューサーのセルズニックは、原作者ミッチェルから、「当時としては破格値の大金」5万ドルで権利を買い取ったそうです。さらには、興行成績から判断したのか1942年に「それでは足りないと気づいて」5万ドルのボーナスを提供したとあります。逆にいえば、その後、映画が売れ続けているにもかかわらず、それだけしか作家には支払われていないということなのかなとも思います。

一方で同欄には、映画の権利がさまざまな事情...続きを読む

Q「風と共に去りぬ」デジタルリマスター版公開について

こんにちは。
いつもいろいろ教えていただきありがとうございます。
今回「風と共に去りぬ」が再映されますがそのことで質問があります。

・前回公開は配給はヘラルドで今回は東京テアトルなのですが前回話題になった戸田奈津子さんの新訳や12分の復元など同じフィルムが上映される可能性が高いのでしょうか?

・DVDは過去の訳と新訳がでているのでしょうか?その場合どうやって見分けるのでしょうか?特に「風と共に去りぬ」は最近500円DVDのものや1000円前後のも発売されててどれがいいのかなって思ってます。できれば新訳と旧訳が欲しいと思っているのですが・・・

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m24017234

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f41489327

http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p29447579

http://page14.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s11187801

http://page14.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s13232398

どうぞよろしくお願いします。

こんにちは。
いつもいろいろ教えていただきありがとうございます。
今回「風と共に去りぬ」が再映されますがそのことで質問があります。

・前回公開は配給はヘラルドで今回は東京テアトルなのですが前回話題になった戸田奈津子さんの新訳や12分の復元など同じフィルムが上映される可能性が高いのでしょうか?

・DVDは過去の訳と新訳がでているのでしょうか?その場合どうやって見分けるのでしょうか?特に「風と共に去りぬ」は最近500円DVDのものや1000円前後のも発売されててどれがいい...続きを読む

Aベストアンサー

06年の公開版は下記に詳細が出ていますよ。

http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=2047


当時の映画は三原色分解してネガが保存されています。音声も音楽、セリフ、効果などにトラック分けされ保存されていると思います。

こういった大元となるものを管理しているのはMGMで、MGMからのソースを元にDVD化しているのはワーナーです。

ですのでDVDはワーナー版のクオリティが一番高いと思われます。
ワーナー版は戸田さんの字幕のようです。http://www1.whv.jp/shp/shp3/hp50284.html


オークションに出ている廉価版は上映用のプリントを元に作成されたDVDである可能性が高いので、画質も音質もそれなりだと考えられます。ただ字幕は旧バージョンの可能性が高いです。
70年代にリバイバルされた旧版は高瀬鎮夫さんの字幕だったと思います。

映画のプリントは世界中に散らばっているので、こういった廉価版DVDの発売は後を絶ちません。制作が50年台よりも前の古い映画ほどこういったものが多いようです。


下記のDVDがこの作品でもっともマニアックだったバージョンです。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000620PWU/sr=1-5/ref=sr_1_10_5/249-6537875-8753111

06年の公開版は下記に詳細が出ていますよ。

http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=2047


当時の映画は三原色分解してネガが保存されています。音声も音楽、セリフ、効果などにトラック分けされ保存されていると思います。

こういった大元となるものを管理しているのはMGMで、MGMからのソースを元にDVD化しているのはワーナーです。

ですのでDVDはワーナー版のクオリティが一番高いと思われます。
ワーナー版は戸田さんの字幕のようです。http://www1.whv.jp/shp/s...続きを読む

Q風と共に去りぬについて・・・

風と共に去りぬの登場人物を教えていただきたいです。それか、関係図がわかるHP等を知ってる方はいらっしゃいますでしょうか??もしいらしましたら、是非教えていただきたいです。お願いいたします。

Aベストアンサー

正解が出ていますので、
「風と共に去りぬ」のセリフのサイトを紹介しましょう。
「Memorable Quotations」の音声記号をクイックしてください。
"After all ... tomorrow is another day."
いいセリフですね。
http://www.reelclassics.com/Movies/GWTW/GWTW.htm

参考URL:http://www.reelclassics.com/Movies/GWTW/GWTW.htm

Q「風と共に去りぬ」の名セリフはどこで?

こんばんは。

いつもありがとうございます。

米映画協会の名セリフで1位は「風と共に去りぬ」でクラーク・ゲーブルの「正直なところ、どうでもいい」というセリフに決まったらしいのですがどのシーンのセリフでしょうか?

何度か見てるのにわかりません(;_;)

よろしくお願いします。

http://www.eiga.com/buzz/050628/08.shtml

Aベストアンサー

こんばんは。
お尋ねの台詞は、ラストシーンです。
自分の元を去ろうとしたレッドバトラーに対して、スカーレットが、「別れたくない。。あなたなしで私はどうしたら良いの?(というような意味)」と追いすがった時、レッドが「正直、僕には関心が無い。(Frankly, my dear, I don't give a damn.)」と応えます。
そして、あの有名な「明日のことは明日考えよう!」と言う台詞につながります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報