雲やオゾン層薄くなっているのは両極部ですね、
それはいったいどうしてか?
私は自転しているために両極部がうすくなっているんだと考えますが・・・
惑星の磁気がでているからなのでしょうか?また、それはどういうことなのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

・雲が無いというより薄い理由は端的に言ってしまえば両極部が高気圧になっているからです。

地球には赤道~亜熱帯にかけてのハドレー循環と、中緯度付近のフェレル循環と、高緯度の極循環があるのですが、この極循環は高緯度帯で上昇して極付近で下降流となって地表に吹いてきます(下降流は高気圧です)。ですから極では低緯度や中緯度で見られる雲の出来方ではないです。まあ、大気が薄いの?と言われれば、大概の雲が出来る対流圏が極循環では薄いのは確かなのですが。。

・オゾン層が薄くなるのは難しいですよ。sesameさんが下から2番目で回答されているような理由だと思われますが、ちゃんと数値シュミレーションしてみないとなんともいえない気がします。

・自転しているために大気に働くコリオリ力は極で最大になりますが、だからといって成層している大気が薄くなるとは思えませんが。

・大気中の分子が大気を脱出するのは磁場のせいではなく、単純に運動エネルギーが重力エネルギーを振り切るときです。ごく簡単に言ってしまうと極地域はプラズマが出たり入ったりしていて磁場との相互作用でオーロラの原因になってます。
    • good
    • 0

 遠心力ではありませんね。

遠心力によって、雲がどうにかなる、ということも考えられません。自転の影響で渦巻き、というのはありますが、遠心力は関係ないです。

 北極や南極にも雪は降りますから、とうぜん、雲があるはずです。
 オゾン層については、オゾンの生成力が弱いせいでしょう。日常的に、オゾンは生成されたり分解されたりしているのですが、生成を上回るスピードで分解していると、オゾンホールになります。
    • good
    • 0

極付近で雲が薄いと言うことはありません。


ただ雲の種類によりますが。

まず雲の出来る要素を考えてください。
雲は空気中の水蒸気が固まったもの(乱暴な言い方をすれば専門的な言い方はこの質問では省きます)
ですので水蒸気の発生しやすい所はどこかと言えば
太陽に良く熱せられる赤道付近です。
そうして発生した雲は自転などによって起こるジェットストリームに乗って色々な場所に運ばれます。
ですからジェットストリームの影響を受けにくい極付近に雲が集中しにくいのはその理由です。

オゾンホールが極付近に出来るのは磁力線などの色々な影響ですので自転というか雲とは関連性はありません。
    • good
    • 0

両極部の雲がとくに薄いってことはないと思いますが…。


北極でも南極でも、ブリザードが吹いたり、あれだけ陸氷があるということは、それなりの降水があるからでしょうし。

オゾン層が薄くなって、穴が開いたりしているのは、オゾンの生成過程に原因があります。
オゾンO3は、大気圏高層で強い紫外線にあたって原子に解離した酸素が、酸素分子O2と結合することで生成します。
南北両極には紫外線も含めた太陽光の照射が少ないため、オゾンの生成も少なく、フロンなどの塩素酸化物による分解サイクルに負けてオゾンホールが開いてしまうのです。
    • good
    • 0

専門家ではありませんが、オゾン層が薄くなっているのは地球の空気の対流の関係で、汚染物質(この場合フロン)は極部分に集まりやすいから。

というのをNHKのTVでみたことがあります。エスキモーなどダイオキシンの汚染が結構ひどいみたいです。これは極に集まった汚染物質が海に溶けてそれを魚が食べて、それをアザラシが食べて、そのアザラシをエスキモーが食べることで汚染が蓄積されて、生物濃縮ということが起きるからだそうです。

いずれにしても、オゾン層が薄いのは、フロンによるオゾン破壊物質(塩化**何だったか忘れましたが)が極部分に集まるからだと思います。

雲ですが、薄いでしたっけ?もし薄いのならこれは全く推測ですが、局部は地表も白く太陽光線も弱いので、低気圧ができにくいからでは無いでしょうか?どうなんでしょう。

回答になっていませんが、少なくとも遠心力のせいでは無いと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球型惑星と、それ以外の惑星や衛星の違いの原因

近頃宇宙に興味を持ち始めまして、色々調べています。
惑星には地球型惑星、木星型惑星、天王星型惑星と種類がありますが、
惑星がつくられる経緯などで、そういった特徴の違いができる原因は何なのでしょうか?

できるだけ詳しく教えてくださると有難いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 宇宙のあらゆる物質は超新星爆発から起こります。太陽も超新星が爆発した破片が集まって誕生し、重力が大きくなるにつれてり、宇宙空間一帯の物質を引き寄せ、飲み込んで巨大化しました。太陽は太陽系のすべての質量の99.86%を占めます。ですので、惑星は太陽に飲み込まれずに残ったカスのような存在とも言えます。

 内惑星は地球型ですが、岩石や金属など密度の高いものが重力により引き寄せられました。今も軌道に沿って運行しているのは、無限に起こった偶然の積み重ねのようです。どこかで僅かな力が違った方向に向いていたら、これらの惑星は今頃太陽の一部として輝いているのかも知れません。

 木星・土星は気体でできていますので、太陽からの距離が遠いため、重力によっても引き寄せられずに空間に残り、やがて集まって惑星になりました。ただし、内部は重力により固体化していると考えられています。木星や土星の衛星は岩石でできていますが、これは(宇宙規模でいえば)極微量の岩石が集まってできたのです。木星や土星の重力は巨大で、近づく岩石を重力の力で砕いてしまうほどです。砕かれた岩石はそれ以上太陽へは近づきません。太陽の重力よりも、惑星からの距離が近いために留まることになったのです。

 天王星型は水とメタン、アンモニアでできていることが分かってきました。地球のような距離であれば気体や液体にもなるのでしょうが、太陽からあまりに遠く、温度が低いため氷でしか存在できません。地球上でできる雲はミクロの氷の粒ですが、そのような状態で漂っていたのが、長年月を経て惑星にまで成長したのでしょう。それ以外の彗星やイトカワのような小惑星もこのような氷や雪でできていると言われています。
 

 宇宙のあらゆる物質は超新星爆発から起こります。太陽も超新星が爆発した破片が集まって誕生し、重力が大きくなるにつれてり、宇宙空間一帯の物質を引き寄せ、飲み込んで巨大化しました。太陽は太陽系のすべての質量の99.86%を占めます。ですので、惑星は太陽に飲み込まれずに残ったカスのような存在とも言えます。

 内惑星は地球型ですが、岩石や金属など密度の高いものが重力により引き寄せられました。今も軌道に沿って運行しているのは、無限に起こった偶然の積み重ねのようです。どこかで僅かな力が違っ...続きを読む

Q地球その他の惑星はなぜ自転・公転しているのですか?

地球、その他の惑星はそもそもなぜ自転・公転しているのですか?きっかけはなんでしょうか?どなたか詳しい方みえましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

きっかけは「渦」ですよ。
お風呂の栓を抜くと穴から流れ出る水が渦を巻くのと一緒です。

中心部に質量の集中が起きると重力に引かれて周りの物体は中心へと落ちてゆきます。
この際に物体は回転を始めます。
お風呂なら最後は全ての水が抜けてオシマイですが。
宇宙ではたまたま、回転速度と中心へ引かれる力のバランスが取れて、中心へと向かって常に落ち続ける状態になる物質があります。
つまりは中心にある物の周りを回り続ける訳です。
これが公転ですね。
それ以外の物質は中心(恒星)へと落ちてしまいますから、結果として太陽系のような構造が残ります。

自転も基本は一緒でしょう。
惑星などが形成される場合、周りから渦をなして物質が集まって来るわけですから、その運動を今でも続けている訳です。
バランスが取れて残った物が衛星ですね。

ブラックホールに落ち込む物質が形成する降着円盤だとか、銀河の渦も基本は一緒だと思います。

Q惑星の自転方向

太陽系の金星外の惑星は同じ方向に自転していますが、この自転方向はどのような要因によって決まるのでしょうか。

Aベストアンサー

まずはじめに、私は専門家ではないので、正確にこうだとは言えかねますが、
少しでも参考になればと思い書かせていただくことにしました。
よろしくお願いします。


そもそも、なぜ自転しているかと言うと ・・・

No.1の方と同じようなことのなりますが、

太陽系は塵やガスが回転しながら互いの引力によって集まって出来た大きな渦の中から誕生したからです。
その為、金星以外全ての惑星の公転方向・自転方向が同じなのです。
金星の自転が逆なのは今のところハッキリとは解明されていませんが何らかの原因で地軸が180度傾いたか 何らかの潮汐力・重力によって逆転したと言われています。
ですので元の自転方向は地球と同じであったと思われます。
その為、金星の赤道傾斜角は177.4度と表記されています。(地球は23.4度)
ちなみに天王星・冥王星は地軸がほぼ横倒しになっています。
これらは何らかの天体が衝突して傾いたと言われています。


またある説では、

金星が時計回りの自転をしているのは、
金星の地軸が逆転しているからです。詳しくは、このサイトに
出ています。

http://www.fitweb.or.jp/~entity/uchuu/kinsei.html

(金星は自転方向が逆 というところ)


その他、たとえば、このようなサイトは既にご覧いただいていますでしょうか?

http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/rika-b/htmls/_31/http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/rika-b/htmls/_31/

http://www1.odn.ne.jp/kentaurus/new_page_8.htm


あと、惑星の自転方向やその要因について
ヤフーファィナンス http://my.yahoo.co.jp/ や
グーグル http://www.google.co.jp/ などの検索画面で

「惑星」 「惑星 自転方向」 等の言葉を入力されれば
いくつかの解説内容のページが見られると思います。

もっとも、このあと、ここgooサイトで、専門家の方や、もっともっと詳しい方からの、即時に納得いかれるようなご回答が来るとよいのですが・・・

余談ですが、何かこれに関する論文?でも書かれるのでしょうか??
もしそうならどうか頑張ってくださいね ! !

参考URL:http://www.fitweb.or.jp/~entity/uchuu/kinsei.html

まずはじめに、私は専門家ではないので、正確にこうだとは言えかねますが、
少しでも参考になればと思い書かせていただくことにしました。
よろしくお願いします。


そもそも、なぜ自転しているかと言うと ・・・

No.1の方と同じようなことのなりますが、

太陽系は塵やガスが回転しながら互いの引力によって集まって出来た大きな渦の中から誕生したからです。
その為、金星以外全ての惑星の公転方向・自転方向が同じなのです。
金星の自転が逆なのは今のところハッキリとは解明されていませんが何...続きを読む

Q地球や惑星の自転について

惑星によって、自転の方向が違うのはなぜなのでしょうか。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

太陽の惑星に関して言えば、天王星だけが全然違って、あとはだいたい揃っています。

太陽系が出来上がるときに、最初、渦ができるところから始まって、そっから惑星の形成が起こっていったとすると、惑星の自転軸と渦の軸が平行になるのは自然だと考えられます(多少誤差はあるでしょうが)。
なぜならば、たとえば、たくさんの隕石みたいなのがぶつかってくっついて地球ができるとき、隕石みたいなのの運動の方向は平均的に渦の方向だと思われるからです。

天王星の自転軸がほかとまったく違う理由は証明されていませんが、仮説としては、出来上がる前にでっかい何かがぶつかったとか、巨大な衛星がかつてあったとかがあるそうです。

Q惑星の自転は摩擦熱を生み出すか?

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%8E%8B%E6%98%9F

「自転軸の傾きのため極周囲の方が赤道周囲よりも太陽からの熱を受けているが、奇妙な事に赤道周囲の方が極地よりも温度が高い。この理由はまだ知られていない。」

ウィキペディアによると、天王星は奇妙なことに、極地より赤道周囲の方が温度が高いそうです。

これは惑星の自転から生じる「摩擦熱」によるもの、という説明は可能でしょうか?何と何が摩擦しているかは難しいですが、そういう説はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ガスの自転による摩擦熱が天王星の気温の差の主原因となるほど強力だとすると、自転のエネルギーはかなり消耗されて今も17時間程度である事が説明しにくいように思えます。
ただ、全く影響してないとは言えないと思います。
もっとも温度差があると言ってもどうやら極めて小さい差しかないようですので極地方の光の反射率が高いとかNo1さんの推測+大気の循環など他にも効果の大きそうなものが考えられると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報