私は某スタイリスト事務所でスタイリストをしています。まだアシスタントをする事と半々くらいなんですが、そろそろアシスタントを終了して自分の仕事がしたいと思っています。今まで私がスタイリストとして(アシスタントじゃなく)してきた仕事は会社に入って来た仕事をこなしたと言う感じなので自分で営業をして自分で仕事を取ってきたいと思っています。
でも、どうやって営業をすればいいのかよくわかりません。少しですが、自分の作品もあります。電話でアポイントを取って作品を見せに行くというのが普通なのでしょうか?広告などを作る側や、スタイリストを頼む立場にいる人がいたら是非教えて欲しいです。
また、スタイリスト(アシスタントじゃなくて)求人がある事務所などがありましたら合わせて教えて頂けるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

通常、ファッション撮影の依頼の際、スタイリスト・ヘアメイクに関しては、カメラマンさんのほうから指名していただく場合がほとんどで、依頼側のほうから直接、スタイリストを指名するケースはほとんどありません。

ただし、タレントさんの場合は別で、タレント側が指名したスタイリストさんを使うことが多いです。と、いう状況をふまえつつ・・・
まずは、現在あなたがついているスタイリストの方に「独立したいのですが?」と、話をしてみましょう。その時に相談に乗ってもらい、一緒に具体策を考えてもらった方がよいかと思います。また、現在の事務所が持ってくる仕事があまり自分にあってないようだと感じているのならば、そのあたりもきちんと話したほうがいいですし。
それと、スタイリストの求人ですが、知り合いのスタイリストの話では、やはり紹介や口コミがほとんどだねとのことでした。ただ、私としては、スタイリストさんの売り込みは別に嫌ではありません。直接、作品を見せてもらって話を聞けば、知り合いの事務所に聞いてあげることくらいはできますし・・・仕事でできたつてを辿って、いろいろなところにアタックするのも悪くはないのではと思います。がんばってください。
    • good
    • 0

以前に数年ほどデザイン事務所でファッションやインテリア系のスタイリストさんにお仕事をお願いしていました。



その当時イラストレーターやスタイリスト等の売り込みが結構ありましたが、実際新規でお仕事をお願いするのは
「カメラマン等からの紹介」や「雑誌などを見て、お願いしたくなるキャリアとスタイリングセンスのある人」、「クライアントからの氏名」等々が主なルートだったと思います。

もし自分でどこかに営業をしようと思っていらっしゃるのであれば、いきなり電話をするより、多少なりとも何らかのつてがあるところから始めるのはどうでしょうか?
または現在の事務所の方に相談をするとか。あと、スタイリスト系の求人は「コマーシャルフォト」という雑誌の後ろの方のページに載っていることがあります。

とりあえず私の経験から言うと、いきなり作品のカラーコピーを送られてきたり、忙しい時期に来られたりするのが
一番ウザかったですね。なるべく相手の状況に合わせた方がイイと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスタイリストさんへ質問【作品撮り】

はじめまして!

今度仲間内でファッションフォトの作品撮りをするのですが
スタイリストさんは普段作品撮りをする時、衣装はどう調達しているものなのでしょうか。

リースもタダでは難しいし、かといって全て作るのも・・・?

アドバイスいただければと思います。

Aベストアンサー

作るときもあります。リースもあります。作った場合はそれだけコストがかかっていますので費用も嵩みます。

Q一般事務とソフトウェア開発のアシスタント

本日、一般事務職の特定派遣面接に行ってきました。
その業務内容に、一般事務の業務が7割、その他にソフトウェア品質管理部門のアシスタント業務が3割あると言われました。

一般事務については、経験済みでありMOUSを持っているので問題ないと思うのですが、ソフトウエアに関しては素人なので不安です。
具体的にはバグ管理ツールと品質分析ツールとモジュールレベルの完成ソフトウエアのテストなどの組み込み前のソフトウエア評価業務アシスタントとソフトウエア品質管理業務だそうです。おそらく担当者から教えていただく形になるのですが、素人でもやる気さえあればできる仕事なのでしょうか。初級シスアドの知識があればできるし、なくてもルーチンワークなのでと言われたのですが・・・。

ちなみに私自身はやる気はあり、スキルアップを望んでいるのですが、ソフトウエアに関しては少々不安なのです。

Aベストアンサー

全く問題ないと思います。

PCを触れたことの無い、新卒5名の実務研修をしたことがありますが、1ヶ月後くらいからある程度の戦力になりました。
テスト仕様書を書けるようになるには時間がかかりますが、通常のテストであれば問題ありません。

一般例
・インストールやアンインストールを各OSの各バージョンで行うことが出来るかどうか。
・ソフトの起動・終了を繰り返したときメモリリーク等の問題が発生していないか。
・メニュー内の機能は全て正常に動くか。
などなど

テストは、開発者若しくはテスト責任者等がテスト仕様書を作成し、テスト項目リストを作成します。
テストを実際に行うスタッフは、リストに従ってひたすら操作を繰り返し、正常であるか否かをチェックします。
正常でない場合には、どのような問題があったかを記入します。
新人には正常系(下記参照)をまずは行ってもらうことになるはずですので、完全なルーチンワークとなります。

テストは正常系と例外系に分かれています。
正常系・・・そのソフトウェアを使う上で一般的な操作のテスト
例外系・・・通常の操作では行わないと考えられる操作のテスト

全く問題ないと思います。

PCを触れたことの無い、新卒5名の実務研修をしたことがありますが、1ヶ月後くらいからある程度の戦力になりました。
テスト仕様書を書けるようになるには時間がかかりますが、通常のテストであれば問題ありません。

一般例
・インストールやアンインストールを各OSの各バージョンで行うことが出来るかどうか。
・ソフトの起動・終了を繰り返したときメモリリーク等の問題が発生していないか。
・メニュー内の機能は全て正常に動くか。
などなど

テストは、開発者若しくは...続きを読む

Qアシスタントとして作品とは

現在転職活動中で、未経験ながら写真に興味があり、
今度自然光のハウススタジオアシスタントの面接を受けることになりました。

面接時に自分の作品を持ってきてください。と言われたのですが、
作品とはどのような形式が好まれますでしょうか?

正直、今まで趣味で撮っていただけで、
年賀状やL版プリントしかした時がありません.......
一般的なスキャナー付きプリンターは家にあります。

また、写真は風景などはまずいでしょうか?
ライティングなどこだわって撮ったことがないのですが......

その道に詳しい方いらっしゃったら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分の作品を持って行く=ポートフォリオを持って行く、ということですよね。
”ポートフォリオ”で検索するといろいろな業種のサンプルが出てくると思います。
デザイナー、アーティスト、フォトグラファー、クリエイティブ職でしたら何でも
"ポートフォリオ"が必要だと思います。

製本から本格的なポートフォリオを制作する人もいますけど
今の状況からすると、写真用のアルバムかスクラップブック(とっていもファミリー用でないもの)に
一枚一枚写真を入れて行くのが良いのではないでしょうか。
最初か最後のページに経歴や、得意な被写体などの軽い自己紹介があると良いですよね。
私は残念ながら写真に関して専門家ではないので、素人目線になってしまいすが
写真のサイズは、ある程度大きい方が良いのではと思います。。。

写真  ポートフォリオで検索したらこんなものがあったので貼っておきます。
ティスマンスのポートフォリオは始めて見ました。。
http://news.mynavi.jp/column/photologue/042/index.html

がんばってくださいませ。

Q会社で作った作品を自分の作品集にしてはいけないんですよね?

こんにちは。

私は現在グラフィックデザインの仕事をしています。
将来、フリーでデザイナーとなる際や転職活動等に、
自分の実績や作品集となるものが必要だと思うんですが
そういったことを経験された方は、それらをどうやって工面しておられるのでしょうか?

と、いうのは、結婚して引っ越してしまうのと、自分が女性である事で、
年齢的にも土地柄的にもデザイン職の就職は難しいので、
知り合いの社長さんなんかを通じて格安で良いのでデザインの仕事をもらえないかと考えています。
ただ、言われたのは、「君がどういうものを作れるのかみせてくれ」と言う事なんですが、前の会社でデザインしていた作品はデータは会社にあるし、今は市場に出ていません。現社はデザイン系でない田舎の小さい会社なので私物マックでpopや入稿データなどを作ったりしていますが、じぶんのPCにデータがあるとはいえ(普通の会社ならあり得ません)それを自分の作品ですと言ってみせていいのか悩みます。
許可を取れば良いのでしょうが、そういう改まった許諾なんかの話をすると、だめだといわれかねないので悩んでいます。

独立するとき、転職活動に作品集をつくったかたがいらっしゃいましたら、アドバイス等お聞かせ下さい。

こんにちは。

私は現在グラフィックデザインの仕事をしています。
将来、フリーでデザイナーとなる際や転職活動等に、
自分の実績や作品集となるものが必要だと思うんですが
そういったことを経験された方は、それらをどうやって工面しておられるのでしょうか?

と、いうのは、結婚して引っ越してしまうのと、自分が女性である事で、
年齢的にも土地柄的にもデザイン職の就職は難しいので、
知り合いの社長さんなんかを通じて格安で良いのでデザインの仕事をもらえないかと考えています。
ただ、言わ...続きを読む

Aベストアンサー

独立はしていないので、転職する時に作品集を作りました。

PC以前に仕事を始めたこともあり、現物をできるだけ1部は自分で確保しておきました。せいぜい校正刷りだけで、データとか残りませんから。
経験年数の浅いころは現物をファイルに入れたりして転職活動につかっていましたが、年数を経て数が増えたことやPC時代に入り自分でスキャンできるようになったので、A41枚に適当にスキャンデータを適当にしゅくしょうしたプリントをつくり、実物を見せた方がわかりやすいものだけはそれも合わせて持参し、プレゼンテーションしました。

最初に就職した会社がデザイン事務所だったせいか、業界的に転職は当り前で、どこかの企業のものであろうが、既に公表したものであり、先輩にも「将来、自分の作品ですって言えるから取っておきなさい」と言われ、ずっとそのようにしてきました。
もっとも権利がらみで難しいものもあり、どうしても手元に残せなかったものやこっそり確保したものでも、面接の際に見せるだけで絶対預けなかったものもあります(もちろん作品を郵送してくださいと言われた場合もそれは入れませんでした)

他の回答者の方も書いておられるように、デザイナーとしての自分の資料であって、他の企業の何かのノウハウを同業他社に転用しようというのではないので、その点でクライアントに不利にならないように気をつければ問題ないのではないでしょうか。
ただし、権利関係にうるさいクライアントや作ったものの社外秘のものは止めておいたほうが懸命です。また同業他社の場合も注意が必要です。

ちなみに自費出版の出版社に居た時のものは(その出版社ではできあがった書籍は基本的にすべて著者の所有物だったので)1冊も無料では持ちだすことが出来ず(逆に市販されたものは買えばOKでしたが)面接の際には言葉だけで説明しました。それほどの点数もやっていないので自分でもそれほど重視するものでもなかったので問題はありませんでした。

独立はしていないので、転職する時に作品集を作りました。

PC以前に仕事を始めたこともあり、現物をできるだけ1部は自分で確保しておきました。せいぜい校正刷りだけで、データとか残りませんから。
経験年数の浅いころは現物をファイルに入れたりして転職活動につかっていましたが、年数を経て数が増えたことやPC時代に入り自分でスキャンできるようになったので、A41枚に適当にスキャンデータを適当にしゅくしょうしたプリントをつくり、実物を見せた方がわかりやすいものだけはそれも合わせて持参...続きを読む

Q放送局でのカメラアシスタントとADの仕事

テレビ局でのカメラアシスタントとアシスタントディレクターのお仕事について質問です。

カメラアシスタントのお仕事はどのようなことをするのですか?
よくカメラマンの横でマイクのような長い棒?を持っている方ですか?
また、このお仕事は女性でもできますか?
仕事内容について詳しく教えてください。

アシスタントディレクターとカメラアシスタントのお仕事との違いがよくわからないのですがどなたか教えていただけませんか?
両者とも外でのロケにカメラマンと同行しているのですか?
テレビとラジオを比べると、ラジオのアシスタントディレクターのお仕事の方が比較的楽なのですか?

Aベストアンサー

>カメラアシスタントのお仕事
カメラ、音声、照明ですね。
カメラのアシスタントは移動時の三脚もち、WBを合わせるときの補助など
カメラマンの卵であることが多いですね。
時には、サブでカメラを持って撮影することもありえます。
>よくカメラマンの横でマイクのような長い棒?を持っている方ですか?
これは、おそらく音声さんでしょうね。

ただし、カメラアシスタントのお仕事は、まずは機材持ち・コード持ちと取り回しの兼任あたりから始まると思いますよ。
(この辺はアルバイトでやってしまう場合もありますが)

ちなみに女性でもたくさんいらっしゃいますよ。
ただし、体力勝負になってくるのでひ弱な女性の方は見たことがありません。

>アシスタントディレクター
これは、カメラマンに限らずスタッフを取りまとめするディレクターの助手です。
ですから、ディレクターの意思をスタッフに伝えたり、段取りの確認や伝達
出演者のお弁当に手配にいたるまで、いわゆる何でも屋です。
アシスタントディレクターといえば、聞こえはかっこいいですが、要は
プロデューサーやディレクターの”パシリ”の役目です。
だから、番組で危ない企画の実験台にされたり、リハでお笑い芸人の代わりに
カメラリハーサルで同じことをやらされたり、バラエティでは
危険な取材をやらなくてはいけかなったり(ライオンの口臭はくさいのか、とか)
はっきり言って、プロデューサー・ディレクター次第で過酷なお仕事に
なりえるものです。
おそらく、過酷さ・大変さではカメラアシスタントの比ではないと思います。

ですが、そのままがんばればプロデューサーになるのも夢ではありません。
そこまで頑張る気力があるかどうかでしょうね。

>カメラアシスタントのお仕事
カメラ、音声、照明ですね。
カメラのアシスタントは移動時の三脚もち、WBを合わせるときの補助など
カメラマンの卵であることが多いですね。
時には、サブでカメラを持って撮影することもありえます。
>よくカメラマンの横でマイクのような長い棒?を持っている方ですか?
これは、おそらく音声さんでしょうね。

ただし、カメラアシスタントのお仕事は、まずは機材持ち・コード持ちと取り回しの兼任あたりから始まると思いますよ。
(この辺はアルバイトでやってしまう場...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報