軸索に,閾値を超える大きさの異なる刺激を与えたとき,生じるインパルスの頻度は変わりますか。私は,刺激の強さに関わらず,同じ大きさの単一のインパルスが生じるだけだと思います。
 受容細胞や細胞体ではなく、軸索に刺激の強さをインパルスの頻度に変えるはたらきはあるのでしょうか。ご存知の方よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご質問の趣旨は、各種のセンサータンパク質は、細胞体の細胞膜には存在しているが軸索の細胞膜には存在していないと言うことと思います。

残念ながら私は知りませんが、解明されていることなのでしょうか。推測しますと軸索の刺激でも細胞体の刺激でも大きな違いは見られないことから軸索にもそれらのセンサーはあるのではないでしようか。

単細胞生物は「全か無かの法則」に従わずに刺激の大きさに比例して反応が起こります。ですから現在は単細胞生物等で各種センサーの解明が進んでいる所のようです。それらの生物の研究から、例えば機械刺激に反応します張力センサーや電気刺激に反応します電位センサー等が発見されつつあります。

これらは一種のイオンチャネルのようですが、刺激の大きさとこれらチャネルの関係は知りません。大きな刺激ならば開いている時間が長くなるのかも知れませんし、または、刺激が大きければ多くのチャネルが開くのかも知れません。どのような仕組みでスパイクの頻度を増加させているのか残念ながら私には分かりません。

私もこれらについて詳しい方にご教示いただけたらと思っています。よろしくお願いいたします。

この回答への補足

 軸索基部で,細胞体の興奮の大きさが興奮の頻度に変換されると、大学の動物生理学の教科書に書いていた気がします。それで、軸索では変換は行わないと思っていました。
 軸索の途中に電気刺激を加える実験を行った場合には、全か無かの法則に従い単一のインパルスが生じるだけと思っていたのですが、そうとも限らないということでしょうか。

補足日時:2011/02/06 05:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。単細胞生物の興奮はおもしろそうですね。興味がわいてきました。

お礼日時:2011/02/06 05:29

一つの神経細胞(ニューロン)の軸索に対してなら、閾値を超える大きさの刺激ならばすべて同じ大きさの単一のインパルスになると考えられます。

(全か無かの法則)

確か、何回も刺激を加えるなどの操作を行うことでインパルスの頻度は上がったかと。

一つのニューロンの軸索に頻度を変える能力はないようですが、実際、私たちの体の中でニューロンが一つしかないなどということはなく複数のニューロンが存在しています。
「複数の閾値の異なるニューロン」が存在していることで刺激の大きさを計っているそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/02/06 05:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインパルス 堤下敦 危険運転についてです。

【インパルス 堤下敦】が夜中に、危険運転をしたという事でしたね。
防犯カメラに写っていた、動画を見る限り確かに危険でした。
処方された飲み薬を飲んだ為と、説明していました。
実際、飲み薬だけが原因なんでしょうか?
気になりました。
皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

「意見」でいんですね?科学的根拠や実証に基づいた論でなく?
内容によっては薬だけでも危険です。
わたしもレンドルミンという薬をのんだことがありますが、自転車の運転でもふらふらして危険でした。

さらに酒でも飲んでいたり、アルコールの入ったみりんを使った料理を食べていたりしたら危険です。
飲み薬だけが原因かどうかは分かりませんが。

薬を処方されるときには薬剤師から「眠気がするので運転や危険作業はしないでください」などの注意書きが書いたシールがもらえるはずです。

で、本題の「飲み薬だけが原因なんでしょうか?」→それ以外にもアルコールの入った飲料、調味料との飲み合わせも危険です。

Q神経繊維の軸索を二箇所刺激した場合・・・

なかなか文献が見つからず、困っています。ご存知の方いらしたら教えて下さい。
ニューロンの軸索を二箇所同じ強さで刺激した場合、各々両方向へ興奮が伝導すると思いますが、刺激を与えた二箇所の中間でその興奮がぶつかった時はどうなるのでしょうか?「麻痺が起こる」というような事を聞きましたが、確かではないので、詳しい方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

詳しくない方なのですが、まだ書き込みがないようなので、思ったことを書きます。

軸索の興奮というのは、実質的には細胞膜の脱分極です。
刺激に反応してナトリウムチャネルが開くことで脱分極が起こるのですが、ナトリウムチャネルは開いた後しばらく刺激に対して無反応になる期間があります。
これを考慮すると、二つの方向から来た興奮がぶつかってしまうと、開いたばかりのナトリウムチャネルが2度目の刺激に反応できず、ここで興奮の伝導が止まってしまうのではないでしょうか。
ですが、刺激は加えられたところから双方向に伝わっていくはずですので、ぶつかったところで伝導が止まったとしても、2箇所に与えられた刺激は軸索の両端に届くと思います。
麻痺との関係はよく分からないです。

Q堤下敦さんの睡眠薬服用運転よりも、夜も寝れなくなるほど全身にかゆみが出る症状って?なんですか?

堤下敦さんの睡眠薬服用運転よりも、夜も寝れなくなるほど全身にかゆみが出る症状って?なんですか?

Aベストアンサー

蕁麻疹です。

まぁ、アトピー性皮膚炎でも酷いと熟睡できません。

Q中学校理科で,動物の神経系(刺激の伝わる経路)に関して教えて下さい。

中学校の理科で,熱いものに触って思わず手を引く「反射」の刺激が伝わる経路として,
皮膚(感覚器官)→感覚神経→脊髄→運動神経→筋肉と習いました。また,反射以外の大脳が関わる場合は,
皮膚(感覚器官)→感覚神経→脊髄→大脳→運動神経→脊髄→筋肉と習いました。

ところが,試験で,目で見た情報をもとに行動する場合の経路で,
目(感覚器官)→感覚神経→脊髄→大脳→運動神経→脊髄→筋肉と答えると間違いで,
目(感覚器官)→感覚神経→大脳→運動神経→脊髄→筋肉のように,目の感覚神経は直接脳に繋がっているのが正解とのことでした。
先生に聞いても,目は脳に近いから感覚神経は脊髄を通らないのだと言われました。そこで質問です。

1.目が近いというのなら,他の耳や鼻などの感覚器官からの刺激を伝える感覚神経も,脊髄を通らずに直接,脳に繋がっているのですか?
例えば頭を怪我して痛い時のように,頭の皮膚からの感覚神経とかだったらどうでしょうか?

2.脳に近いとか遠いとはどこからが近くなるのでしょうか?例えば顔から上とか,首からとか肩からとか?

3.運動神経の場合はどうでしょうか?
例えば視力検査の場合など。指示棒で指された「C」のような記号を見て判断するのだから目からの感覚神経は脊髄を通らずに脳に行きますよね。その時,対象物にピントを合わせるためには,目の筋肉を動かす必要がありますよね。すると,この場合の運動神経も脊髄を通らずに脳から直接目の筋肉に伝えるのでしょうか?

中学校の理科で,熱いものに触って思わず手を引く「反射」の刺激が伝わる経路として,
皮膚(感覚器官)→感覚神経→脊髄→運動神経→筋肉と習いました。また,反射以外の大脳が関わる場合は,
皮膚(感覚器官)→感覚神経→脊髄→大脳→運動神経→脊髄→筋肉と習いました。

ところが,試験で,目で見た情報をもとに行動する場合の経路で,
目(感覚器官)→感覚神経→脊髄→大脳→運動神経→脊髄→筋肉と答えると間違いで,
目(感覚器官)→感覚神経→大脳→運動神経→脊髄→筋肉のように,目の感覚神経は直接脳に繋がっている...続きを読む

Aベストアンサー

http://kangoshi-mametishiki01.info/?p=26

図にあるように首から上にある感覚神経は脳につながっているので脳神経と呼ばれ脊髄神経とは別に分類されています。

それは、脳神経と脊髄神経だってつながっているのですが、人間が勝手に延髄から上の神経が脳神経、その下を脊髄神経と分類しているだけです。

あなたが中学生なら
皮膚の感覚は脊髄を通って脳に行く。
反射というものは脳まで行かずに体を動かすことができる。
ということが理解できればいいのです。

中学のテストなら目に関しては出さないほうがいいでしょう。

高校以上なら
視神経、顔の感覚神経等は脊髄を通らず、直接脳に行くということを学びます。

先生が、目は脳に近いから感覚神経は脊髄を通らないというのはもっともです。だって目の見た内容をわざわざ下に降りていって首の脊髄まで来てまた上に上がって脳に伝えるというのは非合理的ですよね。
体もその辺は合理的にできているので脊髄を通ってないのです。

1、2は顔から上は脳に直接つながっている。でいいです。
3も顔から上の筋肉は脳から、首から下は脊髄を通るとなります。

医学部でしたらもっと厳密になりますがそれは略します。

http://kangoshi-mametishiki01.info/?p=26

図にあるように首から上にある感覚神経は脳につながっているので脳神経と呼ばれ脊髄神経とは別に分類されています。

それは、脳神経と脊髄神経だってつながっているのですが、人間が勝手に延髄から上の神経が脳神経、その下を脊髄神経と分類しているだけです。

あなたが中学生なら
皮膚の感覚は脊髄を通って脳に行く。
反射というものは脳まで行かずに体を動かすことができる。
ということが理解できればいいのです。

中学のテストなら目に関しては出さないほうがい...続きを読む

QIIRフィルタのインパルス応答の求め方がわかりません

設計したIIRフィルタがBIBO安定性を満たしているか判断したいのですが、BIBO安定性を判断するにはインパルス応答が絶対加算可能であることが必要十分条件となっています。
しかし、IIRフィルタのインパルス応答の求め方がわからず、安定性の判断ができません。
どなたかIIRフィルタのインパルス応答の求め方を教えてください

インパルス応答を求めたいIIRの構成は以下のページとおなじ構成です
http://momiji.i.ishikawa-nct.ac.jp/dfdesign/giir/giir.pdf

Aベストアンサー

伝達関数がz変換で表されていれば、伝達関数自体がインパルス応答を表しています。
分子分母がzの多項式なら、分子の多項式を分母の多項式で序してやって一つの多項式(ただし、IIRの名にあるように、項が無限に続く)にしてやれば、z^(-n)の係数がnサンプル後のインパルス応答の値になります。

Q機械刺激とイオン刺激で何故筋収縮が起こるか?

大学で神経について習っています。電気的刺激で何故筋肉が収縮するのか
ということは、分かっているつもりなのですが、
何故イオン刺激と機械刺激で筋肉が収縮するのか、というのがよく分かりません。
イオン刺激では、普段静止電位で膜の中がマイナスに帯電したタンパク質で
マイナスの電位を生じているけれど、膜外からプラスに帯電したイオンが入り込むことによって活動電位が生じて伝達物質が筋肉に伝わり
収縮するのかな?と考えたのですがこれでもよいのでしょうか?
でも機械刺激によって筋肉が何故収縮するのかについては全く分かりません。
また伝達物質とはこの場合具体的には何なのでしょう?

お暇な方でよろしければ教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 自分も大学生です。

 自分で書くとそれなりに長くなるので、トロポニン、アクチン、ミオシン、アセチルコリン、でgoogle検索したところ、適当なものが見つかりました。

 http://www7a.biglobe.ne.jp/~hiro-line/hiro/biobook/biob037.htm

>伝達物質とはこの場合具体的には何なのでしょう

 アセチルコリンだと思います。

Q軸索は刺激の強さをインパルスの頻度に変換できるのか

 軸索に,閾値を超える大きさの異なる刺激を与えたとき,生じるインパルスの頻度は変わりますか。私は,刺激の強さに関わらず,同じ大きさの単一のインパルスが生じるだけだと思います。
 受容細胞や細胞体ではなく、軸索に刺激の強さをインパルスの頻度に変えるはたらきはあるのでしょうか。ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の趣旨は、各種のセンサータンパク質は、細胞体の細胞膜には存在しているが軸索の細胞膜には存在していないと言うことと思います。残念ながら私は知りませんが、解明されていることなのでしょうか。推測しますと軸索の刺激でも細胞体の刺激でも大きな違いは見られないことから軸索にもそれらのセンサーはあるのではないでしようか。

単細胞生物は「全か無かの法則」に従わずに刺激の大きさに比例して反応が起こります。ですから現在は単細胞生物等で各種センサーの解明が進んでいる所のようです。それらの生物の研究から、例えば機械刺激に反応します張力センサーや電気刺激に反応します電位センサー等が発見されつつあります。

これらは一種のイオンチャネルのようですが、刺激の大きさとこれらチャネルの関係は知りません。大きな刺激ならば開いている時間が長くなるのかも知れませんし、または、刺激が大きければ多くのチャネルが開くのかも知れません。どのような仕組みでスパイクの頻度を増加させているのか残念ながら私には分かりません。

私もこれらについて詳しい方にご教示いただけたらと思っています。よろしくお願いいたします。

ご質問の趣旨は、各種のセンサータンパク質は、細胞体の細胞膜には存在しているが軸索の細胞膜には存在していないと言うことと思います。残念ながら私は知りませんが、解明されていることなのでしょうか。推測しますと軸索の刺激でも細胞体の刺激でも大きな違いは見られないことから軸索にもそれらのセンサーはあるのではないでしようか。

単細胞生物は「全か無かの法則」に従わずに刺激の大きさに比例して反応が起こります。ですから現在は単細胞生物等で各種センサーの解明が進んでいる所のようです。それらの...続きを読む

Q一般的にセキツイ動物の肺は,両生類,は虫類,鳥類,ほ乳類の順に表面積が

一般的にセキツイ動物の肺は,両生類,は虫類,鳥類,ほ乳類の順に表面積が大きくなり,気体交換効率が高くなっているようです。それはどうしてか,くわしく教えて下さい。

Aベストアンサー

交換効率は鳥類が最も優れてますよ。
鳥だけが一方通行の呼吸をしてますから。

どうしてかというと必要に応じてであって、
なぜ必要に応じた機能があるかはまったく謎です。
淘汰説は適合するケースがきわめて小さな割合なので、
ぜんぜんまちがいです。正しいなら全部適合するはず。
個体差として現れない構造的な進化を説明できません。

QGSX400インパルスについて

GSX400インパルスについて質問です。インパルスはクラッチを握らないとエンジンは始動しないのですか?

年式は1997年です。

回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

80年代のGSX400Fはクラッチを握らないとセルは回りませんでした。
スズキのバイクでは多いですよ。

Q神経軸索と活動電位

神経軸索における活動電位で、立つ分極相と再分極相ではどのような働きによってどのような変化がおきているのか知りたいです。

Aベストアンサー

http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/phy/phy00002.html
ここを見ればすべてわかると思います。
図がないのでパッと見はわかりにくいかもしれませんが、
自分で絵を描きながら勉強するとわかりやすいと思います。


人気Q&Aランキング