今友人に勧められて、「沈まぬ太陽」を読んでいます。正直あんな分厚い本5冊なのに、おもいっきりはまってしまっています。

作者の山崎さんはかなり高齢なようですが、山崎さんのように企業の内幕を入念な取材をもとにここまで書ける人って、いま他にいるのでしょうか?

そういう作家、本をご存知の方、おしえてください。

山崎さんのあと、こういう本が世に出なくなったら・・・とちょっと憂えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 企業の内幕や社会問題を取り上げている作家は少なくはないですが、山崎豊子さんのような文章力・表現力の方は残念ながら、少ないですね。


 あえて挙げるならば、
1.帚木蓬生(是非読んでみてください)
  医療を中心とした小説が多いですが、難しさはなく、
  展開といい、内容といい、抜群です。
  「賞の棺」「閉鎖病棟」「逃亡」「白い夏の墓標」
  「ヒトラーの防具」など
あとは
2.高杉良(企業を扱った経済小説が主)
  「金融腐敗列島」「呪縛」など
3.高村薫(ちょっと趣旨が違いますが、
  取材に裏付けされた小説としてはオススメ)
  「地を這う虫」「神の火」「リヴィエラを撃て」
  「マークスの山」など

私も山崎さんの大ファンで全編読破しました。
すべての小説が甲乙つけがたい素晴らしい作品群ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

帚木蓬生はなんと読むのでしょうか・・・(-_-;)
以前NHKで放送されたドラマ、「アフリカの蹄」の原作者がこの方だったと記憶しています。原作は読んでいませんが、ドラマは大沢たかお主演で面白く、アフリカでの黒人差別にかなり深く斬り込んでいて、こういうテーマを日本人が取り上げること自体に驚きました。

医療を中心にしているとのことで、私も興味ある分野なので面白く読めそうです。是非トライしてみたいです。

お礼日時:2003/09/08 20:37

最初に”山崎豊子氏”の”華麗なる一族”をお勧めします


昭和48年に執筆されていますが、今日本に置かれている銀行業界の今日を予測される有りようがこの時期に早くも
指摘されています

そして今の日本の経済的困窮の原因を思い知ることが出来ると共に作家の鋭利な感覚に驚きます

企業では有りませんが今日の日本を知るのに相応しい、企業社会日本を知る手がかりになる良書を紹介します

1)聖断  半藤一利著   文芸春秋社
日本が敗戦を覚悟して戦争を終わらせるに至った経過を記録を元に小説にしています
今日の日本人の生活はここから始まった事がよく解ります

2)八甲田山死の彷徨  新田次郎著  新潮社
戦前の日本人の生き様が書かれています
ここから前記聖断につながります

3)黒部の太陽  木本正次著  講談社
戦後の日本の企業小説です
関西電力の黒部第四発電所建設工事の記録小説でNHKのプロジェクトXでも取り上げられました
戦後の日本が如何にして再度立ちあがったか解るエピソードのひとつです

いずれの書物もドキュメントを小説にしたものです
映画やテレビドラマにも取り上げられています
読まれる前でも後でもビデオを鑑賞されることもお勧めしたいと思います
いずれも秀作で今日の日本を知る一編となるでしょう  
    • good
    • 1

最近、その手の本を読んでいないので


ちょっと古い知識ですが

企業小説などと呼ばれるジャンルの大御所といえば
●城山三郎
●山崎豊子
だと思っています。
城山三郎の作品では「小説日本銀行」「価格破壊」が大好きでした。
山崎豊子の作品では「暖簾」「白い巨塔」が大好きでした。

他には
●清水一行
●江波戸哲夫
●高杉良
なんて名前が思いつきます。
    • good
    • 0

#2です。


すみません。「ははきぎ ほうせい」と読みます。
そうです!「アフリカの蹄」もこの方です。
有名なのは「三たびの海峡」もありますね。
はまりますよぉ。
    • good
    • 0

沈まぬ太陽


はまりますよね!!
お気持ちわかいります。
JLに乗れなくなりそうでしょ。??

この山崎さんの本で「大地の子」って本があるのですが
ご存知ですか?私は最初にこっちを
読みました。途中でおわれなくて一晩で1冊よんだ事も
あります。本で涙を流したのはこの本が始めてでした。
大地の子はテレビ(NHK)でもやりました。

今よんでる本がおわったら是非これも読んでみてください。お勧めです。

私もノンフィクションの本が大好きでよく読んでます。
見つけるのは結構むつかしいですがわりと
有りますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
大地の子はテレビで見ました。毎晩涙が止まりませんでした。
沈まぬ・・・が読み終わったら読んでみたいですね。ドラマと原作は結構相違があるようですし。

飛行機は・・・確かにJ○Lには乗れなくなる、というか現時点では乗りたくないです。この本の結末如何・・・というところでしょうか。

お礼日時:2003/09/08 16:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあなたの恋人に本を一冊プレゼントするとしたらどの本にしますか?

あなたの恋人に本を一冊プレゼントするとしたらどの本にしますか?
小説でお願いします。

Aベストアンサー

補足ありがとうございます。
ステファニーメイヤーさんのトワイライトシリーズなどはどうでしょう。
4まで出てて全部で9冊の文庫本です。


文章がとても読みやすく、サクサク進みます。
内容的にはバンパイヤとの禁断の恋とうたわれ、現在DVDも2作目まで、
今秋には3作目が劇場公開される小説です。

Q分厚い本について


先日「終戦のローレライ/福井晴敏」の文庫本1・2巻が発売されましたが、なぜ全巻(全4巻?)同時に発売しなかったのでしょうか?


京極夏彦氏の作品や「白夜行/東野圭吾」のように、かなり長い話なのに文庫化の際に上下巻に分けず1冊で発売されるものがある一方で、「彗星物語/宮本輝」の角川文庫のように、1冊で十分収まる(実際に文春文庫では1冊)内容をわざわざ(?)2冊に分けて発売されたりしています。
この辺りには、どのような意図が組み込まれているのでしょうか?

以上2点について、何か御存知の方いらっしゃいましたらお教えください。

Aベストアンサー

1について、
それはおそらく書店の本の回転率の速さのせいだと思います。一度に全巻発売してしまうと一度は日当たりの良い場所に陳列されるでしょうが、時間とともに後ろへと追いやられてしまうでしょう。何度かに発売をわけることで少しでも読者の目にとまる確率を上げたいのでしょう。また購入者の視点に立っても4冊も同時に購入するのは厳しいですし。

2について、
私もかねがね不思議でした。たとえば天童荒太の「家族狩り」の文庫版なんかもひどく理不尽に感じました。原作とほとんど同じ内容なのにもともと一冊だった本を言い訳をしてまで5冊に分割するなんてあんまりです。これはいくら想像を巡らせてもさっぱり理由がわかりません。偶然の産物だったりして。

Q一日に本を最高何冊読めますか?

一日に本を最高何冊読めますか?その方法なんかもおせーてください

Aベストアンサー

最近お亡くなりになったロシア語通訳兼エッセイストの米原万里さんは大変な読書家で、1日7冊の本をお読みになったそうですよ。
今月出版されたばかりの米原さんの遺著「打ちのめされるようなすごい本」でもその片鱗が窺えます。

Q小説家って何冊くらい本を読んでるんでしょうか?

ふと気になったので、質問してみました。

伝聞や推測だと、事実が誇張されてしまうきらいがあると思うので、できるだけ小説家本人が言っていた(もしくは書いていた)読んだ冊数で答えてくださるとありがたいです。

Aベストアンサー

先日のインタビューで桜庭一樹氏は寝る前に毎晩一冊読むといってました。
故米原万里氏は一日5、6冊と書いてました。
恩田陸氏は、年に大体2百冊とか書いてあったような…。

Q本を出版して何冊売れれば成功と言えるでしょうか。

参考になるHP等でも結構ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

何冊という基準はないですが、目安というなら重版がかかれば成功といえるでしょう。版を重ねるということはそれだけ売れているということですし、注目もされますから。ちなみに無名の新人が出してもらえるとなったときは、初版が5000部程度です。印税は100万未満くらいですね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報