僕のレベルとしては、中回り、大回りに至っては、板をそろえエッジで回れていると思います。

しかし、
このような急斜面でのショートターンがとことん苦手です。中、大回りでは踏ん張ってしっかり回れても
ショートターンでは、そんな時間もないため板の向きがうまく切りかえれません。

どうしたらよいでしょうか?
練習法などお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この動画を見ると、上手いですね。


斜度もそこそこの中上級斜面ですかね。

中回り、大回りに関して言えば、
板をそろえている感覚で、中級斜面以上を滑って見えるのでしたら、
おそらく、エッジで回れているとは、考えにくいです。

カービングスキーで、中級斜面以上をエッジで
カービングで滑っていたら、
板はだいたい肩幅弱くらいの開きがあるはずです。
揃えて滑っていたら、少なくとも内足のエッジは使って無さそうですね。

それと、ウェーデルンという言葉(もう死語かな)
を使われてみえるので、けっこう年配の方でしょうか?
今では、「小回り」か「ショートターン」と言いますね。

それはともかくとして、
この動画の様に小回りをするには、適度な斜面で練習するしかないですね。
完全に、板のエッジングの反動を利用して、次のターンに入っていますから、
脚力とバランスとしっかりとした重心が必要です。

適度にスピードの出る斜面で、連続ターンを続けて、
自分でそれを細かくして、板の反動を吸収しながら、次のターンにつなげられる様に、
ひらすら練習ですね。
多少強引にエッジングして反動を使っていると、
時に反対側に吹き飛ばされるかもしれませんので、
しっかりと前掲と膝を曲げて、
板も開き気味にして、チャレンジしてみてください。

適度な斜面で、小回りになって来て、スピードが出せるようになったら
自信がついたら、
少しずつ斜度を上げていけばいいのです。
いきなり、急斜面でできるわけはありません。

検討を祈ります。

この回答への補足

ちなみに、24です。
板をそろえているというのは、平行になっているのであって、実際は30~40cmぐらい離れています。
今季は、とりあえず何度か行ってみてエッジで滑ってなんともいえない抜けていくカービングに何とか
慣れてきたところです。

自分の中ではショートターンの中にもエッジをつかってクイックに回っている人もいるので、
ここはあえて雪しぶき?が飛ぶようなショートターンなので昔ながらのウェーデルンという言葉を使いました。

http://video.fc2.com/content/%E3%82%B9%E3%82%AD% …

最終目標はこれです。

補足日時:2011/02/08 00:25
    • good
    • 0

こんにちは。


私が中級になった頃、短いスキーでリズムを刻む練習をしました。
まだカービングスキーが出る前で、「ビッグフット」という64cmの短い板です。
それでリズムを取るコツさえ掴めれば、普通の板でもそこそこできるようになりました。

どこかで、120~140cmくらいの短い板が借りられないでしょうか?
レンタルで1日乗ってみると良いと思いますよ。

あと、板によっては小回りしにくいことがあります。
長すぎる板、振り回す重量(スウィングウェイトと言います)が重めの大回り板、センター幅が広過ぎる板はコツが必要です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスノーボードの急斜面でのターン

スノーボードのターンについてなんですが
急斜面で連続ターンができません

また、どうしても後ろに体重をかけてしまい
うまくターンができません。

これらのコツ、練習方法などってありますか?
教えて下さい

Aベストアンサー

こんばんは。
スノボ歴19年で、指導員をやっています。

体重が後ろになって、うまくターンが出来ないというのは、
それは、急斜面だけでのことですか?
中級斜面ぐらいでは、どうですか?

誰でもそうですが、自分の自信のない斜度になったら、
怖いという気持ちがでるものです。
レベルにあっていない斜度でも、怖いと思う気持ちがなかったら、
それは、逆に無謀なだけです。
いつか大けがをするか、誰かに大けがをさせてしまいますので、
自分にあった斜度で、コントロールできるスピードとターンとリズムで滑ることが大切です。

ですから、連続ターンをどれぐらいのリズムでマスターしたいのかは、
わかりませんが、怖くない程度の斜度で、じっくりと練習して、
スピードのターンのリズムを早くしていって、だんだんと斜度を上げていきましょう。

ちなみに、中級斜面でも、カービングでターンをしていけば、途方もなくスピードは出ますから、ある程度スピードを抑えるために、ドリフト(スキッドとか横滑りとも言います)での、連続ターンも練習します。カービングがこなせる人なら、ドリフトも出来るかとは思いますが。
急斜面でも、小回りの連続ターンをしようと思うのでしたら、
まずは、テールスライドのドリフトの左右の切り返しを練習するのがいいでしょう。
イメージとしては、フロントでのブレーキング、バックでのブレーキングを
交互連続で行って、スピードを殺しながら、ほとんど真下に滑り下りて行く感じです。

たぶん、よくわからないかと思いますが、
とにかく、急斜面ではドリフトで左右にスピードコントロールが出来るように練習、ということです。
でも、怖くない斜度での練習を心がけてくださいね。
そうしないと、
体重が後ろに残ったままでは、何も上達しませんから。

こんばんは。
スノボ歴19年で、指導員をやっています。

体重が後ろになって、うまくターンが出来ないというのは、
それは、急斜面だけでのことですか?
中級斜面ぐらいでは、どうですか?

誰でもそうですが、自分の自信のない斜度になったら、
怖いという気持ちがでるものです。
レベルにあっていない斜度でも、怖いと思う気持ちがなかったら、
それは、逆に無謀なだけです。
いつか大けがをするか、誰かに大けがをさせてしまいますので、
自分にあった斜度で、コントロールできるスピードとターンとリズムで滑...続きを読む

Qどうしてもスキーでショートターンができません。

スキーを結構、頻繁にやるようになって5年たちます。
現在は中斜面ではスピードコントロールして、中回り、大回りが気持ちよくできます。すると欲がでてきて ショートターンができるようになりたいと思い始めておいます。昨年から気がついたら意識的に練習をしてみようとするものの、途中からスピードコントロールができず、暴走したり、ターンが大きくなったりしてしまいます。今年、一度習ったスキースクールでは後傾気味で、抜重の際にきちんと雪を踏んでいないからと指摘されました。言われてみるとそんな気もするのですが、ではそれを直すにはどうすればいいのか、良くわかりません。効果的な練習方法がありましたら教えてください。また このような ことを学ぶ際 スキースクールでは中級コースが適切なんですかね?
前回はクラス分けで一瞬うまくみえたのか上級に入ってしまい、ショートターンをやるようにいわれ、結構つらいものがあったのですが・・・。

Aベストアンサー

ショートターンの導入の練習法はいくつかあります。

1)上半身をしっかりと谷側(ファールライン)に向けて滑ります。ターン中で上半身と下半身の間に、ひねりが生じます。この体のひねりを開放することで、切り替え時にスキーの方向を帰ることができます。ポイントは、上半身を谷側に向けることです。

2)ダブルストックを用いる。これは、両方のストックを同時に使う技術です。普通は、右、左、右、左の順番でストックワークをしますが、この練習では、両方のストックを同時にストックワークします。ダブルストックをすると、自然と上半身が谷側に向くようになりますよ。

3)抜重(伸ばし)の際に、体をファールラインの方向に伸ばします。感覚としては、谷側に体が落ちるようで、初めはちょっと怖いかもしれませんが、慣れれば大丈夫になります。

4)二軸ですべる。これは2本のフォールラインを確保することです。実際には、体全体とスキーが一体となって、右、左、右、左と移動することです。イメージとしては、川にある石をぽんぽんとジャンプして渡るイメージです。また、カエルがピョンピョンピョンと池の葉っぱを移動する感じでもあります。

まだたくさんの練習方法やアドバイスがありますが、現段階では、上記のことを頭にいれて練習なされるとよろしいと思います。

ショートターンの導入の練習法はいくつかあります。

1)上半身をしっかりと谷側(ファールライン)に向けて滑ります。ターン中で上半身と下半身の間に、ひねりが生じます。この体のひねりを開放することで、切り替え時にスキーの方向を帰ることができます。ポイントは、上半身を谷側に向けることです。

2)ダブルストックを用いる。これは、両方のストックを同時に使う技術です。普通は、右、左、右、左の順番でストックワークをしますが、この練習では、両方のストックを同時にストックワークします。ダブル...続きを読む

Qスノーボードのショートターンについて

ショートターンができなくて悩んでいます.

レベル的には2級をめざしています.2級のロングターンは問題ないといわれましたが,ショートターンがさっぱりです.
スクールに入った時の練習は,先落とし→停止,をくりかえしました.前にのってボードを回して(ずらして)両足荷重でしっかりとめるという感じです.
バックサイドではしっかりととめることができないので,ボードをうまく回せません.逆にフロントサイドはブーツが硬めのためか,ひざを曲げるとボードが簡単にたってしまい.エッジがききすて跳ねてしまっています.なのでフロンとサイドからバックサイドは簡単に回せていると思います.ボードの反発を利用するとはこんな感じなのだなとはじめてわかりました(笑).
単純にひざ曲げるからいけないのでしょうか?ゆっくりひざを曲げて荷重すれば板の反発をおさえられのでしょうか?でもショートターンは忙しくてぼくにはゆっくり荷重なんて余裕はありません.足首から曲げれば板は立たないだろうと考えられるのですが.どうかんがえてもブーツとビンディングが硬くて足首をまげるなんてことは無理かなと思っています.やわらかいブーツとビンディングにしたらショートターンはできるようになるでしょうか?・・多分無理だと思うのですけどね(笑).

どなたかこの
バックサイドではしっかりとめられない.
フロンとサイドではエッジがききすぎて板がはねてしまう.
の解決方法を教えてください.

ボードはburotnのidiom(Custumと同程度の硬さ)
ブーツはサロモンのF24
ビンディングはDRAKEのMATRIXです.

ショートターンができなくて悩んでいます.

レベル的には2級をめざしています.2級のロングターンは問題ないといわれましたが,ショートターンがさっぱりです.
スクールに入った時の練習は,先落とし→停止,をくりかえしました.前にのってボードを回して(ずらして)両足荷重でしっかりとめるという感じです.
バックサイドではしっかりととめることができないので,ボードをうまく回せません.逆にフロントサイドはブーツが硬めのためか,ひざを曲げるとボードが簡単にたってしまい.エッジがききすて跳ね...続きを読む

Aベストアンサー

ブーツとビンディングが硬めでも問題ないはずです。
板が硬すぎると多少力が必要でやりづらいですが、慣れれば大丈夫です(経験上)
「足首を曲げる」について・・・アルペンの人に聞いたところ、あの硬いブーツでもやっぱり足首は使っているそうなので、フリースタイルで「ロングターンは問題ない」と言われている人なら、足首は曲げられると思います。
でなければ、ロングターンでも「問題あり」と言われるはずなので。

バックサイドで停止しようとする時、前足よりに荷重しっぱなしになってないでしょうか?
エッジを立てる時、つま先を引き上げていますか?

フロントサイドで停止しようとする時、フォールラインから目を離していませんか?(ターンの内側に向いてしまっていませんか?)
前の肩をターン内側に巻き込みすぎていませんか?

ビンディング(ブーツの位置)は板のセンターにきていますか?(かかと寄りになってないかな??と思ったので・・・違ったら無視して下さい)

もし当てはまりそうな所があれば、ちょっと確認してみて下さい。

ここでは文章だけのやりとりなので、実際に滑りを見てもらえるイントラなり、レベルが上の友達なり、そちらのアドバイスを優先して下さい。

ブーツとビンディングが硬めでも問題ないはずです。
板が硬すぎると多少力が必要でやりづらいですが、慣れれば大丈夫です(経験上)
「足首を曲げる」について・・・アルペンの人に聞いたところ、あの硬いブーツでもやっぱり足首は使っているそうなので、フリースタイルで「ロングターンは問題ない」と言われている人なら、足首は曲げられると思います。
でなければ、ロングターンでも「問題あり」と言われるはずなので。

バックサイドで停止しようとする時、前足よりに荷重しっぱなしになってないでしょう...続きを読む

Qスノボ ショートターンができません(泣)

スノボは5回行ったことがあります。
大きなターンはできますが、ショートターンが
できません。
今まではレンタルだったので、きっとレンタルの
せいにちがいないと思って、この前自分の板も買いました。1回滑ってきました。

が、まるで上達している気がしません。
どうやったら、みんなのようにショートターンが
できるようになるのでしょうか。。

かなり、びびりやさんです。

Aベストアンサー

私の体験談で恐縮ですが、一番はびびりをなくす→スピードや斜面に対する恐怖をなくすことだと思います。

>大きなターンはできますが
スノボーもスキーもそうですが、横に滑る→縦になる(直滑降)→横に滑る が初級者のすべりです。
小さなターンはこの「横に滑る」プロセスが省略されていきます。つまり直滑降の基本姿勢で前後への荷重だけでターンをするのです。

となると、直滑降(=斜面の先に目線を向け続ける事)ができないと小さなターンにいけないのです。
怖いですよね~腰も引けちゃいますよね~、板の制御もできないですよね~  とびびりが出ちゃうとショートターンは難しいです。

私が人に教えるときにやるのが、一つ気に入ったバーンを決めてひたすらすべる事 です。
「ここならそんなに怖くないかな?」「ちょっと怖いけど何とか滑れた」という斜面があるはず。
そこで1人で何本も何本も滑るのです。
同じ斜面で何度も滑る事によって慣れから安心感へとつながります。「ちょっとだけ直滑降で行ってみよう」とか「ここからリフト乗場までなら直滑降でも平気」と思えるところで直滑降(少し前後荷重を意識して)を繰り返していくのが一番かと思います。

年齢や性別によって違いがありますが、私の友人(20代後半女:運動やったことなし)はこの練習方法で一日中同じ斜面で滑っていて夕方一緒に滑ったら驚くほどうまくなっていました。
SEAMOON さんもがんばって下さいね~

私の体験談で恐縮ですが、一番はびびりをなくす→スピードや斜面に対する恐怖をなくすことだと思います。

>大きなターンはできますが
スノボーもスキーもそうですが、横に滑る→縦になる(直滑降)→横に滑る が初級者のすべりです。
小さなターンはこの「横に滑る」プロセスが省略されていきます。つまり直滑降の基本姿勢で前後への荷重だけでターンをするのです。

となると、直滑降(=斜面の先に目線を向け続ける事)ができないと小さなターンにいけないのです。
怖いですよね~腰も引けちゃいますよね...続きを読む

Qモーグル・ずらすターンとずらさないターン。

 両者の違いがよくわかりません・・・技術としてはわかっているつもりなのですが、じゃ、誰がずらすターンをしていて、誰がずらさないターンなのか。ビデオを観てもよくわかりません。
 現在、W杯のトップクラスにいる選手で、誰々はずらすターン、誰々はずらさないターンと教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

誰がどうとかではなく、基本的に斜面やこぶの大きさにより使い分けます。ずらす、ずらさないはパワー、スピードを逃がすか、逃がさないということになります。ずらす=パワーを逃がすことになるのでスピードは落ちます。よって急斜面やこぶの大きい場合などスピードをコントロールしたい場合にはずらすターンになります。
ずらすターンは雪面を削り、ずらさないターンは雪面を掘るようなすべりになります。よって雪しぶきの飛び方が若干かわります。ずらすターンは削るので細かい雪しぶきが板の上にかぶるようになります。逆にずらさないターンは雪しぶきが少なく、あったとしても板の外側に飛ぶようなしぶきになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報