題で、

下取りした中古資産の下取り価格が高すぎ、利益を得て再販することが困難なため長期在庫となり、保管中に年式が古くなる等が原因で売却価格が更に低下し、簿価の半額くらいにまで落ち込んだことから、評価損を計上しようと考えていますが、認められるでしょうか。

という問題なのですが、ぱっと見ると
基本通達9-1-4の「著しい陳腐化」
にばっちり当たるかとも思ったのですが、よくよく考えるとこれは、新品が売れ残り、新しい型が出てしまったための不良在庫に対する通達とも取れます。
中古資産なのですから型式が古くなる等は、当然のことと思えてきたのです。

今回のお題である、下取り中古資産の評価損を計上したいときに適用してよいものかどうか判らなくなってきてしまいました。

できましたら根拠等からお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> 基本通達9-1-4の「著しい陳腐化」にばっちり当たるかとも思ったのですが、



本法、施行令、通達等は御存知のようですので、「著しい陳腐化」の定義については省きますので。

若干の流行遅れやモデルチェンジがあったということだけでは棚卸資産が著しく陳腐化したことに該当しませんが、そのモデルチェンジによって型式、性能、品質等が著しく異なる新製品が発売されたことに伴い、そのやむなく旧型を低額販売しなければならなくなった場合には、その旧型商品についての評価損が認められます。


> できましたら根拠等からお願いします。

根拠条文は?
といわれるとやはり「法人税法施行令68条」と「法人税法基本通達9-1-4」になります。

また、いくら通達といえども必ずしも様々な細部の事例にまで規定されているわけではありませんので、その通達に事例や具体例等として明確に明示されていないものに関しては、その法令や通達の解釈論になりますので、nishihiさんが上記の「著しい陳腐化」の定義や具体例に合致するか否かを判断することになります。(事例や具体例が無いものは課税者(税務署)や他の人も少なからず迷います。nishihiさんも御自分の解釈に自信を持って判断して下さい)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>様々な細部の事例にまで規定されているわけではありませんので、 その法令や通達の解釈論になりますので

なるほど、これが法の空白と言われるものですね。聞いたことがあります。

何しろプロフの通り勉強中の身でして、自分の解釈、、
といわれると途端に気弱になってしまいます(汗
今回のようにバッチリな政令、通達等が見当たらない場合は冷や汗物です

今回の判断ポイントは、

1.著しく異なる新製品
2.今後通常の方法で販売できなくなったもの
の二つの判断基準でもって、感覚で判断するしかないようですね。
判りました、ありがとうございます。

お礼日時:2003/09/10 01:01

下記を参考に:客観的な説得資料を準備すること(まだ売れる筈と否認されるので)。



参考URL:http://tvs.mjs.co.jp/taxinfo/tax/h15/data0707.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、この大阪国税局の指摘を見ると、季節を過ぎたものであっても、統一的に評価損が計上できるわけではない、とのことのようですね。
判りましたありがとうございます

お礼日時:2003/09/10 00:46

年式が古くなる等が原因で売却価格が更に低下しているのであれば、著しい陳腐化に相当するでしょう。



参考urlの質問3をご覧ください。

参考URL:http://www.taxcom.co.jp/keiriman/jitsumu/jitsumu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえ、済みませんがこのQ&Aの物は 質問文にあるように、新品の売れ残りを対象にしているようなので、
中古資産市場ではどうなのか、、と思いまして

お礼日時:2003/09/10 00:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QExcelで 循環参照とでないようにするにはどうしたらよいですか?

在庫棚卸表を エクセルで作ったのですが 次月へ繰越残を、前月繰越に移行しようとした時 日々の入庫・出庫も数式を使っているのでどうしても前月繰越に数式を入れると、循環参照のエラーがでてきてしまいます。ただの 数式ではだめなのですか? 教えて下さい。
どのような やりかたがいいのですか?

Aベストアンサー

想像ですが、今月繰り越し残を、月が変更になると前月繰り越しの欄へコピーしているのでしょうか。
式をコピーするのではなく、値のコピーをすればいいのではないでしょうか。

Q簿価1円の中古資産購入時の資産編入可否

簿価1円の中古リフトを簿価で譲り受けることになりました。
1年間くらい使用して、その後は下取りに出して新車リフトを購入する予定です。
実際に1円で譲り受けるのですが、1年後の新車購入時は下取りとして50万円
(鉄屑代他)で売却できそうです。
この場合、購入価額1円として資産編入しておくべきでしょうか(下取り時に売却益
を計上)。もし編入しなかった場合は下取りとして売却した時にどのような経理処理
をすればよいでしょうか。

Aベストアンサー

簿価がいくら1円とはいえ、譲受時には時価が少なくとも50万円以上ありそうなので受贈益が発生しそうですが、それはまたおいておくとして、譲受時には1円が妥当な金額だったものとします。

法人であろうと、個人であろうと1円で買ったものは1円ですので、10万円未満なので資産に計上する必要はありません。消耗品費等の勘定で経費計上をします

売却時には法人の場合は雑収入、個人の場合は10万円未満の資産であるため基本的に譲渡所得に該当せず、事業所得のやはり雑収入となります。

Q在庫管理を2台のパソコンで共有したい

うちの会社には3台パソコンがあります。
3台は同じLANで繋がっています。(A,B,Cとします)
そのうちA,Bはビジネスに使用しています。
Cは別業務に使用しています。
うちの会社は物を売っている会社で在庫がたくさんあります。
その在庫管理を二人でしています。
管理する商品を分担して管理しています。
お互いが独自でエクセルに表を作成して、在庫が減ると手打ちで数字を減らしてます。それを今回一括管理というやり方にしようかと考えています。つまり一つのPCで一括で在庫を管理したいのです。
でも業務中在庫を確認したい時が多々あります。
たとえば、AのPCで在庫管理すると、業務中BのPCを使用している人はいちいちAのPCまで見に行かなければなりません。
それはあまりに循環が悪いので、Aの在庫管理をBのPCから見る方法はないでしょうか??
CのPCからは別に見れなくてもかまいません。
ちなみにうちの会社は事情によりソフトなんかは買えないんです。

在庫管理係り2人ともPCはまったく素人です。
簡単な操作法などはないでしょうか?
わかりにくい説明でごめんなさい。

よろしくお願いいたします。

うちの会社には3台パソコンがあります。
3台は同じLANで繋がっています。(A,B,Cとします)
そのうちA,Bはビジネスに使用しています。
Cは別業務に使用しています。
うちの会社は物を売っている会社で在庫がたくさんあります。
その在庫管理を二人でしています。
管理する商品を分担して管理しています。
お互いが独自でエクセルに表を作成して、在庫が減ると手打ちで数字を減らしてます。それを今回一括管理というやり方にしようかと考えています。つまり一つのPCで一括で在庫を管理したい...続きを読む

Aベストアンサー

どの程度の確実さとセキュリティを要求するかで、手間・費用が大きく変わります

使用する人に制限が付け難いことと、だれが 更新したかが 不明確になり、誤入力の対応等が十分ではないことを承知の上で使用するのならば

PC-A と PC-B の ネットワーク名を同一にし、
PC-Aに 共有フォルダを作成します(フォルダを作成し、そのフォルダに共有したいファイルを移動し、共有設定します)
(セキュリティ設定等がありますが、とりあえず全公開として)

これで PC-Aの共有フォルダのファイルは PC-Bからも参照できます
(状況によってはPC-Cからも)

問題点は Excel表をどちらかで使用していると、後から開いたほうは読取専用でしか開けません
両方で同時に入力したい場合には、サーバ他かなりの工夫が必要です

業務の進め方を 
PC-Aは 更新と参照 PC-Bは 参照のみ にするとか
Excel表更新終了後は すぐに終了させ PC-A,Bで同時には使用しないようにする とかで 対応すればそれほど難しくはありません

定期的なバックアップ(1日1回、少なくとも週1回)は必須です
(PC-Bにコピーしておくだけでも)

どの程度の確実さとセキュリティを要求するかで、手間・費用が大きく変わります

使用する人に制限が付け難いことと、だれが 更新したかが 不明確になり、誤入力の対応等が十分ではないことを承知の上で使用するのならば

PC-A と PC-B の ネットワーク名を同一にし、
PC-Aに 共有フォルダを作成します(フォルダを作成し、そのフォルダに共有したいファイルを移動し、共有設定します)
(セキュリティ設定等がありますが、とりあえず全公開として)

これで PC-Aの共有フォルダのファイルは PC-B...続きを読む

Q中古資産を購入したら資産計上するのでしょうか?

92年製造の中古コンテナ(法定耐用年数7年)を¥300,000で購入しました。法定耐用年数7年の減価償却は、前所有者が償却しているので、資産計上する必要は無い(以前、何かを見て得た知識)と思っています。間違いでしょうか。 教えてください。

Aベストアンサー

減価償却資産の耐用年数等に関する省令
第三条 (中古資産の耐用年数等)

金額的に資産にあげる必要のある中古資産の耐用年数は
見積もりによる使用可能期間の年数
又は
法廷耐用年数×20/100(法定耐用年数の全部が経過した資産の時)(=1年)

結果的には費用化して大丈夫そうです。

QExcelで 循環参照とでないようにするにはどうしたらよいですか?

在庫表を作ったのですが
    A  B C残 D E残  F
1入庫 1 0  3 2 2
2出庫 1   1
上記の表を作成しました C1=A1+B1-B2 E1=C1+D1-D2 F1=E1 のように 数式を入れ F1に数字がはいったとき F1の数字をA1=F1に数式を入れると
循環参照のエラーがでてしまいます
このような時 自動でF1の数字をA1に入れることができますか? 関数での式は 可能ですか? 教えて下さい。

Aベストアンサー

例の在庫表と数式が見づらく良く分かりづらい。
それ以前にどの様な処理がしたいのかちょっと分からないですね。

1)A1には予めご自分で入力した数値を入れるのでしょうか?

※入れるのであれば、既にA1に値が入っているので関数等でやる事は循環以前に不可能です。
関数で処理する場合はこれは、まだ発生していない値で処理する為に循環参照になるのは当然です。
従って、関数であろうと不可能です。

マクロでやる場合は別です。出したF1の値をA1に貼り付ける様なマクロを組めば良い訳ですから…

2)A2の値はどうでも良いのでしょうか?

※どうでも良いなら(-)とかして頂かないと分かりづらいです。

3)D1やD2の値は何処にあるのですか?

※ないならE1の値は成り立ちません。この場合例題なら(0)と入れるべきです。
確かに空白でも数式的には正解ですが…
そうでないと第3者には分かりません。

4)F1と言うのは推測するに最終的な在庫数なのでしょうか?

※最終的な在庫数で次回は手打ちでA1(入庫)部分で入力したくないと言う理由でA1=F1としたいのであれば、これは明らかにマクロで処理した方が良いと思います。

アドバイスとしてcommand buttonを作ってそのボタンを押すとF1の値をA1にコピペする様なマクロを作った方が簡単です。

Range("F1").Copy
Range("A1").PasteSpecial Paste:=xlPasteValues

こんな感じで良いかと思いますが。。。

例の在庫表と数式が見づらく良く分かりづらい。
それ以前にどの様な処理がしたいのかちょっと分からないですね。

1)A1には予めご自分で入力した数値を入れるのでしょうか?

※入れるのであれば、既にA1に値が入っているので関数等でやる事は循環以前に不可能です。
関数で処理する場合はこれは、まだ発生していない値で処理する為に循環参照になるのは当然です。
従って、関数であろうと不可能です。

マクロでやる場合は別です。出したF1の値をA1に貼り付ける様なマクロを組めば良い訳ですから…

2...続きを読む

Q過去に固定資産として計上したものを一括資産へ計上しなおすことについて

どうも、はじめまして。
3年前から簿記の勉強を始め、今年の4月から経理に転職してきました。
経理の仕事は初めてなので、理論と実務の違いがまだよくわかりません。
で、新しい会社に来て、一つ気になった点があります。
表題の件ですが、H14年4月以降に取得された工具器具備品で、一括償却資産に属するものが、
固定資産として計上され、定率法4年で償却されています。(前期決算にて)
本来これは、一括償却資産になるはずのものですよね?
このときは資産総額が150万円以下だったのですが、
今年度になり、その金額を超えることが見込まれるので、
できる事ならば訂正したいと考えています。
ただ、それがどのようなものか良く分かりません。
もし、ご存知の方がいたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも、一括償却資産とは、強制適用ではなく、原則としての今回のケースで行けば定率法4年償却のものに対して、特例として、取得価額10万円以上20万円未満のものについては3年均等償却を「選択する事ができる」、というものですので、取得事業年度に一括償却資産で処理されていなければ、残念ながら遡ってそれを訂正する事はできず、当初の方法により償却していくしかありません。

QExcel の循環参照に関する警告について

Excelについて質問します。
基本的な使い方しかしていませんので、よくわかりません。
Excelで次の表を作成しました。

  A     B   C   D
1 本店      AX1   5    6/1
2 横浜店    AX2   4    6/1
3 川崎店     AX1   3    6/1
4 渋谷店    AX2   8    6/1
5 立川店    AX1   3    6/1
  〃
  〃
 
AK1個数11 比率 %
AX2個数12 比率 %
合計     23

 セルBは商品名、Cは在庫数、Dは検品日とします。
 Bの商品名別の在庫数を合計するときに「IF関数」で表示し、全体個数の比率を「AVE関数」で
 表示させようとすると「循環参照に関する警告」が表示されますが、対処はどうすればよいの
 でしょうか。なお、商品名は30種類程度で営業店は20店あります。

 よろしくお願いします。

Excelについて質問します。
基本的な使い方しかしていませんので、よくわかりません。
Excelで次の表を作成しました。

  A     B   C   D
1 本店      AX1   5    6/1
2 横浜店    AX2   4    6/1
3 川崎店     AX1   3    6/1
4 渋谷店    AX2   8    6/1
5 立川店    AX1   3    6/1
  〃
  〃
 
AK1個数11 比率 %
AX2個数12 比率 %
合計     23

 セルBは商品名、Cは...続きを読む

Aベストアンサー

循環参照になるケースで考えられるのは数式でセルの範囲を指定するときに式を入力してるそのセル番地をも含んで範囲が指定されている場合などです。例えば範囲としてA列を指定しているときにA列の中に式を書いた場合には循環参照の警告が出ますね。
ところでお示しのケースで商品ごとの個数を求めるのでしたらIF関数を使うのではなくて通常はSUMIF関数を使います。
例えばA,B,C,D列が下方までもデータが入力されるとしてそれらのデータをまとめるためにF1セルにAX1、F2セルにAX2、さらに下方に商品名を入力するとします。G1セルから下方にはそれぞれの商品の個数を表示させるのでしたらG1セルには次の式を入力して下方にオートフィルドラッグします。

=IF(F1="","",SUMIF(B:B,F1,C:C))

また、H列にはそれぞれの商品の個数を全体個数に対する比率を表示させるとしたらH1セルには次の式を入力して下方にオートフィルドラッグします。なお、列の表示形式はパーセントスタイルにします。

=IF(F1="","",G1/SUM(C:C))

AVERAGE関数はあるセル範囲にある数値の平均を求めるものでここでは特に必要としませんね。

合計を求めるのは=SUM(C:C)や=SUM(G:G)でもよいでしょう。合計の式をG列やH列に入力すれば循環参照の警告が出ます。他の列に入力することが適当でしょう。あるいは上記の一連の計算では列を指定していますがある範囲までのセルを指定するのでしたら、それらのセル範囲以外の場所に合計の式を入れてもよいでしょう。

循環参照になるケースで考えられるのは数式でセルの範囲を指定するときに式を入力してるそのセル番地をも含んで範囲が指定されている場合などです。例えば範囲としてA列を指定しているときにA列の中に式を書いた場合には循環参照の警告が出ますね。
ところでお示しのケースで商品ごとの個数を求めるのでしたらIF関数を使うのではなくて通常はSUMIF関数を使います。
例えばA,B,C,D列が下方までもデータが入力されるとしてそれらのデータをまとめるためにF1セルにAX1、F2セルにAX2、さらに下方に商品名を入力すると...続きを読む

Q事業撤退に伴う在庫損計上方法について

すいません。教えて下さい。

事業撤退に伴い、現在抱えている在庫を損失計上することにしました。

特別損失として計上したいのですが、どのように仕訳すればよいか
教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

事業撤退に伴う在庫の損失処理なら、確かに特損計上できるわね。

仕訳の勘定科目は正直、何でもええで。決算のときに表示組替で科目やら区分やらを変えて構へんもの。

ただ、決算での組替はややこしいし、見落としとかのリスクもある。特別損失区分に適当な科目あればそれ使うとか、なければ新しく科目つくるとかでも構へんよ。

Q循環節の桁と有理数の分母

高校1年生です。

循環小数の循環節の桁数は、その循環小数を分数に表記した時の分母の数より必ず小さくなるそうです。

例えば、循環小数 0.142857142857・・・の循環節は「142857」で6桁ですよね。
0.142857142857・・・を分数表記すると、7分の1です。
循環節の桁数(6)は、分数表記の分母(7)より小さくなっています。

これは何故なのでしょうか?
出来れば数学の苦手な自分にも分かる説明でお願いします(TOT)
分かりづらい点があれば御指摘お願いします。

Aベストアンサー

7分の1を割り算の筆算で計算してみてください。
割り算の筆算の手順を考えてもらえば分かると思いますが、
割り算の筆算では余りの数字の右側に0を加えた数を割っていきます。


  0.1
 ____
7)1.0
    7
  ―――
    3

余りが3なら次は

  0.1
 _____
7)1.0
    7
  ――――
    30

という感じで、30を7で割ることになります。

割る数が7なら、余りは1~6の6種類しかありません
(余りが0だと「割りきれる」ということになるので、今回は「余り0」を除外して考えます)。
つまり筆算の計算過程では、10÷7、20÷7、30÷7、40÷7、50÷7、60÷7が
延々と繰り返されます。
商の各位の数を求める計算が全部で6種類(上記の10÷7, …, 60÷7)なので、循環小数の循環節は6桁になります。

Q固定資産売却損の計上時期

固定資産売却損の計上時期ですが、
実際に売買を行った日でなければ、計上出来ないのでしょうか?
例えば、
売買契約が平成15年3月。
実際の売買(売買代金の決済と譲渡証・受取証の発行)が平成15年4月1日であるといった場合です。
会社の決算は3月31日とします。

契約時点で計上するのはおかしい(利益操作になる)と言われたのですが・・
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

土地、建物などは実際に相手に引き渡されたかどうかということは現況で判断することは困難な場合がほとんどですので、交わされた書面でもってその日を決定することになると思います。
したがって、ご質問に書かれた通りですと無理ではないでしょうか。
譲渡益だそうですので、税務はそのまま是認してしまうかも知れませんが、会計上は否だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報