プロが教えるわが家の防犯対策術!

とある、電子デバイスに関する事項です。

環境試験の間、バイアスを適用する、
という説明があるのですが、
(MILスペック等)
この『バイアス』って何のことでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

皆さんの言われるように通電(した状態で試験すること)ですね。



試験内容によって定格電圧を印加して行う試験と、定格電圧の85%を
印加して行う試験があるようです。

参考URLに2つのバイアス試験がでています。

参考URL:http://www.seiko-p.co.jp/device/cob03.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/09 22:33

 goo辞書(国語)より バイアス [bias] を引くと↓


(3)一般にある動作の動作基準点に何らかの作用を加えて偏らせること。例えばトランジスタでベースに加えておく電圧など。
(4)考え方などが他の影響を受けて偏ること。
「発言に―がかかる」


 ご質問の場合 環境試験の加速をしたりするために、デバイスに予め定めた電圧を加えることだと思います。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A5%D0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
これではっきり理解できました。

お礼日時:2003/09/09 21:41

印加電圧の事だと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
バイアス=印加電圧ということは、
動作状態における環境試験ということですね。

お礼日時:2003/09/09 21:38

環境試験については詳しくはわかりませんが、通常の試験で電子デバイスにバイアスをかけるバイアス試験というと、電子デバイスに通電していることを指します。


つまり、通常の動作状態と同じ状態にして試験を行うことを言います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
環境試験とは、高温や低温等の試験のことです。
ということは、動作状態で高温もしくは低温を印加することですね。

お礼日時:2003/09/09 21:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半導体の説明に出てくるバイアスの意味は?

半導体のPN接続に関する説明文に「バイアス」という言葉が出てきました。
ここでいう「バイアス」とはどういう意味で使われているのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

バイアスという単語では「偏り」という意味です。
ある意味「オフセット」に近い意味です。

電極に+もしくは−が偏っている状態を表しているのであると思います。(あまり半導体の分野で使われる使われ方と違う気もしますが)

Q逆バイアス

簡単な質問ですみません。
純バイアスと逆バイアスというものがあるようですが、どういった事でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。何らかのPN接合についてのお話のようですね。

>電子の流れと電圧の流れが逆という事でしょうか?
電圧というのは流れるものではありません。
よく水圧に例えられますが、電流を流そうとする力(圧力)と思うとよろしいかもしれません。
力と逆向きには流れません。
ただ、気をつけないといけないのは、電流と電子流は逆向きだという事です。
電子流はマイナスからプラスへ流れます。
電流はプラスからマイナスへ流れます。

このやっかいな話の大元は、まだ電子が発見される前、電気現象そのものは沢山知られていました。
そこで電気が流れる方向を便宜的に決めてしまったのが電流で、実際に電子回路で主に扱う電子流は逆だったというのが判っても、いろいろな理論が出来上がったしまったので変える訳にはいかなかったという事です。
ただ、電荷を担うのが電子だけではなく、正の電荷を持つイオンやホール(正孔)の流れでは電流と同じになります。

以上をご理解の上で、いくつかのパターンがありますのでその説明を。

●電流を流すPN接合(ダイオード、トランジスタ)
判り易いように電子をキャリアとしてみると、バイアスが順方向なら、N型に電極から電子が注入されて電子密度が上がり、空乏層に電子が流れ込む方向です。
これによって空乏層に電子というキャリアが存在するので、空乏層が消失します。
逆方向では、N型のキャリアである電子が電極のプラス電荷に引かれて電極から離れた部分のキャリア密度が低くなり、空乏層が拡大します。

●電流を流さないPN接合(FET、ICのシリコン基板等)
ある程度大きな逆バイアスを与える事で、空乏層を作ると、そのバイアス電圧以内の信号の振幅電圧では順バイアスにはならず、その接合間には電気が流れません。
これを利用して、逆バイアス電圧で空乏層の幅を変化させて、反対側の半導体の電気が通れる領域(チャンネルといいます)の電気抵抗を変化させるのが電界効果トランジスタ(FET)です。

また、空乏層を絶縁物に見立てると、逆バイアス電圧の範囲内で使うなら、コンデンサーと同じ構造になります。
これが可変容量ダイオード(バリキャップ)。

もうひとつ、同じように逆バイアス電圧以内で使うなら、二つの半導体同士を直流的には絶縁する事ができます。
これを利用して、片方の半導体片の中にさらにいくつもの電極やPN接合を作り、基板としたものがPN接合基板というIC(集積回路)に用いられる仕掛けです。

こんにちは。何らかのPN接合についてのお話のようですね。

>電子の流れと電圧の流れが逆という事でしょうか?
電圧というのは流れるものではありません。
よく水圧に例えられますが、電流を流そうとする力(圧力)と思うとよろしいかもしれません。
力と逆向きには流れません。
ただ、気をつけないといけないのは、電流と電子流は逆向きだという事です。
電子流はマイナスからプラスへ流れます。
電流はプラスからマイナスへ流れます。

このやっかいな話の大元は、まだ電子が発見される前、電気現象...続きを読む

Q融点とガラス転移温度の違い

融点とガラス転移温度の違いが良く理解できません。分かりやすく教えてください。

Aベストアンサー

高分子やってるものです。おそらく質問にでてくる融点は普通いわれている融点ではなく、高分子特有のTmといわれているほうの融点ですよね?
板ガムを考えていただけるとわかりやすいと思います。ガムってそのまんまだと引っ張ってもぶちぶちきれちゃいますよね?でも口の中でかむとひっぱっても伸びるようになります。この引っ張っても伸びる性質に変わる温度が高分子における融点です。次にガムを寒いところもしくは冷凍庫に入れてみてください。常温のガムは折り曲げてもたたまれるだけなのですが、低温におかれたガムを折り曲げようとすると割れてしまうと思います。このぱきぱきの状態になってしまう温度がガラス転移温度です。
食品保存容器とかラップに耐熱温度がかかれていると思いますが、よくみるとなぜか上と下の両方の温度限界がかかれていると思います。上の方の温度限界(融点)になると溶けてしまうのはまあ想像がつくのですが、下の方の温度限界(ガラス転移温度)になるとぱきぱきになって容器が割れてしまうので書かれているのです。

QTS規格って

何でしょうか?お客さんから「ISOに加えて、TSの審査も受けることにしたよ」と聞いたのですが、具体的に何の規格なのでしょうか?

Aベストアンサー

ISOのTechnical Specification(技術仕様書)の事ですね。TSは特定の規格では無く、技術仕様書の総称です。

普通、ISO/TSという書き方をするのですが、技術仕様書というのは、ISO9001の様な正式の国際規格になる前段階の状態の規格、と理解すれば良いでしょう。

業界毎や用途別に国際規格を制定する場合、
1)TR(Technical Report=技術報告書)
  規格としての拘束力無し
   ↓
2)TS(Technical Specification=技術仕様書)
  規格としての拘束力有り
   ↓
3)ISO正式規格
  ISO内での投票により、国際規格化

という順に正式規格化されていきます。

そのお客さんは、自動車メーカーに部品や材料を納入している会社でしょうか?だとすると、ISO/TS 16949:2000の事です。(恐らく今一番メジャーなTSなので)

TS16949は、IATF/IAOBという国際的な自動車の業界団体が作ったセクター規格です。ISO9001をベースとして、ある業界固有の要求事項を追加した規格を一般に「セクター規格」と呼びますが、これは自動車業界が固有要求を付け加えたセクター規格という事となります。

固有要求を付け加えるとは(例) 
         要求事項
ISO9001:2000  4.2.3項 文書管理
TS16949     4.2.3項+4.2.3.1項 技術仕様書

という様に、ISOの固有要求に対して、TS独自の項目が追加されている形になります。又、顧客別の固有要求というのもあります。

もしそのお客さんがTS16949の事を言われているのであれば、どの業界でも使えるISo9001に加え、自動車業界用のISO TSを取り直すという意味で発言されたのだと思います。

蛇足ながら、TSには
・ISO/TS 15874-7:2003 温・冷水施設のプラスチック配管システム-ポリプロピレン(PP)-第7部:適合性評価の指針
・ISO/TS 17477  発振機搭. 載型CO. 2. レーザ溶接・切断器の受け入れ試験
・ISO TS 21849 パーツマーキングシステム標準
・ISO/TS 17090-2:2002 Health informatics - Public key infrastructure Part 2 : Certificate profile
・ISO/TS 16071 福祉関係の規格

等がある様です。業界などによって、TSの内容が異なるはずですので、詳しい内容を知りたければ、TSの何番か?それはどういう業界、用途向けのTSなのか?を確認されてはいかがでしょうか?

ISOのTechnical Specification(技術仕様書)の事ですね。TSは特定の規格では無く、技術仕様書の総称です。

普通、ISO/TSという書き方をするのですが、技術仕様書というのは、ISO9001の様な正式の国際規格になる前段階の状態の規格、と理解すれば良いでしょう。

業界毎や用途別に国際規格を制定する場合、
1)TR(Technical Report=技術報告書)
  規格としての拘束力無し
   ↓
2)TS(Technical Specification=技術仕様書)
  規格としての拘束力有り
   ↓
3)ISO正式規格
  ISO内...続きを読む

QFOBとCIFについて誰か教えてください…

外国から物を輸入するとき、FOB Los Anjeles $3,000とCIF Yokohama $3,000では価格面でどちらが安いのでしょうか?FOBとCIFについては調べてみて、CIFの方が輸入者負担が少ないことはなんとなくわかったんですけど、ちゃんと理解しきれていなくて、こうなるとわからなくなってしまいます(;_;)こんな初歩的なことでごめんなさい。。誰か教えてくれませんか?

Aベストアンサー

すみません。まだ締め切っていないようなので、ひょっとして基本的な部分で困っているのかな?と余計な一言です。

外国からものを輸入するときにかかる費用は、大まかに
1.ものの値段 (COST)
2.輸送費   (FREIGHT)つまり海上運賃・航空運賃など
3.保険料   (INSUANCE) になります。
もちろん、その他に通関業者の取扱料、輸入消費税、等々の費用もありますが...

先の回答者が既に答えられていますが、
FOBは、Free On Board (貨物の本船渡し~ものが船に積み込まれてから以降の費用、つまり輸送費・保険は受け荷主の負担)
C&Fは、Cost & Freight(ものの値段と輸送費が荷送り人の負担~保険は受け荷主側の負担)
CIFは、Cost, Insurance & Freight(全て荷送り人側の負担~受け荷主は届いたものを受け取るだけ)
といった形になります。

参考までに書き込んでみました。

Q±4σに入る確率について教えてください

ウィキペディアの検索より、
確率変数XがN( μ, σ2)に従う時、平均 μ からのずれがσ以下の範囲にXが含まれる確率は68.26%、2σ以下だと95.44%、さらに3σだと99.74%となる。
と分かりました。

そこで
4σ、


の場合確率はどうなるか教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Excel で NORMDIST を使い、平均 50、標準偏差 10 (いわゆる偏差値)で計算してみましたら、次のようになりました。

 σ 0.682689492137086
2σ 0.954499736103641
3σ 0.997300203936740
4σ 0.999936657516326
5σ 0.999999426696856
6σ 0.999999998026825
7σ 0.999999999997440
8σ 0.999999999999999
9σ 1.000000000000000

Excelの関数の精度がどの程度のものか分かりませんが、9σで100%になりました。

Q標準偏差を求める際のデータ数について

統計初心者ですが、この度アンケート調査を行い、その結果報告書を作成しなければならないのですが、データ数9の場合、平均、最小、最大に加え、標準偏差も記載しようと思っていますが問題はないでしょうか?

標準偏差は、データが30、50以上ないと意味がないということを聞いたことがあるので戸惑っています。

また問題ない場合、「データ数が少ない場合は補正係数を掛ける」という説明を見かけたのですが、これは単に算出した標準偏差に補正係数を掛けて、記載すればいいのでしょうか? この場合の記載の仕方などについても教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

標準偏差を求めることは,特に問題はありません。
ただ,データ数が少ないとばらつき具合が正しいかどうかの判断に困るというだけです。

補正係数については,条件によって変化する場合,例えばアンケートだと男女差や年代等による差異を軽減するためには使えますが,質問を見る限りは補正をする必要はないと思います。

標準偏差の意味を知る意味でも,正規分布について調べてみることをおすすめします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング