これからの季節に親子でハイキング! >>

私は裁縫が好きですがあまりうまくありません。
今子供の入園準備のためキルティングで手さげ類を縫おうとしていますが、うまくできません。

Innovis P-100(家庭用としてはあまり安価なものではないです。数年前のモデルで、プーさんのイラストがついていて、プーさん関連の刺繍などの機能がついている仕様ですが、おそらく他のイノヴィスシリーズとあまり変わりないと思います)を使っていますが、以前は縫えたキルティングが、今回まったくうまく縫えません。
表がきれいに縫えた感じでも、糸が布の裏に長く出てしまい、その内ミシンがエラーで止まってしまいます。
糸調子をいくら調整してもダメで、そうじをしてみたりもしましたがダメでした。

サポートは土日休みで、今日明日くらいに縫わないとなかなか時間がとれなくなるので、ちょっと焦っています。
どんな事をすれば直る可能性があるでしょうか?
ヒントをいただけましたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

同じ様な経験をしました、ダメ元で、油をさして見て下さい。



あちこち思いつく所に、ちょっとづつ、ミシン専用油を使って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

実は自己解決しました…。
布が厚いからなあ!と16号針を使っていたんですが、ふと針が違う気がして11号を使ってみたら縫えました…。
半日格闘して「針を交換」が答え…トホホです。
お騒がせいたしました。

しかしこれを機会に、おっしゃる通り油をさしたりメンテしたいと思いました。
普段きちんと良い状態にするようにしていないと、何かあったとき、どこが悪いかわからなくなっちゃいますもんね。

お礼日時:2011/02/06 16:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q布の裏がぐちゃぐちゃになってしまう!はじめてのミシン

はじめてミシンを使います。
通販のものすごく安いものを買ってしまったのですが、真偽はともかくデニムも縫えるそうです。

糸調子ダイヤルの意味も、糸のかけかたも何もわからない初心者です。
なにしろ初心者なので、糸の調子を合わせることもできません。どれくらいなら調子が合っているのか、さっぱりわからないのです。
ぎゅーっと引っ張るくらいなのか、するするっと糸が引っ張れるくらいがいいのか、本気でわかりません。説明書などにはそこまで初心者相手の説明はないので苦労しています。
とりあえず上糸と下糸は説明書どおりにやったつもりです。上糸調整ダイヤルの鉄のパーツの狭間に糸を挟むというのが本当のところよくわからないのですが‥。ダイヤルがとれそう‥。
しかし試行錯誤の上、なんとかミシンが動くようになりました。布の表からはまともに縫えているように見えるというところまで来ました。
しかし縫った布をひくり返してみると、布の裏側は糸がたまってぐっちゃぐちゃにからまっています。失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じとでもいいましょうか。

こんな初心者になんとか対処法を教えてやってください。
たとえば上糸がゆるいという問題がならば、指でひっぱると指がちょっと痛くなるくらい上糸調節ダイヤルをきつくする‥‥など、具体的に教えてもらえれば助かります。

針と糸は最初からセットされていたものです。
布は薄手のフリースです。
よろしくお願いします。

蛇足ですがミシンど初心者のためのソーイング入門サイト、レクチャー本、学べる場所などご存知でしたら教えてください。あまりにも出来ないのでカルチャー教室でも探そうかと思っています‥。節約のために買ったはずがえらい散財です(><)

はじめてミシンを使います。
通販のものすごく安いものを買ってしまったのですが、真偽はともかくデニムも縫えるそうです。

糸調子ダイヤルの意味も、糸のかけかたも何もわからない初心者です。
なにしろ初心者なので、糸の調子を合わせることもできません。どれくらいなら調子が合っているのか、さっぱりわからないのです。
ぎゅーっと引っ張るくらいなのか、するするっと糸が引っ張れるくらいがいいのか、本気でわかりません。説明書などにはそこまで初心者相手の説明はないので苦労しています。
とりあ...続きを読む

Aベストアンサー

とんだ安物買いの、、、でしたね。

さて、裏側で下糸がぐちゃぐちゃになるのは、糸調整のバランスが悪いからです。糸調整は生地を縫って確認します。闇雲に指で引っ張った感覚では調整した事になりません。
>失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じ、、、これはうまい!良い表現です。

下糸(ボビンケース)の糸調整をしたら、後は上糸だけで調整しましょう。ボビンケースは繊細な部品ですから何度もいじって精度が狂うと致命的です。
ボビンに糸を巻く時は自動でしょうが、もし巻き乱れがあるなら手で補助して、上から下、下から上に糸が均一になるように巻いてください。
ケースの中に正しい向きで入っていますか?少し糸を引いて回転する方を確認します。
下糸は正しい位置から糸を引いて、ボビンをぶら下げた時、スルスルとゆっくりボビンが下がっていくくらいにします。
ストン!と落ちてしまうくらいならゆるすぎ、手首でツンツンと振ってもボビンが下がらないならきつすぎです。

上糸も正しくセットしたら、綿の生地を2枚重ねて糸調子をチェックします。2枚重ねるのは、2枚で縫う箇所が圧倒的に多いからです。
まずそのまま15CMくらい縫って、針を刺したまま止めます。(コントローラー付きなら、足をコントローラーから離して!)表と裏の糸の見え方を比べます。
どちらかの糸が一直線風に見えたら、そちらの糸が強いです。下糸が強くてもボビンはいじりませんから、上糸調整つまみで上糸を強くします。『?』と思うかもしれないですけど、糸調整は上と下のバランスを取ると思ってください。生地の厚みの真ん中で上糸と下糸が絡むのがいい状態です。
それは、見ると針目が表裏とも同じ状態に見えます。ご自分の服と比べてみてください。同じ見え方ならまずは良いでしょう。しばらくそれでなれてください。

さて、オイルの話が出て来てますが、そう頻繁にさしすぎてはいけません。
毎日長時間(ミシンが動いている時間が5時間以上)縫っているなら週に1度はチェックしたいですが、そう出なければ、3ヶ月に一度、半年に一度で良いです。

機械はもともとグリスで潤滑をしていますから、オイルは補助的に考えていいと思います。

>上糸調整ダイヤルの鉄のパーツの狭間に糸を挟む
これはつまみの裏側に2枚のお皿状のパーツがあると思うんですが、(押さえ金をあげると開きます。)その間を糸が通過していれば良いんです。そうでないとつまみの効果がないんです。

初心者にしてはいきなり薄物のフリースというのが厄介ですね。難しい素材です。ほんとは普通の綿生地から初めていただきたいところですが、フリースは生地自体がのびるので、ミシンにまかせて縫うというより、「自分が生地送りをしてやる」みたいな感覚で縫わないと、数十センチでもズレが生じます。薄紙に霧吹きとアイロンをかけぱりぱりの破けやすい状態にした紙を下に敷いて縫うと送り歯に生地が食い込まないかと思います。
参考にしてください。

とんだ安物買いの、、、でしたね。

さて、裏側で下糸がぐちゃぐちゃになるのは、糸調整のバランスが悪いからです。糸調整は生地を縫って確認します。闇雲に指で引っ張った感覚では調整した事になりません。
>失敗したゆるゆるの玉止めを20回くらい重ねた糸が繋がってるような感じ、、、これはうまい!良い表現です。

下糸(ボビンケース)の糸調整をしたら、後は上糸だけで調整しましょう。ボビンケースは繊細な部品ですから何度もいじって精度が狂うと致命的です。
ボビンに糸を巻く時は自動でしょう...続きを読む


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較