お世話になります。
今総裁選でも皆さん口にしていた実質GDP、名目GDPについてよくわかりません。片方の数値だけではダメなんでしょうか?なぜいつも実質、名目数値が出てくるのかよくわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

blues222さん、こんにちは。

詳しい回答が出ているようですが、もっと簡単に書きます。
 名目と実質GDPは、どちらも、国が経済成長をしてるかどうかを測るためのものさしです。
 名目GDPは金額、実質GDPは数量と思ってください。ちなみにGDPもイメージしやすく、日本が、みかんを売っている1つのお店と思って、その売上と思ってください。
 たとえば去年、みかんが100個売った。
     今年はみかんが105個売れた。
 という場合、数量で考えると、成長率は、
  105-100/100=0.05(5%)です。
 つまり、実質成長率5%になりますよね。
 ここで、金額を加味していくと、
 たとえば去年、みかん1ケ100円だった。
     今年、みかん1ケ50円だった。
 という場合、売上は、
 去年 100円×100個=10,000円
 今年 50円×105個=5,250円
成長率は、5250-10000/10000=-0.475(-47.5%)
 つまり、名目成長率-47.5%になりますよね。

 今の日本は、名目はマイナスでも実質がプラスだったらいいじゃないか、という話でしょう。つまり、お給料は減ったから嘆くのは、名目を考えているからで、お給料は減ったけど、デフレで物価が下がっているんだから、変わらず買い物はできるじゃないか、というのが実質です。 
 詳しく勉強されたければ、森永卓郎『日本経済50の大疑問』に載ってますよ。
 それでは頑張ってください。
    • good
    • 61

GDPとは、ある一定期間(普通は1年間)に、ある国の国内で新しく生産された財(生産物)やサービスの付加価値の合計で、その国の経済活動の大きさをはかる指標として用いられます。



GDPは貨幣単位で表示されるわけですが、この際に物価の変動を考慮に入れる必要があります。もし、すべての財やサービス、所得が一律に2倍になっていたとしたら、簡単に「その国の経済力は2倍になった」とは言えません。つまり、経済活動が実質的に大きくなったわけではありません。

名目GDPは、単純に市場価格で評価したGDPであるのに対し、実質GDPは物価の上昇・下落の影響を取り除いたものです。したがって、名目GDPが増えても実質GDPが増えなければ、経済活動が大きくなったとは言えない訳です。実質GDPと名目GDPの関係は次の式で表されます。

実質GDP(Q)=名目GDP(Y)÷物価指数(P)

ちなみに、日本の名目GDPは1955年で8兆円、2000年で512兆円となっています。これだけ見ると64倍もの成長をしたかのように見えますが、1955年価格で見た2000年の実質GDPは88兆円なので、実質的には11倍の成長ということになります。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

なるほど、どちらか一方の数値で判断するというような
ことではないのですね。ご丁寧な回答有難うございます。

お礼日時:2003/09/09 21:04

名目GDPとは、物価の変動を考慮しない実数で求められた数値です。


実質GDPとは、物価の変動を修正した数字で計算したものです。
実態を表すには、物価の変動を排除する必要があるからです。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://faculty.tama.ac.jp/aoyama/no5/209.htm
    • good
    • 6
この回答へのお礼

さっそく有難うございます。参考になりました。

お礼日時:2003/09/09 21:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

計算 gdp」に関するQ&A: GDPの計算方法

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本のGDPの推移のグラフが載ったサイトを教えてください。

日本のGDPの推移のグラフが載ったサイトを教えてください。

名目・実質の両方が載っていたらうれしいです。

その他にも何かおすすめの面白い経済関係の資料があれば教えてください。

Aベストアンサー

グラフは乗ってない気がしますが
いろいろのってます
中身見て探してみてください

参考URL:http://www.amy.hi-ho.ne.jp/umemura/konna/gdp.htm

Q実質・名目GDPの違い

実質GDPと名目GDPの違いをわかりやすく説明いただきたいです。

Aベストアンサー

ある国の産業は米生産のみと仮定します。
2004年
(生産量)100トン*(時価)30万円=(生産額)3000万円
2005年
(生産量)105トン*時価)33万円=(生産額)3465万円
上の3000万円と3465万円を名目GDPと言います。
従って名目成長率は
 3465万円/3000万円=1.155 
 15.5%の成長です。
上の式は生産量の変動と価格の変動をコミにした、見せ掛け上の成長と言えます。
それに対し実質とは価格の変動がなかったとすれば生産額はどうなったかを考えます。
2005年も2004年と同じく米価がトン当り30万円だとすれば
 生産額は 105トン*30万円=3150万円 となります。
 これを2004年基準の実質GDPといいます。
実質の成長率は 3150万円/3000万円=1.05 
 5%の成長率です。
これは米の生産量の伸び率のことであるということはすぐ分ります。

Q日英米の実質GDPのグラフを見つけて頂けませんか?

日英米が表示されている実質GDP推移のグラフを探しています。

IMF World Economics Outlook Databases というところにあるみたいなのですが、英語が読めなくて見つけることができません。

英語の得意な方、経済に詳しい方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずWEOの使い方・解説は日本語でも解説されている。これをよく見て自分で格闘することをおすすめします。
http://www.imf.org/external/oap/pdf/weodata.pdf

ちなみに実質GDPというのはDatabaseでは英語でGross domestic product, constant pricesと表記されていることが上のPDFでわかるはず。

私がG7の実質GDP調べたらこんな感じになりました
http://p.tl/DCgp

これでわかりずらいというなら、ほかの方が紹介してるような日本語で情報を集める方法をおすすめします。


なお世界銀行のデータ調べてみたけどドル建てのcurrent priceのGDPデータしかなかったような…まあ私の探し方が悪いんでしょうがね(苦笑
http://data.worldbank.org/indicator/NY.GDP.MKTP.CD/countries

Q実質GDP、実質経済成長率、GDPデフレーター及び物価上昇率について

 実質GDP、実質経済成長率、GDPデフレーター及び物価上昇率を理解したいと思っています。
ウェブで調べたところ、混乱してしまいました。


 まず、
wikipediaの
経済成長
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%88%90%E9%95%B7
によるGDPデフレーターの「例示」の説明は理解できました。
しかし、
「GDPデフレーター= 今年の名目GDP ÷ 今年の実質GDP × 100
 のようにして物価指数の一種が計算できる。GDPデフレーターは定義上、基準年の時点で100となる。」
という説明と、
「実質GDPXGDPデフレーター=名目GDP
 となり、(中略)1以上であれば物価上昇(インフレーション)を意味する。」
という説明は、矛盾しているように思われます(百分率にするか否かですので、それほど大きな問題ではありませんが。)。

 他方、
wikipediaの
国内総生産
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%86%85%E7%B7%8F%E7%94%9F%E7%94%A3
には、
「名目国内総生産(名目GDP)を実質国内総生産(実質GDP)で割ったものをGDPデフレーター」と定義し、
「変化率がプラスであればインフレーション、マイナスであればデフレーションとみることができる。」
とありますが、
「日本の国内総生産(実質GDPと名目GDP、GDPデフレーター)の経年変化」という表には、
GDPデフレーターが負の数になってしまっている箇所があり、また、基準年の実質GDPが名目GDPと違う値になっています。


 これらの疑問を解決して、
実質GDP、実質経済成長率、GDPデフレーター及び物価上昇率について知りたいと思っています。
よろしくお願いします。

 実質GDP、実質経済成長率、GDPデフレーター及び物価上昇率を理解したいと思っています。
ウェブで調べたところ、混乱してしまいました。


 まず、
wikipediaの
経済成長
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%8C%E6%B8%88%E6%88%90%E9%95%B7
によるGDPデフレーターの「例示」の説明は理解できました。
しかし、
「GDPデフレーター= 今年の名目GDP ÷ 今年の実質GDP × 100
 のようにして物価指数の一種が計算できる。GDPデフレーターは定義上、基準年の時点で100となる。」
という説明...続きを読む

Aベストアンサー

> 「実質GDPXGDPデフレーター=名目GDPとなり、(中略)1以上であれば物価上昇(インフレーション)を意味する。」

質問者氏の通り、%表示にしているかどうかで少し混乱があるようですが、それほど大きな問題ではありません。

> 「日本の国内総生産(実質GDPと名目GDP、GDPデフレーター)の経年変化」という表には、GDPデフレーターが負の数になってしまっている箇所があり、また、基準年の実質GDPが名目GDPと違う値になっています。

この表はミスリーディングですね。
とりあえず、
1) 実質GDPは基準年が大切ですが、
> 1955年~1979年は、平成2年基準(68SNA)連鎖
> 1980年~1993年は、平成7年基準(93SNA)連鎖(固定基準年方式)
> 1996年~最新年 は、平成12年基準(93SNA)連鎖(連鎖方式)
と、異なった基準年を同時に並べているという大問題があります。

2) GDP デフレーターについてですが、%表示のデフレーターから100を引いています。つまり、プラスならインフレ、マイナスならデフレ、という形で書かれています。

> 「実質GDPXGDPデフレーター=名目GDPとなり、(中略)1以上であれば物価上昇(インフレーション)を意味する。」

質問者氏の通り、%表示にしているかどうかで少し混乱があるようですが、それほど大きな問題ではありません。

> 「日本の国内総生産(実質GDPと名目GDP、GDPデフレーター)の経年変化」という表には、GDPデフレーターが負の数になってしまっている箇所があり、また、基準年の実質GDPが名目GDPと違う値になっています。

この表はミスリーディングですね。
とりあえず、
1) 実...続きを読む

Q以下のGDPグラフからすると、自民党よりも、民主党の方が良いのでは?

以下のGDPグラフからすると、自民党よりも、民主党の方が良いのでは?
何故に、日本の老人達は、自民党に投票しまくってんの?自殺願望でもあるのかな(苦笑)

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4593.html

*GDPグラフ
安倍首相達は何度も「民主党政権では経済が衰退した」と言っていますが、実は民主党政権時代に日本の経済は大幅に成長していました。民主党政権の3年3ヶ月で日本のGDPは5%強も成長したのに対して、安倍政権の2年間で成長したGDPの値は僅かに1.5%だけとなっています。
また、実質賃金に関しても民主党政権はリーマンショック時のマイナス5%から1年でプラス3%に回復させました。これは東日本大震災の影響も合わせた値で、未だに実質賃金がマイナス状態の自民党政権とは雲泥の差があると言えるでしょう。


しかも、2012年の時に安倍自民党は「円安で貿易を復活させる」とか勇ましい事を言っていたのに、自民党政権になってから28ヶ月連続で貿易赤字を更新しました。自民党は「アベノミクス」をメインに経済政策をあれだけ宣伝していたのに、実際の数字はこのような状況です。

2014年4月には経済を締め付ける消費税増税をしているわけで、誰がどう考えても経済成長なんて無理だと分かります。民主党の行っていた円高政策は物価を過度に上昇させない効果があった上に、その影響で国内経済も安定して成長していました。その逆に進んだ自民党の結果を見れば、失敗は明らかです。
来月には総選挙が始まりますが、GDP衰退や超増税、実質賃金低下、物価高騰等がお望みの方は自民党に入れると良いかと私は思います(苦笑)。

以下のGDPグラフからすると、自民党よりも、民主党の方が良いのでは?
何故に、日本の老人達は、自民党に投票しまくってんの?自殺願望でもあるのかな(苦笑)

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4593.html

*GDPグラフ
安倍首相達は何度も「民主党政権では経済が衰退した」と言っていますが、実は民主党政権時代に日本の経済は大幅に成長していました。民主党政権の3年3ヶ月で日本のGDPは5%強も成長したのに対して、安倍政権の2年間で成長したGDPの値は僅かに1.5%だけとなっています。
また、実質...続きを読む

Aベストアンサー

そう思えば民主党に投票しなさい。
何をやるのか、やらないのか、決められない政党には期待できません。

Q名目・実質GDP

11月4日の地方新聞に「民間シンクタンクの7-9月期のGDP成長予測」が掲載されていました。それによると、
                   実質GDP   名目GDP 
ニッセイ基礎研究所・・・・・・・・・0.2 (0.8)    -0.2
みずほ総合研究所・・・・・・・・・・0.3 (1.0)    -0.4
第一生命経済研究所・・・・・・・・0.2 (0.9)    -0.1
明治安田生命保険・・・・・・・・・-0.1(-0.3)   -0.4
野村證券金融経済研究所・・・-0.0 (0.2)    -0.4
三菱総合研究所・・・・・・・・・・・-0.3(-1.1)    -0.6
大和総研・・・・・・・・・・・・・・・・・-0.3(-1.0)    -0.7
農林中金総合研究所・・・・・・・-0.0(-0.2)   -0.2 
平均・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・0.0 (0.0)    -0.4
前期比。()内は年率換算。単位は%。
となっていました。4-6月期は実質-0.7(-3.0)だったので、少しは持ち直した感じでしょうか。
ここで質問なのですが、名目がどの研究所もマイナスというのはどういうことなのでしょうか?
ここ最近は原油高の影響で物価は高止まりでしたよね。それなら名目GDPは上がっているのではないのでしょうか?
それとも、前期比なので物価上昇がかなり落ち着いてきているということなのでしょうか?
考えれば考えるほど混乱してしまいます。
どなたか解説お願いいたします。

11月4日の地方新聞に「民間シンクタンクの7-9月期のGDP成長予測」が掲載されていました。それによると、
                   実質GDP   名目GDP 
ニッセイ基礎研究所・・・・・・・・・0.2 (0.8)    -0.2
みずほ総合研究所・・・・・・・・・・0.3 (1.0)    -0.4
第一生命経済研究所・・・・・・・・0.2 (0.9)    -0.1
明治安田生命保険・・・・・・・・・-0.1(-0.3)   -0.4
野村證券金融経済研究所・・・-0.0 (0.2)    -0.4
三菱総合研究所・・・・・・...続きを読む

Aベストアンサー

>4-6月期は実質-0.7(-3.0)だったので、少しは持ち直した感じでしょうか。
前四半期比のGDPには揺れる幅があります。
4-6月期の大幅マイナスは、1-3月期が実質+0.7(+2.8)という、
大幅プラスだったため、この反動で起こった面があります。
対前年同期比のGDPや、月次経済統計で見ると減速傾向がスムーズに見て取れます。

10月の断片的な動向から見ても、底が見えたとは言い難く、
これまでの見通し以上に厳しい状況となる可能性が高まっています。

鉱工業生産は低下が予想されており(10月は前月比2.3%低下、11月はさらに2.2%低下)
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20081029NTE3ITZ0127102008.html
国内の自動車売れてなかったり(10月は前年比-13%、40年ぶりの低水準)、
http://mainichi.jp/select/biz/news/20081105ddm008020034000c.html
海外はもっと売れてなかったり(アメリカ-32%、スペイン-40%、イタリア-19%)
http://www.reuters.com/article/newsOne/idUSTRE4A265620081104
中国も予想以上の景気減速だったり(購買担当者指数は開始以来の低水準)
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-34694820081103
原油下落したのに貿易収支持ち直さなかったり(10月上旬速報は2470億円の貿易赤字)
http://www.customs.go.jp/toukei/latest/200810a.htm

>ここ最近は原油高の影響で物価は高止まりでしたよね。
>それなら名目GDPは上がっているのではないのでしょうか?
面倒な話なのですが、GDP(国内総生産)から見るインフレ指標(GDPデフレータ)は、
消費者から見たインフレ(消費者物価指数)とは違って、
海外生産分を「除外」した国内生産分だけのインフレを表します。

支出面で見るとGDP=国内需要+輸出-輸入。
原油は国産ではなく輸入なので、
原油価格が上がると名目輸入が増えて名目GDPはマイナス。
(なお実質輸入(輸入量)は増えていないので、実質ではマイナスは控除)
その分は、もし価格が完全に転嫁できれば、
名目国内需要と名目輸出が同じだけプラスになります。

ところが実際には価格を全部転嫁できておらず、差異が出ます。
差異の分はどうなってるかというと、国内の生産者が、
自分の取り分である売上高-原材料を圧縮され、苦しんでいます。
消費者側から見るとインフレなのですが、生産者側から見ると、
海外生産者発インフレ+国内生産者発デフレという妙な構造になります。

まあこんなことを言っても結局こんがらがってしまうでしょうが…。
ちなみに所得側から見て輸入原材料の高騰を考慮したものとして、
実質GDI(国内総所得)というのが同時に発表されています。
こちらの方が消費者から見た体感に近いとも言われます。

>それとも、前期比なので物価上昇がかなり落ち着いてきているということなのでしょうか?
原油価格に関しては、10-12月期は前期比で大きい下落に転じるでしょうが、
7-9月期が頂上になりそうです。

>4-6月期は実質-0.7(-3.0)だったので、少しは持ち直した感じでしょうか。
前四半期比のGDPには揺れる幅があります。
4-6月期の大幅マイナスは、1-3月期が実質+0.7(+2.8)という、
大幅プラスだったため、この反動で起こった面があります。
対前年同期比のGDPや、月次経済統計で見ると減速傾向がスムーズに見て取れます。

10月の断片的な動向から見ても、底が見えたとは言い難く、
これまでの見通し以上に厳しい状況となる可能性が高まっています。

鉱工業生産は低下が予想されており(10月は前月比2.3%...続きを読む

QGDP統計グラフで

国内総生産のグラフに年度、暦年、四半期とあるのですが、これは何を意味しているのでしょうか?]

Aベストアンサー

こんばんは。

年度:4月~3月
暦年:1月~12月
四半期:1~3月・4~6月・7~9月・10~12月

ご質問の意味が違っていたら、すみません。

Q名目・実質GDP

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20030516-00000443-jij-bus_all

似たような質問がありましたが、私にも教えて下さい。

読解力のないせいで、上記の内容が理解できませんでした。
ある政治家は「デフレの時には「名目」に拘るべきだ」と言っていました。
成長率が伸びている「実質」GDPに拘った竹中大臣を批判したかったからのようです。
インフレであろうとデフレであろうと実質GDPで統一しべきだと思います。
ところで、何故、今は「実質」が伸びていて、「名目」はマイナスなのですか?

Aベストアンサー

今はデフレ(物価が下落している)なので、数値だけをみれば、
いくらGDPが伸びていても、それ以上に物価の下落が激しいため、
名目GDPはマイナスになります。
しかし、物価下落分は差し引いて考えれば(=実質)、GDPは
プラスになっていると考えられます。
ちなみに、このような物価の上昇・下落を差し引く率をデフレーター
と呼びます。

参考URL:http://www.tokaitokyo.co.jp/otome/macro/20010918_2.html

QペルーのGDP

ペルーのGDP、一人当たりのGDPとこの二つのランキングを教えてください。

Aベストアンサー

GDP (nominal) 2012 estimate
- Total $184.962 billion[2]
- Per capita $6,069[2]
http://en.wikipedia.org/wiki/Peru#Economy

Q名目成長率 実質成長率

名目成長率と実質成長率の違いをくわしく教えてください!

Aベストアンサー

名目と実質の意味を例で説明します。
     米の生産量   1トン当り価格  生産額
2000年   100トン    20,000円  2,000,000円
2001年   110トン    18,000円  1,980,000円

ここで名目の成長率は 1,980,000÷2,000,000=0.99 
よって 成長率=マイナス1% です
2001年の生産額 1,980,000円のことを名目生産額といいます。
2001年の実質生産額とは、価格変動の影響を除いて計算します。
2000年基準で見ると(2000年の価格が変動しなかったと仮定すると)
 110トン×20,000円=2,200,000円となります
ここで実質の成長率は 2,200,000÷2,000,000=1.10
よって 成長率=プラス10% です
これは 米の生産量の伸び率 110トン÷100トン=1.10と同じことになります。            


人気Q&Aランキング

おすすめ情報