一戸建ての住宅(個人所有)に住んで15年になりますが、4年前に太陽光発電のパネルを屋根に取り付けました。2年前の大雪時にパネルからの雪が隣のアパートの駐車場に落雪し、当時は何も被害は出ませんでしたが、アパートの大家さんから何らかの対策を講じるよう言われました。これを受けて太陽光発電のメーカーに対策を講じるようお願いしましたが、何の対処も講じないため、昨年の降雪前に知り合いの工事業者に依頼し、簡易的なストッパーを取り付けていただきました。これで一安心したのですが、今年の大雪により先日パネルの雪が落下し、アパート借家人の乗用車が大分凹んでしまいました。
 この場合の損害賠償責任は誰にあり、今後の対応はどのようにすればいいのか教えていただけないでしょうか?
 よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

何だか攻撃的な回答が多いですね。


誰に怒りをぶつけているのか・・・・穏やかに行きましょうよ。

さて、損害賠償責任については、
家の持ち主である質問者様にあると思います。

太陽光発電パネルのメーカーに、責任があるとは考えられません。

施工業者が、ある程度の容量のパネルを設置するために、
既存の雪止めを外す説明をするべきだったのでしょう。

雪止めは通常、軒より内側(棟側)に設置します。
これは積雪によって、屋根が折れてしまうのを防ぐためです。
太陽光発電のパネルは、軒部分にギリギリ掛かるか、掛からないか程度に、
設置するのが下限となりますので、必然的に雪止めを外すことになります。

太陽光発電システムのメーカーで、パネルや架台に設置する雪止めはありませんので、
それよりも軒側に付けようとしたら、不十分な対策になるのだと思います。
ですから、雪が落ちて車が壊れるのも仕方無いかと。

説明があったか、なかったかは、証拠が無ければ責任追及は出来ません。
ただ、壊れたものは賠償する、今後は同じ事故を起こさないようにするのは、
質問者様の責任かと考えられます。
    • good
    • 2

あくまでもあなたの考えであり、根拠がないこと。


すでに取り付け工事後4年が経過している中で、あなたは何をしたのか?

先の事故についての説明で言いました通り、未然に防ぐためにあなたができたこと、すべきことは?
「ソーラーパネル購入時に雪に関する説明がなく、ソーラーパネル設置の際に既存のストッパーを取り外しています。」とありますが、それがわかった段階で事の解消、改善にあなたがしたことは?

それを4年間し続けてきたのにメーカーが応じなかったのですか?
もしそうであるとしても4年は長すぎます。
とっくに消費者生活センターに訴え出るなり、訴訟を起こすなり、施行に関する補修、補償を求めるべき事です。

そして現に昨年に一度落雪を体験されて危険は十分承知されたのですよね?
にもかかわらずさらに自己流の手当で過ごされています。

さらにはあなたはメーカーへの訴えをあきらめたのか、別の工事業者に手配して別の落雪防止の細工をされたのでしょ?
それはイコール、メーカーへの主張をあきらめたことになりませんか?
さらにはメーカー責任を放棄し、自己責任で別に行った工事となりませんか?

あなたの責任で行った、メーカーが手配し進めた工事ではないことで今回の落雪があったのですよね?
なぜ今さらメーカー責任を?


仮にあなたが夜間の暗い道を歩行中に、無灯火の車に発見が遅れ引かれたとします。
なんて乱舞な危険な行為をと迫ったら、相手の運転手が「実は4年前の車の購入時からヘッドランプの電球が切れていてつかない状態でした。すぐにディーラーに責任をとらせます。」といったら、あなたはその方には何の責任も求めず、そのディーラーからの連絡を待つのでしょうか?

「気づいた段階で何とかしろよ!」って突っ込みませんか?
ライトがつかないまま夜道を運転したこと自体に責任を求めないのですか?

メーカーに部品の欠如、施行不良の責任を求めることと、今回の落雪事故の賠償は別に扱うべき問題です。
私見ではメーカーへの責任もすでに消滅と言うより、あなた自身が放棄したとしか解釈できませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/08 08:07

「ソーラーパネル購入時に雪に関する説明がなく、ソーラーパネル設置の際に既存のストッパーを取り外しています。

今回の屋根の落雪(前回も含めてですが)は、このストッパーを取り外したことが原因になっています。」

そのストッパーがどういうもので、何の目的で外されたのかもわかりませんが、補足いただいた言葉を鵜呑みにする限りは「今回の屋根の落雪(前回も含めてですが)は、このストッパーを取り外したことが原因になっています。」
とのことで、この場に質問するまでもなく原因、責任をあなたが承知しているかのように読み取れますが?

そこまでわかっていて何を聞きたいのでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私の考えではソーラーパネルのメーカーに多少なりの責任があると考えております。
ただ、理屈で考えただけですので、正直自信が持てません。

私の考えは正しいのでしょうか?

お礼日時:2011/02/07 16:23

空から大きな固まりが降ってきたというのであれば自然災害の範疇であり「誰にも予測、防止の措置はとれない」こととなりますが、かつても被害こそなくも落下が認められ、今後も被害を与えかねないと承知でストッパーまで設置していたわけですので、程度はともかく屋根の雪が降雪状況次第では再度落下しかねないことは予測が付いていたこととなります。



そもそも自身の管理下にある土地以外に、雨水であろうとも家庭排水であろうとも自身の管理すべきものを投棄したり、他人の土地に放棄してはいけないわけですので、屋根の雪が隣家に落下しかねない屋根の勾配、傾斜の向きに問題があったわけですよね?

その上でストッパーを設置されたにせよ、それで「良し」と判断したのは誰か?
誰も確証は持てなかったはずです。
取り付けた業者も何メートルまでの積雪までは大丈夫との検証データを持っていたわけでもないでしょうし、あなた自身が「簡易的な」といっています。
万全、完璧との確信も、検証もなく「このくらいでいいだろう」との希望的観測で納得していたに過ぎません。

希望が裏切られ、再度大雪によっては落下もあり得るとの予測が付いていた証とも取れることとなります。

事故の過失割合とは、交通事故であろうが火災やケガであろうが、どれだけ事前に予測が付き防止に対する措置がとれたか、発生時にもどれだけ被害の防止・軽減に努め配慮したか、さらには発生後もその軽減に配慮したか、等が問われます。

事故につながる以前に乱暴な運転や脇見をしていれば起こり得るわけですし、いざ飛び出しや前走車の急停止などあっても安全に停止できる注意の車間距離がなければ追突も起きます。
人を引いてしまったあとも、直ちに適切な対処をするのと見過ごすのでは被害の大きさが異なります。

予測し防ぐ努力の有無がすべてです。
多量の降雪がなければいいなあ、落ちても他者の車を損傷しなければいいなあ、このくらいしておけばおそらく落ちないだろう・・・・・すべては身勝手な一方的な判断です。

落ちない、落とさない、落ちても隣に行かない対処が必要であったのは事実です。
予測が付きつつ、適切に対処しなかった側が補償に当たってください。

雪国の方ならご存知でしょう。
夏場と違って雪道では危険を認識した後に急ブレーキを踏んでも制動距離に違いが出ます。
同じタイヤを履き(スタッドレスを履いていても)、ブレーキも整備してあり品質が保たれていて制動能力に違いがなくても、路面が滑り安いからのノロノロ運転するのですよね?

このくらいなら大丈夫だろう、との見込みが違った結果、タイヤは滑りますし、ストッパーは雪に負けたのです。
悪意があろうがなかろうが起きた結果は、未然に防ぐべき側が責任を負いましょう。

車の整備工場も、雪のストッパーをつけた工事業者もあらゆる条件を想定しての補償はできません。
想定を外れることもあり得ると予想し、日頃から気をつけるべきは運用する側です。
きちんと整備した車であっても現に事故は多発していますが、大半は車ではなく運転手の責任によるものです。

今後のことも含めて、十分な対処をご検討ください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ひとつ気になっているのですが、ソーラーパネルを販売したメーカーには何の責任も発生しないのでしょうか?
ソーラーパネル購入時に雪に関する説明がなく、ソーラーパネル設置の際に既存のストッパーを取り外しています。今回の屋根の落雪(前回も含めてですが)は、このストッパーを取り外したことが原因になっています。

物品を販売するにあたり、説明責任があると思うのですが、どうでしょうか?

お礼日時:2011/02/07 13:15

>この場合の損害賠償責任は誰にあり…



誰に対する賠償責任ですか。
隣の自動車をへこませたことに対することなら、屋根雪を落下させた住宅の持ち主にあります。

>知り合いの工事業者に依頼し、簡易的なストッパーを取り付けて…

それは、あなたと工事業者との関係であり、被害を被った自動車の持ち主と工事業者の間には何の接点もありません。
住宅の持ち主 (あなたですか) が自動車を賠償した上で、その賠償額を工事業者に転嫁するかどうかは、次元の異なる話です。

それで、その簡易的なストッパーはどのように契約したのですか。
過去数十年ほどの間に一度しか経験しことのないような大雪でも、絶対に落雪させないこととでも言ったのでしょうか。
もしそのように言って、業者も納得して工事をしたのなら、業者に補償責任は生じるでしょう。

反面、具体的にどの程度の雪間で耐えられるかなどの話は出ていなかったのなら、業者に補償責任までは問えません。

なお、民法では屋根雪を自己敷地以外に自然落下させることは禁じられていますので、自動車の持ち主から見て自然災害ではありません。
あくまでも人為的に引き起こされた事故です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2011/02/07 13:16

自然災害に寄る庇護は誰の責任も無いはずです。


屋根の雪の落下による損傷の場合、自然災害に対応した保険を 車の持ち主がしていなければ
誰の責任も賠償も無いと思われます。 

ようは、雪が落ちてくるのが予想できているのに、そんな下で車おいといたあんたが悪い 雪で車出せなかったのなら人間は自然の力には勝てないから誰も悪くない事故扱い
って概念と思います。

保険のコールセンターに相談するといいですよ。
もっと雪国で、雪が落ちてきて車へこんだ場合の事故は 地震や自然災害の事故同様
それ専用の保険があるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/07 13:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアナと雪の女王。映画の英語の本

アナと雪の女王で英語楽しみたいと思います。
アナと雪の女王の映画の英語の本ってありますか?
小説みたいなペーパーバックではなく、映画のセリフのまま載ってて、映画を見ながら勉強できるようなものが望みです。できれば簡単な英語の解説があればよりいいのですが、なくてもいいです。
本屋に行ったり、ネットで探してみたんですけどよく分からなかったです。お願いします

Aベストアンサー

DVDを英語字幕で見れば良いかと思いますが?

Q屋根の雪が隣の敷地に落ちる

うちの家の屋根の雪が隣の敷地内に落ちて、お隣がカンカンになって怒ってこられました。「訴える」とも言っておられます。この場合法律上はどうでしょうか?わざと落としているわけではないのですが・・・。

Aベストアンサー

大体相隣関係で問題になるのは、

・窓の位置(民法1m規定)
・換気扇やエアコン室外機
・雨水、落雪
・隣地との距離(民法50cm規定)
・土地境界線問題(越境、塀等)

ですね。日照については建築基準法を遵守していれば回避できるというか相手の文句は言いがかりになりますけど、、、、

不動産業者に問い合わせたと書かれているところを見ると、建売ですよね。そういう場合はほとんど隣家のことなど気にしないで設計するし工事もすることが多いのでね。。。。ままそういうトラブルに出くわすことはあります。
とりあえずは上記5点に気を配っていればほかのことについては少なくとも法的に自分が従わなければならないことはないと思いますよ。

Q英語にお願いします>_< 雪降らないんだ!それは残念です。でも雪が降るのも大変!運転がこわいです!

英語にお願いします>_<

雪降らないんだ!それは残念です。でも雪が降るのも大変!運転がこわいです!

Aベストアンサー

It doesn't sonw, does it? It's a pity.
But snow often causes trobles.
Driving is threatening while and after snowing.

Q隣家への屋根雪による被害の責任の所在

現在、一戸建ての借家に住んで12年になります。2年前に隣りの空き地に新築の一戸建てが建ちました。
当方の借家は片屋根のため、屋根の雪が軒下の少々のスペースに落ちて雪が積もった後、隣りの敷地に滑り落ちていまう構造になっております。
2年前の冬に隣家の1階の窓まで雪が滑り落ち、あわや窓ガラスの破損という状況になり、隣家の方が当方へ状況の説明をしに訪れて、その現状を初めて知りました。
その一冬は隣の敷地に落ちた雪を毎回片づけて対応し、春に大家さんに状況を話したところ、雪止めをつけてくれました。昨年は雪止めの効果もあり、隣の敷地へ雪は落ちませんでしたが、今年の大雪で雪止めごと屋根の雪が隣の敷地に滑り落ちていき、2年前と同じ状況になり、大家に現状を話したところ、雪が屋根の上にあるうちは、修理できないとのことで、溜まった雪についても何も対応してくれません。
この場合、今後予想される隣家への屋根雪による被害が合った場合、責任の所在は誰にあるのでしょうか。また、借家に住む私が義務を負わなければならないことが、何か有るのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

現在、一戸建ての借家に住んで12年になります。2年前に隣りの空き地に新築の一戸建てが建ちました。
当方の借家は片屋根のため、屋根の雪が軒下の少々のスペースに落ちて雪が積もった後、隣りの敷地に滑り落ちていまう構造になっております。
2年前の冬に隣家の1階の窓まで雪が滑り落ち、あわや窓ガラスの破損という状況になり、隣家の方が当方へ状況の説明をしに訪れて、その現状を初めて知りました。
その一冬は隣の敷地に落ちた雪を毎回片づけて対応し、春に大家さんに状況を話したところ、雪止めをつ...続きを読む

Aベストアンサー

 先ほど回答文を投稿したのですが、うまく書き込めなかったようなので再投稿します。

 民法717条1項本文によると、建物の構造などの欠陥によって他者に損害を生じさせた場合には、その建物を占有している者(今回のケースに当てはめると借家人)が第一次的な責任を持つことになります。しかし、717条1項には但し書きがって、占有者が損害発生の防止について必要な注意を行っていた場合には責任を免れ、所有者が最終的な責任を負わなければならないこととされています(717条1項但書)。

 また、大家さんには、貸家を借家人が通常の使用に耐える状態にしておく義務があります(民法606条)。

 家屋の場合、積もった雪が隣地に落ちて隣家に損害が発生しないような構造を有していることは当然のことで、特に、例年雪が積もることが分かっている地域においては、雪による被害が隣地に及ばないようにしておくことは、他の地域におけるよりも当然のごとく強く要望されることだと思われます。
 したがって、借家の屋根が、お住まいの地域で必要とされる落雪防止の構造になっていなかった場合には、貸家人(家屋所有者)としては、そのために必要な処置を施す義務を、隣地所有者に対してはもちろんのこと、借家人に対しても当然に負っていると考えられます。

 仮にonegonnさんが、落雪による隣家への損害発生の危険性についての状況を知っていながら何もせずにいたというのであれば、それによって発生した損害についてonegonnさんも民法717条1項本文によって賠償義務を負う可能性は出て来ると思われます。しかし、今回の場合、既に2年前に大家さんにその状況を連絡し、必要な措置は施されていました。そうだとすると、それ以上にonegonnさんが責任を負うことは無いと考えられます。

 他方、お話の雪止めが、お住まいの地域に適合したものとは言えなかった場合には民法717条1項但書によって家屋所有者である大家さんが隣家の被害の賠償責任を負うことになります。

 しかし、お話の雪止め自体が、お住まいの地域において通常具えるべき必要な構造ないしは措置であったと言える場合には、突然の大雪で施していた雪止め自体が壊れ、それによって隣家に被害が発生しても、それは自然災害扱いとなって誰も責任を負う必要が無いと考えられます。

 ただ、そのような場合ではあっても、法律上はともかく倫理上、占有者や所有者としてはできるだけ近隣に迷惑をかけないようにするべきであることは言うまでもありません。しかし、そうは言っても、大家さんのおっしゃるように、現状の雪が積もった状態では工事をしようとしてもできないのも事実でしょうから、今のところは大家さんとも相談の上、できる限り雪かきなどをして被害発生の防止に努めることが、占有者・所有者として必要なことだと思われます。

 先ほど回答文を投稿したのですが、うまく書き込めなかったようなので再投稿します。

 民法717条1項本文によると、建物の構造などの欠陥によって他者に損害を生じさせた場合には、その建物を占有している者(今回のケースに当てはめると借家人)が第一次的な責任を持つことになります。しかし、717条1項には但し書きがって、占有者が損害発生の防止について必要な注意を行っていた場合には責任を免れ、所有者が最終的な責任を負わなければならないこととされています(717条1項但書)。

 ま...続きを読む

Q雪だるまのマークを英語で

天気予報図に表示されるマークは、英語でどういえばいいですか?

たとえば、「明日は雪だるまのマークがついてるよ。」は、
We'll have snow tomorrow. で通じると思いますが、「マークがついている」という場合、There is a snow mark for tomorrow.
(a mark of snowman) という使い方でいいんでしょうか。

ついでに、雪だるまのマークは他の国の天気予報図でも使われているのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2の追記(訂正?)です。

一般に「ない」と断定するのはひどく困難なことです。気になってちょいと調べてみたら,リンクしたページの Unicode 表には,太陽も雲も雨傘も雪だるまもありますね。天気図で多用されるかどうかは別として,「文字としては定義されている」といわざるをえません。

なお,ご質問の「英語で何というか?」ですが,使用例が発見できないかぎり,お答えできません。まあ,the snowman symbol for snowfall in weather forecast とでもくどくいえば通じるでしょう。

ついでですから,もうひとつ。
>天気図記号は,国際的に決まっています。
日本では正式の天気図でも日本式記号を使います。

参考URL:http://unicode.org/charts/PDF/U2600.pdf

Qマンションの屋根からの落雪で車に凹みが

こんにちは。
先日、自分のマンション(賃貸)の屋根の上の雪が重みで落ちて
自分の駐車場に停めていた車の上に落下して
車の屋根が少し凹んでしまいました。
業者に修理させることは可能でしょうか?
・車はマンションが指定した自分の駐車スペースに停めていた。
・駐車スペースはマンションの裏側で屋根の形状的にも
 雪が車の上に落ちてもおかしくない、むしろ落ちるのが普通
上手に説明できていない部分があると思いますがアドバイスお願いします。
管理会社以外に、オーナーが別にいるみたいで
面倒くさくなりそうな状態です。

Aベストアンサー

マンションが指定した駐車スペースであれば、落雪による危険を排除する義務はマンション側にあります。
勿論、その危険性が予見出来ない特殊な場合は責任を問えませんが、明らかに危険性の予見が出来る場合は、管理者が責任を負うべきです。
その危険排除も含めて、オーナーが管理会社に委託していたので有れば、管理会社に損害の賠償をしてみてください。

自然災害とは、災害を前もって予測出来ないほどの特別な自然現象や、自然現象を排除する事が不可能な場合だけです。
雪が降ることは自然現象で止めることが出来ませんが、屋根雪が固まって特定の所に落ちることは予測出来ますので、自然災害とは言えません。

Q英語にお願いします>_< パリは雪が降りますか? 楽しかったです!ご飯食べてお話ししただけだったけど

英語にお願いします>_<

パリは雪が降りますか?

楽しかったです!ご飯食べてお話ししただけだったけど、楽しかったです!

仕事大変みたいだけど、頑張って!
仕事は楽しいですか?

Aベストアンサー

こんにちは、アメリカ人です。

パリは雪が降りますか?
Does it snow in Paris? (普段雪が降るかどうか・基本はこれでいいと思います、下に他の言い方も紹介する)
Does it ever snow in Paris?(歴史上で一回でも雪が降ったら「yes」になりますが、頻度について聞いてヌアンスもある)
Do you have snow in Paris? (最初のとあまり変わらないけど、相手がパリ出身かパリに住んでいる人にしか使えない)

楽しかったです!ご飯食べてお話ししただけだったけど、楽しかったです!
It was fun. We just ate and talked, but I had fun. (I hadでもIt wasでもいい)

仕事大変みたいだけど、頑張って!
Your work seems difficult lately, I hope it gets better soon.
英語ではこういう決まり言葉はないので、無理に訳そうとすればこんな感じになると自然だと思いますが、状況によって変えます。これは仕事の大変さについて聞いたことになります。上級な話になるけど、「頑張る」のような便利な単語は英語にありません。その言葉を直訳してみると「keep working hard」や「push through」を思い浮かぶけど、その仕事を続ける、我慢するの印象をが強くて場合によって励ましになりにくいので「I hope it gets better soon」という表現で、その大変さがそうでなくなるよう願っていますと言い換えれば、自然な励ましになります。

仕事は楽しいですか?
Do you enjoy your work/job? (普段自分に仕事が好きか聞いている)
Are you enjoying your work? (今やっている業務や最近の仕事の状況が楽しいか聞いている)
Do you enjoy the work? (職場の人間関係や業務以外のものを除いて聞いている。例えば先生だったら、生徒指導、事務の仕事、上司や同僚との関係じゃなくて、授業をすることは楽しいかどうか)

こんにちは、アメリカ人です。

パリは雪が降りますか?
Does it snow in Paris? (普段雪が降るかどうか・基本はこれでいいと思います、下に他の言い方も紹介する)
Does it ever snow in Paris?(歴史上で一回でも雪が降ったら「yes」になりますが、頻度について聞いてヌアンスもある)
Do you have snow in Paris? (最初のとあまり変わらないけど、相手がパリ出身かパリに住んでいる人にしか使えない)

楽しかったです!ご飯食べてお話ししただけだったけど、楽しかったです!
It was fun. We just ate and ta...続きを読む

Q英語で「二頭身の雪だるま」はなんて言うのですか?

英訳で困っているのでどなたか教えて下さい。

「日本の雪だるまは二頭身です。ドラえもんみたいな感じでかわいいよ」

欧米の雪だるまは三頭身ですよね。日本はふつう二頭身ですが
それを英語で説明したいのですが・・・どういう表現になるのでしょうか?

Aベストアンサー

A Western snowman is made of three snow balls and a Japanese snowman is made of two snow balls. Both are cute and Japanese one looks like Doraemon as bellow;
http://golog.nifty.com/cs/catalog/golog_article/catalog_003071_1.htm?page=2

みたいな感じでもいいかもです、

Q英語の質問です。 We have snow で雪が降るとかそういう意味とあったのですが、we hav

英語の質問です。 We have snow で雪が降るとかそういう意味とあったのですが、we have のweって私たちという意味ではないと思われますが、We haveはどういった意味ですか?

Aベストアンサー

これは中高生が必ず習うパターンです。

人々一般を we/you/they で表します。

北海道で雪がたくさん降ることを
北海道の人たち自身が言うなら
We have a lot of snow in Hokkaido.
東京の人が北海道の人に向かって
You have ... (, don't you?)

東京の人が大阪の人に
They have a lot of snow in Hokkaido.

人々の意味と
have はこういう降雨降雪を経験するという意味で使います。
多くの学生が「持っている」の応用としてすぐ覚えます。

Q英語にお願いします>_< 東京は雪が降ったのよ! 私が住んでる所はまだだけどね。

英語にお願いします>_<

東京は雪が降ったのよ!
私が住んでる所はまだだけどね。

Aベストアンサー

Let me tell you that it snowed in Tokyo!
But it hasn't snowed yet where I live.


人気Q&Aランキング