親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

今使わないお金が300万ほどあるのですが定期預金にしようと思っていたのですが父が日本生命のマイステージexという商品に預貯金を預けたそうです。この保険でお金を預けると5年で2%くらいの年利だそうです。(1、2年は赤字らしいですが・・・)定期預金で預けるなら死亡保障もしてくれるので入ろうかなと思うのですが危険なんでしょうか?またこの商品はいいのでしょうか?保険にはまったく知識が無いのでどうしようかな~と思っています。つたない質問ですが回答、アドバイスのほどお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 マイステージexは終身保険で一時払するに辺り問題はないのかということですが、いくつか懸念材料があります。



 まず一時払をした保険料は長期間使えないと思っておく必要があります。つまり流動性に関するリスクです。例えば突発的なことが発生した時にお金を使いたいというものであれば、この保険に加入するよりも定期預金等少しでも流動性が高いものに資産を預けたほうが問題が起きにくいと思います。
 また保険の予定利率が低いと保険料は高くなります。折しも低金利の時代に予定利率もそう高いわけではありません。将来今より金利が低くなる可能性が低く、高くなる可能性は高いのも懸念材料です。
 また契約後ある程度の期間内の中途解約は、一時払保険料を下回ることが当然にあります。これはよく聞く話かと思われます。

 最後に死亡保険金が高くないので必要保障額を賄うには現在の額では足りないと思われます。必要保障額とはご質問者様がお亡くなりの際に扶養されている人(奥様やお子様)に残すお金になります。
 必要保障額の算出方法は毎年生活費7割×保障期間(年)となります。保障期間は子どもが大きくなるまでとし、遺族年金、教育資金などの要素を足したり引いたりするのが一般的かと思います。
 このように計算した保障額は終身保険で賄おうとすると保険料は結構な額になります。なので保障額を妥協するか保険料を積み上げるかになるのですが、それよりも掛け捨て定期保険や収入保障保険で保障額を設定したほうがはるかに割安になります。

 つまり死亡保障を当てにしようとすると終身保険では割高になります。個人的に終身保険は低金利の時代に貯蓄として代用するのは難しく、死亡保障としては割高ですので、葬式費用や富裕層の相続対策として利用する位なのではと思います。
    • good
    • 0

こんにちは。

数あるアドバイスの内の一つとしてお聞きください。投資の世界でよく言われる例え話です。

危険を心配なさるのであれば、、、

あなたが大切にしている卵が300個あります。きちんと保管しなければなりません。この300個の卵を1つのカゴに入れて持ち歩いていて、誤ってカゴを落としてしまったら・・・。

リスクは分散した方がいいよね?という話です。100個ならば1つのカゴでもいいかもしれませんが。300個ならば、3つに分散させるという選択肢もありますね。

そして保険商品には「予定利率」というものがありまして、ザクッと平たく説明すると、銀行でいう、利息みたいなイメージです。詳しくはネットにも出ていますので見てください。

ニッセイさんの「それ」は変更なければ、1.40%だったと記憶します。ですが他社には1.75%やそれ以上というものもあります。商品内容はあまり変わりません。

この差、0.35%という数字、今の銀行の利息を考えれば、、、ですね。(漢字系保険会社はあまりおすすめできません、ここだけの秘密にしてください・・・)20代ということで、あなたの眼力を磨くよい機会です。ファイナンシャルリテラシーを磨いてください。今後きっと役にたちますよ。
    • good
    • 0

例えば……


どこかへ行こうと思って、予算内で適当にキップを買ってから、
行き先の観光地で、どこへ行こうかと、考えますか?
まずは、どこへ行こうかという目的地を決めてから、
そこへ行く手段を考え、それからキップを買いませんか?

300万円あるから……という発想は、
上記の、何も考えずに、先にキップを買うのと同じです。

まずは、この300万円を何に使うか、という発想こそが大切です。
保障が必要なのか、なぜ、必要なのか、
お金を増やしたいのか、なぜ、増やしたいのか
という発想が大切です。

今、思いつかないならば、いつでも換金できるような商品……
例えば、普通預金や短期の定期預金に使うのが良いでしょう。
今日預け入れて、明日引き出しても、マイナスになりませんから。
そして、何に使うか、決めたときに、それに使えば良いのです。

そのためには、まずは、ライフプラン、つまりは、マネープランが
必要です。
日本の学校教育では、お金の使い方を教えません。
なので、そもそものマネープランを持っている人の方が少数派ですが、
上場するような企業を見れば分かるように、長期のプランを持っており、
そのためにどのようにお金を使うのかというプランを持っています。
個人でも、マネープランを持つ事は重要なのです。
ひょっとしたら、その300万円は、10年後に400万円に増やして、
○○を買いたい……というプランができるかも知れません。
そのプランができたら、300万円を400万円にするには、どんな方法が
あるのか、という問題が出てきます。
問題が提起されれば、それを解決する方法を探し、考えれば良いのです。
また、ライフプランを考えたら、300万円で海外留学を経験するのが
正しい選択かも知れません。

まずは、プランです。

生命保険は、保障です。
質問者様に必要な保障とは何でしょうか?
死亡したとき、保険金を遺すべき方がいらっしゃいますか?
入院したときの給付金が必要ですか?
このような発想から、必要性を考えてください。

マイステージEXという商品は、一時払いの終身保険です。
同様の保険は、数多くの保険会社が出しており、
ごく普通の保険です。
保険自体は、良くも、悪くもありません。
問題は、ニーズ(目的)に合致しているかどうか、という点だけです。

ご参考になれば、幸いです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング