今年68歳の母ですが、変形性両膝関節症と診断され、1つ目の病院では人工関節を、2つ目の病院では骨切り手術をしたほうがよいと診断されました。
体験された方のお話、良かった点、悪かった点などお聞きしたいのですが。参考HPなどわかりましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 一般論ですが・・


 人工関節の適応として
1)変形が著明
2)可動域制限が著明
3)痛みが強い
4)高齢である
等があります。2)について言えば人工関節をしたから正座が出来なくなるのではなく、正座が出来ないような人が適応だということです。4)については前の回答者の方も触れていますが、耐用年数として平均して15年位です。日本人の平均寿命が85歳くらいになっていますので、70歳以上が一応の目安です。

骨切り術の適応としては
1)比較的年齢が若い。
2)関節可動域が保たれている。
3)変形性関節症には外側型・内側型があるが、どちらかの軟骨が保たれている。
4)アライメントを改善することでかなりの症状改善が見込まれる。
などがあります。

 68歳であれば、どちらが良いか決断がつけにくいとは思います。しかしどちらにしても即決しなければいけないわけではありません。情報を整理してよく考えて下さい。

 言いにくいですが、前の回答者の回答で誤っていると思う点がありますので
1)人工関節置換術は決してまれな手術ではありません。
2)人工関節置換術後確かに可動域は制限されます。それ故、元々可動域が悪い人が対象になります。正座が出来ていた人に対して、人工関節置換が実施されることの方が少ないです。
3)骨切り術と比較すると、人工関節置換術の方が侵襲は大きいです。また糖尿病など感染の危険性が高い人には人工関節は向きません。

 以上前の回答に対して批判的なことを書きましたが、所詮「後医は名医」ということでお許し下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しい回答をありがとうございました。
先月地元で関節鏡手術を受けたときに外側はまだしっかりしているとのことで骨切り術を勧められたようです。でも本当に微妙な年齢なんですよね。
正座に関してはもう10年ほど前からできませんでしたのでもうあきらめているみたいです。2年前に下肢静脈瘤の手術を受けた以外はこれといって病気はしたことがありませんが、それほど体力があるとは思えません。病院からはすぐにでも手術をした方がいいと言われて、出来れば手術は先延ばしにしたいと思っていた母ですが精神的なものからか、最近は関節鏡手術を受ける前よりも痛がっています。母と一緒にもう少し悩んでみます。

お礼日時:2003/09/12 10:20

元手術室ナースです。

手術時間は、どちらかというと人工関節のほうが短く、体への負担も少なく、術後の治りも良いようです。ただ他の方が回答されているように、インプラントの耐久性にも問題があるので、70歳以上を手術対象にしている病院も多いです。でも最近はチタン製のものが改良されているので、耐久性もかなりよくなってきました。

年齢的に68歳ということですが、そのくらいの年齢ですと、個人差もありますよね。普段チャカチャカ活動していて、全身状態もよろしいようであれば、骨きり術でもいいかと思いますが、糖尿病や循環障害などの疾患に罹患しているようでしたら、体への負担の少ない 人工関節を選択したほうがいいように思います。
骨切りは、やはりくっつくまでに時間もかかりますし、痛みも強いようです。
リウマチからきている変形症の場合は、うまくつかないことも多いみたいです。

あとは、詳しいレセプトは知らないのですが、人工関節はインプラントの値段が結構かかりますので、治療費もかかるります・・・
    • good
    • 0

どちらの手術でもよいと思います。

骨切りは、長期入院が必要で回復には半年近くかかるため、手術を受けられる人は比較的若い人(65歳以下)に限られます。今まで体重がかかっていた軸が変わることで、その膝に体が慣れるまで半年から一年ぐらいかかる方がいます。そして手術したすぐに膝の痛みが取れると言うことはありませんので気長にリハビリテーションを行う必要があります。人工関節の方がは、高齢者でも受けられます。痛みは取れやすいですが耐久性が完全でない、可動域が狭くなり正座ができなくなることが多いなどのデメリットもあります。お母さんがとても元気で、リハビリをがんばれるのならば骨切りをする方がいいし、とりあえず痛みを取ってほしく、あまり外に出てばりばり歩くのでなければ(人工関節の耐久年数のことも考え)、人工関節でいいとおもいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですよね。どちらにしてもリハビリは大変そうですが、私はとにかく早く痛みが取れてくれるといいと思っています。
ikkameさんの回答を母に話してあげます。ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/10 09:56

参考になるかどうかわかりませんが、人工関節置換術の場合、人工関節の耐用年数も考慮して考えなければ術後数年~十数年でもう一度再手術をしなければならないケースもあると聞きました。


杖を使用したりしてなるべく人工関節に負担をかけずに過ごしても、大体10年前後で耐用年数が終わるそうです(昔聞いた話なので、今はもう少し耐用年数が延びているかもしれませんが)。

お母様の年齢を考えると、どちらの術式が適切なのか非常に微妙ですよね・・・。

ただし、よほどひどい場合を除いて変形性膝関節症で手術をするケースはごく稀だと思いますから、今後もリハビリや膝周囲の筋肉強化で対応するという選択肢もありますよ(手術を勧められたという事は状態がひどいのかもしれませんけれど)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
人工関節もかなりすすみ耐用年数ももう少し伸びているみたいです。
母の場合はもうどちらにしても手術をしなければならない状態なのですよ。

お礼日時:2003/09/10 09:46

私はまだ31歳(女性)ですが


スポーツのやりすぎと交通事故のダブルショックで
ヒザを手術しました。
将来的には、お母様と同じ変形性両膝関節症に
なってゆく1歩前の段階です。

その時に、「人工関節を、、、」という話が出て
とてもショックを受けました。
それで、膝(脚)専門という整形外科に
行きましたところ、「飛び出した骨の除去手術で大丈夫」と言われました。

なので、「人工関節」よりは「飛び出た骨の除去」の
方か、お母様のリスクも少ないのでは?
というのが感想です。

しかし、年齢や体重、腰痛の有無、他の内臓疾患、
脚の筋肉量によっても違うと思います。
できれば、医師に「どういう違いがあるのか」という
事をもっと、徹底的に詳しく説明して
いただいた方が賢明かと、思います。

また、私の話ですが、手術の前に
レントゲン、MRI、そして「内視鏡」での検査(要部分麻酔)が行われます。
内視鏡検査というのは、実際に膝を開いて
医師が判断するのですが、その時に
手術内容が変更する可能性もあるみたい。
私もそう告げられました。

膝がやられるって本当に切ないです。
お母様にとって、一番よい方法を
選んであげてください。

がんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事と励ましをありがとうございます。レントゲン、MRI、そして2週間の入院で「膝の中を洗う」手術も受けました。その結果その病院では「まだ若いから(?)人工関節にするにはもったいないので、骨切り手術をしたら」と勧められました。もう1件のスポーツ選手などがよくかかる膝で有名な病院では、すぐ「人工関節にしたほうがよい」でした。きっと選択するのが難しい年代なのでしょうね。

お礼日時:2003/09/10 09:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 糖尿病の骨障害<代謝異常で起こる病気>の症状や原因・診断と治療方法

    糖尿病の骨障害とはどんな病気か  糖尿病が骨や筋肉の異常と関係することはあまりよく知られていませんが、表7に示すような筋骨格系の疾患が、糖尿病の患者さんでは非糖尿病者よりも多くみられるといわれています。  肩関節周囲炎(けんかんせつしゅういえん)(いわゆる五十肩)は一般には2・5%の人にみられるとされていますが、糖尿病では11%の人に発症し、逆に肩関節周囲炎の患者さんの約4分の1に耐糖能(たいとうのう...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q変形性膝関節症の人工関節置換術の体験者の方いますか?

母が長年の膝の痛みから整形外科の専門医の診療を受けたところ、医師から手術を提案されました。他の治療法では難しいくらい症状が進んでいるとの事で、一度は母も覚悟を決めて手術を受けることを考えていたのですが、病院の説明書に手術後の感染は0%ではない(全国平均で1~2%程度の報告ありとの事)との記述があり、場合によっては人工関節の抜去もあるとの事、また、知人の医師(但し、整形の医師ではない)3人ほどに聞いたところ「自分の親にはあまり手術はすすめない」との感想を聞いた事からも現在は迷っています。
そこで、人工関節を入れた方、あるいは、知人や家族で経験された方の手術後の感想等をお聞かせ頂ければと思い、この質問を投稿しました。
人工関節は120度程度しか曲がらないそうですが、生活上の支障などについても教えて頂ければ、と思っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私の母は、45年間関節リュウマチですが、膝の方は3年前に人工関節をいれました。

母が通院している病院はリュウマチ科ですが、もう毎年のように入院しているので、友達がたくさんいて、人工関節を入れている人は多いですと言うのは手術の名医がいるで有名だからです、他の病院からも手術をしに来ます。

その病院の場合ですが
私が先生とお話しをして聞いたのは、人工関節は最終手段ですので、なるべく年を取ってからの方がいい。
という事でした、母は60歳の時に手術をしていますが、もう少し若い方もいます。

患者の方は痛いから何とか楽の方へ逃げようとしますよね。だから、手術をほとんどの人は頼むのですが先生は「まだ、大丈夫」と言って手術をしてくれないそうです。(母達の話はいつもそれなんですが)
母の時は、人の足が向いてはいけない方向ってありますよね、そのぐらいになるまで「まだ」と言ってしてもらえませんでした。ただ、病状によって手術の時期のタイミングと言うのもある様ですよ。

膝の曲がりは、人によっても多少差はありますが、母親の場合は120度よりまがりますが、無理をしてあまり曲げない方がいいそうです。人工ですので、飛び出たり壊れるたりするといけないので。

生活的には膝だけでしたら、筋肉、体力がある人なら普通の生活にはそれほどの大きな支障はないと思いますが、筋肉、体力のない場合(母はそうなのですが)は、階段(段)がのぼれない、イスにしか座れない湯ぶねに入れない(またげない)等々いろいろ出てきます。

ガンガン出かけたり、ガンガン仕事をしていた母の友達は、無理のしすぎで腫れ上がり再手術をしました。

これは、私の母の例ですので、こればかりは、薦めることも止めた方がいいとも言えないですが、参考になればと思います。

私の母は、45年間関節リュウマチですが、膝の方は3年前に人工関節をいれました。

母が通院している病院はリュウマチ科ですが、もう毎年のように入院しているので、友達がたくさんいて、人工関節を入れている人は多いですと言うのは手術の名医がいるで有名だからです、他の病院からも手術をしに来ます。

その病院の場合ですが
私が先生とお話しをして聞いたのは、人工関節は最終手段ですので、なるべく年を取ってからの方がいい。
という事でした、母は60歳の時に手術をしていますが、もう少し若い方も...続きを読む

Q人工膝関節手術後の膝周囲の締付け感と痛みで苦しんでいる

50代女性です。関節リウマチの為、人工膝関節の手術を受け8カ月が経過しましたが、術後からお皿周囲の、特に下側の皮膚下の肉が厚くなり、腱と癒着したまま、一向に改善されません。
お皿の上から触ると感覚も鈍く、金属のお皿を埋め込まれているような異物感、痺れと痛みがあります。曲がりは95度位です。
関節そのものはレントゲンでは異常無しです。しかし、立ち上がり体重をかけた途端、膝周囲が幅広のゴムバンドでギューッと締付けられたようになり、歩き出すと膝が硬直し、辛くて10分も歩けません。膝の曲げ伸ばしをすると、その部分がグキグキと音がします。
執刀医に訴えても、首を振るだけで、このような症例は無い、と取り合って貰えません。他の整形外科でも分かって貰えず、何の為の手術だったのか、苦痛の毎日です。どなたか、原因と対処法をご教示頂ければ有難いです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1です。
補足ありがとうございます。


レントゲンで関節に異常がないわけですから、関節の可動域制限(膝の動
きに制限がある)、手術の傷による突っ張り感や、腱・靭帯など軟部組織
の拘縮、太もも前の筋肉(大腿四頭筋)の筋力低下が原因かと思います
が、腰からの原因もあるかもしれません。回復傾向がまったくみられない
ようなら、腰も調べてもらったほうがいいかもしれません。

今病院でリハビリはしていないのですね?リハビリ科のある街のクリニッ
クであれば、マンツーマンにリハビリしてくれるところがあると思います
よ。どうしても自分で出来ない範囲とかも出てきますので、探してみては
いかがでしょうか?とりあえず、今回は自分でできる膝の機能改善に主眼
を置いて回答します。


膝の動く範囲(可動域)に問題があるようですので、まずはこれを改善し
なくてはなりません。手術はそれで終わりではありません。人工関節など
はその機能から正座はできませんから、毎日なんらしかリハビリは必要だ
と思います。

リハビリといっても難しくありません。どんな体勢でもいいので「限界ま
で」曲げることです。正座は膝の可動域を最大に使う動きです。自前の膝
であれば無意識に可動域いっぱいまで使うので、特にリハビリなどは必要
ないですが、人工関節の方は最大可動域まで使うことをしないので積極的
リハビリを行ってください。やり方は、仰向けに寝てかかとをお尻につけ
る意識で膝を曲げましょう。しかし95度だとこれだと少しやりにくいと思
います。足首にタオルかけてそれを引っ張り、引き寄せるように膝を曲げ
ましょう。人工関節の方はMax120度です。そこまでリハビリが進んだら絶
対に無理しないで下さい。

次に膝の伸びです。10度伸びていないということなんで、やはりこれは
改善したいですね。伸びの可動域訓練をご紹介します。
==========
(1)仰向けで寝ます。膝のお皿が真上に向くように、向きを調整しましょう
(つま先は必ず真上に向きません。人によっては内側に向くことも)。

(2)つま先を直角にし(伸ばさない)、腿の下(膝の上)に両手を重ねて置
きます。

(3)ゆっくり下に押し込みます。10秒ほど数えてゆっくり離しましょう。こ
れを10回、朝晩一回ずつ行ってください。

※お皿を直接押さないで下さい!! グイグイ反動をつけて押すのも厳禁
です!!
==========

伸ばしも曲げも「ちょっと痛みを感じる範囲」まで行ってください。「限
界まで丁寧に行う」というのが最大のポイントです。


後は歩き方ですが、かかとからしっかりついていますか?膝の痛みがある
方は、実は踵からつかず、つま先側から着きがちです。しかしこれは膝の
曲げを助長してしまう歩き方です。しっかり「踵からついて歩く」を意識
してみてください。


次は筋トレです。膝にとっても最も重要な筋肉は前述した大腿四頭筋で
す。ここの筋トレをご紹介します。
==========
(1)仰向けで寝ます。膝のお皿が真上に向くように、向きを調整しまし
ょう(つま先は必ず真上に向きません。人によっては内側に向くこと
も)

(2)つま先を直角にします(伸ばさない)。膝を曲げずゆっくり足を持
ち上げます。こぶし一つ分ぐらい上げてください(上げすぎると効果が
ありません)。

(3)10秒数え、ゆっくり下げます。間をあけず、すぐもう一度繰り返し
てください。これを左10回、右10回します。これを1セットとして2セ
ット行ってください。

(4)楽になってきたら、ゆっくり数えたり、15回にしたりしてください。
各ポイントをしっかり抑えて行ってください。
==========


次はウォーキングです。
ウォーキングは筋肉のほかに骨も鍛えます。逆に言えばウォーキングしな
ければ骨が弱ってしまいます。適度なウォーキングは血流がよくなり軟部
組織を柔軟に保つなど、いいことばかりです。ですから屋外のウォーキン
グは絶対に必要です。まずは5分からはじめましょう。5分をしばらく続け
て、徐々に徐々に時間を延ばしてください。決して急激に増やさないで下
さい。次の日まで痛みが残るようならやりすぎなので、ご自分で加減して
ください。最終的には20分から30分歩ければ十分です。それ以上歩くこと
デメリットが出てしまいますので注意しましょう。


ロキソニンなどの消炎剤は飲んでいないですか?あまり痛いようなら医師
に聞いてみてはいかがでしょうか?痛い所にシップを貼って、マッサー
ジ、ストレッチ、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる恐れがあるので
控えたほうが良いと思います。


ここに書いたことは必ず主治医に確認を取ってから実践してください。
急に長々と書いて申し訳ございません。何かわからないことがあれば何で
もいいので聞いてください。

No.1です。
補足ありがとうございます。


レントゲンで関節に異常がないわけですから、関節の可動域制限(膝の動
きに制限がある)、手術の傷による突っ張り感や、腱・靭帯など軟部組織
の拘縮、太もも前の筋肉(大腿四頭筋)の筋力低下が原因かと思います
が、腰からの原因もあるかもしれません。回復傾向がまったくみられない
ようなら、腰も調べてもらったほうがいいかもしれません。

今病院でリハビリはしていないのですね?リハビリ科のある街のクリニッ
クであれば、マンツーマンにリハビリし...続きを読む

Q身体障害者手帳申請、等級はもらえるのでしょうか?

身体障害者手帳申請、等級はもらえるのでしょうか?
4年前に右頚骨高位骨切り術を施行しました。
術後も痛みは良くならず、手術をして良かったなと思えることは、わずかに歩けるようになった
ことだけです。
階段昇降は手すりを持って何とか少し。
歩行は続けてだいたい3分歩くと膝に痛み、違和感を感じ、休憩しながら。
何もしていないときでも、腫脹、熱感、違和感があります。
手術をしていない左足も痛いです。
生活していて、不自由さがあります。

膝や股関節の人工関節術は、片足の施行で4級もらえる権利がある。との話?ですが、
この頚骨高位骨切り術は、同じくいただけるものなのでしょうか?
毎日の生活で、母が辛そうなので、代わって、質問させていただきました。
せめて、障害者マークの駐車場に車を止められるようにしてあげたいのですが。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

変形性膝関節症で高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)を受けたのではないですか?
頚骨(けいこつ)だと、発音は同じですけれど首の骨ですから。
骨切り術の場合、文字どおり骨の一部を切り取って痛みを和らげるだけなので、一般に、人工骨頭や人工関節に置き換えたりはしていません。

膝関節または股関節を人工骨頭や人工関節に置き換えたのでしたら、身体障害認定基準・身体障害認定要領という基準(ANo.2に書かれているのがそれ)があるんですけれど、「一下肢の膝関節または股関節の機能の全廃」で、肢体不自由のうちの下肢障害4級(4級の5)になり得ます。
けれども、人工骨頭や人工関節に置き換えたわけじゃないときは、基本的に、ROM(関節可動域検査)やMMT(徒手筋力検査)の数値が基準を満たさないと、身体障害者手帳の等級の対象になりません。
また、痛みがどんなにひどくっても、あるいは長い時間歩けないというときでも、ただそういうことだけで認定されることはありません。

下の級の5級(5級の1)だと、ROMが30度以下でMMTで筋力3相当以下、ということが条件になります。
そうすると、「一下肢の膝関節または股関節の著しい障害」として、身体障害者手帳が出る可能性はあります。
ですから、まず、ROMやMMTを調べることが大事です。

膝関節または股関節の障害だと6級はありませんし、7級は単独では手帳が出ない(7級が2つ以上ないと、手帳の対象外)ので意味がありません。
そして、手帳が交付されることが障害者施策を受けるための大前提になっています。
たとえば、脚が不自由な人でしたら、駐車禁止指定除外の適用とか、車いすや杖の支給なんていうのがありますし、自動車税の減免などというのもあります(これらの適用には一定の対象範囲条件があって、どんな等級の人にも認められるというわけではありません)。
そのほか、手帳さえ持っていれば、所得税や住民税の軽減対象になりますよ(かなり大きな恩恵です)。

変形性膝関節症で高位脛骨骨切り術(こういけいこつこつきりじゅつ)を受けたのではないですか?
頚骨(けいこつ)だと、発音は同じですけれど首の骨ですから。
骨切り術の場合、文字どおり骨の一部を切り取って痛みを和らげるだけなので、一般に、人工骨頭や人工関節に置き換えたりはしていません。

膝関節または股関節を人工骨頭や人工関節に置き換えたのでしたら、身体障害認定基準・身体障害認定要領という基準(ANo.2に書かれているのがそれ)があるんですけれど、「一下肢の膝関節または股関節の機能の全廃...続きを読む

Qヒアルロン酸注射後の膝の痛み

膝が痛くなり、病院に行ったところ、老化現象で膝の軟骨がすり減っていると言われ、週1回全部で5回のヒアルロン注射を勧められました。

1回目を打ってから痛みが増し、2回目を打ったら更に痛くなり、歩くのもままならなくなり、杖を突くようになりました。

痛みを軽減するはずの注射なのに、かえって痛くなるものでしょうか。
あと、3回注射予定ですが、どんどん悪くなるようで不安です。

このまま続けて大丈夫なんでしょうか。このような症状があった方教えてください。

Aベストアンサー

ヒアルロン酸注射は中止した方がいいでしょう.

私も経験があります.
約3年前,左膝が痛み,整形外科でヒアルロン酸注射をしました.1回目は大丈夫でしたが,2回目を打ってから痛みだし,次回の診察時に医師に詳細を報告したら即刻,ヒアルロン酸注射は中止となりました.中止してから痛みがおさまるまで,約1ヶ月かかりました.

遠慮せず,詳しく痛みの状況を医師に訴えて下さい.そうすれば,ヒアルロン酸注射は中止になるはずです.

もし,それでもヒアルロン酸注射をすると医師が言うのなら,拒否して帰り,別の整形外科で治療した方がいいでしょう.

頑張って下さい.


人気Q&Aランキング