覚せい剤などの中毒性・人体に対する悪影響がある物の接種が禁止なのは分かります。でも大麻は、人体に対する悪影響といえば発癌性が煙草に対しフィルターがない分高い、癌に対する免疫力の低下ぐらいしかなく、煙草やアルコールのような中毒性も認められていない、アルコールのような凶暴性、感覚機能の著しい低下もなく、かえって安全なのでは?喫煙時のみ車を精密に操縦する能力(「追跡能力」と呼ばれる)に対して悪影響を与えるが、反応時間およびその他の運転能力基準には影響しないことが確認されているし、その能力の低下をを十分自覚するために、安全性を十分注意し、かえって事故を起こす確立が下がると言う結果が、ドライヴシュミレーションでも出ています。その他には、脳卒中を消し去る等をはじめ、人体に対して良い影響は数え切れません(心理的にも)。なぜ違法なのでしょうか。解禁になることは無いのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

オランダでは個人の使用は認められていますよね~!


でも日本はアメリカに右へ倣え!状態だから
アメリカが解禁にしない限りは無理な気がしますぅ~

でも、日本では昔は薬草として使ってたり、木こりの人たちは「麻酔い」と言って大麻を吸ってたと
「マリファナ・ナウ」とか「マリファナ・ハイ」って言う本には書いてありましたね~!

禁止する理由を色々と聞くけど、どれも後から取って付けたような気がしちゃいますね~!
ステッピングストーンの可能性だって(゜O゜)\(--;オイオイって思うし・・・
でもkeeさんの回答にあるように、経済に悪影響はひょっとしたらあるかも?って感じるけど(労働意欲とか競争心の減退などで?)どうなんでしょうね?
オランダ頑張れ!って思ってますぅ~(笑)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

確かに経済に悪影響はあるかもしれませんね。その国の悪口を言うわけじゃないけど、ジャマイカは合法ではないけど、マリファナで国の人々が成り立ってる(言い過ぎ?)ところがあるように思えるけど、そのせいで国が発達しないのかも?向こうの人たちはあまり働かないと聞きますし。(いい意味でも、悪い意味でも)自分的には日本があのように成っては困りますし。

お礼日時:2001/04/19 21:36

禁止するというものは、体に悪いものだけではないと思います。



経済に悪影響する要因を含んだものや・集団規律を乱すもの
を禁止するのも社会です。

輸入輸出制限などが良い例だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

上に同じ

お礼日時:2001/04/19 21:40

 日本人は大麻を吸引する習慣はありませんでした。

戦後、アメリカ占領軍が駐留するようになり、自生していたのに慌てた軍当局が禁止したという経緯があります。アメリカでも1920年代にメキシコ系移民労働者、都市の黒人、そしてボヘミアンの間に徐々に広まり、酩酊を伴なう薬物として、禁止されました。酒と違い、社会的少数者などの反体制的な人が好んで使用していたため、解禁されることはありませんでした。いまでも、その毒性は証明されていませんが(タバコより軽いことはたしか)、吸い始めると、より刺激の強いアヘン・モルヒネなどに移行するという考えにより、禁止されています。解禁せよとの声がほとんどないのも一つの理由です。解禁になることは、タバコとよく似た吸引方法ですので、健康に逆行する(実際そうであるとは限りませんが)と見られますので、決してないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 shoyosiさん、丁寧な回答ありがとうございます。『決して』と言うのはどうでしょうか。「解禁せよ!という声がほとんどないのも一つの理由」と言う事は、ほとんどではない人々、即ち、少数派ではあるが、解禁の声もあがっていると言うことです。法律を動かすためには人数を必要とするのは分かりますが、少数派の意見に耳を傾けることも『決して』忘れてはいけないことですよね?例えば、脳腫瘍に対しては、それを消し去る効果があります。ほかにも、極少有害の鎮痛剤としての効果等医療的効果を挙げれば限がありません。大麻によって非常に助かる思いをする人はいるはずです。shoyosiさんの考えの部分(解禁になることは・・・~)ではない部分の記述は日本大百科事典などで調べると、確かにそのように書いてあります。しかしそれには、大麻=DRUG=悪い物という誤見・先見・偏見の目があるために、間違った『考え』や『思い込み』も記されています。
 上記の通り1920年代にメキシコ系移民労働者、都市の黒人、そしてボヘミアンの間で流行し酩酊を伴なう薬物として禁止されたと書いてあり、日本には、弥生時代に渡来し、繊維としての栽培がはじまった。戦時中、成長も早く強度もあるので盛んに栽培られ、戦後アメリカ軍が禁止したと書いてあります。しかし喫煙という形ではふるくから宗教的な祭事・修行などに使用され、麻の産地の人々の間に広がり、娯楽として広がった。と言うのが事実であり、また考古学的には宗教的な使用を優先し、アヘン戦争のような大きな事件も無いために、娯楽としての使用はあまり言及されないと言うのもまた事実です。WHOの研究によると犯罪の原因、奇形発生、自発性減退、そして、より刺激の強いアヘン・モルヒネなどに移行する事、それは合法と非合法の問題で、法を犯したから一緒だろうという心理が働くためで、それは大麻とは無関係である。と言う結果が既に実証されています。大麻を合法化すると、次の世代から違法ドラッグへの移行も防げるのです。
 例えば皆さんこれはどう思います?『危険性が非常に高く、強い幻覚作用のある合法ドラッグ(ペヨーテ・マジックマッシュルーム等)は経験あるが、大麻はない』
 
      

お礼日時:2001/04/20 01:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q躁鬱病による判断能力低下

成年後見制度について質問させていただきます。



私の父は、躁鬱病で週に1回ほど通院しています。
現在はとても落ち着いているのですが、ある日突然精神的な状態が変わってしまいます。
例えば、何百万円もの借金をしてパチンコをしたり、上場廃止直前の会社の株を買ってきたりしました。
そのときは、人のいうことなど聞かず、家族をだましてまでも上のようなことをしてしまいます。本人も後から考えるとなぜそのようなことをしたかわからないと言っていて、明らかに判断能力が欠けている状態だと思います。

お医者様によると、このような症状は死ぬまで続くということで、家族としてはまた多額な借金をしてくるのではないかと心配しています。

そこで、成年後見制度を利用したいと考えています。しかし、認定されている方は、痴呆症や知的障害をお持ちの方が多いようです。父のような普段は普通の生活ができる人でも認定してもらうことはできるのでしょうか。教えてください。


大変読みにくい文で失礼しました。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

裁判所の公式見解を見る限り、成年後見人制度の主は、認知症、統合失調症、知能指数の少ない人を主な対象としており、躁うつ病が含まれるかは、極めてあいまいですね。
http://www.courts.go.jp/saiban/syurui/kazi/kazi_09_02.html

ただ、この行政書士は、明快に、躁うつ病も対象になると述べています。近所の行政書士にこのサイトを見ていただき、判例等を調査してもらえば、良いかと思います。
http://www.kokubun-office.jp/category/1173267.html

Q刑事で嫌疑不十分、民事ではどう影響する?

犬に咬まれて、救急車で運ばれたのですが、相手が咬んでいないと言い張り、過失傷害で告訴をしました。処分は、嫌疑不十分ということだったらしいのですが、このたび、こちら側から、民事の本人訴訟を起こしました。
裁判の過程で、嫌疑不十分は、私側に有利に働くのでしょうか?つまり、咬まれたと言う事実に近い判定か、遠いか、または民事裁判には影響はないのでしょうか?

Aベストアンサー

刑事事件で「無罪」のものが、民事事件で「勝訴」というものがあります。(刑事事件では因果関係を認めなかったが、民事事件では、それを認めた。)
また、共犯関係でも、他方「無罪」、他方「有罪」ということも、十分ありえます。

とりあえず、裁判官の「自由な良心」による判断によりますので、どの様になるかは、これだけの情報では、わかりません。

Q業務遂行能力低下だけで役員を解任できますか

業務遂行能力の低下だけを理由に、株主は役員を解任することはできるのでしょうか?
また、一時的に一般社員に降格させ、改善がみられれば役員に復活させるなどということは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

 株式会社と取締役等の役員の関係は,委任の規定に従います(会社法330条)。
 委任契約は,いつでも解除できます(民法651条)し,選任も株主総会の権限ですから,必要な手続きを経れば,ご質問のようなことは可能です。

 株主は,自分の出資した会社の運営をできると思うから取締役等に任せているわけですから,その取締役の業務遂行能力が低いと判断したら,経営から外すのは当然のこととも言えます。

Qパトカーに追尾計測された際の速度超過に対する証拠能力ってどれくらいあるの??

おはようございます。
速度超過をしていて、後ろからパトカーに追尾され、計測され、停止命令があり、切符を切られ・・。
みなさんご存じだとは思いますが、一連の流れで取り締まりを受けることあったりなかったり。
先日私もソレを受けまして^^
そのときは急いでいたことを説明し、今後気をつける旨話したら(本当のことなので)取り締まりはせずに注意だけで済みました。
その時フと思ったのですが、私の真後ろ(すぐ後ろ)に来て追尾されておらず、間に車が一台あって、その時にパトライトが付いて・・って感じでした。
「真後ろならともかく、間に車が入っているって事は、少なくともその車は私の車と同じ速度かそれ以上で走っていた事になるのでは?ソレでなんで私だけ停止命令されたんだろう?って思いました。
また、停止してから計測値を見せられたのですが、コレって間違ってないの?どのように(例えばレーダーとか)計測しているんだろう?とふと思いました。
そこで、
1.実際、追尾してきている場合、どのような方法で計測しているのでしょうか?

2.計測するのに最低限必要な時間、方法など決まって(警察の内規などで)いるのでしょうか?

3.高速道路などでは39kmオーバーと41kmオーバーでは反則金、罰金と大きく差が出てしまうと思うのですが、計測値をドライバーが認めなかった場合(俺は38kmオーバーまでしか出していない、41kmオーバーは間違っている等)の証拠能力ってどの程度認められるのでしょうか?

私としては、計測値に若干の誤差があるので、ソレをドライバーに見せて「間違いない」って認めさせるから証拠能力として成り立っていると思ったものですから・・。認めなかったらどうなるのかなぁなんて、フと思いましたので・・。
乱文で分かりにくいかとは思いますが、どなたかお教え下さい。よろしくお願い致します。

おはようございます。
速度超過をしていて、後ろからパトカーに追尾され、計測され、停止命令があり、切符を切られ・・。
みなさんご存じだとは思いますが、一連の流れで取り締まりを受けることあったりなかったり。
先日私もソレを受けまして^^
そのときは急いでいたことを説明し、今後気をつける旨話したら(本当のことなので)取り締まりはせずに注意だけで済みました。
その時フと思ったのですが、私の真後ろ(すぐ後ろ)に来て追尾されておらず、間に車が一台あって、その時にパトライトが付いて・・っ...続きを読む

Aベストアンサー

>赤色灯を回しながら速度計測しているパトカーなんて見たこと無いけれど・・・。

ちなみにそのあたりは、もし裁判で争うとなれば、
目撃者証言も添えた捜査報告書が証拠として提出されます。

また、質問3の計測値については、それこそ過去山のように争われた事例がありまして、
(質問者さんと同じことを考えた人は過去に数多いますし、そのうちの相当例は裁判で争っています)
裁判となったときの証拠の出し方はかなり確立しています。
・資格のある者によって計測されたことの記録
・計測器の点検校正記録
・始業前点検記録
…くらいは基本中の基本でして…。

その上で

>3.高速道路などでは39kmオーバーと41kmオーバーでは反則金、罰金と大きく差が出てしまうと思うのですが、計測値をドライバーが認めなかった場合(俺は38kmオーバーまでしか出していない、41kmオーバーは間違っている等)の証拠能力ってどの程度認められるのでしょうか?

の質問ですが
「以上の証拠をもってしても、なお証言がもっともと思える」
のであれば、検察官の犯罪立証が不十分だとの心証を与えることができるでしょう。

「裁判官は警察の言うことのほうを信じるのさ」ってのはよく聞く都市伝説ですが、
私の実感では、裁判官はむしろ警察官の言うことはあまり信用していないです。
(被告人と争いがある場合は特にそう)

このようなケースで検察官の言い分が通るのは、
単純に検察官側から出る証拠のほうがしっかりしているから、って話だと思います。

>赤色灯を回しながら速度計測しているパトカーなんて見たこと無いけれど・・・。

ちなみにそのあたりは、もし裁判で争うとなれば、
目撃者証言も添えた捜査報告書が証拠として提出されます。

また、質問3の計測値については、それこそ過去山のように争われた事例がありまして、
(質問者さんと同じことを考えた人は過去に数多いますし、そのうちの相当例は裁判で争っています)
裁判となったときの証拠の出し方はかなり確立しています。
・資格のある者によって計測されたことの記録
・計測器の点検校...続きを読む

Q交通事故に対する相手の支払い能力について

初めての質問ですがよろしくお願いします。
先日、友人が車で赤信号停止中、後方からバイクが衝突してきました。バイクの運転手はよそ見をしていたそうで、時速30Kmぐらいで突っ込んだそうです。幸い、2人共怪我は無く、警察にも物損事故で届けました。しかし、こちらの車は損傷が激しく、ディーラで見積もりを出してもらうと60万ぐらいの修理代がかかり、6年前の車ということで、下取り価格と同等かそれ以上の修理代ということで廃車扱いと言われたそうです。
しかし、相手の方は自動二輪の任意保険に入っておらず、年齢も若いため、支払能力が無く、修理代に困っています。このような場合どのようにすればよろしいのでしょうか?よろしくお願いします。 

Aベストアンサー

>こんな方法があるのではと思うのは。
全損の金額分をディーラーに払ってもらうようにする。
バイクの運転手にローンで自動車を購入してもらって その車を現物で賠償してもらう方法などはどうでしょうか。修理代もローンをバイクの運転手の名前で契約をしてもらうことも ひとつの方法かと思いますが。

民事における賠償責任は法的な賠償額、簡単には
車の時価を限度とした賠償のみ認められます。
また割賦での物品の購入の場合
その所有権は割賦契約を結んだ信販会社にあり
支払いが終わるまでこのようなことは出来ません。
>年齢も若いため、支払能力が無く、
とあるので 割賦契約の締結は難しいのではないでしょうか?

6年前の車とありますので
車種、条件によってかなり開きがありますが
50万円程度を下回るのものになるのではないかと
思います。(レッドブックを見ていないので勘ですが)

賠償に関しては親を巻き込んだ話とし
分割返済も視野に入れ
公正証書の作成を強くお勧めします。
親を巻き込むとは 連帯保証人とするのです。
このほうが現実的な方法ではないでしょうか?

>こんな方法があるのではと思うのは。
全損の金額分をディーラーに払ってもらうようにする。
バイクの運転手にローンで自動車を購入してもらって その車を現物で賠償してもらう方法などはどうでしょうか。修理代もローンをバイクの運転手の名前で契約をしてもらうことも ひとつの方法かと思いますが。

民事における賠償責任は法的な賠償額、簡単には
車の時価を限度とした賠償のみ認められます。
また割賦での物品の購入の場合
その所有権は割賦契約を結んだ信販会社にあり
支払いが終わるまでこの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報