外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

宿題で本の要約を800字程度でしなければいけないのですが、要約というのは本の中の言葉を写してまとめたらいいのでしょうか?それとも感想文のように自分の言葉でまとめたらいいのでしょうか?教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

例えばタイタニックという映画があります。


たぶん有名だから観ましたよね。

タイタニックの映画を簡潔に要約します。

「タイタニックという船があった。
氷山にぶつかって沈んだ。」

30字以内にまとめました。

もう少し詳しく要約してください。
例えば800字で。


これと同じく、
800字程度で、本を読んだことないひとのために
話をまとめてみてください。
写してもなにをやっても結構です。
相手が適切に内容を理解できれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても助かりました!
ありがとうございます!

お礼日時:2011/03/04 11:34

本の中の言葉を使って要約するのは限界があるはずです。



たとえば、要約では「人物Aと人物Bが出会う」と書けば済むところを、
本の中では「出会う」という言葉が使われていない可能性もあります。

決まった文字数でまとめるには、
自分の言葉で書かざるを得ないでしょう。

しかし、自分の感想や解釈を入れないように注意してください。
ただ淡々と、書いてあることを短くまとめるようにするといいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすくありがとうございます!

お礼日時:2011/03/04 11:35

本の内容を表現できていれば、本の言葉を使っても自分の言葉でも、まとめやすいほうでかまわないと思います。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすくありがとうございます!

お礼日時:2011/03/04 11:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本の要約について

大学の課題で本の要約が出されました。
本文200ページほどに対し字数800文字ほどというものなのですが、
とても800字で収まりそうにありません。
本文の流れ(順序)を無視して、要点だけザクザクまとめていいものなのでしょうか…。

Aベストアンサー

>要点だけザクザクまとめていいものなのでしょうか…。
この課題って、そういう力をつけるためのものだと思いますよ。
流れを追ってダラダラ書いたものだったら、本読んだほうが早いわ!ってなりますから。

要約って“要点を簡潔に”ってことなので、まずはその本の著者の“要するに私はコレが言いたい!”っていう核の部分を見つけます。
その核の部分に繋がる文章をあっちこっち探してきて、あとは自分なりにまとめる、というのが王道ですね。

まずはその本の核の部分を探し、それについて他の部分を引用しつつ、とりあえず書きたいことを全部書いてみて下さい。
で、何度も何度も読み返し、核と照らし合わせて削れる部分はとことん削ってダイエットさせます。
削れるかどうかの判断は、その文が無くても結論に影響が無いか、矛盾しないか、意味が通じるか、が基準です。

こんなサイトがありましたので載せておきます。
上に書いた、私が要約するときにいつも注意しているポイントも書いてありました(「段落の中心文を見つける」)ので、ご参考に。
http://web.ydu.edu.tw/~uchiyama/1h93fy/yoyak.html

学生さんのBook Reportについて書かれたブログ
http://wisteria-echuca.cocolog-nifty.com/satchyweb/2006/06/__9966.html

>要点だけザクザクまとめていいものなのでしょうか…。
この課題って、そういう力をつけるためのものだと思いますよ。
流れを追ってダラダラ書いたものだったら、本読んだほうが早いわ!ってなりますから。

要約って“要点を簡潔に”ってことなので、まずはその本の著者の“要するに私はコレが言いたい!”っていう核の部分を見つけます。
その核の部分に繋がる文章をあっちこっち探してきて、あとは自分なりにまとめる、というのが王道ですね。

まずはその本の核の部分を探し、それについて他の部分を引用しつつ、...続きを読む

Q読書リポートの要約の仕方を教えて下さい!

課題読書リポートが出ています。
要約の仕方がわかりません...

『課題読書の内容を要約したうえで、特に印象に残った点に触れながら、あなた自身の考えなどを1,200~1,600字程度で論になさい。』となっています。

私は文を書くのがとても苦手です。
その上、課題読書が『国際協力』についての本です。
ある程度本は読みました。この本を読む前まで国際協力についての知識はゼロでした。
やらりゼロからのスタートなのであまり頭に入ってきません...

文の構成や要約の仕方、書き出しはどうしたら良いのかを具体的にアドバイスを貰いたいです。

よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

ずるい話ですが、本には「まえがき」や「あとがき」があって、そこに著者の「こういうことが書きたかった」とか「これが最終的な結論だ」みたいな「本音」が書いてあることが多いのです。そこから「著者の主張・言いたいこと・結論」を把握して、それを言うために本の中で何をしているのか、を「目次」から整理しましょう。

 それを骨格にして、分量に応じて「具体例」を挙げるとか、著者の文章を引用するとかして、肉付け、臨場感(リアリティ)を付加すればよいと思います。

 書き出しは、たとえば「この本で著者が最も言いたかったことは、~」「この本で主張されていることは、~」「この本は~を論じたもので、その中で著者は・・・の立場から主張を展開している」などなど、その後にあなたが「自分の考え」を書く上で都合のよいよいに書けばよいのです。

 ただし、「要約」は、あくまで「自分の考え」を書く上での「前振り」に過ぎないことをお忘れなく。レポートの中心は「自分の考え」の部分ですから。
 「この本を読む前まで国際協力についての知識はゼロでした。やはりゼロからのスタートなのであまり頭に入ってきません...」というのも、ひとつの「自分の考え」ですよ。自分を「平均的な日本人」(あるいはある世代の代表)とみなして。

ずるい話ですが、本には「まえがき」や「あとがき」があって、そこに著者の「こういうことが書きたかった」とか「これが最終的な結論だ」みたいな「本音」が書いてあることが多いのです。そこから「著者の主張・言いたいこと・結論」を把握して、それを言うために本の中で何をしているのか、を「目次」から整理しましょう。

 それを骨格にして、分量に応じて「具体例」を挙げるとか、著者の文章を引用するとかして、肉付け、臨場感(リアリティ)を付加すればよいと思います。

 書き出しは、たとえば「この本...続きを読む

Q論文等の本の要約の仕方を教えてください

最近良く本の一章節を与えられ要約してパワーポインタにまとめることをさせられるのですが、どの部分も大事に思えてしまい中々要約という感じに仕上がりません。もし上手に要約するコツなどあるのでしたらおしえてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

ごきげんよう。

要約が上手くできないとのことですが、日本語でも他の言語でも、その文章を読む場合に情報の論理構造がいまいち把握できていないからだと考えられます。
(文章が理解できているかどうかとは、ちょっと別の話だと思いますね)

要約をする上でどこを切ったらよいか?
つまり、情報が不必要な部分はどこかを判断するにはどうしたらよいか?
とりあえず思い出した2点について説明します。長文ですみません。


■文章の論理構造
要約をするうえで不必要な情報というのは、同じ内容を繰り返している部分になります。
この部分は、筆者が前の文章をわかりやすく説明し直したり、
例を挙げて説明を増やしている部分だからです。
ここの部分の内容を過不足なく一文でわかりやすくまとめられればOKとなります。

どの文が、どの部分が同じ内容を繰り返しているのかを判断するには、
特定の接続詞や、特定の表現を見つけ出すことです。

たとえば、「例」の部分や「言い換え」の部分です。

 「近年、地球規模で環境破壊が急速に進んでいる。たとえばブラジルでは…、日本では…」

という文章の場合、「たとえば」という言葉の後は、ブラジルや日本の環境破壊の例が詳しく数行にわたって説明されているでしょう。しかし、それは「地球規模での環境破壊の進行」という内容の具体例を説明し直しているだけで、その全内容は「地球規模での環境破壊の進行」という文でまとめられることが多いのです。

要約資料にまとめる場合、
  地球規模での環境破壊の進行
   例) ブラジルの○○○
     日本の△△
という感じでシンプルにまとめられます。詳細は質問されたら口頭で説明ですかね。

また、「すなわち」「つまり」「言い換えると」などの言い換えの表現の前後も、不必要な情報が近くに存在する部分です。

 「~~Aである。これは言い換えると、~~~Bということになる。」

という文章で、Aという内容とBという内容は同じであって、どちらかがちょっとわかりにくい抽象的あるいはまとめ的な表現、どちらかがわかりやすい表現になっている場合が多いです。そういう場合、一方を捨てて、よりわかりやすかったり、より簡潔にまとまっている表現を要約に採用するのです。


これは文章間の関係の話だけではなくて、一文内での余分な情報を減らすことにも使えます。
少し上の文章
  「すなわち」「つまり」「言い換えると」などの言い換えの表現
を例に使いますと、
「すなわち」「つまり」「言い換えると」 = 言い換えの表現
なので、
 『「すなわち」「つまり」「言い換えると」などの』の部分は不必要でしょう。

これは別に日本語だけに留まりません。英語でも同じです。
 
I like fruits such as apples, oranges, bananas, and mangos.
  → 極端な話、I like fruits. でまとめちゃってもよい
Whether Aの場合 or Bの場合, 日本にとって外交交渉は重要である。
  → AやBがなんであろうが、言いたいことは「日本にとって外交交渉は重要である」なので
   前半のwhether節は要約には不必要な場合が多い
 not only A but also B 「AだけでなくBも」
  → Aについては筆者も読み手もすでにわかっている、メインで言いたいのはBのほう

などのように、特定の表現があると情報の判断がしやすいかな、と思います。


以上の例は、不必要な部分を捨てていけば要約が完成するという、一番簡単な場合を話してみました。もうちょっと高度な作業になると、「例」や「言い換え」の部分の内容を、自分でわかりやすく一文にまとめ直したりしなければいけなかったりします。


■情報の新規性
情報が必要/不必要な部分はどこかを判断するもうひとつのポイントは、その情報が新規なものかどうかです。例として以下のような文を。

 「○○の中に含まれている××というビタミンが~~に効果があることは、これまでにTVなどで数多く取り上げられてきた。しかし最近、ビタミン××は~~だけでなく、△△にも効果があるという報告が寄せられてきている」

この文章の中で、「××というビタミンが~~に効果がある」という内容は、すでに筆者も読み手もわかっている内容なので、この部分を要約に取り上げてもあまり意味がないわけです。
筆者が知らせたくてこのレポート文を書き、読み手も知りたい新しい内容というのは、「ビタミン××は△△にも効果がある」ことです。なので、質問者さんが要約に取り上げて報告すべき内容は、「ビタミン××は△△にも効果がある」だけでよいわけです。



以上、要約をする上で重要だと思われる2点を説明してみましたが、どのような文章を要約するか、また元の文章量がどれくらいのものをどのくらいの分量に要約するかで、情報の取捨選択が変わってきたりします。そこを臨機応変にできるようにするには、ある程度、要約の数をこなすことも重要でしょう。

他にもコツやポイントがあると思われますが、この回答ではこれくらいで。
追加や訂正があったらまた来ます。

ごきげんよう。

要約が上手くできないとのことですが、日本語でも他の言語でも、その文章を読む場合に情報の論理構造がいまいち把握できていないからだと考えられます。
(文章が理解できているかどうかとは、ちょっと別の話だと思いますね)

要約をする上でどこを切ったらよいか?
つまり、情報が不必要な部分はどこかを判断するにはどうしたらよいか?
とりあえず思い出した2点について説明します。長文ですみません。


■文章の論理構造
要約をするうえで不必要な情報というのは、同じ内容を繰り...続きを読む

Q本の要約 引用の仕方

本の要約の課題をやっています。

本文から引用する際は、その都度、どこから引用したかを書くようにという指示が出ています。(つまり、要約の最後にまとめて書くのではなく、ということです。)

そこで、そもそも引用とはどこまでのことを言うのか疑問に思ったので質問しています。

要約をするということで、大筋ではその本と要約文は同じ内容になるわけで、同じ事を言いたい部分が出てきてしまうのは当然のことだと思うのですが、本質的には引用をしていなくても、同じ文になってしまったらそれは引用として扱う必要があるんでしょうか?
ただそうであるとすれば、元の文と少しでも違っていれば引用としなくて良いということになってしまいます。それはなんか、ちょっと変えればコピペOKっていうのと同じ気がして納得いきません。

自分は理系なので、ここらへんのことがよくわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

名詞(氏名、場所、日時、行為名、制度名、行事名など)は、要約でも同じのを使うしかなく、それは引用にはあたらないです。また それらに修飾句をつけたり、動詞句などをつけた文節というものも引用にあたらないことがほとんどです。
要約の対象が小説などで、ある人物の語りの一部をキーワードとして引用する場合はその部分が名詞句、感嘆詞、短い文章でも、引用であることを示すものだと思います。
現代文の要約を進める中で、「すばらしい交渉をしたもののその働きが上司には認められず、外交官事務に追われる日々に戻っていった」のような要約をしたら、原文にもそうした文があったというような場合には、必ずしも引用にはしなくてイイと思います。
原文の重要部分にアンダーラインを引いて、そのマークした部分をコピペしたものでは要約にはならないと思います。「怒りまくった」を「激怒した」と表現を変えて書き直すことを繰り返して「要約です」と提出しても、それは要約としては認められないでしょう。
要約ですから、原文の細部、詳細、別ごと、脇話を思い切りカットし、文学的な表現を簡易で単純な言葉に代え、全体のボリュームを相当に圧縮し、かつ原文の大きな流れを抑え、テーマが分かる文章に構成し直す必要があると思います。 その要約の中で、原文からキーとなる単語、フレーズ、言い回し、落としてはならない「表現の工夫がとくに重要になっている部分」を持ってきたときには、そこを引用であると明示する必要があるのです。
著作権の保護のためではなく、原文の作品の良き理解が出来るようにと、要約の読者のために積極的に示すのが、《引用部文の明示》の目的だと考えてはいかがでしょうか。
理系でいえば、公式とか法則とかで示す《式》を目立つように書いて、………(の公式)と分かるようにしておくことと考えて良いのじゃないかなと思います。

名詞(氏名、場所、日時、行為名、制度名、行事名など)は、要約でも同じのを使うしかなく、それは引用にはあたらないです。また それらに修飾句をつけたり、動詞句などをつけた文節というものも引用にあたらないことがほとんどです。
要約の対象が小説などで、ある人物の語りの一部をキーワードとして引用する場合はその部分が名詞句、感嘆詞、短い文章でも、引用であることを示すものだと思います。
現代文の要約を進める中で、「すばらしい交渉をしたもののその働きが上司には認められず、外交官事務に追われる...続きを読む

Qレポート、本の要約って??

こんばんは、大学1年のものです。

16日提出の日本国憲法の期末レポートで、「本を読んで要約しなさい」という課題が出されました。
しかし、要約の課題は初めてで何を書けばいいのか分かりません。
本をただ要約するのみなのでしょうか?それとも要約しつつ、自分の意見を書くものなのでしょうか?

回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「要約しなさい」という事なので、
純粋に本を要約すればよいのではないでしょうか。
日本国憲法のレポートであれば、尚の事。
教授は、生徒が正しく理解できているかを
知りたいのだと思います。

心配であれば、教授や周りの学生に聞いてみてはいかがですか。

Q本の要約の際の一人称は「わたし」?「筆者」?

タイトルがわかりづらくてすみません。

本を要約する課題がでて絶賛取り組み中でございます。

たとえば、
「私がこの本を書くことになったきっかけは…」
という部分があり、この部分は要約に含めたいなと思った場合、

「私は…という理由からこの本を書くことにした」
と書くのか、
「筆者は…という理由からこの本を書くことにした」
と書くのかどっちなのでしょうか。

要約なので、自分の感情や感想などを入れないということはなんとなくわかるのですが、要約を書く立場は著者ではなく、自分でいいのですよね?

Aベストアンサー

・質問者(domybestatall)は課題の中の疑問を解決するため、教えて!gooで投稿した。

・私は課題の中の疑問を解決するため、教えて!gooで投稿した。


以上もある意味要約ですが、
私としてしまうとdomybestatallさんが投稿したのかよく分かりません。

それと同じく、

>「筆者は…という理由からこの本を書くことにした」

のほうが正しいのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング