事情があり、死亡した義父の銀行や証券の口座を調べています。当方からは遠い都会暮らしで近隣に様々な銀行があり、また社会的な地位が高かった人なので遠方にも付き合いのある銀行も多かったことと思います。証券会社も一社は把握していますが他社とも取引していたかどうかは分かりません。このような口座を逐一調べるにはどのような手順を踏めばよいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

法定相続人または法的に法定相続人の代理人として証明できる人であれば、遺産を調査する権利はあります。

あくまでも、遺産分割協議や調停の審判が整わない間は、相続人すべての共有財産と考えられるでしょうからね。

ただし、金融機関同士でのデータの共有などをしていませんので、一括で探すことは出来ないと思います。まったくわからないのであれば、すべての金融機関に出向く必要があるかもしれません。書類の郵送などで対応してもらえれば一番良いですが、個人情報保護がありますから難しいでしょうね。

相続関連の業務を専門にしているような、弁護士・司法書士・行政書士であれば、委任状などにより書く金融機関への調査をしてくれるかもしれませんね。ただ、件数がものすごく多いですので、莫大な費用がかかるかもしれません。

私の聞いた話では、亡くなられた方の遺品などから推測する方法もあると聞きます。付き合いがあれば、カレンダーやタオル、あとはティッシュなどを貰っていることも多いでしょう。あとは文具なども可能性がありますね。もちろん家捜しで発見される通帳なども重要ですね。

私の祖父は、子どもたちにお金について一切話をしない人でした。通帳が残っており最後に世話をした身内が預っていました。しかし、相続人である私の親はその身内を信用していませんでしたし、通帳ではなく証書となっている口座などもある可能性も考え、祖父の生活圏内のすべての金融機関に調査することを考えました。私は直接の相続人ではありませんが、相続人からの委任状により金融機関の窓口で確認しましたね。そしたら、通帳以外の証書による口座、通帳紛失の口座なども見つけることが出来ましたね。
そのうえで、残高証明や取引履歴を発行してもらうことで、生命保険加入などが見つかる可能性もありますからね。

多くの人が出来るだけの調査を行い、わかっている範囲での遺産分割協議を行うのが通常でしょう。協議書の末尾に『その他の遺産が発見されたときは○○が相続するものとする』などと記載することも多いです。もちろん、再度協議をするでも問題はないことでしょう。
金融機関も長期間の取引が無い口座となれば、何かしらの連絡があるかもしれません。定期などであれば、満期案内なども来ることでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご自身の体験を交えた貴重なお話有難うございました。とりあえず居住地近辺の金融機関を全て当ってみます。

お礼日時:2011/02/09 18:32

残念ながら、



・法定相続人もしくは認められる法定相続人の代理人が
・取引の可能性が考えられる全ての先に対して
・1社・1行ずつに「残高照会」や「取引履歴照会」を行う

しか手段はないと思います。

金融機関でしたら、その金融機関の本・支店におけるすべての取引について、「名寄せ」をすることはできますが、他金融機関のことまでは把握できません。
公的な組織が、個人について「名寄せ」をしているということもありません。

債務名義や保証名義でしたら、『個人信用情報機関』に、法定相続人の「資格」をもって、「被相続人」の「本人情報の開示」をすることが可能になると思うのですが。
(こちらに、ある程度、返済・支払口座についての情報も掲載されてきますし。)
    • good
    • 1

法定相続人しか調査できません。



質問者は法定相続人でないと思われます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。その法定相続人である夫が調べるにはどうしたらよいのかという質問の趣旨だったのですが。

お礼日時:2011/02/09 12:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亡くなった人の銀行口座や証券などについて

友達のお父様が年明けすぐ亡くなりました。そこで友達から相談された事があるのですが、私も全くわからない為こちらで質問させて頂く事にしました。

お父様の銀行口座、証券などを亡くなる前に全て解約しておこう
と思っていたらその手続きをする前に亡くなってしまったそうです。

そこで困ってしまったのが、亡くなった後というのはそういうのは全て『遺産』という方に変わってしまうので、お金が下ろせなくなったり、証券なども解約出来なくなる・・・というのを聞いたそうです。それを聞いたのは別に専門の方から聞いた訳ではないようですが、本当にそのように『遺産』という形になってしまって下ろせなくなってしまうのでしょうか?ちなみにまだ死亡届は役所に提出していないそうです。

どなたかこの事に関して詳しい方、是非何でも結構ですので至急教えてください!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

○1番の回答のように銀行等に知らせずに処理は可能ですが、相続人間でトラブルが発生するリスクが高いです。そうした事例は山ほどありますが、引き出した方がそのリスクをすべてかぶることになります。したがって、可能ですがお勧めしません。

基本は次の通りです。
○死亡された方の資産・借金などはすべて相続対象となります。誰が何を相続するかを遺産分割協議で決めるまでは、相続人の共有となります。
○従って、例えばA銀行がそのうちの1人に払い出しをした場合、A銀行は他の相続人から払い出しの無効を訴えられるとその賠償責任が生じます。
○そのため、死亡が判明した時点で相続対象出金停止をインプットします。
○ただし、「葬儀費用」の範囲内で喪主の方を相続人代表として、戸籍謄本・印鑑証明・相続対象ではあるが葬儀費用のための払い出しである旨の念書などの提出を受け、払い出しに応じるケースもあります。
○但し書きの取り扱いは金融機関等により必要書類が異なるので、口座開設の金融機関支店に問い合わせされることをお勧めします。

Q強制執行のための銀行口座の調べ方

知人に会社の運転資金を貸しました。半年後に返金という約束はやぶられ、少額訴訟に。知人は「払います」と裁判所でいったにもかかわらず、期日を過ぎても返金はありません。

そこで、銀行口座差し押さえの強制執行をしようと思いましたら、税金の未払いがあるらしく私が知っている知人の会社の金融機関、A銀行の口座は国に差し押さえられている模様。

しかし、知人はいくつかの会社に分けて同じ商品を販売しており、HPでは商品代金の払込先をB銀行にしております。残念ながら支店、口座番号はHPに記載はしておりませんでしたが、探偵、弁護士に依頼する以外に、情報を請求する方法はないでしょうか?
実際買い物すれば「振込先」ということでくるのでしょうけど、他にないでしょうか?

この知人、過去にも代金未払いで取引先に訴えられ、数年がかりで返金したようです。
私には「前科」に思えるのですが、この手の人は恥ずかしいと思わないのでしょうか?

またA銀行は国から差し押さえられている事実をどうとらえているのでしょう?
小さな会社ですから関係ないでしょうか?

Aベストアンサー

法律のカテなのに、きなくさい回答がありますねぇ。

まず警察は民事不介入なので、まったくもって関与しません。
それから、偽証罪は宣誓をした証人等が問われる罪で、原告・被告には偽証罪は関係ありません。

さて、商売をしているなら、商品在庫を差押える、大口顧客の売掛金を差押えるほうが有力かと思います。
口座は残金がなければ空振りですし、少額しか入ってなければ、何回も手続きしなければなりません。

事務所の机やパソコン、電話なども差し押さえてしまえば、商売できなくなるので、払ってくれるかと。

Q他人が私のゴミをあさり、銀行の明細書から私の口座を手に入れ、その口座を

他人が私のゴミをあさり、銀行の明細書から私の口座を手に入れ、その口座を使って恐喝事件を起こし逮捕されました。
その後、早朝に警察が来て私の家を家宅捜索し私物押収し取り調べも受け犯人の仲間扱いされ、何の説明もなく写真も撮られました。
結局、疑いは晴れ、むしろ私は被害者だったと警察も理解したのですが、これは妥当な捜査方法ですか?何もしてないのに納得出来ません。
犯人は全く知らない人で、最初から私のことを仲間だとは一切言ってなかったそうです。
悔しくて電話で事件や捜査方法の説明を求めたら、ものすごい面倒くさそうに人をバカにしたような態度をとられ不快な思いをしました。
この刑事の態度への苦情を公安か監察に言うのはオカシイですか?
苦情を出した場合、どのような流れになりますか?
捜査方法に納得いかない場合はどうしたらいいですか?

Aベストアンサー

お気持ちは察します。

しかし、こればかりはどうしようもないといわざるを得ません。

その犯人がゴミから質問者さんの口座番号を知り、その口座に入金しろ、とか言って恐喝を行った、ということなのでしょうか。(しかしその場合、犯人が実際には触れられない口座に入金させても意味はないでしょうから、質問者さんの口座からお金を引き出す何らかの手段を犯人は持っているということなのでしょうかね。そうであるなら、質問者さんの銀行口座はかなり危険な状態ですね。)

警察は銀行に照会を行って口座名義人の情報を知ることができますので(これは適切な捜査です)、そこから口座名義人である質問者さんが共犯である可能性が高いと見て(上述の通り、ふつうは関係ない人の口座に入金させても仕方ないですからね)、捜索・差押の令状を取ったのでしょう。令状は裁判所が出します。

家宅捜索は強制捜査ですから、物の押収もできますし。早朝に来たのは、その時間帯なら質問者さんがまだ出社はしていない可能性が高いからです。

その後の取調べは、逮捕等はまだできないでしょうから、一応任意の取調べということになります。そこで疑いが晴れたということですね。


警察は犯人を捕まえるのに必死ですから、疑いがあれば捜査をします。それが仕事です。犯人は質問者さんのことを仲間だとは言っていなかったとのことですが、素直に共犯者のことをばらす犯人の方が珍しいです。「知らない人の口座っぽいから、まあ捜査しなくていいか。」と警察が思ってもし事件の黒幕を逃すようなことがおきたら、それこそ批判の嵐でしょう。

ということで、捜査方法として問題のある点はみあたりません。

とはいえ、その後の対応としてはもう少し丁寧にしてもいいだろうとは思いますね。

例えば以前、誘拐事件で、警察が、人質が監禁されている部屋だと思って、実は間違った部屋に突入してしまった、という事件がありました。報道によれば、こんな感じだったらしいです(以下引用)

====
『警視庁は当初、[被害者]さんが監禁されていたマンションを、隣の3階建てマンションと間違え、捜査員が同じ「305号室」に誤って突入していた。

 同室に住む無職の男性(63)によると、部屋で絵を描いていたところ、施錠したはずのドアから私服姿の7、8人の男らがいきなり室内に踏み込んできた。焦った様子で「女はどこだ」と声をあげて入ってきたので「なんですか」と答えると、押し入れを開けたりして2分ほど室内を“物色”。「ここじゃない」と言った後、「あまり言えないけど人命にかかわることだった。申し訳ない」と謝って部屋から立ち去ったという。
====

この警察の行動を責めることはできないと思います。誘拐事件で確かに人命がかかわっていますから。

その事件のときは、

====
しばらくしてから捜査員の上司も謝りにきた
====

らしいです。

間違って疑ったのはしょうがないとはいえ、実際には被害者なのだから謝ってくれてもいいですよね。ですから、質問者さんも、捜査方法に文句を言ってもおそらくあまり相手にしてもらえないと思いますが、間違いだったことは認めて欲しいという気持ちを伝えてはどうでしょうか。

お気持ちは察します。

しかし、こればかりはどうしようもないといわざるを得ません。

その犯人がゴミから質問者さんの口座番号を知り、その口座に入金しろ、とか言って恐喝を行った、ということなのでしょうか。(しかしその場合、犯人が実際には触れられない口座に入金させても意味はないでしょうから、質問者さんの口座からお金を引き出す何らかの手段を犯人は持っているということなのでしょうかね。そうであるなら、質問者さんの銀行口座はかなり危険な状態ですね。)

警察は銀行に照会を行って口座...続きを読む

Q社会的地位を利用した犯罪者がその地位を失ったあとに執行されるに対する執行猶予付き判決に意味があるのか

社会的地位を利用した犯罪者がその地位を失ったあとに執行されるに、執行猶予付き判決に意味があるのか。該当の職を罷免させられた後に、同じ地位で同様の犯罪(例えば、贈収賄)を犯すことはないのだから、必ず刑は執行されないことに、なるのではないだろうか?それとも同様の犯罪ではなくても、同等の判決が予想される犯罪をおかしたら、執行猶予は解除されるのだろうか?

Aベストアンサー

執行猶予期間中は、交通事故で刑事事件になった場合にも、
取消しとなります。

参考まで。

http://homepage1.nifty.com/lawsection/tisikibako/sikkouyuuyo.htm

Q海外の銀行口座で税金対策している場合、日本の銀行で新札交換するのは絶対

海外の銀行口座で税金対策している場合、日本の銀行で新札交換するのは絶対に無理でしょうか?!

Aベストアンサー

海外でも労金でも、他の口座と関係なく、
銀行の窓口に
両替伝票と手持ちの札出してピン札でと言えば、
交換してくれます\(^^;)
たくさん頼む時は、両替料とられるけど

zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報