『2億年後の地球』を巨大イカが闊歩する前に、1億年後にイトカワと地球とが衝突するの?

A 回答 (5件)

生物学と天文学との研究の進捗の統括は難しいですね。

    • good
    • 0

http://plaza.rakuten.co.jp/suisui6103/diary/2007 …

どうも巨大隕石との再衝突が又もや地球へ『あの』氷河期を導き、其の後に上記のサイトでも紹介されている展開が導かれる様ですね。
    • good
    • 0

100万年以内に衝突する確率が100%らしいですよ。


http://ameblo.jp/almond51/entry-10260145941.html
    • good
    • 0

巨大いかが闊歩するには、相当の進化をしなければならないでしょうね少なくとも足に太い骨が出来なければ闊歩は無理でしょう2億年程度では無理でしょう


それならまだイトカワの方が確立としては私も高いと思います
ただ、確率はテンナイン以下だと思いますが
    • good
    • 0

両方ともが科学的な研究の結果による情報なのですが、『イトカワと地球との衝突』の方が遥かに起き易い筈です。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球深部探査船「ちきゅう」のマントル層到達

 海洋研究開発機構所属の地球深部探査船「ちきゅう」は、海洋底下の上部マントル物質の採取を、重要な目標の一つに掲げて建造されたと記憶しております。
 しかし、建造完成から5年も経過したというのに、私がニュースを見逃したのか、今の処、マントル物質の採取に成功したという話を耳にした事は御座いません。
 果たして、地球深部探査船「ちきゅう」は、2012年8月14日現在までの時点において、上部マントル層までの掘削に成功して、マントル物質のサンプルコアを採取する事が出来ているのでしょうか、それとも未だ、マントル層までには到達していないのでしょうか?
 もし、未だ、マントル層までには到達していない場合には、マントル物質のサンプルコアを採取するのは、いつ頃となる予定なのでしょうか?

【参考URL】
 JAMSTEC 独立行政法人海洋研究開発機構 > 地球深部探査センター(CDEX) > 地球深部探査船「ちきゅう」
  http://www.jamstec.go.jp/chikyu/jp/CHIKYU/index.html

Aベストアンサー

現段階においては、次期統合国際深海掘削計画(IODP)の一環としての予定に留まっているようです。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu5/siryo/__icsFiles/afieldfile/2012/05/08/1320652_03.pdf

Q2億1500万年前、岐阜(の近くに)に、巨大隕石が落下したのですか?

先日、ある新聞に、
<巨大隕石でプランクトン大規模絶滅…岐阜に証拠>
とiう見出しで、次の記事がありました。
 <岐阜県にある2億1500万年前(三畳紀後期)の地層から、海洋のプランクトンが大規模に絶滅していた証拠を発見したと、熊本大学や海洋研究開発機構などの研究チームが発表した。 巨大隕石(いんせき)の衝突が原因とみられる。英科学誌サイエンティフィック・リポーツで報告した。
 この地層は2億1500万年前、海底にあった。研究チームは2013年、この地層で直径3・3~7・8キロ・メートルの巨大隕石が地球に衝突した痕跡を発見しており、この衝突が環境に与えた影響を調査してきた。
 その結果、隕石が衝突した前後で、動物プランクトンである「放散虫」が21種中18種絶滅したことが判明した。食物連鎖を支える植物プランクトンも数万年間減少し、放散虫は数が回復するまで、約30万年かかったことがわかった。>
質問は、この隕石は岐阜(の近くに)に、落下したのですか?

Aベストアンサー

岐阜の近くに落下したわけではないと思います.検索してみましたが,記事には隕石の落下地点までは書かれていないようですね.

地球上のどこかに巨大隕石が落下した場合,その影響は落下地点付近のみならず,全地球へ影響を与えます.
例えば,舞い上がった粉塵によって日光が遮蔽され,気候が急激に寒冷化するなどの影響が考えられます.

放散虫のようなかなり細かい化石は,岐阜近辺にしか生息していなかったとは考えづらく,恐らく地球上の広い範囲に生息していたでしょう.ところが,ある時代の地層まではその放散虫の化石が見られていたのに,その上の地層からその放散虫化石が発見されなくなったということは,放散虫が絶滅するイベントがその間の期間にあったということになります.

記事では「巨大隕石が衝突した証拠」としか書かれていませんが,この証拠にはいくつか種類があります.
最も直接的で分かりやすいのは,その隕石がぶつかったところが深くえぐれているということでしょうか.カナダのユカタン半島沖には,隕石衝突によるクレーターが海底に形成されています.この時の隕石衝突が6500万年前の恐竜絶滅を引き起こした可能性があるそうです.
ですが他にも,隕石衝突の証拠というのはいくつかあります.その1つが全世界的に見られる津波堆積物です.当然,巨大な隕石が海に落ちたら,巨大津波を引き起こすことは容易に想像できると思います.津波は水深が深いところではほとんど減衰しませんので,世界中の同時期の地層で津波堆積物が発見された場合は隕石の衝突による津波を疑うそうです.
また,地球上にはほとんど存在しない元素が,世界中の同時期の地層で高濃度で発見される場合も,衝突した隕石から撒き散らかされたと考えることができるそうです.

この三畳紀末の大量絶滅イベントは,破砕した天体が隕石として降り注ぎ,カナダの「マニクアガン・クレーター」などいくつかのクレーターを作ったそうです(Wikipedia「マニクアガン・クレーター」 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC).
この時の隕石衝突によって,当時の地層はオスミウムという元素を高濃度に含んでおり,隕石衝突説の有力な証拠となっているようです(Wikipedia「大量絶滅」https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8F%E7%B5%B6%E6%BB%85#.E4.B8.89.E7.95.B3.E7.B4.80.E6.9C.AB).

というわけで,岐阜に隕石が落ちたわけではなく,隕石が落ちた時代の地層が岐阜で見つかったという話でしょう.記事によると,アンモナイトなどの海洋生物がこの時代を境に大量に絶滅したと考えられていましたが,説を裏付ける明確な証拠が見つかっていなかったようですね.その証拠を今回発見したという事で,大発見みたいです.

岐阜の近くに落下したわけではないと思います.検索してみましたが,記事には隕石の落下地点までは書かれていないようですね.

地球上のどこかに巨大隕石が落下した場合,その影響は落下地点付近のみならず,全地球へ影響を与えます.
例えば,舞い上がった粉塵によって日光が遮蔽され,気候が急激に寒冷化するなどの影響が考えられます.

放散虫のようなかなり細かい化石は,岐阜近辺にしか生息していなかったとは考えづらく,恐らく地球上の広い範囲に生息していたでしょう.ところが,ある時代の地層まではそ...続きを読む

Q地球と地面はなぜ「ち」と「じ」?

知り合いの外国人に説明を求められています。
「ち」も「し」も濁点を付けた時の読み方(「ぢ」、「じ」)は一緒ですよね。
それで、「地球」は「ちきゅう」と「地」の字を「ち」と書くのに、「地面」は「地」の字を「じ」と書き、「ぢめん」とは書きせんよね。
これがなぜかを説明できる方、いましたらお願いします。

Aベストアンサー

同じ疑問を持った方からの質問をみつけました。

おもしろいですね。

今まで私は気になっていませんでした。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/osiete/s446.htm

Q地球人類の祖先について? 今の地球人類は本当の地球人なのでしょうか?

地球人類の祖先について? 今の地球人類は本当の地球人なのでしょうか?

人類は本当に猿から進化したのか?という意見がありますよね。

今の地球人類の祖先は、別の星から来たとは考えられないでしょうか?

別の星から来て、それまで住んでいた住民(本当の地球人)を海底などに追いやったり殺戮して地球を支配した。
(おそらく、今は本当の地球人は絶滅してしまったかもしくは今の地球人類に同化したか)

つまり、今の地球人類は侵略者の末裔であり本当の地球人ではないということは考えられないでしょうか?

Aベストアンサー

遺伝子DNA(塩基配列)をタンパク質(アミノ酸が並んだもの)に
変換して、生化学反応を行う上で、その「変換(4種類の塩基が3個で
1種のアミノ酸を指定する)」の“対応(遺伝暗号)”の配列は任意
であり、それが地球上の全ての生物で共通(一部少し変異している程度)
であることは、地球の全ての生物が共通の祖先から多様化したことを
意味します。

QラグランジュL2から地球を見ると・・・

はじめまして。私現在仕事の関係で、SFのイラストを描くことになったのですが、その内容が「ラグランジュL2点にある宇宙建造物と、地球をカメラで撮っている」というものだったのですが、
L2が月の裏側にある以上地球をカメラにおさめた場合必ず月も絵に入る、もしくは地球に月がかぶって見えてくるのではないかと思うのですが実際のところどうなるのでしょうか?イラストの発注者がSFに疎く、私もその点考証するほど詳しくありません。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご助力お願いしたいのですが。

Aベストアンサー

ちょうどL2の位置の場合には、月の視直径が3.2度程度、地球の視直径が1.6度程度で隠れてしまうことになります。(月-地球を38.4万kmで計算)
#月-地球間の距離は35万km~40万km程度まで変化します

地球から見る月は0.5度程度ですから、かなり大きな月ですね。

>ラグランジュそのものではなく、その点を中心とする軌道上におくことになります。
本当にL2に基地(住居)を造るとしたら、地球が見えない位置を選ぶはずはないので、上記の仮定で書かれたら良いのではないでしょうか。
#地球が見えない位置の場合は、月を経由しないと通信もできない・・・

ところで、L2って、地球-月のL2だけではなく、太陽-地球のL2も
ありますが、そちらではないですよね。

Q【連動型超巨大地震?】2050年~2100年の

【連動型超巨大地震?】2050年~2100年の

東海地震って単発地震でしょうか?(Q.1)

それとも

連動型超巨大地震でしょうか??(Q.2)

スマトラ沖地震(スマトラ-アンダマン地震)に規模が匹敵するような
連動型超巨大地震でしょうか?(Q.3)

もし連動型超巨大地震になった場合、
単発地震にくらべて津波の高さは幾分高くなるのですか???(Q.4)

Aベストアンサー

Q1
今まで数回の歴史記録によると、東海地震単独で発生したことはないと言われています。
ただし1944年に発生した東南海地震は震源域が静岡まで至っておらず、この場所に蓄積された応力が解放されていないと言われていることから、単独で発生する可能性はあります。

Q2
静岡県から宮崎県の近くまで一気に破壊する巨大地震が発生する可能性はあります。1707年にも起きており、その後2回は連動型でなかったことを考えると、そろそろまた連動型が起きてもおかしくはありません。

Q3
かつて科学雑誌「Newton」で特集されたことがありました。また、著名な地震学者が学会などでも指摘しています。静岡県から沖縄地方まで一気に破壊する地震が起こる可能性はゼロではありません。ただし歴史上、このような地震は観測されていません。

Q4
津波が起こる場所が広いと、発生する津波の面積が増します。すると津波が減衰しにくく、広い地域で高い津波が襲う可能性があります。とくに日本から遠い場所(チリなど)にも、津波がエネルギーを保ったまま押し寄せることが考えられます。お答えとしては「高くなる」です。

Q1
今まで数回の歴史記録によると、東海地震単独で発生したことはないと言われています。
ただし1944年に発生した東南海地震は震源域が静岡まで至っておらず、この場所に蓄積された応力が解放されていないと言われていることから、単独で発生する可能性はあります。

Q2
静岡県から宮崎県の近くまで一気に破壊する巨大地震が発生する可能性はあります。1707年にも起きており、その後2回は連動型でなかったことを考えると、そろそろまた連動型が起きてもおかしくはありません。

Q3
かつて科学雑誌「Newton...続きを読む

Q奇跡の地球物語・・・犬を紹介したDVD

奇跡の地球物語・・・犬を紹介したDVD

テレビ朝日系で4月25日放送の「奇跡の地球物語」は犬を特集した回でした。この番組中に、DVDからの抜粋映像が流れましたが、画面左下にDVDパッケージとタイトル等が映っていましたが、よく観えませんでした。この映像のDVDのタイトル等を教えてください。「・・・~イヌ 角川書店から発売中」というのはなんとか観えましたが、すべて確認できませんでした。DVDパッケージにはハスキー犬のようなイラストがありました。教えてください。

Aベストアンサー

こちらではないでしょうか?↓

The Ultimate Guide イヌ
http://www.kadokawa-cc.com/product_info.php?products_id=81

http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB-Ultimate-Guide-%E3%82%A4%E3%83%8C-DVD/dp/B00007MCID

参考URL:http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=21407/

Q【地球の最後】地球の最後は燃え尽きてもう一度極寒の氷河期迎えて終わるんですよね? 地球はチリが燃えて

【地球の最後】地球の最後は燃え尽きてもう一度極寒の氷河期迎えて終わるんですよね?

地球はチリが燃えて地球が出来て、燃え尽きて氷河期を迎えて終わり。

そして地球は一回氷河期を迎えてるから、これからもう一度氷河期を迎えることはあっても地球温暖化で地球が燃えて燃え死ぬってことはあり得ないのでアメリカの説の方が正しいのでは?

地球はこれから温暖化にならずに寒冷化が進む。

Aベストアンサー

「燃え尽きる」の意味が分かっていますか?
燃え尽きてしまえば何も残らない。
その何もない空間に氷河期なんかあるはずがありませんよ。

Q地球の自転公転について

地球は反時計回りに自転しながら太陽の周りを反時計回りに公転しています。

1.茶色の机の上にこのイラストを置き、普通に見ると軸は左下から右上です。
机の逆側から見ると軸だけ逆転します。

2.それでは、透明な机の上にこのイラストを置き、公転の向きだけ見ると反時計回りです。
机の下に潜り込み上を見ると、”時計回り”になっていますよね。

ここで、よく問題になるのは 1 ですよね。解答に”軸だけ逆”などとかかれていますよね。
しかし、2だと公転も逆です。

ここまでは間違いはありませんよね?(解答お願いします)

そして、 2 のような問題はでるのでしょうか?
2は真上と真下から見たとして考えています。

よって、軸の向きはただの棒です。

解答お願いします。

Aベストアンサー

回転する向きを時計回り、反時計回りというのは、回転するものをみる方向を決めないと言えません。
台風や環状線、独楽などなら、暗黙の了解事項で上から下にある回転の状況を見て云います。
夜空のようなものなら、下から上にある回転の状況を見て云います。
 
軸の傾きでなくても、電信柱などでも同じですが、暗黙の了解事項で水平面に対する傾斜角度を云うのであれば、見る方向は関係ありません。真上から見ても、真下から見ても、水平面状のどの方向から軸を見ても、見え方の傾きとは関係なく、角度を云います。
 
「地球は反時計回りに自転しながら太陽の周りを反時計回りに公転しています」と云うのであれば、それは見る方向を何か前提にしているだけです。

Q日本が太平洋プレートの下に潜り込んで消えてしまうのは、何億年後ですか?何万年後ですか?

日本が太平洋プレートの下に潜り込んで消えてしまうのは、何億年後ですか?何万年後ですか?

Aベストアンサー

えっ!
日本が乗っているプレートはユーラシアプレート、北アメリカプレート、フィリピン海プレートで、フィリピン海プレートと太平洋プレートは
ユーラシアプレートと北アメリカプレートの下に潜り込んでいると理解して居ましたが。
その理解が正しければ日本が太平洋プレートの下に潜り込む事は無く、引きずり込まれるが摩擦が限界に達すれば跳ね返り、
その震動が地震となって日本の地面を揺らし海面を押し上げ津波と為って襲ってくる。
それでも東から引きずり込まれていって居るので陸地が無くなると言う事は有り得る事ですが、太平洋プレートに引き摺り込まれる
だけであって太平洋プレートの下に潜り込む事はありません。
マントル対流が大きく変化すればまた話は違ってきますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報