私の友人(32歳)が、心臓のすぐそばの動脈に5.5cm大の動脈瘤があり、近い将来手術も考えています。本人としては、いつ破裂するのか?と、戦々恐々としているのですが、心臓を何時間も止めての手術に、決心がつかない様子です。

私個人の素人的な思いとしては、若いうちに早くその「爆弾」を取ってしまった方がいいのでは?と思うのですが、手術への恐怖も良く解ります。
そこで教えて頂きたいのは、この手術の

1、成功率は?
2、予後は?(生存率、再発率、後遺症など)
3、周りが気をつけてあげるべきこと

を教えて下さい。勿論、医師の腕、患者の情態によっても変わってくるとは思いますので、一般論的なこと、経験談、なんでもいいので訓えて頂けると幸です。
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 年齢的には先天性のものと思われます。

部位はお話から解釈すると上行大動脈ではないかと思われます。一番心配なのは冠動脈の起始部がどうなってるかということです。少し知りたいのは何故見つかったかということです。何も症状がなかったのに健康診断の胸部レントゲンで異常を指摘されて見つかったのか、息切れなどがあって検査した結果見つかったのかということです。32歳と言う年齢は高齢者では一般的な解離性大動脈瘤は起こりにくいのです。したがって原因は違っていると思いますが冠動脈にかかっているのか、かかっていないのか、また症状があるのかないのかは、手術をする上で重要な事です。予後を(手術の安全性)判断するのに必要なことです。もしもわかりましたらその点もお教えください。
 現在の人工心肺はかなり安全に行われていますから、手術中に関してはほぼ問題ありませんが、単純に考えて人工血管などを使用した場合、送る先が多いほどたくさんの血管吻合が必要になります。当然どれかが詰まったりするとそれなりの合併症を起こします。したがって吻合する血管は少ない方がいいに決まっています。質問ではこうした点がはっきりしません。また質問していただければもう少し具体的に回答できるかもと思っています。

この回答への補足

早々にありがとうございます。また、状況が解りづらくて申し訳ありません。
友人も、あまり詳しく言いたがらないので、(しつこく聞くのも悪いかなあ・・・と思い)少ない情報しかなく・・・。にも係らず親身になってご回答下さり、重ねてありがとうございます。

発見されたいきさつは、会社の健康診断の胸部レントゲンで、2年前に偶然見つかったそうです。自覚症状は全くなく、今もぴんぴんしています。動脈瘤は「真性」で、冠動脈にはかかっていないようです。

でも、お話を聞く限り、一口に動脈瘤といっても、先天的、後天的、種類、部位によって、色々変わってくるのですね。大変分かりやすかったです。
また、色々教えて頂ければ幸です。

補足日時:2001/04/19 09:57
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「胸部大動脈瘤」

さらに「国立循環器病センター」のHPから、
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/cvdinfo.htm
(胸部大動脈瘤)
この中で
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/Sick/sick74.html
(手術を受けられた方へ )

ご参考まで。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもいつもありがとうございます。
参考にさせて頂きます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/24 15:45

本当に一般論ですけど、大動脈瘤は破裂した後の処置では、非常に予後も治療成績も悪いです。



ですから、恐怖心は判るけど、少しでも早く説得して処置しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にありがうございました。
そうなんですか・・・・。破裂した後では遅いのですね。なんとか、脅してでも
(笑)早く受けさせるように勧めます!

お礼日時:2001/04/19 09:56

動脈瘤について下記のページを参考にしてください。



知っておきたい循環器病あれこれ[23]
大動脈瘤とわかったら
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamph/pamph_23/pan …

未破裂脳動脈瘤の治療
http://www.onh.go.jp/seisaku/circulation/otsuki. …

動脈瘤とは? 
http://www.congre.co.jp/kyushu-u/surg2/contents/ …

動脈瘤
http://mmh.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml.cgi?url= …


病気別に25の名病院リスト掲載【動脈硬化症】
http://www.nikkansports.com/news2/health/10/he10 …
この病院が近くにあると良いですね。

お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にありがとうございました。動脈瘤にもいろいろあるのですね。
参考にさせて頂きました。

お礼日時:2001/04/19 09:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q多発性動脈瘤の予後と破裂予防について

昨年末に母がくも膜下出血で倒れました。
検査したところ、右に2つ、左に4つ、疑わしい影が1つの動脈瘤が確認され、そのうち右の1つが破裂していました。
緊急手術を行っている最中に右のもう1つが破裂し、結果として右の2つをクリッピングしてもらいました。

通常動脈瘤があっても、せいぜい1つなのに6つもあるとは欲張りですね。って医者に言われてしまいました。

母は高血圧・不整脈・糖尿病・肥満があり、全身の動脈硬化も進んでいた為、医者にも2週間は持たないといわれましたが、無事今日の日(26日目)を迎えています。
脳梗塞についても、殆ど影響はないようです。
確かに、術後しばらくは言動がかなりおかしかった(「孫の父親はエジプトの王子だ」「納豆汁を作ったら鍋に脚が生えて逃げ出した」等)のですが、現在は(多分)まともになっています。

医者は回復力や脳梗塞の影響が少ないこと等から「奇跡」「驚異的な回復力」と驚いています。

現在は歩行練習を始めたりして順調に回復しているようです。
この調子で行けば、退院できる日も近いのではないかと思っています。

問題は退院後、また母を日中一人にすることが不安なのと、食生活です。
今のところ麻痺は出ていませんが、左脳も手術することになると思うので(4つの動脈瘤はそれぞれ12mm前後の大きさ)、手術の結果によっては、言語障害などが出るかもしれません。

とりあえず、手術を実施するまでに高血圧・糖尿病の症状を軽くするために肥満を解消させなくてはいけないそうです。
日常生活でどんなこと(特に食生活)に気をつけたら良いでしょうか?

母は情緒不安定でいきなり怒鳴り散らしたり、叫んだりすることがあります。
こういうことも血管には宜しくないんじゃないかと思ったりしています。

アドバイスよろしくお願いします。

昨年末に母がくも膜下出血で倒れました。
検査したところ、右に2つ、左に4つ、疑わしい影が1つの動脈瘤が確認され、そのうち右の1つが破裂していました。
緊急手術を行っている最中に右のもう1つが破裂し、結果として右の2つをクリッピングしてもらいました。

通常動脈瘤があっても、せいぜい1つなのに6つもあるとは欲張りですね。って医者に言われてしまいました。

母は高血圧・不整脈・糖尿病・肥満があり、全身の動脈硬化も進んでいた為、医者にも2週間は持たないといわれましたが、無事今日の日(26日...続きを読む

Aベストアンサー

すいません。算式が間違っていました。

(誤)平均血圧 = 最小血圧 - 1/3(最大血圧 - 最小血圧)

(正)平均血圧 = 最小血圧 + 1/3(最大血圧 - 最小血圧)

Q冠動脈バイパス手術

初めてのバイパス手術より二度目のバイパス手術(この場合、初めてのバイパス手術で何年か経ち再狭窄し、再手術するという意)の方が成功率が低いのはどうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

動脈硬化が進行してるからです
年を取ってるんですから血管以外
肺だって腎臓だって肝臓だって機能が低下してます
余裕がなくなってるのだから成功が難しくなって当然です

Q大動脈瘤の手術について

先日祖母が大動脈瘤の手術を受けました。
その際、下半身に麻痺が出る説明は受けておりませんでしたが
実際手術が終わってみると麻痺が出ていて
下半身が動きませんでした。

医師に確認をしてみると
「手術の際に私が脊髄を傷つけてしまったのかもしれない。
しかし難しい手術なので致し方ないことだ」
とのことでした。

そのリスクがあることを
なぜ説明しなかったのかと問いただすと
全てのリスクを説明するのは不可能だ。
とのこと。


そこで質問が2点あります。

●大動脈瘤の手術で脊髄を傷つけてしまい下半身不随になることは
まれなケースなのでしょうか。説明することは通常ないのでしょうか。

●祖母が先生に独断で心付けを渡していたようです。
今後バリアフリー等リフォームも考えねばならないので
それを戻したいと考えています。
通常可能なものでしょうか。(病院自体の理念では
心付けは受け取らないと書いてあります。)

以上宜しくお願いします。

Aベストアンサー

胸腹部大動脈など高位の大動脈瘤はAdamkiewicz 動脈を切断・閉塞する可能性があるので、脊髄麻痺が起こりえますが、腹部大動脈瘤では通常、Adamkiewicz 動脈が分岐するような高位でアクセスしないので起こりにくいと思います。Adamkiewicz 動脈以外の動脈が損傷されて麻痺がきたのなら、それは予見不可能と思います。

>母が先生に独断で心付けを渡していたようです。
心付けを受け取った様子を撮ったビデオや受け取りの領収書があれば、可能と思います。

Q脳動脈瘤のクリップ手術について

脳動脈瘤が確認されたので、破裂を防ぐ為、クリップ手術を行いました。
手術しやすいところの血管と聞いたので、安心していました。
手術後、きちんとクリップされたことが確認され、順調かと思われましたが、2週間目に体調がわるくなり、検査の結果、クリップ周辺が出血しているとのことで、即、再度手術を行いました。
すると、クリップは外れており、動脈瘤は破裂していました。
予防するために、手術したのですが、こういうことってあるのでしょうか?
クリップをしても、動脈瘤は破裂するのでしょうか?
クリップが外れて、出血をひきおこしたのでしょうか?
クリップの強度は?・・・
現在は、再度クリップし、快復したので大丈夫ですが、少し気になったままなので教えてください。

Aベストアンサー

クリップがはずれることをslip outと言います。大きな動脈瘤や硬い動脈瘤などで起こることがあるとされています。実際のslip outは私は経験したことがない(私が術者として入ったクリッピング術は200例を少しこえる程度の数しかありません)のですが、術中にクリップが十分に締まりきらないような場合には、ブースター クリップと言って、クリップにクリップをかけてslip outを防ぐこともあります。
ところで、titti0さんが経験されたslip outや出血の原因は、残念ながら検査データ(脳血管撮影所見など)や術中の様子を全く見ていない者には判断できません。このOK Webには数人の脳外科専門医が登録しているようですが、だれも答えようとしないのはそのためと思われます。主治医の先生にきちんとおたずねになるしかないと思います。

Q動脈硬化とアテロームセイ動脈硬化

タイトルにあるように、 Arteriosclerosis とAtherosclerosis の違いってどうなんでしょうか・・??あと、慢性病って、長期の病気なんですよね??過去どれくらい持ってたか、という点で慢性と決めるわけじゃなく、これからもずっと持っていそうで慢性って呼ぶのでしょうかね??
すみません、もう一つ、 coronary artery disease って、酸素の足りない病気でいいのでしょうか??どんな病気なのでしょうか??
おわかりになるかたどうかお願いしたします。

Aベストアンサー

動脈硬化の一種がアテロームによる動脈硬化です。

慢性疾患の定義は、それぞれの疾患で少しずつ違います。例えば、肝障害ならば、3ヶ月以上持続する場合には、急性とは言いません。白血病ならば、病理学的診断により決まります。

coronary artery disease は、文字どうり冠動脈疾患ですが、この原因の大半は動脈硬化です。動脈硬化によって血流が不足すれば、酸素不足になります。この場合の診断名は、虚血性心疾患と総称され、一般的には、狭心症、心筋梗塞になります。
最近では、不安定狭心症、急性心筋梗塞をAcute coronary syndrome(急性冠症候群)と言います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報