fender strato vin57の中古を購入しました。

弾いていると、たまに特定の弦の音の鳴りが悪くなることがあります。
ポジションによっては、音がかなり鳴らない。伸びないことがあります。
最初は中古なので、メンテナンス不足??かと思い、
楽器屋に持って行こうかと思ったのですが、
しばらく経つと、ほとんど問題がなくなっていました。
ただ、その後もたまに他の弦でも同様に鳴りが一時的に悪くなることがあります。
いまのところ、しばらくすると改善される感じです。

以前持っていたストラト(フロイドローズ)ではなかったのですが、、

何か心当りのある方、アドヴァイス頂けますでしょうか。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



フレットが当たって音が詰まってしまってる感じでしょうか?
開放で鳴らしてみて、音が詰まるようでしたらナットやサドルの溝の不良かもしれません。
特定のフレットのみの音詰まりでしたら、フレットの擦り合わせで治りますよ。

鳴ったり鳴らなかったりするのは、その時々でネックが動いているせいかもしれません。

メインテナンスをしてくれる楽器店に持ち込まれたら、フレット関係の不良かは見てくれるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

最近はあまり症状がでないのですが、
楽器屋相談してみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/02/24 09:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qストラトの音色について(鈴鳴りとピックガード)

ストラトキャスターの音色についてお尋ねします。

ストラトキャスターのハーフトーンには、俗に鈴鳴りという音色を出
すものがあるそうですが、どういうものなのか詳しい方、ご解説ください。

自分の持っている古い日本製コピーのストラトにはオリジナルの出力
の弱いピックアップがついていました。フロントにすると、柔らかく
甘いトーンでよかったのですが、いまひとつ粘りがないのでヴァンザ
ントのロックに代えました。

するとハーフトーンで薄くキャリン、となっていた余韻が聴かれなく
なりました。あの「キャリン」音が鈴鳴りというヤツでしょうか。
ピックアップのパワーが強くなると、聴こえなくなるものなのでしょうか。

鈴なりが良くするのは、ヴィンテージタイプ、というイメージがあっ
たのですが、やはり出力との相関のためでしょうか。

またピックガードの1plyと3plyでは、どのように音の差が出るでし
ょうか。自分は1ply→3plyと代えたら、音色がやや硬くなったような
気がします。

ストラトはPGにPUがネジとスプリングで留まってますが、これは箱物
ギターに構造が近いと思います。ストラトのPGは、箱ものでいえば、
トップ板になりますから、音色に対して重要に思われますが、その材
質や、PUの留め方に対して、あまり語られることがないと思います
が、いかがでしょうか。

詳しいお方いらしたら、ご教授願います。

ストラトキャスターの音色についてお尋ねします。

ストラトキャスターのハーフトーンには、俗に鈴鳴りという音色を出
すものがあるそうですが、どういうものなのか詳しい方、ご解説ください。

自分の持っている古い日本製コピーのストラトにはオリジナルの出力
の弱いピックアップがついていました。フロントにすると、柔らかく
甘いトーンでよかったのですが、いまひとつ粘りがないのでヴァンザ
ントのロックに代えました。

するとハーフトーンで薄くキャリン、となっていた余韻が聴かれなく
なり...続きを読む

Aベストアンサー

こりゃまたずいぶんと懐かしい言い方ですね。昨今では聞くことはなくなっていたのですが。

「鈴なり」という言葉には定義がありません。ですので、大別してよい意味と悪い意味で使われる場合があります。
1)よい意味の場合
これは鈴の音の余韻という意味で使われます。昔は簡単に言うと組み立てボディのギター(ストラト)ではサステインがないとされてきました。これはもちろんセットネックのレスポールに比べてです(今はちゃんと出るものもありますし調整も可能ですがあくまでも昔の話です)。特にストラトでもてはやされたハーフトーンではその余韻が伸びるほど音がクリアになる現象(弾き始めは鼻をつまんだようなあの独特な音ですが、音が伸びていくとだんだん音がクリアに鳴っていきます)が、鈴のようにきれいに伸びることから、言われ始めたもの。
2)悪い意味の場合
まだリペアとか調整方法が確立されていない頃(まあ1970年代頃とでも言いましょうか)、リペアーマンが独自に調整方法を模索していたころは、一般的なセッティングなどなくプレーヤーの好みに調整している場合が多く、人によってはべたべたの低い弦高にセッティングしていました。長くなるので簡略しますが、この場合ストラトの構造上どうしてもハイポジションあたりで弦のビビリが発生します。この擬態音が「チリチリ」とか「チリ-ン」とかいう鈴の音に似ていたわけです。

上記どちらも私の経験話です。まあ使う場面での違いはあります。主にヴィンテージギターでの話なら1)、リペアーショップなどでの話なら2)という具合です。質問の文面からすると1)のように捕らえていますが、間違いではありません。

質問者様の「キャリン」というイメージが抽象的なため、言及はできませんが、少なくともヴァンザントのロックというPUは、下位クラスのブルースより、さらに一番下のヴィンテージよりもミッドレンジに重点を置いたややレンジの狭いPUです。ですのでストラト特有の音は出せません。出力は大きいので歪みにはもってこいです。ですが、ハーフトーンをこれで作ろうとするとその強烈なミッドレンジが邪魔をするので、まず無理でしょう。どちらかというとロック向けでリアPUにはいいPUです。

ピックガードですが、NO.1の方が完璧な回答ですので、言及はしませんが経験上で話します。
その昔、ブラスのピックガードをつけていたことがあります。派手なPGが欲しかったためですが、音は最悪でした。硬くて硬くてまるでPUダイレクトのような音しかしません。で、変えたわけですが、最初お店に3プライの在庫がなく1プライのものを使ったのですが、思ったハーフトーンに近い音が出ました。しかし、なんか腰がないので、やっぱり3プライに変更。すごくしゃきっとした感じに仕上がりました。

もちろん、これはマウントするギターにもよります。それはNO.1の方がいうようにボディやネック材、そして、PUキャビティのザグリ具合などからによります。しかし、質問者様の疑問のように同じギターでならPGだけの変更でも音は変わる、とだけは言っておきます。

こりゃまたずいぶんと懐かしい言い方ですね。昨今では聞くことはなくなっていたのですが。

「鈴なり」という言葉には定義がありません。ですので、大別してよい意味と悪い意味で使われる場合があります。
1)よい意味の場合
これは鈴の音の余韻という意味で使われます。昔は簡単に言うと組み立てボディのギター(ストラト)ではサステインがないとされてきました。これはもちろんセットネックのレスポールに比べてです(今はちゃんと出るものもありますし調整も可能ですがあくまでも昔の話です)。特にストラ...続きを読む

QFENDER HIGHWAY1ストラト

Fender Highway One Upgrade Stratocaster で、エリッククラプトンの24ナイツみたいな音に近い音を出すには、どんなアンプとエフェクターを使用すればよいでしょうか。

お詳しい方、ご教示ください。

Aベストアンサー

コンパクトエフェクターなら
ディレイやコーラスあたりを
揃えればいいのではないでしょうか。
温かい歪み?のような音が出ているので
ディストーションはあまりかけず音抜けの良い
アンプを探すといったところだと思います。
アンプもMarshallやVOXあたりでいいのでは?
(もう使っていたらすみません。)

エフェクターに関してならこちらも参考に

参考URL:http://effecterlife.forhpb14.com

QFender のストラトについて。

こんにちは。

エレキギターを始めたいと思い、購入を検討している者です。
実際に見て触って、購入した方がいいと言うのは十分承知ですが、
周りにギターが売っている店がないので通販で購入する予定です。
Fender社のストラトが欲しいんですが、この中の内どれが一番おススメですか。

---Fender Blem '60s Stratocaster
---Fender Blem Deluxe Power House Stratocaster
---Fender Standard FR Stratocaster
---Fender Standard Stratocaster

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Blemという意味が分かりませんが、これらはおそらくメキシコ製フェンダー(一応 FENDER USA)のことでしょうね。
ストラトらしさではやはり'60s Stratcasterになります。
実売価格は6万円台くらいかな?
音はUSA製より落ちますが、弾き心地は変わりません。
ピックアップを交換すれば、かなりグレードアップすると思います。

他のタイプははっきりいってよく分かりません。
このあたりを買うなら、FENDER JAPANを買った方が良いと思います。
アルダーボディのもの(ST62/78TXなど)なら、ほぼ同価格帯だと思います。
音は、テキサススペシャルPUのついたJAPANの方が良いと思います。

いずれにせよ、オーソドックスなヴィンテージリイシュータイプ(復刻版)を選べば後悔することはないと思います。

Qフロイドローズのギターでの弦交換で

こんばんわ。
このタイプのギターで弦の交換していたら
ブリッジが下に傾いてしまい、六角レンチを
使用することができなくなってしまいました。
後々調べてみたらブリッジの下には何かを敷いて
下に傾かないようにしなければならなかったこと
を知りました。

まったく知らずにやった自分が馬鹿らしいです。
これを元に戻すには楽器屋に行かなくてはならない
ですか?どうぞアドバイスを御願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、その状態でアームを取り付けて、アームダウンの要領でブリッジを引き起こしてみてください。 その上で、ブリッジの下に何か物(クロスなど)を挟んで、レンチを使える状態に持っていくのでどうでしょうか。

Q【ベース】1弦を弾くとき親指は3弦、2弦を弾くとき親指は4弦

ベース初心者の高校生です。(指弾きです。)

よく教則本に、
「4・3弦を弾くときは親指をピックアップ上に、
2弦を弾くとき親指は4弦上あたりに、
1弦を弾くとき親指は3弦上あたりに移動する」
とあるんですが、
なかなかうまく親指をスムーズに移動できません。

何かコツがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

実際のところはNo.1の方のおっしゃるとおりなんですが、初心者が少しずつ技量を高めていく上での「中間的な練習方法」としては、教則本の方法でも弾ける様に『指の動きを鍛えておく』のは悪い事ではありません。
多分、教則本の練習深度の上では、まだ速いフレーズを弾く段階での話ではないと思います。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが…
親指を「力の支点」として、弾指を親指に力を込めて引きつける様な弾き方をしていると、親指自体に力が入りすぎてしまうので、弾弦が変わる時に親指がスムースに移動できません。
今の練習の目的は
・親指と弾指の「位置と距離」の関係を、どの弦を弾く場合でも一定に保てるよう、その感覚を『右手に覚え込ませる』
→そのことで、どの弦でも弾指を一定の力でしっかり弾ける感覚を養う
・親指は右手指全体の「位置決め」として添えるだけで、弦は弾指の力だけで鳴らす感覚を掴む
→親指にはほとんど力は込めずにピックアップまたは弦に添えるだけ
という練習だと考えればよいです。

もちろん、初心者にはこれはこれで難しいので、できるよう引き続きの練習が必要でしょうが、最終的には「どんな状態でも一定の力で弦を弾ける」ようになるための基礎練習…と考えるのが大事かと。
親指は位置決めのために(教則本指定位置に)力を入れずに添えるだけで、弾く力は弾指だけに入れる…という感覚がわかったら、親指の移動は苦もなく自然にできるようになります。

それができるようになったら、その次の段階として、親指をいちいちあまり大きく動かさずとも、どの弦でも弾指さえ届けば自由に弾ける様になり、No.1の方の「実践での指使い」に近づけられる…という段取りです。

がんばって下さい。

実際のところはNo.1の方のおっしゃるとおりなんですが、初心者が少しずつ技量を高めていく上での「中間的な練習方法」としては、教則本の方法でも弾ける様に『指の動きを鍛えておく』のは悪い事ではありません。
多分、教則本の練習深度の上では、まだ速いフレーズを弾く段階での話ではないと思います。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが…
親指を「力の支点」として、弾指を親指に力を込めて引きつける様な弾き方をしていると、親指自体に力が入りすぎてしまうので、弾弦が変わる時に親指がスムースに移...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報