ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

平安時代の女流作家、たとえば紫式部や清少納言など、姓名が伝わっていないのはなぜなのでしょうか?少納言とかって役職名ですよねえ??

A 回答 (5件)

下記ページで触れられていますが、当時は結婚相手でもないと、女性の本名を知ることは出来なかったそうです。


http://arpeggio.chanoyu.ne.jp/makuranosoushi/sei …

参考URL:http://arpeggio.chanoyu.ne.jp/makuranosoushi/sei …
    • good
    • 1

すでに回答された方もおっしゃっていますが、地位が低かったからでしょうね。


あと当時は本名で呼ぶことはあまりよろしくなかったようです。
これは男女限らずで、役職や住まい、姓をつかって呼称を使っていました。
例えば紫式部は最初は藤式部だったようです。
藤原姓だったことと、父親が式部省の役人だったためだと記憶しています。
また女性でも一定以上の地位にいた人は名前が残っています。
例えば紫式部の娘の大弐三位(だいにのさんみ)は賢子です。
確か三位以上だったかな・・・?
    • good
    • 1

女性の地位が低かったからです。


名前で、地位や仕事の内容が分かるというメリットもありますね。

ちなみに、紫式部という名前も本名ではなく、
彼女が執筆した源氏物語にでてくる「紫の上」にちなんで、のちの人たちがつけた呼び名です。
当時、彼女がそのように呼ばれていたわけではありません。
    • good
    • 1

役職名しかなかった時代なのだと記憶しています。

女性の地位がそれだけ低かったということなんでしょう。
下記のURLに清少納言を研究した方の意見が載っていました。かなり詳しいと思います。

参考URL:http://arpeggio.chanoyu.ne.jp/makuranosoushi/sei …
    • good
    • 2

当時は、女性に限らず男性も、ある一定の身分から上の人は、本名を名指しで載せたり呼んだりすることは、大変失礼なこと、となっていたからだと思います。


たいていは、今でいうニックネームで呼んでいたのが通例でした。
「~の君」とか、役職名とかね。

ですから、本人にゆかりのある名前で呼ばれていたものが、そのまま今に伝わっているんだと思います。

でもそれが、たとえば大貴族の一族とか、皇族の親族とかにでもなれば、きちんと歴史として氏素性が残ると思いますが、紫式部や清少納言がそうであったように、当時としては一作家であり、女官でしかない地方領主の娘、または中級貴族あたりの夫人としてでは、名前も残らないのも仕方ないことではないでしょうか。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q平安時代のような古代における女流文学の興隆は日本のみ?

日本以外の国における、女流文学の歴史について知りたいです。
日本の古代には紫式部や清少納言など、優れた女流文学者が多くいましたが、実はこれは世界的に見て非常に稀なことだと聞きました。
古代における、日本以外の国の女流文学は、そんなに少ないのでしょうか?
初期の日本の文化は中国や朝鮮からやってきたと思いますが、古代の中国や朝鮮には女流作家はいなかったのですか?
また、アジアより先に文明の発達していた他の国々ではどうですか?

Aベストアンサー

現代の研究水準では、とりあえず、日本が早い時期に女流文学を生み出していたと言って、ほぼ問題ないかと思います。ただ、その時期のヨーロッパでは、そもそも文字の普及が遅れており、国王ですら自分の名前を文字で書けなかったという例があるくらいですから、「日本の女流文学はすごいんだ」というよりも、性差の問題はさておいて、当時は東アジア世界のほうが、言語的に進んでいたのだという観点を、忘れないほうがよいと思います。

ヨーロッパは西ローマ帝国が滅びた後、暗黒時代とまで呼ばれる中世が始まり、文字文化そのものが衰えます。しかし、古代ギリシアや、ローマや、東ローマの時代にまでさかのぼって研究すれば、これまで未知だった女性作家が発見される可能性はゼロではないと思います。私は文学史に詳しくないので、既知の女流文学を見落としている可能性もあるでしょう。ローマは特に、女性の活動が活発化した時代にあたり、政治にも大きな影響力を与えていた人々もいます。たとえば、東ローマにはアンナ・コムネナという女性がいて、夫が書いていた伝記「アレクシオス1世伝」を夫の死後に完成させたことが知られています(知識が乏しいので、この人しか、思いつきません)。

今のヨーロッパ人は、一昔前のヨーロッパ知識人と比べ、ギリシア・ローマに関する知識が衰退しています。彼ら自身が、ギリシア・ローマのことを、あまりよく分かっていないのです。かつては学者は皆、ラテン語(ローマの言葉)を読めたものですが、ラテン語が文系の大学でも必修から外れてしまっている例が多く、そんな彼らが日本の女流作家のレベルを知って驚くことがあっても、彼ら自身が自分たちの古典を理解していないという事情をさっぴいて考えたほうがよいのではないでしょうか。

PS
映画ジュラシックパークにでてくるヴェロキラプトルという恐竜について。学術名ですのでラテン語ですが、英語の発音に引きずられ、本来のラテン語の発音ではなくなってしまっています。ラテン語ではUはVから派生した文字ですので、本来はウェロキラプトルと読むのが正解です。こういう例は、最近、非常に多いです。

現代の研究水準では、とりあえず、日本が早い時期に女流文学を生み出していたと言って、ほぼ問題ないかと思います。ただ、その時期のヨーロッパでは、そもそも文字の普及が遅れており、国王ですら自分の名前を文字で書けなかったという例があるくらいですから、「日本の女流文学はすごいんだ」というよりも、性差の問題はさておいて、当時は東アジア世界のほうが、言語的に進んでいたのだという観点を、忘れないほうがよいと思います。

ヨーロッパは西ローマ帝国が滅びた後、暗黒時代とまで呼ばれる中世が始ま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング