よろしくお願いします。或る法例に定められた試験項目で、亜硫酸ガス中の耐環境試験があるのですが、そのガス濃度を予想したいと考えています。

~5Lの試験器の中に濃度40g/Lのチオ硫酸ナトリウム水溶液を500mL入れ、硫酸を体積比で硫酸1対蒸留水35の割合に溶かした溶液156mLを1000mLの水に溶かした溶液を10mL加えて発生させる亜硫酸ガス中に、~
(L=リットル)

この文面に混乱しております。一体、当該試験器の中は如何ほどの濃度の亜硫酸ガスになるのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 今日、辞典(化学大辞典)を見たところ、下記のような記述がありました。


 チオ硫酸ナトリウム:酸の作用で亜硫酸ガスと硫黄に分解する。
 反応式は書いていなかったのですが、この記述によれば、TTakさんが書かれた反応式は、正しいようです。ただ酸の作用が、触媒的なのか、量論的なのかは判りません。たぶん前者ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HIMADESUさん、度々ありがとうございました。
> チオ硫酸ナトリウム:酸の作用で亜硫酸ガスと硫黄に分解する。
これは重要な収穫でした。
あとは、下記の投稿を元に、あとはなんとか(近似的)にでもやっていけそうです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/21 08:39

 与えられた反応式で見ると、硫酸が過剰でないと、チオ硫酸ナトリウムは分解しきらないことになります。

与えられた数字から計算すると、チオ硫酸ナトリウムは、硫酸の180倍モル位あるため、どうも反応式は違うようです。多分、硫酸は触媒的に作用するものと思われます。会社に辞典をおいてあるので、明日調べておきます。
 さて硫酸が触媒とし、チオ硫酸ナトリウム(分子量=158)が全量分解したとすると、生成ガス量は
  40g/L*0.5L/158=126.6mol
  126.6*22.4L/mol=2.84L
 となります。濃度は?との事ですが、試験器の構造がわからないので、ちょっと戸惑っています。閉鎖系であるとすれば、その分圧力が上がるので、
 2.84L/{(5L-0.51L)+2.84}*100=38.4%
 になります。大分濃いですね。チオ硫酸ナトリウムは、20mg/Lの間違いではありませんか?この濃度の亜硫酸ガスは、相当危険です。
 あと気になったのは、チオ硫酸ナトリウムが5水和物になっていることです。濃度40g/Lの中には、結晶水は入っていませんよね?通常、40g/Lと言えば、無水和物ベースです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HIMADESUさんありがとうございます。
申し訳ありません、個々の化学式を拾って、数合わせで反応式を書いていました。一応、化学系の新入社員に見てもらったのですが、やはり反応式違っていましたか・・・。試験は試験器内温度45℃で行われるということが判りました。
> 硫酸は触媒的に作用するものと思われます。
なるほど、そう言う働きもあるのですね。
> あと気になったのは、チオ硫酸ナトリウムが5水和物になっていることです。
すみません、これも化学式を調べて拾ってきたものをそのまま載せていました。
> 閉鎖系であるとすれば、その分圧力が上がるので、
試験器は閉鎖系でなく小さな排気口があります。よって圧は上がらず、ガスの発生が止まるまで自然に容器内に拡散すると思われます。
> この濃度の亜硫酸ガスは、相当危険です。
この法例はかなり過酷な耐環境試験を課しているので、高い数値結果になることはあるかもしれません。
> 会社に辞典をおいてあるので、明日調べておきます。
恐縮です。ここまで丁寧にご教授頂けるとは思いませんでした。当方でも引き続き調査すると共に、お言葉に甘させて頂きます。

お礼日時:2001/04/20 10:16

 チオ硫酸ナトリウムと硫酸の反応式が判らないので、ガス量は計算できませんが、文面は以下のことを意味しています。

多分、混乱している原因は、硫酸の方でしょう。この文面の硫酸の量は、
(1)硫酸1と蒸留水35を混ぜて、希硫酸を作る。
 (蒸留水の中に硫酸を入れる。逆は突沸するので駄目)
(2)この希硫酸156mLを更に水に溶かして、1Lとする。
(3)1Lにした希硫酸をチオ硫酸ナトリウムに10mL加える。
 ということです。よろしいでしょうか?

この回答への補足

HIMADESUさんありがとうございます。

> (1)硫酸1と蒸留水35を混ぜて、希硫酸を作る。
> 蒸留水の中に硫酸を入れる。逆は突沸するので駄目
については、参考になりました。
また、当該反応式は以下のようになると思われます。
#間違っている場合はご指摘ください。

Na2S2O3・(5H2O) + H2SO4 → Na2SO4 + SO2↑ + S + 6H2O

引き続きよろしくお願いします。

補足日時:2001/04/19 14:39
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学 0.25mol/Lの硫酸溶液200mlに水を加えて全量を500mlにした時、規定濃度はいくらか

化学

0.25mol/Lの硫酸溶液200mlに水を加えて全量を500mlにした時、規定濃度はいくらか?

解き方教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

こんにちは。

0.25 mol/Lの硫酸溶液200 mLの中に含まれる溶質の硫酸の物質量は、
0.25 mol/L×(200/1000) L = 0.05 mol
です。
これが溶液となって、体積が500 mLとなるので、そのモル濃度は
0.05 mol / (500/1000) L = 0.1 mol/L
となります。

硫酸は2価の酸なので、規定度の数値はモル濃度の2倍になります。
したがって、
0.2規定(0.2 N)
となります。

Q3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

こどもからきかれたことなのですが、わかりませんでした。

3.0ml/lの水酸化ナトリウム 40mlを中和するには1.2ml/lの硫酸が何ml必要か。

という問題です。
ご教授ねがいたいのですが…

Aベストアンサー

水酸化ナトリウムはNaOHと一価の塩基で、
硫酸はH2SO4と二価の酸なので、
求める硫酸の量を@とおくと、
酸及び塩基に含まれる水素イオンと水酸化イオンの量は等しいので、
1×3.0×40÷1000=2×1.2×@÷1000

が成り立ちます。
両辺の最初の項の整数は価数を表します。
÷1000、これは単位[ml]を[l]になおすものです。

一応は高校生なんですが、最近習ったやり方によるとこんな感じです。

Qある濃度の要素溶液の10mlが0.1mol/Lチオ硫酸ナトリウム(Na

ある濃度の要素溶液の10mlが0.1mol/Lチオ硫酸ナトリウム(Na2S2O3)溶液の20mlと当量であって、かつ、ある濃度の亜ヒ酸ナトリウム(NaAsO2)溶液の80mlと当量である。この亜ヒ酸ナトリウム溶液のモル濃度(mol/L)を求めよ。という問題に関して質問です。

解説には、I2(1mol)=Na2S2O3(2mol)というところはわかるのですが、
亜ヒ酸ナトリウムのモル濃度をx(mol/L)とすると、
x*80=0.1*10の意味がわかりません。
これって単位が合わないので計算がかわるのではないのですか?

これは何を意味しているのでしょう?

Aベストアンサー

No.1ですが間違えてました

ヨウ素のモル濃度が不明でチオ硫酸ナトリウムのモル濃度が0.1mol/Lですね。
なので
誤:ヨウ素のモル濃度が0.1mol/Lであり、この溶液10mLとあるモル濃度のチオ硫酸ナトリウムが~

正:ある濃度のヨウ素10mLとモル濃度0.1mol/Lのチオ硫酸ナトリウムが~

です。
申し訳ありません。

Q硫酸19.6gを水に溶かして1000mlにした溶液のモル濃度(mol/L)を求めよ。 簡単な割算が

硫酸19.6gを水に溶かして1000mlにした溶液のモル濃度(mol/L)を求めよ。

簡単な割算ができず、、、
教えてください><

Aベストアンサー

19.6/98=0.2
答え 0.2mol/L です。

Q化学 38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?ま

化学

38%HCl溶液から20%HCl溶液を180mL調製したい。36%HCl溶液は何mL必要か?また、水は何mL必要か?

解き方教えてください

Aベストアンサー

計算不能です。
いわゆるパーセント濃度は質量パーセント濃度。水溶液の質量に対する溶質の質量の割合を示しています。
溶液の密度が与えられなければ体積を質量に変換できません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報