昨日、WOWOWでやってるのを初めて見たんですが
それまでの話とラストが噛み合ってないような気が・・・。
感情や受け取り方は、人それぞれだし意見もいっぱいあると思うし
「これが正しい」ってのは、ないと思うんですけど・・・。
結局は、ハッピーエンドじゃないと思ったんですけど
友達は「ハッピーエンドやん」と言ってました。
私は、コーフィが処刑された時主人公と分かち合えたので
なんらかの形でハッピーエンドとして終わって行くものと思ってたら
主人公が108歳で、未だに生きてて死の望んでる、死にたくても死ねない。
これは、1日でも多く生きて罪をつぐなう・忘れないようにという
コーフィの思いやと思うんですけど・・・。
みなさんの個人的な考え、聞かせてください!!

A 回答 (4件)

映画ではラスト、主人公は常に笑顔ですよね。


それが答え。

ケムリというバンドがこう唄っています
「新たな出会いの喜びをもたらすための悲しみなのか」
生き続けるということを考えると辛いことばかりが目立ってしまうけど、
それ相応に幸福も訪れますよね。

長生きすることが一概に悪いこととは言えないという意見でした。
    • good
    • 0

恐らく的外れだと思いますが。


ワタシはあれはハッピーエンドでは無いと思います。
かといってバッドエンディングでも無いと思います。
たまたま原本を入手、まだ最後に至っていないのですが           (((((((^^;;;

ただ、個人的に思いますのは、女の子を殺した犯人も、
その他様々にも人の欲望が存在しますよね。
その欲望の果てに、様々な問題が起こります。
欲望の最たるものは不老不死だと思います。
コーフィーは、人の命を動かせる力を持っています。
そのことによって、もしかしたら彼を利用する人間が
出てくるかもしれません。
そこで、彼が人の命は人の定めるもので無く、
神より与えられたものだと考えていればどうでしょう。
コーフィーは、トム・ハンクスに長い命を与えることで、彼を苦しめる気持ちは無かったと思います。
人の命の老いや死を、むやみに操るとそれに伴う苦しみや悲しみの深さを伝えられるのがトム・ハンクスだと思ったのだと思います。
    • good
    • 0

HINTになれば、ぐらいの気持ちで・・・


あの映画は基本的に原作に忠実ながら
ラストだけ変えているんですよ。
原作の最後の1行「ああ、神よ、ときに(グリーン・マイル)は
あまりにも長すぎる。」
は映画版でもほぼ忠実に使われていますが
映画版では原作の最終章で語られる決定的に残酷なエピソード
(トム・ハンクス夫妻の乗ったバスが事故に遭い
 愛する妻が自分の腕の中でなすすべもなく死んでいくが
 自分は“生命を注入されて”しまっているので
 かすり傷しか負わず死ねない)
がカットされ、代わりに原作にはないアステアの「トップ・ハット」から
最後のヤマ場へいたる盛り上がりの部分が
脚色されているんです。

個人的には、運命を呪うしかない残酷話を
奇跡と感動の物語に作り替えた映画版の野心は認めますし
それなりの成果も出していると思いますが
全く感動出来ませんでした。
原作ははっきり言って嫌いです。
    • good
    • 0

わたしの感想文・・



 わたしもハッピーエンドではないと思っています。
コーフィは純粋な心の持ち主で、ただ辛すぎるこの世界からいなく
なりたかっただけ。自分に感謝してほしいとかそういうのを全然思って
なくて。
 結果、長生きになってしまったトム・ハンクス(役名忘れました)は
自分への罰と思って先立たれる大切な人たちを見送る・・。コーフィが
辛いといったこの世界にいつまでも残らなければならないことが罰。

 原作ですと自分の奥さんの死のシーンもつらいです。自分がこの世から
天使を消してしまった後悔が・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女主人公に共感のもてるハッピーエンドの映画

「ブリジットジョーンズの日記~キレそうな私の12ヶ月」を見て、主人公に共感のもてるハッピーエンドの映画をもっと見たくなりました!
みなさんのオススメハッピー映画教えて下さい
ちなみに私は30代女性です

Aベストアンサー

主人公が20代の社会人一年生のような設定ですが女性に人気を得ている「プラダを着た悪魔」はどうでしょうか?
原作者の実体験を元にしており、とにかく挫けない主人公をコミカルに描いていて、共感を得ているようです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=325271

他には負け組人生をおくる姉妹(30代と20代後半)が”ちょっと危険な”商売を始め人生を見つめ直してゆく、「サンシャイン・クリーニング」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=332814

主人公がぐっと若くなりますが、初体験で望まない妊娠をしてしまった少女が子を産むことを決心しその里親を捜すアカデミー賞作品「JUNO/ジュノ」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329516

タイトル通りの主人公が仕事で奮闘する様子を描いた「お買いもの中毒な私」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=333118

昨年若くして急逝してしまいましたが、ブリタニー・マーフィーの元金持ちのお嬢様役がキュートだった「アップタウンガール」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=319452

就活中にセレブの子守になってしまい雇い主の押しつける無理難題に苦労する「私がクマにキレた理由」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=329967

弁護士の姉にコンプレックスを持つ美形の妹と、容姿にコンプレックスのある姉という対照的な姉妹の生き方を見つめた「イン・ハー・シューズ」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=323154

米英に暮らす見ず知らずの女性二人が、休暇の間だけ、住む家を取り替え、そこで新たな出会いが……という恋愛コメディ「ホリデイ」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=326504

こんなところでどうでしょうか。「ブリジットジョーンズ」シリーズともタッチ的にも似ているので、いいと思うのですが。

主人公が20代の社会人一年生のような設定ですが女性に人気を得ている「プラダを着た悪魔」はどうでしょうか?
原作者の実体験を元にしており、とにかく挫けない主人公をコミカルに描いていて、共感を得ているようです。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=325271

他には負け組人生をおくる姉妹(30代と20代後半)が”ちょっと危険な”商売を始め人生を見つめ直してゆく、「サンシャイン・クリーニング」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=332814

主人公がぐっと若くなります...続きを読む

Qハッピーエンドのホラー映画ありませんか?(洋画)

最近後味が悪いモノ(オーメンなど)ばかり見ているので、何かハッピーエンドでおわる良い物教えてください。アジア、洋画で御願いします。(邦画は怖すぎるので無理です)
ちなみに嫌いなタイプはエルム街の悪夢などの「まだ生きてるよ~ん」って感じで終わる映画です。
御願いします。

Aベストアンサー

オカルト系や殺人鬼系は、続編狙いというか、あとを引くような演出が多いですね。
人によってハッピーエンドの基準は様々と思いますが、とりあえず「話の中で犠牲者はでるものの主人公らは生き残り、モンスターが退治されてスッキリ」系なホラーをピックアップしてみました。
「パラサイト」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31487/index.html
「スパイダー・パニック」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD34043/index.html
「レリック」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD30436/index.html
「ザ・デプス」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD3829/index.html
「ニア・ダーク月夜の出来事」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD6749/index.html
もちろん話の中で登場人物の何人かは犠牲になりますけど。しかもマイナーなホラーばかりで申し訳ない。
あと、
吸血鬼と狼男の戦いを描いたアクションホラー、
「アンダーワールド」「アンダーワールド2」も最後はそれなりにハッピーエンドでした。
http://www.gaga.ne.jp/underworld/main.html
http://www.sonypictures.com/homevideo/underworldevolution/index.html

オカルト系や殺人鬼系は、続編狙いというか、あとを引くような演出が多いですね。
人によってハッピーエンドの基準は様々と思いますが、とりあえず「話の中で犠牲者はでるものの主人公らは生き残り、モンスターが退治されてスッキリ」系なホラーをピックアップしてみました。
「パラサイト」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD31487/index.html
「スパイダー・パニック」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD34043/index.html
「レリック」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD30436/index.html...続きを読む

Q古い洋画のハッピーエンドでかかるような陽気な曲

今、ANAのCMに「Everyone says I love You」(ウッディアレンの映画の曲?)という曲が使われていますが、ああいう雰囲気の曲で、古い洋画の最後にみんなハッピーになったときに流れるような、軽快な/陽気な曲にはどのような物がありますか?そしてそれはなんと言う映画の曲ですか?
よく聴くような曲でなく、あまり有名でないものをお教えください。

Aベストアンサー

回答への補足があったことを知りませんで、書き込みが遅れました。

50年代のハリウッド映画って「いろいろあったけど、めでたしめでたし」といった具合にエンディングを向かえるものが大半を占めていました。

なかでもMGMのミュージカルは、ある種パターンになってましたし。

ベスト盤ですが下記の2点なんかどうでしょう?
試聴用に米アマゾンにしてますけど、国内の通販店でも普通に売っているはずです。
http://www.amazon.com/gp/product/B0000033TI/sr=1-6/ref=sr_1_6/104-1338495-9167141?s=music&v=glance&n=5174

http://www.amazon.com/gp/product/B000066RO5/sr=1-5/ref=sr_1_5/104-1338495-9167141?s=music&v=glance&n=5174

アレンのCDはスペイン盤の2枚組がいいかと思います。これも国内で入手できます。安いショップなら2枚組でも2500円程度だと思います。
http://www.amazon.com/gp/product/B00007GD3A/sr=1-3/ref=sr_1_3/104-1338495-9167141?s=music&v=glance&n=5174

回答への補足があったことを知りませんで、書き込みが遅れました。

50年代のハリウッド映画って「いろいろあったけど、めでたしめでたし」といった具合にエンディングを向かえるものが大半を占めていました。

なかでもMGMのミュージカルは、ある種パターンになってましたし。

ベスト盤ですが下記の2点なんかどうでしょう?
試聴用に米アマゾンにしてますけど、国内の通販店でも普通に売っているはずです。
http://www.amazon.com/gp/product/B0000033TI/sr=1-6/ref=sr_1_6/104-1338495-9167141?s=m...続きを読む

Q50,60年代のハッピーエンドなお勧め映画を教えてください

1950,60年代の映画で,ハッピーエンドで終わるお勧め映画を教えてください。
できればDVD化されているかも教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

シェーン(53米)
ローマの休日(53米)
麗しのサブリナ(54米)
エデンの東(54米)
足ながおじさん(54米)
ジャイアンツ(56米)
昼下がりの情事(57米)
老人と海(58米)
ティファニーで朝食を(61米)
史上最大の作戦(62米)
大脱走(63米)
ミクロの決死圏(66米)

Q主人公が破滅に向かって行くけど、どこかクスクスしてしまう映画

フォーリング・ダウンや真夜中のカウボーイ、死霊のえじきは、ドーン・オブ・ザ・デッドは4、5回は好きで見ています。

私が好きな理由は心理描写が見事に映像化・台詞に反映されており、絶望的ながらハマッてしまいました。
俺たちに明日はない、ウィズダム、テルマ&ルイーズもお気に入りです。
今までも結構映画は観てきましたが、この路線?の映画だと皆さんが思うモノで他にありましたら教えてください。

Aベストアンサー

破滅型の主人公というとサム・ペキンパーの
「ワイルド・バンチ」
「ガルシアの首」
「戦争のはらわた」
あたりを思い浮かんでしまいますが
笑えるかなぁ?

笑えるとなると、「セシル B シネマウォーズ」ってのがありますね。
たった5人くらいで映画界と世界を全て敵にして、映画を撮る男、セシル B デメンテッドの話。
大爆笑ですよ、映画は戦争だとか言うし、本当に戦っているし、カンフー映画の客は、みんな味方だし。
最後は死ぬつもりだったみたいだし。

邦画でも「太陽を盗んだ男」みたいなものもあるよね。
北朝鮮みたいなものを作っても、脅迫するのが、「ナイター中継」と「ローリング・ストーンズのコンサート」だしね。
そこがいい映画なのだけど。

「アメリカン・ビューティー」って結構破滅してる、コメディだと思うんだけど。

トッド・ソロンズの「ハピネス」「ストーリーテリング」「ウェルカム・ドールハウス」あたりは、近いノリがあると思います。
特に「ハピネス」あたりは。
深刻なんだけど笑えるというか、シャレにならんというか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報