教えて!gooグレードポイントがdポイントに!

結婚してもうすぐ1年が経つ28歳主婦で旦那も同じ28歳です。
私はお金を貯めて二人で1週年旅行でも!と考え日々節約してます。
しかし旦那は節約は一切しなく例えば

・うがいする時はコップに水を入れてウガイをすればいいのに蛇口から口に水を入れガラガラ
してる時も水を流しっぱなし
・お風呂に入る時も、服を脱いでる時からシャワーを出しっぱなし。(シャワーを出してる事に
よって風呂場が温かくなってるらしい)
・暖房をつけっぱなしで違う部屋に異動し、そのままにしてしまう。
(2~3時間後戻って来て私が消してると逆切れ)
・カップラーメンを食べる時とかの水は浄水器の水を使えばいいのに、ミネラルウォーターで
食べる(水道水からの水は体に悪いとのこと)
・電気・テレビつけっ放しで寝てしまい、私が消すと逆切れ

他にも色々とたくさんありますが、今すぐ思いうかぶ事はこんな感じです。

これに関し、私が注意したりすると逆切れをされ「俺は働いてきてお前を食わせてやってる、俺は酒やタバコもしないんだから節約はしない」との事で毎日、ケンカ状態です。
私も、最近は水の流しっぱなしの音とか聞こえたり、電気つけっぱなしを見ると病気になりそうなぐらい腹が立つ状態です。

旦那の家はどちらかというとお金持ちで裕福。私の家は普通のサラリーマン家族なので
育ちも違いますが、やはり実家にいる時と同じ訳にはいかないですよね。
私が目をつぶって諦めるか、旦那が悪いか・・・どー思いますか?

教えて!goo グレード

A 回答 (10件)

価値観の違い・・かなあ、と思います。



きっと、あなたは、節約をがんばって、その成果を得る、ということが、楽しいんですよ。
「わたしたちホントに頑張ったね!!得したね!!だから旅行にも来れてよかったね。」
そういう夢があるのです。理解できます。

けれど、だんなさんには・・むしろ苦痛なのかもしれないです。

仕事から帰った後、家ではだらしなくしている方が楽。 生活の一部始終で頑張るのは、くつろげない・・。
疲れているのにくつろぐこともできない、そんな人生で何が楽しい・・・?
オレのことも考えてくれよ~ という心境ではないか、と考えます。


節約は、お金を稼いでいる行為に近いですから・・・
あなたにとっては、一種のやりがいのある仕事のようなもの、という感覚があるのかもしれないですね。
お気持ちよくわかります。

きっとあなたは、お仕事をすると、けっこう優秀な人なのでしょうね。
のんびり主婦でおさまりきらない頭の良さや、要領のよさがあるのでしょう。
節約→旅行 の夢も、一種の自己実現なのかな?とも思います。
節約以外のところに、あなたの自己実現を求めるのも、よいかと思います。



節約も、基本的にはよい心がけだと思いますが、
なによりも、夫婦のトータルでの幸せを優先するのが大切ですよ・・ ^^
今後も、旦那さんとの摩擦が起きたら、そういう視点で見られるとよいと思います。

あなたは頑張っているので、頑張っていない旦那さんにムカつく・・・
その気持ちはわかります。あなたは旦那さんとチームを組んで頑張りたかったのでしょうね。
ですが、ここに価値観の違いがあらわれました。
そのままでは、節約のために夫婦の絆が少しずつ壊れてしまう、そういう危険があります。

まず、節約を頑張ることを、しばらくお休みして、リラックスできることをしませんか。
自分が頑張らないで、楽しいことをしているとき、人は、他人が頑張らないで、楽しんでいることが、苦にならないんですよ。
家庭はくつろぎの場。リラックスが大事です。張り詰めていませんか。

どちらが悪い、ということではないんですよ。

あなたも旦那さんも、どちらも「自分はこれがいい」と思っていることをやっているだけです。
どちらも、よかれと思ってのことなのです。だから、両方、よい人です。

旦那さんも、きっと、節約を頑張ってしまったら、ストレスがたまってあなたに優しくできなくなるとか、よくない影響がいずれあるだろうと、考えているのです。
だから頑張らないでくつろぐことを「優先」しているのです。



>俺は働いてきてお前を食わせてやってる

これ、気になったんですね。

少なくとも、旦那さんは、認めて欲しい、ほめてほしい、感謝して欲しいのでしょう。
感謝されない自分の稼ぎを節約して何が楽しい、それぐらい好きに使うからな、そういう気持ちでしょう。


たぶん、旦那さんに、

「今日もお仕事してくれてありがとう。」
「あなたのおかげで、食べていけます。」

って、毎日言ってあげると、旦那さん変わりますよ。

うちの旦那は、私と結婚するまでは浪費家ぎみでしたが、結婚して彼の仕事を毎日ねぎらっているからか、今は節約に目覚めてきたところがあります。

旦那さんが節約家に変身まではしなくても、仕事に感謝してくれる妻に対しては、間違いなく愛情深くなるし、あなたの節約熱にも、今よりは理解を示してくれるようになるでしょう。



それと、何もしなくても節約できるアイテムを導入するとよいと思います。


美波動(Bhado)という製品を、うちは使ってます。
見た目はただの小さい金属板です。しくみはよくわかりませんが、ノイズを整えてムダをへらす?とか。

車のエンジンと、家の配電盤に貼ってます。10%ほど節約になるそうです。
1個5000円ぐらいですが、元はすぐ取れると思います。

私は健康・快適のために導入したので、金銭的にはチェックしてないですが。


大家さんの配電盤で、電気代込みなのですが、
「あなたたちが来てから、電気代が多いし、ブレーカーがよく落ちて困る」としかられたのです。
家賃を値上げされたら大変だ、と思い取り付けました。
取り付け後は、とくに節約もしてないですが、一度もそういうことがありません。
それに、配電盤につけたとたん、照明の電気が1割ほどパアっと明るくなりましたし、慢性の偏頭痛がやわらいだのです。

車は旦那ので、ガソリン代はチェックしてないのですが、エンジン音が少し静かになり、快適なったのはわかります。
    • good
    • 7

こんばんは。


うちも同じような状況でした…。
私は夫の実家に同居ですが、義母も夫も、節約なんてまったく考えたことのない人で。。。昔は裕福だったらしいのでそれでもよかったのでしょうが、今はもう訳あって財産も使い果たし、まったくそんなことはないので、とっても困ります。…でも、お嬢さん育ちの義母とその息子の意識を変えるのはなかなか至難の業です。
私はごく普通の家庭に育ちましたし、父の口癖は「省エネルギー」、母もやりくり上手のしっかり者だったので、
婚家では理解できないようなことが多くて、慣れるまでは相当イライラしました…。
例えば、冬、ストーブを使っているのに、部屋のドアがすべて開けっぱなし。廊下から玄関、階段まで、セントラルヒーティングが入っているかのようにぽかぽかです。夏は冷房が同じように…。
お湯をわかすのは電気ポット、朝から晩までスイッチ入れっぱなし。しかも飲むたびに再沸騰させる。
キッチンに洗い桶がなく、お皿を洗うときは最初から最後までお湯を出しっぱなし。しかも水流もかなり強く、ものすごい無駄。
お風呂のお湯は湯船いっぱい、溢れるくらいに張る。しかも、入浴時間がバラバラなので、1日に3回沸かしなおすことになる。
…書き出したらキリがないですが、ほんと無駄がい~っぱい。電気代もガス代も水道代もとっても高いです。
ホント、嫌でした。

でもね、育った環境の違いって、本当に大きいんです。そして、無意識の習慣なので、悪気があるわけでもないし、どちらが正しいっていうものでもないんです。考え方が違うので、責めても仕方がないんです。

私は、気にするのをやめました。節約は、私の価値観であって、その押し付けは相手にとって嫌なものだろうなと思ったから。
ただ、私自身は無駄遣いしないように気をつけ続けています。気になった習慣は変えています。
例えば、私自身は、ストーブやエアコンをつけるときはドアをすべて閉めます。お湯はやかんで沸かし、必要なときは電気ポットで保温だけします。使わないときはもちろんコンセントを抜きます。キッチンには洗い桶を置き、自分が洗うときは最低限の水で洗います。お風呂のお湯を私が張るときは、少なめに。私自身はできるだけ夫と近い時間に入ります。
でも、義母や夫に同じようにしてくれ、とは言いません。
ドアを締め切ってストーブをつけていたら、義母に「あら、あけておいたら家中あったかいのに」と言われましたが、「廊下とかに人がいるわけじゃないし、なんだかもったいない気がしてしまって…」と返しました。電気ポットは、「電気代が結構かかるらしいんですよねー。使っていないときはもったいないし、消し忘れて寝てしまいそうで怖いので…」といいました。ほかもそんな感じです。まぁ、夫が皿洗いをしてくれるときに横から蛇口を閉めたりして嫌がられたりもしていますが(笑)
ある意味実力行使ですが、おかげで義母も夫も少しずつ気をつけてくれるようになり、光熱費も私が嫁に来たときの半分近くまで減りましたよ。

コツは、押し付けないこと、責めないこと。「何が何でも、節約が善」みたいな意識を持たないこと。

他の方も書いていらっしゃいますが、節約して浮くお金なんて、大したことないです。そんな理由で夫婦が険悪になったり、精神的につらい思いをして病気になりそうになったりすることのほうがよっぽど無駄です。
前向きな改善策を考えて、無駄を減らしてもらう努力はしてもいいと思いますが、無理に強要してはいけないと思います。
もっと気を楽に持って、楽しく、仲良く暮らしてくださいね!
    • good
    • 9

男性ですが。



私も、別れた妻によく言われました。
おかげで、今は、電気のコードは、いつも抜いたり。冷蔵庫は、一度に物を出したり、全ての面で節約するようになりました。

でも、妻は、私のお金を仕事だとうそをいい、妻にとって宗教という仕事に使っていました。
おかげで、相当の難民が救われたことでしょう。

人の価値観は、色々です。

節約がいいと考えがちですが、お金は、使うためにあるので、世の中にとっては、経済効果に貢献しているともいえます。
お金は、働いて稼げばいいのですよ。

旦那さんに、世の中のためにも、たくさん使うために、もっと働いてくださいという考えもあります。

そんなことより、夫婦が仲良く幸せに過ごすことのほうが大切です。
もっと楽しい話をしたほうがいいと思います。
いつまでも仲良くしてください。
    • good
    • 7

#6です。

 すいませんが追加で。

わたしも、なぜか「坊ちゃんタイプ」と縁があるのです。
夫もそうです。(育ちが)
だからお気持ち、わかるような気がするのです。


あなたくらいの年のころは私も、バリバリの節約家でした。
わたしは実家がお金に厳しい家だったので、お金にたいして、必死な思いや執着がありました。


だけど、坊ちゃんタイプの人って、そもそも、お金に対して、私のような執着はないんです。
なんか、気が抜けちゃう感じじゃないですか?


で、よくよく観察してみると・・・ あくまで、「しあわせ」が目的、というか・・・
お金は、しあわせのための手段としてしか見ていない、というか・・・。
そもそも彼の頭の中は、お金を中心にまわってない、というか・・・。

まあ、考えてみれば、お金は人間の発明品ですからね。
お金があっても不幸な人が、世の中にはたくさんいることも知りました。

本当に欲しいものは、お金そのものではなくて、幸せのほうですし。
お金なくてもラブラブ幸せな夫婦の方が、よくないですか?


坊ちゃんタイプは、しあわせ上手だし、出すところではお金を出して、幸せを逃さないところがあります。
お金のことは、自分のところに引きとめよう、とか、あんまり強くは思ってなくて、天下の回りもの、て感じで見ているようでした。
人のためにもお金を使うので、出費もありますが、人と上手につながるので、入ってもくる・・・そういう流れがある、と感じました。


以前の私は、いつでも節約優先でしたが・・・自分のしあわせを優先していなかったなあ、と思いました。
親の価値観にしばられてたなあ、と思います。

節約志向のわたしにも、もちろんよいところはあったと思いますが・・・私は坊ちゃんタイプに、人生の幸せの感銘を受けました。

やがてお互いに影響しあって、相手は節約することを覚え、私はお金をしあわせのために使うことを覚え・・・となり、だんだん中間へ・・・という感じで、関係も変わりました。


そうやってお互いへの歩み寄りがあったのは、互いに相手の価値観への関心や、見習いたい・尊敬する気持ちがあったからだと思います。
それがなければ、「なんだコイツ」ってなってもおかしくないんですよね。全然べつの価値観ですから。


長くなりましたが、何かヒントになるものがあれば幸いです ^^
    • good
    • 7

お水に限って言えば、節約する意味ありますか?


領収書を見て、現在の水道料金と基本料金との差を調べましたか?

漠然とした節約はストレスになります。
水なら、20%減らせば2千円節約できるとか、
どこをいくら減らすか、調べて目標を立てましょう。

電気代なら使用量を減らす前に、プランを見直しましょう。
東京電力ならナイト8とか、いろいろあります。
TVを1時間消して2円も節約できるし、さらに
蛍光灯を1時間消して1円も節約できると旦那様に言いましょう。

家計の見直しは、詳細を知ることから始めなければなりません。
    • good
    • 2

質問者さまの方が考えを改めた方がいいのでは・・・・というのが、正直な感想です。



水道料金やガスや電気料金というのは、日々の節約程度ではそんなに変わりません。
一年間で旅行代金が貯まるほどの効果はありません。

それよりも、

>毎日、ケンカ状態です
>最近は水の流しっぱなしの音とか聞こえたり、電気つけっぱなしを見ると病気になりそうなぐらい腹が立つ

こちらの方が、結果的にものすごい「損失」をしていることに気付かれた方がいいですよ。

節約とかエコロジーを大切にしすぎて、対人関係が悪くなったり夫婦仲が悪くなったりする例は多いです。
それが原因で離婚したというケースも非常に多いです。(芸能人夫婦でもそういう例はたくさんあります)

ものを大切にすること、経済的な意識を持つことは大事ですが、それ以上に「人間の心」の方が大事ではないでしょうか。

ものやお金にばかり気を取られて、人間同士がうまく行かなくなって、ケンカしたり病気したりする方が、人生の無駄です。

実際、男の人は外で働いてきて疲れてますから、家でくらいゆったり過ごしたいのです。
家庭を守る妻としては、夫が家で居心地良く過ごさせてあげることも、仕事のうちではないでしょうか。

夫が稼いだお金で水も電気も少し贅沢に使わせてもらえる、その恩恵に感謝しながら、夫婦で仲良く暮らして心が満たされて、夫はさらに仕事を頑張れる、その方が結果的に家庭の経済もぐんとUPしますよね。


質問者さま、大切な物を失くしてから後悔しないように、今、本当の幸せは何かを、考え直してみることをお勧めします。
    • good
    • 7

私の夫もそんな感じです。


逆切れしたり「食わせてやってる発言」はないですが。
節約しない事より、そういうことの方が私なら嫌だと思います・・。
夫の家は、よくは知りませんがそれなりに土地、財産があるのでしょうか、
姑は「あんた達は貯金なんてしなくていいの。
お金のことでギスギスしてはだめ。毎日朗らかに暮らさなきゃ~」っていう人です。
この言葉を聞いて気が抜けてしまいました。
そういう家庭で育った人に何を言っても無駄だと悟ったのです。
私は母の「もったいない」という言葉を聞いて育ちました。
私は出来る限りは節約したい、無駄な出費は抑えたいと思いますが、
夫に強要はしていません。
夫は私のことを「セコイ」と言いますが、普通だと思っています。
夫はいつもジーンズのポケットに小銭を入れているので、
時々内緒で100円、200円といただいています。
夫は全く気付いていません。
(お金に対しては鷹揚な人だと思います。
それもまぁ良い所ではあるかも。)
ある程度貯まったら何か買ってあげようと思っています。
(夫のお金なのに「買ってあげる」は無いですね)
それか旅行費用にするか・・。
    • good
    • 3

我が家も同じような感じです。


節約節約、と言ってる私に非協力的な夫、協力しないだけではなく本当に電気や水、ガスも無駄遣いをしてくれます。
更にたちの悪いことに、お金も無駄に使ってくれます。なんでも買いたがります。貯金をしようとする私に講義ばかり、給料日は外食だとかボーナスも全額使うつもりでいます。貯金したいってお願いしないとさせてくれません。

お金は使うものであり貯めるものじゃない、と。
いざって時にお金がないと困ると訴えても、そしたら借りればいいと安易に借金を進めます。実際に借金というかローンを組むことは全く平気で恥ずかしいこととも金利が無駄なこととも思ってません。

それでも最近はずっと訴え続けた甲斐あり、理解を示してくれるようになりました。
私の節約癖も移ったのか、子供が電気つけっぱなしだと注意してくれたり、自分も可能な限り節約に努めてくれるようになったり。
もちろん貯金の大事さもわかったようだし、ローンは絶対に組まない!という私の力強い宣言も納得してくれてます。
それでも相変わらず無駄に熱い温度設定のシャワーを流しっぱなしにしてたり、テレビも部屋の電気も暖房もつけっぱなしで朝まで寝てたりしてくれますが。

ちなみに我が家は平均年収から言うと裕福です。共働きですから旦那に養ってもらってるとは思ってません。そんな我が家でも節約は大事!と思ってます。
あまり口うるさくいうのはよくありませんが、だからって旦那さんの好きにさせてやれば?とは思いません。
これから長い人生、共に生きていくのであればそういう価値観がぜんぜん違う相手ではしんどくなってしまいます。
私は今でもアレコレ口うるさく言い続けてますが、旦那が少しずつ変わってくれたので私も譲れるところは譲るようにしました。まぁ妥協ですが、旦那ばかりが私に合わせるのもかわいそうですからね。
お金の使い方や意識がかなり改善されたことで私の気も済んだというところでしょうかね。
    • good
    • 2

59歳の主婦です。



節約、節約で 喧嘩してたら 旅行どころか、本末転倒のように思えますが。

先日、さんまさんの番組を見てたら、お笑いタレントの北陽の

新婚の虻川さんが「私が洗濯でお風呂の残り湯を使おうとすると

夫が嫌な顔をする」と話したら、さんまさんを始め、他の女性タレント

さん達も「洗濯にお風呂の残り湯は使いたくない」と言ってました。

さんまさんが 「風呂の水くらい つかわんでもいいじゃないか!!

その分 稼げばいいじゃんか!!」と言ってました。

他の女性タレントさんもほとんど皆さん さんまさんの意見に頷いてました。

出席者は 松居和代さん、堀ちえみさん、北陽のおふたり、柴田理恵さん、、とか

(後は覚えてません。あと5~6人)


私の友人が 言ってたのですが、

お水やお湯をザーザーと使うと 豊かな気分になる、、と。

まぁ、エコの観点からみれば 貴女は素晴らしいと思いますし、

地球上には、今でも たった1杯の水を飲むために 井戸まで

汲みにいかないといけない国もありますが、

ありがたいことに日本は水に恵まれています。

恵まれてることに感謝しながら 恩恵を充分に受けられたら

どうでしょうか?

水道代って ある程度までは、使っても、使わなくても

同じ料金ですから。

そんなことで 御主人を怒らせなくてもいいと思いますよ。

御主人が留守の時、貴女が節約すれば トントンだと思いますが?
    • good
    • 4

旦那の稼ぎが平均年収より良ければ(400万以上)多めに見てやってもいいかもしれません。



ギャンブル酒、煙草に使うよりかよっぽど健全的です。

そのような男性はあまり居ません。

そのような小言でストレスを貯め、悪い物を覚えるよりか、そのくらいは許してやってもいいかもしれません。

完璧な男性もいなければ完璧な女性もいません、許せるぐらいの欠点は許しましょう。

※貴方の省エネ志向は大変よい事です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング