ノーベル賞受賞者といえば、今では、益川敏英博士や、田中耕一氏が有名ですが、
昔は湯川秀樹博士が圧倒的に有名だったと聞きます。
湯川博士が有名だったというのは、だいたいいつ頃までのことでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。



日本人ノーベル賞受賞者を全部書くと、古い方から順に

湯川秀樹
朝永振一郎
川端康成
江崎玲於奈
佐藤英作
福井謙一
利根川進
大江健三郎
白川英樹
野依良治
小柴昌俊、田中耕一
南部陽一郎(受賞時アメリカ国籍)、小林誠、益川敏英、下村脩
根岸英一、鈴木章

です。

実はつい最近、仲間内数人で、以上の中でどれだけ覚えているかが話題にしたのですが、
私以外の数人から、フルネームがすぐに出てきたのは以下の6名だけです。

・湯川秀樹
  ⇒ 日本人初だから。

・川端康成
  ⇒ 文学者として、特に「伊豆の踊り子」の著者として有名だから

・小柴昌俊、田中耕一
  ⇒ 初のダブル受賞だったから。その後、小柴さんがテレビに出まくったから。
    田中さんが会社の作業着で記者会見に臨み、途中で奥さんからケータイにかかってきた電話に出るなど、小市民的行動に国民が好感。

・南部陽一郎、益川敏英
  ⇒ 益川さんの「ばんざーい・・・ってなんかしないよ。」のパフォーマンス。
    そして、記者会見で「南部先生と一緒に受賞できたことが・・・(涙)」。

いちばん新しい、「根岸英一」、「鈴木章」の両名のフルネームが、すでに忘れられています。
その代わり、「パデュー大学」、「北大から初のノーベル賞」というキーワードだけは出てきましたが。

>>>湯川博士が有名だったというのは、だいたいいつ頃までのことでしょうか。

いまだに、ずば抜けて有名な受賞者の一人です。
    • good
    • 0

今でも圧倒的に有名です。



これまでのノーベル賞受賞者は ANo.3 さんが示していますが、その当時は騒がれても数年もたつと一般的には『ほらほら、あの一般企業でノーベル賞とった人~』になってしまいます。

その中で、小学の日本史に必ずフルネームが出ている『湯川秀樹』は別格です。一過性の「有名」ではなく、小学生からお年寄りまで男女問わず知っているわけですから。
    • good
    • 0

昭和までです♪

    • good
    • 0

湯川秀樹博士は、日本で最初のノーベル賞受賞者ですから、度合いこそ少なくなれど、その名は忘れられることはないでしょう。

    • good
    • 0

いまでも十分に有名ですけど……。



あなたのいう「有名」と「有名じゃない状態」の
区別を教えてもらえないと答えようがないですよ。

ただし、ノーベル賞受賞者の累積数が増えていく以上、
ひとりひとりの有名度合いは年々下がっていきますよね。

「19XX年:有名だった湯川秀樹博士が有名でなくなる」
と年表に書けるような状態を規定するのは無理でしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報