宇宙というシステムの中で、なぜ人間という存在があるのかがわかりません。

たまたま、生物が生きることができる条件が揃った地球という星が生成されてしまったために、結果として人間というものが生まれただけのことでしょうか。

システムとしての宇宙を考えたら、人類の他、生き物など存在しないほうが自然なことのように思います。
なぜなら、エネルギーを消費し廃棄物を生成し、地球という星の生命を短くし宇宙を汚しているだけの存在のように思えてならないのです。

それとも、偶然発生した人類が単に宇宙のシステムに反してそんな愚かなことをしているだけなのでしょうか。
もしそうなら、人間の存在などは一時的なものに過ぎないということになります。

何もない方が宇宙のためになると思うのですが、どのように考えたらよいのかご教授ください。

与えられた人生を精一杯生きるためだ、とかいう路線(笑)の意見以外で聞きたいです。

ちなみに、システム的には人類などいない方が自然と思いますが、私の感情ではいない方がいいと悲観的に思っている訳ではありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

>なぜなら、エネルギーを消費し廃棄物を生成し、地球という星の生命を短くし宇宙を汚しているだけの存在のように思えてならないのです。



宇宙的に見えれば、それ自体が「どーでもいい次元」なんですよ。
廃棄物・汚してるっていうけど、宇宙的に見ればそんなことありません
地球で「毒」でも宇宙的に見れば「ただの1物質に過ぎないんです」


>それとも、偶然発生した人類が単に宇宙のシステムに反してそんな愚かなことをしているだけなのでしょうか。
もしそうなら、人間の存在などは一時的なものに過ぎないということになります。


宇宙のシステム?あのー宇宙のシステムとは?
何が有意義で何が反するかは「人間の判断に過ぎないんですよ」
宇宙のシステムとして考えれば、「アリが何をやって構わん」程度なのでしょう。(人としては別ですけど)


>何もない方が宇宙のためになると思うのですが、どのように考えたらよいのかご教授ください。

意味不明です。宇宙が何の為に物質を作成し、空間を広げ、何を目的とし、何が紀元なのか
そんな事は10000年かかっても解かる保証はありません。
ましては、1人間が「汚い人間など居ない方が良い」なんて考えるのはテロリストと変わらん「危険な思考です」

宇宙にとっての「有意義・無意味」は1人間が考えるような事ではありません。
ていうか、宇宙にとってとかより
1人間として「何が正しいか」判断して生きればそれで充分でしょ
で、あなたが正しい事をすれば、尚良いんじゃないですかね
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

人間が宇宙の判断をすること自体が、無意味であるということでしょうか。
ヒトを基準にして考えることが、自惚れた行為であると思いました。

お礼日時:2003/09/10 21:48

科学では解き明かせない謎の一つですね。


似たように解き明かせない謎の一つとして、なぜ人間は悩むのか、というのもあるようです。

あなたはなぜ、そのことを悩んでいるのですか?
それを科学的に解き明かしていく必要があるのですか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

必要がなくても本質を知りたいと思いませんか?

「へぇ~」っていう、不必要な知識が嬉しいものです。

お礼日時:2003/09/10 22:03

そういう質問そのものが、実に人間的です。


自己の存在理由を探求してしまうのが人間という生き物です。というふうに、素直に考えましょう。
宇宙のためとかいうのは、偽善とまではいわないにしても、未熟な考え方です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

特に、宇宙のために・・・とは考えているわけではないのですが。

お礼日時:2003/09/10 22:00

ここでの「宇宙というシステム」とはどのようなものでしょう。

人間も他の生物も自分の星の自転すら支配できてはいません。「エネルギーを消費し廃棄物を生成」というのも太陽とかの恒星がエネルギー的には、ほぼ100%を占めているでしょう。生命はその失われるエネルギーを細々と利用しているだけです。「廃棄物を生成」が重要なのは生命体にとってのみですし。エネルギー普遍の法則というのもありますし。
 基本的に、ここでの「宇宙というシステム」というのは仏教での「法」と同じものではないかと思います。「輪廻転生」に置き換えた方が考えがまとまるのではないでしょうか。ちょっとカルト宗教じみているように感じます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

自分は「エネルギーの消費=悪」と考えていたようです。

お礼日時:2003/09/10 21:57

あなたは、宇宙に関する基礎的な式知識が絶対的に不足しています。


最低限、ビッグバン宇宙論、インフレーション宇宙論、一般性相対性理論の基礎知識がなさ過ぎます。
>「宇宙というシステム・・・わかりません」
とおっしゃていますが、「宇宙というシステム」とは、「何か」を平易にこたえられますか?
人間を考える前に、自然科学の基礎はきっちり理解しておくと、良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

自然科学の知識を得た後に、人間の存在を考えると容易に回答がでてくるということですか。

ということは、宇宙物理学者=哲学者 なのですね。

お礼日時:2003/09/10 21:52

そもそも宇宙のためだとか宇宙のシステムなどど考えるのは人間の勝手で、人類がいようがいまいがそれが宇宙に対して与える影響はないと思います。



太陽などの恒星は、膨大なエネルギーを消費し,周囲に放射線を撒き散らしています。宇宙のためを考えるのなら、これは悪いことになってしまいますよね。それに比べたら,人類が活動することで消費するエネルギーや廃棄物などは微々たるものですので、星が光るよりもよほど宇宙のためになります。

それなので、宇宙のためとか宇宙のシステムといった考えを捨てた方が、より有意義な結論にたどり着けるのではないでしょうか?

>たまたま、生物が生きることができる条件が揃った地球という星が生成されてしまったために、結果として人間というものが生まれただけのことでしょうか。

ただそれだけのことだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

宇宙のために人間は必要ないと考えている訳ではないのですが。

>ただそれだけのことだと思います。
人間の存在を、哲学的に考えようとすること自体が間違っているということでしょうか。

お礼日時:2003/09/10 21:41

あなたの質問は最初から哲学においての回答を拒否してるように感じます。

 違いますか?

勿論、この宇宙で偶然有る条件が揃って、単細胞生物が生まれ、軟体動物やら、甲殻類やらの栄える時代があって、今、脊椎動物の中で一番脳味噌が発達した「人類」が栄えているだけであって、そんなことは「地球のため」になるとか、「宇宙のため」になるとか言う問題では全く無い。

これはあくまでも宇宙や地球が出来る過程での偶然の産物にしか過ぎない。

人類がいるほうが自然であるとかいないほうが自然などという、そんな問題では勿論ない。

あくまでも其処に有った物質と、ある種の条件による必然と、偶然の産物以外のナニモノデモナイ、と思いますよ。

これは哲学ではなく科学の問題ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>哲学においての回答を拒否してるように感じます。
そんなことはないのですが、どうしてそのように思われたのか逆にお聞きしたいです。
文章のどの部分で?

科学的にみれば単なる偶然が重なっただけの事実ですが、これを哲学的に考えるとどうなのかが知りたかったのです。
(哲学的に考える必要はないというご指摘をも含めて質問しました)

よって、あえて「哲学」のカテゴリで質問させていただきました。

お礼日時:2003/09/10 21:33

質問内容が難しくて、なんと言ったらよいかわかりませんが。



<なぜなら、エネルギーを消費し廃棄物を生成し、地球という星の生命を短くし宇宙を汚しているだけの存在のように思えてならないのです。
<それとも、偶然発生した人類が単に宇宙のシステムに反してそんな愚かなことをしているだけなのでしょうか

たまたま発達して地球を支配しているのが人間であって、それが違う生き物の爬虫類だったとしても同じように地球を汚す存在になったと思います。
地球を汚す生物も宇宙の中では必要な要素だとか?
あるお芝居の台詞でこんなのがありました。
「私は正義だ、しかし悪があって正義が成り立つ。悪が無ければ正義は存在できないのだ。」
???よくわからないけど、そうだよね。と妙に納得してしまう台詞でした。

自分で書いていてよくわからなくなってきました。
(?o?)
お求めの回答になりましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

「人間は宇宙における必要悪な存在」ということでしょうか。

お礼日時:2003/09/10 21:23

>たまたま、生物が生きることができる条件が揃った地球という星が生成されてしまったために、結果として人間というものが生まれただけのことでしょうか。



>それとも、偶然発生した人類が単に宇宙のシステムに反してそんな愚かなことをしているだけなのでしょうか。
もしそうなら、人間の存在などは一時的なものに過ぎないということになります。

 私は、全くその通りだと思います。
 生物の生きる目的は、「DNAを継承し続ける事」にあり、単にそれだけです。
 DNA継承戦略のバリエーションとして、細菌とか昆虫とか哺乳類とかが有るのでしょう。
 生きる意味なんて、後付けの理屈ですよね。何か意味が無ければ虚しいので、無理に説明しているのだと思います。
 自ずから種の寿命がある訳で、恐らく、人間と言う種の寿命はとても短いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。
どこかのTV番組で、おっしゃる同様のことを言っていたことを思い出しました。
そうすると、単に人間はDNAを継承させるためのキャリアですね。

お礼日時:2003/09/10 21:20

私はこの世の中は「シムシティ」なんだと思います。


私たちはシムなんですよ。
んで、誰かがコントローラー握って
楽しんでるんですよー絶対。

だから、戦争や天災も無くならないのでは。

ふざけてないです。いつもそう思っています
    • good
    • 4
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。
そのコントローラ、最近は壊れかけていると思いませんか?

お礼日時:2003/09/10 21:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q内面の腐った蛆の湧いている人間の特徴を教えてください

内面の腐った蛆の湧いている人間の特徴を教えてください

Aベストアンサー

既に死亡して、死後の月日がそこそこ経って放置されている。

Q宇宙、エネルギー、地球、人類が存在するのもただの自然の偶然の成り行きな

宇宙、エネルギー、地球、人類が存在するのもただの自然の偶然の成り行きなのでしょうか?

Aベストアンサー

近年の物理学の進歩により、世界の認識に対して非線形現象の分析に基づいた「分岐の理論」と言う捉え方が重要であるという認識を人類は手に入れております。現象の安定性を調べて行くと、その現象を記述する方程式に現れる定数(これをパラメーターと呼ぶこともある)変えて行くと、今まで安定だった事象が、あるパラメータの値(閾値という)で不安定に変わり、その閾値の値より大きい所で、二つの新しい安定点が現れてくることが判りました。そこで、その系はそのどちらかの安定点に遷移しなくてはならないのですが、これが完全に非決定論的で、どちらに移るかはサイコロを振るのと同じ程度に確率的に起こります。それは、そのバラメーターが閾値より十分小さいか、あるいは十分大きいと、現在の事象の回りの揺らぎの幅は大変小さく、実質的に無視出来るのですが、閾値の回りではその揺らぎは大変大きくなり、その結果どちらの安定点に移行するかが非決定論的になるのです。

例えば、貴方が今日何処かに出かけようと考えた時、私鉄で行くか、JRで行くか二通りの選択肢が在ったします。その時、貴方が異姓を見る時に放出するホルモンの状態が特別な場合でない時には、どちらで行くかは貴方の人生に殆ど何の影響も与えないでしょう。ところが、そのホルモンの分岐量と言うパラメーターがある閾値近傍にあった場合、たまたま私鉄で言ったおかげで、普段好意を抱いていた異姓に遭遇出来た場合、それが切っ掛けで貴方は恋に陥り、その人と結婚するかも知れません。しかし、たまたまJRで行ったとすると、その方と遭遇出来なかったので貴方は全く別な人生を送ることになるかもしれません。この時に重要なのは、貴方のホルモン分泌量がある閾値近傍にあったことです。その結果、貴方のその後の振る舞いに関する揺らぎが増幅され、どちらの安定点に遷移するかが完全に非決定論的になってしまうのです。一方、貴方のホルモンの分泌が閾値よりずっと離れていた場合には、その日に私鉄を使ったかJRを使ったかで貴方の人生が決定的に変わってしまう訳ではなく、たとえその異姓に合えようが合えまいが、どちらかと言うと予測可能な決定論的な振る舞いをすることになります。

以上のことから、貴方の存在はほとんどの場合偶然の成り行きではなく、決定論的に予測可能なのです。ところが、上の例のようなホルモンの分泌量や、あるいは他の例では貴方の給料の額など、貴方を規程する外部パラメーターがある閾値の近傍になって来るような稀な状況では、貴方は完全に偶然の成り行きで支配されてしまうと言うのが、非線形数学に基づいた近代物理学の認識です。

近年の物理学の進歩により、世界の認識に対して非線形現象の分析に基づいた「分岐の理論」と言う捉え方が重要であるという認識を人類は手に入れております。現象の安定性を調べて行くと、その現象を記述する方程式に現れる定数(これをパラメーターと呼ぶこともある)変えて行くと、今まで安定だった事象が、あるパラメータの値(閾値という)で不安定に変わり、その閾値の値より大きい所で、二つの新しい安定点が現れてくることが判りました。そこで、その系はそのどちらかの安定点に遷移しなくてはならないので...続きを読む

Qきゅうりって腐ると白い液体が出るものなんですか?

先日野菜室で保管していた胡瓜を切ろうと思い
取り出すとなにやら回りに白い液体が付いていました
一部分ではなく全体に満遍なく付いていました
母に聞くと腐ったのだと言っていたのですが
胡瓜って腐ると白い液体が出てくるのでしょうか?
でも一緒に保管していたもう一つの胡瓜はなんとも
無かったんですが・・・・
匂いは良く分かりませんでした
回答お願いします

Aベストアンサー

キュウリが大好きで東京でひとり暮らししていた頃も
八百屋さんに毎週1箱(50本でした)を定期予約して
いたあおくま一哉です(笑)。

キュウリは腐ってくると、白い液体がでてぶよぶよしてきます。覚猷私もいままでに年間2,3本ダメにしてしまったことがあります。
個体差なので全部一斉にダメになることはないのですがダメになった物といっしょにしてあると続々連鎖してダメになるのでこまめにチェックしてあげてください。
うちでは5本くらいずつ新聞に来るんで野菜室へ入れています。帰ってきたら1本かじりながらスーパーで買った物を冷蔵庫に入れ次の1本をかじりながら料理をして
キュウリの浅漬け、サラダなどさくさく料理してキュウリをしこたま食べています。

Qなんのために宇宙は人類を誕生させた?地球環境破壊しているだけじゃないの?人って。

なんのために宇宙は人類を誕生させた?地球環境破壊しているだけじゃないの?人って。

つまり、害悪じゃないの?人って。

人が自然環境破壊しているのなら、宇宙も自然そのものなのだから、

人が宇宙を破壊しているのと同義じゃないの?

なんのために人類は存続しているの?

Aベストアンサー

恐らくな回答です。

自然は循環します。その循環のために生まれたのではないかと。

植物は二酸化炭素を取り込んで酸素を発生させます。でも実は酸素は高濃度では毒なのです。酸素を消費して減らす存在が必要になります。それが生物なんだと思います。勿論、生物も循環しなければなりませんから、食物連鎖等出来たんだと思います。

陰陽道の陰と陽のような相反対するもので調節を図っているのだと思います。

人類も度かが過ぎれば必ず他からの抵抗が発生するのではないでしょうか?(最近の温暖化やインフルエンザとか)世の中は実はうまい具合に回っている。

Q車に長期間乗らないと、ガソリンが腐るって本当ですか?

自分には2週間に一度しか乗らない車があるのですが、友人から「ガソリンを時々交換しないと腐ってしまって、エンジンに悪い影響を与える」と言われました。
一度スタンドの人に聞いてみたのですが、「腐ったりしないよ」と一笑されてしまいましたが、とても気になって仕方ありません。
ガソリンが腐るというのはどういうことなのでしょうか?また、ガソリンの使用期限ってどれくらいなのでしょうか?
そんなに気にしなくていいのでしょうか?

Aベストアンサー

 ガソリンが腐る? そんなバカな話しを誰が吹聴したのでしょうか? ガソリン自体は腐る事はありません。
石油精製会社でガソリンを作っていた当事者から断言致します。
ガソリンは原油からの精製油の混合物で、主な物はナフサ、トルエン、ブタン、ブチレン、アルキレート等が混合されています。これらの混合比の違いでレギュラーとかハイオクに区分されるのです。ガソリン自体は無色ですが、直ぐガソリンと分かるように色(赤)を着けています。(青いガソリンや黄色いガソリンも存在しますが、日本の乗用車用には使われていません) また、昔はアンチノック剤として四エチル鉛(猛毒の液体)が混合されていましたが、現在日本では使用されていません。ただし、輸出用として今でも四エチル鉛入りのガソリンは日本でも作られています。
 さて、reisonさんは2週間に1度位しか車に乗らないと言う事ですが、それで今まで車がトラブッた事がありますか? ガソリンの問題でトラブッタ事はない筈です。それほど、ガソリンと言うのはシビアな品質管理の中で作られています。 しかし、気を付けて欲しいのはガソリンの中にも多少の水分が存在します。その水分がガソリンタンク内で水滴となり、タンク表面が腐食(錆)されたり、錆が原因でフィルターがつまったり、燃料ポンプが故障したりします。それがガソリンが腐ると言う風に伝わって来たのではないでしょうか? 梅雨時などガソリンスタンドで水抜き剤を進められた経験はございませんか? タンク内の水を無くす作用のものですが、これはアルコールで出来ていて、水をアルコールに溶かしてガソリンと混合させて燃焼させると言うもので、タンクから外に水を排出すると言うものではありません。(間接的には燃えてなくなるんですが)
 また、長時間タンク内でガソリンを放置するとこの水が腐ってしまいます。ですので、ガソリンが腐るのではなくて水が腐るのです。
 食用油と水を容器に入れて攪拌して見て下さい。食用油が白く濁ります。これと同じ減少がガソリンタンク内でも起こり、ガソリンが腐ったように見えるのです。 もう一度断言します。ガソリン自体は腐る事はありません!
 これでお分かりいただけたでしょうか? 

 ガソリンが腐る? そんなバカな話しを誰が吹聴したのでしょうか? ガソリン自体は腐る事はありません。
石油精製会社でガソリンを作っていた当事者から断言致します。
ガソリンは原油からの精製油の混合物で、主な物はナフサ、トルエン、ブタン、ブチレン、アルキレート等が混合されています。これらの混合比の違いでレギュラーとかハイオクに区分されるのです。ガソリン自体は無色ですが、直ぐガソリンと分かるように色(赤)を着けています。(青いガソリンや黄色いガソリンも存在しますが、日本の乗用車...続きを読む

Q自然破壊を行う人間、人類って、何?

自然破壊を行う人間、人類って、何?でしょうか??

他の動植物、他の存在・・・石ころとか、岩石とかは・・・・

「自然と調和」しています。

でも、近年、特に産業革命後の、人類は・・・「ひどい」の一言でしょう????

そんな、「自然破壊する存在」って、「存在価値ある」のでしょうか???

Aベストアンサー

生態系の恒常性の観点からして、自然破壊は悪だと言えますが、
たとえばCO2の増加による温暖化は自然破壊かというと、
かつて恐竜が闊歩した時代にはCO2が多く、その温室効果の
高温多湿による豊かな植生において、恐竜は繁栄し得たのです。
だが、その「豊かな植生」により枯れた植物の分解が間に合わず、
堆積したまま地中深くに埋もれ、石炭や石油になったのです。

その大量のCO2の固体化によりCO2濃度は低下し、寒冷化
して植生が貧相になり(あるいは寒さに強い針葉樹になり)、
恐竜は、隕石滅亡説の時期の前に、既に多様性と個体数が減少
していた事が、化石から知られています。
つまり、今の現状自体が「自然破壊」の結果だと言えるのです。
植物にとって人類は、本来自然の物質循環の中にあった炭素が、
地中に埋もれて使えなくなっていた物を、苦労して掘り起こし、
再び植物が光合成に使えるようにCO2に分解してくれている
救世主なのです。

もちろん、現在の自然環境に適応している生物にとっては、
自然破壊であり、自己の生存を脅かすものかも知れませんが、
長期的な生態系の豊かさ・多様さという意味では、必ずしも
環境の変化=悪ではありません。
地球上の生態系の本質は、日光によって励起された化合物の合成
(光合成=植物)と分解(消化=動物)の連鎖反応です。植物が
成長(合成)するために、二酸化炭素と水、窒素などの化合反応の
材料が必要であり、動物抜きの分解(紫外線による分解や大気中の
酸素による酸化)より、動物による能動的摂食と生化学反応的酸化
による、高速の分解の方が、有効なのです。
生命の進化とは、いかなる“強い種”の創出でもなく、地球に降り
注ぐ日光が輻射によって再び宇宙に還って行くプロセスに於ける、
生態系としての多様化=地球上の熱容量(物質循環量と速度)の
増大だと言えるのです。

生態系の恒常性の観点からして、自然破壊は悪だと言えますが、
たとえばCO2の増加による温暖化は自然破壊かというと、
かつて恐竜が闊歩した時代にはCO2が多く、その温室効果の
高温多湿による豊かな植生において、恐竜は繁栄し得たのです。
だが、その「豊かな植生」により枯れた植物の分解が間に合わず、
堆積したまま地中深くに埋もれ、石炭や石油になったのです。

その大量のCO2の固体化によりCO2濃度は低下し、寒冷化
して植生が貧相になり(あるいは寒さに強い針葉樹になり)、
恐竜は、隕石滅亡説...続きを読む

Qプラスチックが腐る又は弱くなる素材(液)って何ですか?

プラスチックが腐る又は弱くなる素材(液)って何ですか?

Aベストアンサー

ビールのアルコールは5%、ほとんど水です(^^;

 燃料用や消毒用の100%のアルコール使ってください、0.1mmぐらいの薄いプラスティックだったらフニャフニャになります。

素材によっては、まったくフニャフニャにならない場合もありますけどね

Q宇宙はビッグバンから始まって、地球環境も偶然自然にできあがって、生命は

宇宙はビッグバンから始まって、地球環境も偶然自然にできあがって、生命は海から偶然誕生して、人間は猿から進化した進化論を、真実だと思いますか。

それとも、全智全能の存在(神)が、すべてを創造と思いますか。

他の考えのある方も教えてください。

Aベストアンサー

ビッグバンの事は多分、宇宙が膨張し続けているから、最初はこうだったのではないかという
推測に過ぎないと思いますよ、断言は出来ませんけどね
まだそう言う段階ですから人間がどうやって出来たかなんて分るのはまだまだ先の事ですね
存在する確率はものすごく小さいんですよ、だから何らかの力が働いて出来たと思うことは自然
な事なのです、それを神とか創造主とかよんでいるだけの事ですよ
まあ、個人的には神を信じてますけどね・・

Qガソリンが腐るってどういう事でしょうか?

車の事ではありませんが、エンジンに関する事なので、このジャンルに質問させて頂きます。
工事現場などで使う小型発電機やプレート転圧機など小型ガソリンエンジンを搭載した機械で長期使用しないときにほったらかしにしておくとガソリンが腐ると聞きましたが、ガソリンが腐るとは具体的に何がどうなるのでしょうか?
燃料コックを閉めておいたり、使わなくても定期的にエンジンをかけてやれば腐らずに済みますか?
また、軽油もガソリンと同じように腐りますか?

Aベストアンサー

「変質した」という事の「形容のし方」を「腐る」とクルマ業界では昔から使ってるだけです。で、一度燃料タンクに給油したものでは、定期的な始動などしてもムダです、低温で酸素にも触れずといった保存状態で無いと変質します。
そして、たいていの人は(私も)変質したガソリンに新しいガソリンを足して薄めれば・・・皆、一度は失敗してます。ガム質の変質したモノは、ゲル状でそのままポンプやインジェクター、ジェットに入ってしまい調子を崩しFライン全ての掃除といった憂き目に遭い、余分な作業までしています。
他の方が仰る「独特の香り」を嗅いだなら、迷わず全量入れ替え!ひどい時にはタンク内を洗浄してからと、アドバイスします。
どうも、燃焼後に有害成分?の少なくなる様な技術からか、ガソリンの変質が早くなったようです。経験ではタンクに少量しか給油せず、使用が少ないクルマの方が変質が早いです。去年の夏のように「高温多湿」で長期間置くと、春~秋でもう変質してしまう事も有りました。もっとも不経済なカンジですが、満タンのほうが変質はし難いです。
軽油や灯油はガソリンと比べれば、変質は遅いです、揮発性が低いほど助かるみたいです。が、家庭用のファンヒーターに「去年の灯油」は不可ですね!

「変質した」という事の「形容のし方」を「腐る」とクルマ業界では昔から使ってるだけです。で、一度燃料タンクに給油したものでは、定期的な始動などしてもムダです、低温で酸素にも触れずといった保存状態で無いと変質します。
そして、たいていの人は(私も)変質したガソリンに新しいガソリンを足して薄めれば・・・皆、一度は失敗してます。ガム質の変質したモノは、ゲル状でそのままポンプやインジェクター、ジェットに入ってしまい調子を崩しFライン全ての掃除といった憂き目に遭い、余分な作業までして...続きを読む

Q現実世界=宇宙=地球全体は、人間の意識が創造している?

現実世界=宇宙=地球全体は、人間の意識が創造している?

まぁ、私からすると、他人に、意識があるノカどうか??謎過ぎるのですが。

というのも、幻覚多発。

1,公園の椅子にボロ椅子追加。他人は気づいてない。私だけ。

2,幻覚の建物出現。幻覚Wikiに「建物」追加したのは、私。
しかも、幻覚=本当は無い。
だが、幻覚の建物の幻覚のドアを開けて、入る
=本当は、本物の壁があるので、ドアを開けて進もうとしても、ドアにぶつかる。

などからすると、私=特殊だ。その他理由はあるが書けない。

つまり、私=救世主?謎だ。敵はいるのか?謎だ。

だが・・・・・・・・・。

さて・・・・・・・・・・。

そんなわけで、他人に意識があるのか?謎だが、、、

人間1人1人が創造主、というオカルトがある。

バシャールによれば、地球が無限に、人の数だけ存在する?

で、最近私は気づいた。

FEZというネトゲ。

戦場。

50人vs50人=合計100人で戦う。

戦場は、布告しないと始まらない。

布告は、「自分1人」で行う。今は。

その後、その他4人が、戦場設置に、「合意」すると、

戦場が発生する。

その後、敵、味方が、入りたければ、入れる。その戦場に。


これって・・・・・・・・・・・・・?

もしかしたら、現実世界そのものかもしれない。

まぁ、人間の脳=フィルターで、現実を選んでいる、らしいのだが。

この辺の情報は、重要なのに、あまりない。

「人間1人1人が合意した、現実を、、、、」???馬鹿なのでわからないw


まぁ、ともかく・・・・・・・・・

「A=私の現実世界がある」
と、
「地震が今日実際に起きた」が、「地震が起きてない世界」と、「地震が起きた世界」
の、2つに分岐している?(ダ・カーポなどのゲームで、分岐がキーワードになっている。)

どんどん、世界が・・・分岐していっている???最適解?

さいてきかい。サイ、敵、かい?・・・w

もしかしたら、「すでに、世界が核戦争で滅んだ世界」も、あるのかもしれない。

(現実で私のDropboxフォルダに、、、、核か何かで汚染された少年の動画あった。すぐ削除してしまったが。)

そうなると・・・・・・・・・・

まぁ、「私の現実世界」が、最適のはずだから、私の世界に、皆、入れば良いのにな???
っと思う。。。一応世界平和だし。

ただ、去年ぐらいから、タイムウェーブゼロ理論よろしく、時間加速で?・・・・
変なニュース多い。特に、オレ的ゲーム速報@Jinってところ。変過ぎるので、最近は、あまりみないようにしているが。敵?私の?Jin=神だし。怪しい。まぁ正義か悪か謎。

何はともあれ、、、「自由」vs「不自由」なのだ。。
自由=大金持ちvs不自由=貧乏人。どっちが、幸せなのか????だ。

キルラキルによると、お金持ちはだめ。しかも感動さそってる。

でもそれは、潜在意識がアニメも創っているのだから、、、、お金もちだめは、潜在意識その時の、が決定した。

まぁ、オカルトによれば、

「今後は自由になっていくしかない」らしいが。

お金持ち無料世界=自由=怖い。自由は、怖いのだ。つまり、怖さを克服しなければ、自由は手に入らないのでは???

で、時間。

労働時間=不自由。怖くない。安心。

ニート=労働しないので時間たくさん。怖い。。。。・・・・・・・・・・

というわけで、怖さを克服したいのなら、地球人みな、ニートになればいいのでは???

まぁ、、、、現実の仕組みも、上記で、合っていると思ったのだが。

私のこの文章だって、あなた達は、「出現させないこと」もできたはず。

現実世界=宇宙=地球全体は、人間の意識が創造している?

まぁ、私からすると、他人に、意識があるノカどうか??謎過ぎるのですが。

というのも、幻覚多発。

1,公園の椅子にボロ椅子追加。他人は気づいてない。私だけ。

2,幻覚の建物出現。幻覚Wikiに「建物」追加したのは、私。
しかも、幻覚=本当は無い。
だが、幻覚の建物の幻覚のドアを開けて、入る
=本当は、本物の壁があるので、ドアを開けて進もうとしても、ドアにぶつかる。

などからすると、私=特殊だ。その他理由はあるが書...続きを読む

Aベストアンサー

造物主?
あなたが見ているのは、網膜上での量子相互作用だけだ。
その相互作用パターンによって、その向うに存在を想定
しているに過ぎない。

全ての存在は、量子的な不確定性に基づいており、無限に
詰め込むと存在確率の山が平らになり、無と等しくなります。
この「絶対無=不確定性無限」において、その無限の闇に
認識体の仮定断面(認識可能性)の運動を想定すれば、
相対的に無の風は光になり、認識体はその光(量子相互作用
パターン)の向うに、自己の補完(相補的不確定性)としての
宇宙を認識するのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報