東西線ー中央線の新型車両の運用番号ですが
昔からの、001Kなどの運用番号以外のものが
あったみたいでした。
どのように使い分けていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

営団線では、JR所属車両はKを表示していますが、JR中央総武緩行線内では、営団線で快速か各駅かで記号が違います。


営団線各駅=Y
営団線快速=A
と、なっています。
また列車番号は、西船橋(津田沼)方面行きは、始発駅の発時+運用番号-1で偶数に。中野(三鷹)方面行きは、始発駅の発時+運用番号通り奇数で表示されます。
従って、次の例のようになります。
営団線内運番05Kなら
三鷹発東西線回り快速津田沼行き=604A
営団線内運番03Kなら
三鷹発東西線回り各駅西船橋行き=602Y
営団線内運番11Kなら
津田沼発東西線回り快速三鷹行き=811A
営団線内運番07Kなら
津田沼発東西線回り各駅三鷹行き=1807Y
(列車番号は、架空のもの)
と、なります。

この回答への補足

詳細にご回答ありがとうございます。
A線B線という区別ではないのですね。
営団とJRとなると千代田線の203系も興味
ありますね。

補足日時:2003/09/14 19:28
    • good
    • 0

列車番号の末尾のアルファベットは線区ごとに付け方も違っています。


営団と乗り入れしている総武緩行線と常磐緩行線はJRがK(国鉄の頭文字?)、営団がサブウェイのSを使用しています。

この末尾のアルファベットが変わることはありません。


回答になってますでしょうか・・・??

この回答への補足

質問が明確でなくご迷惑をおかけしました。
列車番号と運用番号をどうも混同してしましたね。
最近の231-800で **K以外に**Sの
運用があるのかということです。

あと、営団線内ではA線B線で列車番号を区別して
いると聞きましたが?

補足日時:2003/09/14 19:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

金曜も01Kの三鷹行きの快速だったと思いますが
乗りました。

ご丁寧にありがとうございました。

お礼日時:2003/09/14 19:27

列車番号のことでよろしいでしょうか?


今までの車両は下2桁しか表示していなかったですが、
231系はきちんと4桁の数字を表示しています。
この違いのことでしょうか?

この回答への補足

編成番号のことではないのですね。
そうですか。

中央線のムコのA豊田のT見たいなものではないの
ですね。
総武線はB?Cでしたっけ?
横須賀線はSなぜか常磐線はHとか・・

補足日時:2003/09/13 17:49
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車の塗装

明けましておめでとうございます。

駐車中ぶつけられドアの下部が少しへっこんだのでパテで直し
塗装しました。 マツダ アテンザ チタニウムグレイ (メタリック)
色番号 29Y。 オートバックスで Mini Mixで作ってもらいました。 うまく塗装出来ました。 少し失敗しましたが - スプレー缶
を塗装面に近づけ過ぎると色が濃くなってしまいました。 20-30センチ
離して塗装するとボディーの色と同色で塗装できました。 満足しました、が、 その後、メタリックなので、クリアーを塗装したら、 なんと 先ほどうまく塗装できた所が変色して色が濃くなってしまいました。 純正色(29Y)で成功した時と同じように離して塗装したのに。 やり直したが
やはり同じことの繰り返し。
クリアーを塗装して、なんで 塗装の瞬間に変色するのか。あたかも 黒っぽい塗料を吹き付けているようです。
なぜでしょうか? どうしたら、クリアーを、 クリアーに塗装できるのでしょうか? どなたか教えてくださいませんか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。自動車塗装工です。

最初に体験された、近づけすぎで色が濃くなるというのはメタリック塗装特有の現象で、塗りこみすぎで「メタが動いている」という状態です。

メタリック塗装の基本はセミウェット塗装(物が写りこまない程度の肌、つんつるてんの仕上げ塗装を10とすれば5くらいの塗りこみ方です。)で、一回吹くたびに指で触れる位に乾燥します。


次のクリアーを塗装したら色が濃く変色したというもメタリック塗装特有の現象で、「戻りムラ」という状態です。

セミウェット状態でうまく塗れた後、乾いてる最中にすぐにクリアーを吹いてしまうと、クリアーの溶剤が染み込み、再びメタリック塗装がウェット状態となり最初に体験された、「メタが動いている状態」となったわけです。

クリアーはメタリック塗料よりも分厚く塗るので、それだけ溶剤の量も多いです。

ですのでクリアーを吹く前はメタリックを塗り重ねるとき以上に時間を置きましょう。

QJR尼崎駅から東西線に乗り入れる車両について

最近、よくJR宝塚線(福知山線?)を利用します。
尼崎駅で東海道線(神戸線?)に乗り換えるのですが、電源車(って言うのかな?)についているパンダグラフが1車両に2つあり宝塚線を尼崎駅まで来る時は、そのうちの一つだけ(宝塚駅より)しか利用していないのですが、尼崎駅で「ガシャン」と音がして、もう一つのパンダグラフも架線に伸びます。
これは、何故もう一つも利用するのでしょうか?地下線を走ることと関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

東西線の地下区間は、架線が通常のぶら下がっている銅線ではなく、剛体架線といって金属の棒なんです。
普通の銅線であれば、多少電車が揺れても一緒にくっついで揺れてくれるのですが、固定されている硬い金属ですとパンタグラフが上下に揺れると簡単に離れてしまいます。
加速中や減速中にこれが起こると、いきなり通電が途切れて機器にダメージを与えかねません。
そこでパンタグラフを二つ上げて、どっちかが離れても電気の供給が止まらないようにしているんです。

Q自転車の車体番号

自転車(スポーツ車)の車体番号部分は塗装されていないことは普通なのでしょうか?クリアも塗られていなくて錆ないのでしょうか。

Aベストアンサー

打刻が塗装埋まり読みにくくなるかあえて マスキングして下地塗装の白のままにしているんでしょう。 白の方が読みやすいでしょう。
おそらくBB下でしょうから 塗装も結構ラフに行われる部分 ボテボテに分厚く塗る可能性があるので マスキングは良心的拝領です。
見えない目立たない部分なので ご自身で タッチアップ塗料を買ってきて 塗れば? ビアンキーノチェスレカラーなら タッチアップ塗料は、売ってますよ。
傷が付いてるようなので せめて 白色で 塗ったほうが良いですねー

カーボンcフレームなども 番号印刷部未塗装や 打刻出来なので なんと 銀シール貼り付けですよ!

QJR東西線の207系1000台?の車両について

 JR東西線の207系1000台の車両は、2パンタ車で、尼崎~京橋(地下区間)間は2丁共上げていますが、地上区間は、1丁だけしか上げていなんですが、どうしてでしょうか?確か?福知山方面の降雪時期は、2丁共上げて、霜やツララ取りも兼ねていると、利いた事があるのですが・・・。どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 #1のmitty1982さんが仰っている通り、離線対策によるものです。地下区間では鋼体架線を採用していますので、その絡みです。

参考URL:http://kobe.cool.ne.jp/tarumi/T0522_01.html

Qサンドペーパーの番号

プラモデルを購入したのですが、サンドペーパーの番号の見方がわかりません。
P400、P600、P800、P1000、P1200、と書かれたものがあります。
どの番号をどういう目的で使用するのが目安でしょうか?
ちなみに塗装は行わない予定です。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのサンドペーパーの番号ですと結構粗いので下地~中仕上までです

基本的なサンドペーパーの使い方としては、小さい番号で大まかに下地を作り
番手を大きくする毎に目が細かくなりますから、順を追って細かい部分を整え
最後に全体を磨き上げるのに1000番手以上を使います。
あとは表面をどこまで持っていくかで、目の細かい番手を順に使います

最近のプラモデルは精密ですから、ランナーから綺麗に切り取れば
800番から順に1200番まででも充分でしょうが
綺麗に仕上げたいなら、それ以上の番手の「耐水」ペーパーが必要です

Q小浜線の新型車両

私は福知山線の福知山-篠山口間の列車に乗っていると今年の3月から
小浜線に入る215系を見かけました。
なんか見覚えのない電車がいるな、と思ってよく見てみると215系でした。
まさかあんなところで215系が見られるとは思っていなかったので本当に驚きました。

ちなみに私が見かけた車両は3両編成で行き先表示は「回送」になっていて福知山方面に向かっていました。
なぜ福知山線に215系がいたのでしょうか。
理由をご存知の方は教えてください。
もちろん「わたしはこう思う」という推測でも結構です。

Aベストアンサー

まず、訂正(だと思う)をつっこみます。215系じゃなく、125系です。
(私の記憶では215系はJR東日本の2階建て電車。10両編成の別物です)
125系は小浜線用としてこの3月から運行を開始しますが、配属が福知山なので、ワンマン運転を実施している舞鶴線や山陰線の園部-綾部・福知山、福知山線の篠山口-福知山でも運用に入るのかも知れません。仮に定期運用がなかったとしても、全くの新車であるだけでなく、福知山地区で純粋なJR西日本型の車両(221系以降の新車。マスコンやブレーキの取り扱いが全然違う)が配属されるのは事実上初めてなので、運転士習熟の一環として入線したのではないかと推測されます。

Qエレコムのマウス ボタンの塗装がはがれました。

エレコムのマウスを購入して、使用後1ヶ月で
銀色の塗装がはがれてしまいました。
(「塗装が薄くなった」ではなく「はがれて」います)

塗装がはげることは他社のマウスでもありましたが、
その問いは1年以上使って、表面の塗装が少々薄く
なったくらいでした。

今回問題にしているエレコムのマウスは、塗装がはがれるまでが非常に短期間なことが気になります。

上記のことをエレコムに問い合わせしようとしたところ、問い合わせの電話番号はわかったのですが、
メールアドレスが載っておらず困っています。
しかも問い合わせの電話はフリーダイヤルでないとのこと。

どなたかエレコムに問い合わせをしたことがある方が
いたら、メールアドレスを教えてください。
お願いします。

また、同じようなトラブルがあった方の意見も
ありましたらお願いします。

Aベストアンサー

メールでのサポートは受け付けて無いと思います。
電話かFAXですね。

ただ、塗装の剥がれに関しては、保証の対象にもならない可能性が高いですけど。(動作に支障は出てないですし。)

まぁ、塗装に関してははげるモノだし、特に銀色系の奴は剥がれやすいですね。
増してマウスなんかは日常使う物ですから、汗等の影響で剥がれやすいです。
色落ちが気になるなら、最初から塗装じゃない、樹脂色のタイプを選ぶのも一つの選択肢です。

Q中央線の高尾以西運用について

私は毎朝中央線の三鷹から通勤しているのですが、前から気になっていたことがあります。それは、運転席のスペースの進行方向右側の窓の上のほうに「高尾以西運用可能車」という表示がある列車があることです。「可能」というからには「不可能」の列車もあるんでしょうけど、それはいったい何の違いなんでしょうか。

Aベストアンサー

みなさんのご回答のとおり,どうやらトンネルがらみのようですね。
最近の事情にはあまり詳しくないので,昔話の部分(201系登場以前)について補足しておきます。

今でこそ中央線(通勤型車両)の大月行きや河口湖行きは珍しくなくなりましたが,以前は高尾止まりばかりでした。
ただ,休日になると何往復か,相模湖行きが走っていました。時には臨時列車として甲府まで行くこともあったようです。
これに用いられていたのが,101系800番代と呼ばれる車両で,get-miyakoさんのおっしゃるとおり,パンタグラフ部分の天井が低くなっていました。
高尾より西のトンネルは高さが低いため,パンタグラフを折り畳んだ状態でのレール面からの高さが4m以下でないと,それこそ物理的に入らないのです。
そこで,車両の端の部分だけ天井を少し低く掘り下げた特別の車両を作りました。この部分の室内は,通常の首ふり扇風機が取りつけられないので,首を振らない型の扇風機がついていました。でも冷房がないので,真下に立たないとあまり涼しく感じなかった記憶があります。

ちなみに,今朝はシングルアーム型(横からみると,◇ではなく「くの字」型になっている)パンタの車両に乗って出勤しました。大きな音を立てて火花がバチバチ飛んでおり,新幹線を連想させるものがありました。

みなさんのご回答のとおり,どうやらトンネルがらみのようですね。
最近の事情にはあまり詳しくないので,昔話の部分(201系登場以前)について補足しておきます。

今でこそ中央線(通勤型車両)の大月行きや河口湖行きは珍しくなくなりましたが,以前は高尾止まりばかりでした。
ただ,休日になると何往復か,相模湖行きが走っていました。時には臨時列車として甲府まで行くこともあったようです。
これに用いられていたのが,101系800番代と呼ばれる車両で,get-miyakoさんのおっしゃるとおり,パンタグラ...続きを読む

Q塗装がはがれてるんで直したいのですが

よろしくお願いします。
現在インテグラ(黒)に乗ってますが後ろの塗装が全体的にはがれてしまってます。直したいのですが広範囲なので難しいのでしょうか。
詳しい説明はできませんが最初表面が白くなり、だんだんそれがはがれてしまった状態です。

この場合は先にこれを削ってから塗装となるのでしょうか。またカラー番号みたいなものが車体のどこかに書いてあるそうなのですが、どこに書いてあるのでしょうか。

なにぶん古い車なのでできれば自分で直したいのですが。
アドバイス、お願いします。

Aベストアンサー

白いのは、錆止めの下地塗装です。
グラインダーで全体的に塗装はがして、新聞やマスキングテープでマスクして、サーフェイサみたいな錆防止用下地塗装を施してボンネットあけたとこのプレートにカラーナンバーがあるのでホームセンターなどで探してみてください。
ディーラーでも入手できます。
あとは、エアガンで塗装、ぼかし塗装してクリアラッカーかアクリル?をかけてコンパウンド処理って手順で作業してみては。
乾燥までほこりに気をつけてね。

Q中央線快速の車両はなぜ古いカラー

東京および近郊にお住まいの方はご存知だと思いますが、中央線快速は今でもオレンジ一色の車両が走っています。
旧国電は、今では全て銀色(ステンレス)の車体に、その線毎の色(山手なら緑、京浜東北なら青)のラインが入った車両が走っています。
私の記憶が確かなら、山手線がこのカラーになったのは、もう15年くらい前だと思います。
いいかげん中央線もそうなっていいと思うのですが、何か理由があって、そうならないのでしょうか?
つまらない質問ですが、ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電車ってのは大昔はみんなチョコレート色でした。路線別にカラフルな車両が走るようになったのは、昭和32年の中央線が初めてなのですね。で、昭和30年代から40年代にかけて、最初の世代交代が行われ、東京の通勤電車がいろんな色つきになったのです。このときの電車は中央線快速と総武・中央線の各駅停車が101系とよばれるタイプ、それ以外の各線は103系と呼ばれるマイナーチェンジしたものが投入されています。

電車の寿命というのは20~30年程度なので、昭和50年代後半になると、次世代の電車が投入されるようになりました。中央線の電車が一番陳腐化していたので、そこに投入されたのが201系と呼ばれる最初の省エネ電車です(総武・中央線の各駅停車にも一部使われています)。

そうして、中央線は201系で統一されたのですが、次に山手線の置き換えをする時になって、いろいろな問題が起こりました。201系は確かに省エネ性もあり、車体もいろいろな工夫がなされているのですが、当時国鉄は膨大な赤字を抱えており、コストダウンの必要性が強く指摘される中、201系電車は製造コストが高過ぎるのではないか、という意見があったのです。

そこで、車体をステンレス化したり、制御の方法を見直したりしてできたのが、205系という電車で、これが昭和60~平成3年ごろにかけ、山手線や埼京線、横浜線に投入されました。一方、中央線快速と同じ101系を使っていた総武・中央線の各駅停車は201系で全て統一できず、山手線から追い出されたりした103系を一時凌ぎ^^;で使っていました。

しかしこの205系も民営化したJRにとっては最適なものとはいえず、また技術の進歩も日々著しいものがありますので、さらに見直しを図って平成4年から造られたのが209系とよばれるもので、京浜東北線を走っているのがこのタイプです。
京浜東北線の次に総武・中央線の各駅停車を置き換える時にはまたマイナーチェンジが行われ、E231系と呼ばれるタイプが作られました(一部201・205・209系もあります)。このE231系は、今年の冬から常磐線快速にも入るそうです。

こんなふうに、電車の置き換えの経緯の中で、中央線はたまたま時期外れになったので未だにステンレスの電車が入っていない、ということになります。今の201系電車の投入時期からすると、次の置き換えが始まるのは早くてももう5年くらい先になるんじゃないかと思います。常磐線快速の次は多分、武蔵野線・京葉線・南武線の103系が取替になるでしょうから。

なお電車の値段ですが、209系の開発のときに寿命やメンテナンス方法の面で大幅に見直され、それまでの電車に比べて半額程度まで下がってはいるようです(それでもかなり高いものであることには違いありませんが)。

電車ってのは大昔はみんなチョコレート色でした。路線別にカラフルな車両が走るようになったのは、昭和32年の中央線が初めてなのですね。で、昭和30年代から40年代にかけて、最初の世代交代が行われ、東京の通勤電車がいろんな色つきになったのです。このときの電車は中央線快速と総武・中央線の各駅停車が101系とよばれるタイプ、それ以外の各線は103系と呼ばれるマイナーチェンジしたものが投入されています。

電車の寿命というのは20~30年程度なので、昭和50年代後半になると、次世代の電車が投入されるよ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報