保険の見直しを行っています。
そこで、三大疾病特約を付けるか?
また、三大疾病特約をやめてガン特約のみにするか?
はたまた、特約は付けないか迷っています。
現状、脳卒中やガンになる可能性は有ると感じるので付加するつもりではいますが、
ノーマルな自己負担分のみ保証されれば良いと考えています。

三大疾病特約:ガン・急性心筋梗塞・脳卒中で所定の状態になられた場合に一括して診断給付金100万円
をお支払します。
ガン特約:診断されたとき100万円、入院10,000円、高度先進医療6~140万円、手術20万円

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一度、保険のパンフレット・約款などをしっかり確認してみてください。


脳卒中や心筋梗塞の欄に、「60日間以上症状が続いたと医師の診断があった場合」などと書かれている様でしたら、その保険に入る意味はあまり無いと思います。
(現在のほとんどの日本の保険会社の3大疾病特約にはどこかに小さく書いてあります)
脳卒中や心筋梗塞で60日間も入院することはほとんどありませんので。

ガンの場合は個室に入りたいとおっしゃる方が多かったり、入院後の通院で高価な抗がん剤を投薬受けたりすることが多いですので、ガンになられたら一泊あたり2万円程度は出るようにされることをお勧めします。
    • good
    • 4

3大疾病特約は実際にはほとんど出ないという解説があります(参考URL)



>ノーマルな自己負担分のみ保証されれば良いと考えています。

3大疾病でも普通の病気でも健康保険適応の診療なら自己負担は殆ど変わりませんよ。
高額療養費制度により、普通の所得の方でしたら月額72300円を超えた分は99%が戻ってきますから。
保険の効かない食費や差額ベッド代を考えても普通の医療保険(医療特約)で充分間に合うと思います。

あとは保険の効かない高度先進医療を受けるかどうかですが(受けるか受けないかは本人の価値観次第です)、もしお金に糸目をつけずに受けたいと考えているならセコムやAIUなどの損保で出している医療費実額補填型の保険も検討してみてはいかがでしょうか?

参考URL:http://homepage2.nifty.com/urajijou/sanndaisippe …
    • good
    • 0

ガン特約は、是非つけておいたほうがいいでしょう。


三大疾病特約は、微妙なところです。
三大疾病も通常の病気に含まれますので、通常の
入院給付は受けられるからです。
経済的に余裕があれば、入っておくにこしたことは
ありません。

尚、年齢等にもよりますが、ガンに対する備えは
外資系のガン保険に入られたほうがお得な場合も
あるかと思います。

参考まで。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q疾病の意味教えて下さい。

国語辞典で調べたら、疾患、病気と出ましたが、
病気の難しい言い方ですか?

Aベストアンサー

そうですね。「病気」のことです。
(国語辞典を引かれた、ということで読みは大丈夫かと
思いますが、「しっぺい」と読みます)

ただし、単に「具合が悪い状態」を指すのではなく、
「具体的な病名」に対して使うニュアンスがあります。
例:3大疾病を保障、「神経変性疾患」と呼ばれる疾病

「疾患」の場合は、「どこが悪い」を示すニュアンスが
あります。
例:心疾患、炎症性腸疾患

Q特約三大疾病の一時金について

昨年末、家族に肺がんが見つかり、摘出手術を行いました。
幸い、早期だったので、12日間で退院できました。
今年に入ってから、加入していた生命保険の特約で、入院時の給付金と手術特約と特定三大疾病保険特約の保険金と一時金の請求を行いました。
入院と手術特約と三大疾病の手術金の方は一週間で振り込みがあったのですが三大疾病一時金の方は何も連絡が来ません。
カスタマーで聞いてみると審査に時間がかかっていると言われました。
なんの問題もない手術だったのに、こんなにも時間がかかるものなのでしょうか。
保険がおりるかどうかも今のところわかりません。
会社も二ヵ月間も休んでいて、生活もあるのに、何のための保険なのでしょうか。わかりません。
加入してからすでに5年くらい掛けています。

Aベストアンサー

正確な状況が読めないので、何をお答えしても、想像でしかありません。
保険会社から詳細な説明を受けるのが一番良いと思います。

ご質問の文面から想像できることは……
(1)入院給付金と三大疾病との審査基準が違う。
例えば、入院給付金は、医師が「がんで手術をした」と書けば、
それをそのまま通す。つまり、がんと診断した理由は問わない。
三大疾病では、がんと診断した理由を問う。
三大疾病と診断した内容について、不明確な点があるので、検討している。

(2)単なる物理的な問題
入院給付金と三大疾病と担当が異なる。
三大疾病の審査が集中して、審査や事務的な手続きに時間がかかっている。
例えば、一日に100件の審査能力のある担当者のところに、
1000件の審査が集中すれば、それだけで10日かかります。

(3)診断書に不明な点があるので、病院に確認している。
(1)と似ていますが、(1)は社内の問題。
(3)は、社外の問題です。
病院に確認を取るとなると、1、2ヶ月かかっても不思議ではありません。
確認を取ること自体は、短時間で済むのですが、医師の立会いや
説明を求めることもあり、スケジュールの調整などで、結果的に
長期間かかるというのが現実です。

などなど、色々な可能性が考えられますが、どれが事実なのか、
まったく分りません。

正確な状況が読めないので、何をお答えしても、想像でしかありません。
保険会社から詳細な説明を受けるのが一番良いと思います。

ご質問の文面から想像できることは……
(1)入院給付金と三大疾病との審査基準が違う。
例えば、入院給付金は、医師が「がんで手術をした」と書けば、
それをそのまま通す。つまり、がんと診断した理由は問わない。
三大疾病では、がんと診断した理由を問う。
三大疾病と診断した内容について、不明確な点があるので、検討している。

(2)単なる物理的な問題
入院給...続きを読む

Q女性疾病入院特約について

損保ジャパンひまわり生命の 終身医療共済「健康のお守り」 の加入を検討しおり、
医療保険に女性疾病入院特約を付けるか迷っています。

約款の女性疾病入院特約の「対象となる女性特定疾病」のページに「子宮のその他の良性新生物」とあるのですが、子宮頚部の異形成(中、高度異形成)も保障対象になるのでしょうか?

異形成は医療保険では保障対象外なのでしょうか?
医療保険の対象となる手術及び給付金のページには記載がないように思うのですが・・・。(見落としているかも)

医療保険で女性疾病特約にある疾病はカバーしきれないのですか?

ご存知の方、教えてください。 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「女性疾病入院特約」、女性特有の病気の場合保障を手厚くします、という内容のものですが、個人的には全く必要性のない特約だと考えます。

まず多くの女性が誤解されていますが、女性特有の病気であっても普通の医療保険で保障されます。
例えば入院1日あたり5千円の保障に契約されていれば1日5千円支払われますし、この特約がある場合はそれに上乗せして支払うという趣旨のものです。
(例えば通常の保障5千円+特約5千円で合計1万円というイメージです)

なぜ必要ないかと言えば、女性特有の病気だからといって治療費が高額になることはないからです。
女性特有の病気であってもそうでなくても、公的健康保険制度による自己負担3割は変わりありませんし、高額療養費制度も等しく適用されます。
そういう意味で必要性はないと言えます。

ではなぜ保険会社が積極的に売っているのかと言えば、それは単に女性のイメージが良くて売上UPにつながるからです。
女性向けに特別のサービスがあります、というと女性の購買意欲をそそることはマーケティングで明らかになっていることです。

さて最後になりますが、異形成は女性疾病入院特約を付けなくても入院・手術ともに保障されます。
ただし手術は術式によっては保障されない場合もありますが、「健康のお守り」の場合は見舞金制度がありますので基本的には入院日額の5倍が支払われます。
(公的健康保険制度対象の手術で1日以上の入院を伴う場合)

イメージに惑わされることなく本質で選ぶことをお勧めします。

「女性疾病入院特約」、女性特有の病気の場合保障を手厚くします、という内容のものですが、個人的には全く必要性のない特約だと考えます。

まず多くの女性が誤解されていますが、女性特有の病気であっても普通の医療保険で保障されます。
例えば入院1日あたり5千円の保障に契約されていれば1日5千円支払われますし、この特約がある場合はそれに上乗せして支払うという趣旨のものです。
(例えば通常の保障5千円+特約5千円で合計1万円というイメージです)

なぜ必要ないかと言えば、女性特有の病気だか...続きを読む

Q高額医療費があるならガン保険や三大疾病保険は・・・

会社員の場合、ひと月の医療費が7万数千円を超えたら超過分は高額医療費でまかなえますよね。(私の職場の共済組合はひと月の医療費が2万円を超えた場合はその超過分を負担してくれるそうです。) それならばガン保険や三大疾病保険は何のためにあるのでしょう? 月に数万円程度なら特別な保険に入らなくても払えるのではないでしょうか? それらの病気の治療に掛かるお金は保険ではまかなえないのでしょうか? 教えてください。 

Aベストアンサー

保険で賄えるのは、一部の医療費だけだからです。
特別治療や薬、差額ベット代など、保険対象外のものは含まれないから、その分の保障が必要になるのです。

Q医療保険・がん特約・三大疾病特約について

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾病払込免除特約がある・ガンの場合日額2倍プランがある・七大成人病60日延長特約を付加すればキュアと同じ感じ・三大疾病一時金特約はキュアより安い(入院が必要かどうかが把握できていないので、どなたか教えてください。)/保険料が高い

アリコ…生活習慣病特約で一時金50万・ガン特約は初回のみ入院が無くとも保障される・先進医療特約の内容が充実している・保険料も割安/三大疾病特約がない

特に比較したいデメリットは三大疾病保障・ガン給付金についてです。アリコに三大疾病特約があればとても魅力的なのですが…。キュアの三大疾病一時金は入院が必要とのことですが、ガンの場合いきなり入院しない事もありますよね?入院しないという事は保障がない。でも入院が必要ない時点で医療費もそんなにかからないのでしょうか?高額医療の制度もありますし…

医療保険の特約ではなく、単独でガン保険や三大疾病保険(あるのかな?)に加入するべきですか?医療保険の日額を1万で考えているから単独で入るとムダが出る気がして。ガン保険も高いですし…

御意見宜しくお願いします

医療保険・がん特約・三大疾病特約について

キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。

キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない

エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ

健康のお守り…三大疾...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/08/dl/03.pdf


(2)新EVERの長期入院は、入院給付金日額と同額を付加できます。
つまり、基本が1万円ならば、長期入院特約も1万円まで付加できます。

(3)健康のお守りの三大疾病一時金は、入院が条件となります。
三大疾病払込免除特約は、終身払いでこそ威力を発揮します。
60歳払済ならば、保険料を払いこんでしまったら、この特約は
有名無実になります。
当然ですが、終身払いの方がこの特約の保険料は高いです。

(4)三大疾病とは……
がん・脳卒中・急性心筋梗塞です。
急性心筋梗塞は、虚血性心疾患の半分です。残りの半分は、狭心症です。
症状も手術の内容も似ていますが、狭心症は心筋壊死がないので、
死にません。
急性心筋梗塞の平均の入院日数は、65歳以上でも31日です。
治療費は高いですが、高額療養費制度の適用になるので、自己負担は
少なくて済みます。

脳卒中は、脳血管疾患の65歳以上の平均入院日数が118日なので、
長期入院となる典型的な疾患です。
入院中よりも、退院後の介護の方にお金がかかります。

がんは、総合的な治療をする典型的な疾患です。
入院もあれば、外来もあり、一概には言えないので、総合的な保障が
必要です。
抗がん剤が一般の方は想像ができないぐらい高いので、外来の自己負担が
一回数万円になるので、最初は何かの間違いと思う人が多いそうです。
http://www.ncc.go.jp/jp/ncch/division/pharmacy/pdf/HCN.pdf
がんに備えるならば、がん保険です。

(5)まとめれば……
急性心筋梗塞は、普通の医療保険で対応可能。
脳卒中は、1回の入院限度日数が少なくとも120日以上が必要。
むしろ、障害が残ったときの介護を考えて、介護保険が必要。
がんは、がん保険でなければ、十分に対応できない。
つまり、三大疾病保険(単独もあります)は、補助的な意味合いの
強い保険です。

(6)自営業ならば、「所得補償保険」を検討することをお勧めします。
良く似た名称に「収入保障保険」がありますが、似ているのは名前だけで
内容はまったく違います。

まずは、死亡保障。
次に、医療保険、所得補償保険を上手に組み合わせてください。
できれば、がん保険も組み込んでください。
余裕があるのならば、介護保険。
さらに余裕があるのならば、三大疾病保険。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

順番に行きましょう。
(1)CUREの七大疾病で、平均入院日数が60日を超えているのは、
脳卒中と慢性腎不全です。がんは入退院を繰り返す場合があるので、
平均は短いですが、全体として長くなる可能性があります。
七大疾病以外で長くなるのは、高齢になってからのインフルエンザや
慢性閉塞性肺疾患などの重篤な呼吸器疾患、それに骨盤や大腿骨などの
大きな骨折があります。
つまり、長期入院に備えるならば、七大疾病だけでは不十分です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saik...続きを読む

Q30代の保険で三大疾病特約は必要ですか?

主人の保険を新しく入り直そうと思っています。
解約→新契約で、余計なものを取り除き新商品に入り直します。
今まで(20代で契約)の時は三大疾病を付けていたのですが、
ここにきて本当に必要か悩んでいます。

なぜなら、他のガン保険に三大疾病(65歳まで300万、65歳以降半額)に加入しているからです。

それと三大疾病って、あまり若い人はかからない気がするのですが・・
今日のニュースで円楽さんが心筋梗塞?だそうなんですが、彼は80歳代でしょうし・・・

ただ、50歳代で、今の保険は更新になるのですが、その時に三大疾病を付けたら、すごく高くなるのでしょうか?
(若い時に三大疾病を付加していると、更新時に多少は金額的に楽なんでしょうか?

Aベストアンサー

なんの為に保険に加入するかを考えるといいかと思います。
生命保険は、万一のときに残されたご家族に経済的負担をかけないことが目的です。
死亡したときは、今回の話ではないので別として、
三大成人病になったときのことを考えてみてください。
まず、入院しますよね。
ガン保険についている三大疾病のついているガン保険に加入なさっているようですが、保険にもよりますが、多少の一時金は給付されますので、当座の費用は大丈夫でしょうし、入院給付金や高額療養費制度などによって入院に関してはまかなえるのではないでしょうか?
もし、終身なら必ず受取れるのでいいのですが、定期保険をご検討なら、あえて三大疾病による保険金は必要ないのでは?
また、脳梗塞などで寝たきり状態になったときや、半身不随になったときなどは、生命保険本体から保険金支払がされたり、保険料支払免除となるのである程度リスクは担保できるのではないでしょうか?

Q現地工事の就業を禁止された「労働省令で定められた疾病者」とは

ある資料に「伝染病、その他 労働省令で定められた疾病者は就業を禁止する。」とあったのですが、「労働省令で定められた疾病者」とは具体的にどのような「疾病者」なのでしょうか?

Aベストアンサー

 「ある資料」の内容は、労働安全衛生法第68条(病者の就業禁止)のことと思われます。この条文のいう『省令で定める疾病・省令の定めるところ』に該当する法条文は、次のとおりです。

 労働安全衛生規則61、鉛中毒予防規則57、四アルキル鉛中毒予防規則26、高気圧作業安全衛生規則41。

参考URL:http://roudou.hourei.info/index.html

Q医療保険のガン特約とガン保険の医療特約

こんばんは。
今年30歳になる会社員です。
妻一人、子供は一人は欲しいと考えています。

医療保険の加入を考えて半年近く経過します。
医療保険に加入しようと決めて保険会社もプランもほぼ決めたころに
ガン保険の存在が大きくなり、いろいろ考えたのですが、
件名にあるとおり、特約をつけることで保障がほぼ同等になるのです。
どう加入するのがよいのか決めかねてしまいました。

現在まで終身保障で60歳払い済みの医療保険に加入しようと考えています。
自分の特約に対する認識を少し書きますので、
こんな利点、欠点があるとか、こんな基準を持って
望まなくては決められないなど、
どなたか補足してくださる方、お教えください。

●特約の利点
・安い
・保険証書ひとつにいろいろな組み合わせを作り
 保障を大きくできる。

●特約の欠点
・特約の中でのバリエーションが少ない。
 ガン特約ならこの金額の保障と決められていることが多いように思う。
 →主契約は自由度が高いので、必要性によって主契約を
  医療にするか、ガンにするかを決めればよい?!
・定期の特約の場合、更新されると保険料が跳ね上がる。
 (要確認)
・保険会社が破綻した場合、主契約ですら満額引き継がれる
 とは限らないのに、特約は引き継がれる保障もない。

●医療保険+ガン特約
医療保険自身はガン保険を主契約にするより高めだが、
ガン特約が安いので合計するとそれほど変わらない?
終身保障でも終身払い、払い済みが選べるものが多そう。

●ガン保険+医療特約
終身保障のものは、終身払いのものが多そう。
月額は確かに安いのですが、ずっと払いつづけるのは年金を
当てにできるかわからないので、一抹の不安がよぎっています。

すみませんが、よろしくお願いします。

こんばんは。
今年30歳になる会社員です。
妻一人、子供は一人は欲しいと考えています。

医療保険の加入を考えて半年近く経過します。
医療保険に加入しようと決めて保険会社もプランもほぼ決めたころに
ガン保険の存在が大きくなり、いろいろ考えたのですが、
件名にあるとおり、特約をつけることで保障がほぼ同等になるのです。
どう加入するのがよいのか決めかねてしまいました。

現在まで終身保障で60歳払い済みの医療保険に加入しようと考えています。
自分の特約に対する認識を少し書きま...続きを読む

Aベストアンサー

>●ガン保険+医療特約
終身保障のものは、終身払いのものが多そう。
月額は確かに安いのですが、ずっと払いつづけるのは年金を
当てにできるかわからないので、一抹の不安がよぎっています。

がん保険が主契約のもので、終身払いだから、決めかねている。
そんな感じですかね?

がんになる確率と、がんも含む入院の確率。
明らかに、後者の方が大きいですよね?

なぜ、がん保険を主契約にしなければならないのか?
そのメリットとはなにか?
保険料が安いというだけなのか。。。
医療特約は終身保障されるのでしょうか?
そのためには終身払いするしかないのでしょうか?

>●特約の利点
・安い
・保険証書ひとつにいろいろな組み合わせを作り
 保障を大きくできる。

この場合、特約の利点は、安い以外ない。
証券が1枚でも2枚でも3枚でも、保障は一緒であり、
利点と呼ぶほどのことではない。
保険会社が1社2社3社というのなら話は別。
それと、保障を大きくしたり変更したりするのは、どんな保険でもほとんど可能。2枚あっても、そのうち1枚だけ大きくすることもできるし、2枚とも大きくすることも出来る。
通販などの、セット商品に加入してしまうと、上記のようなバリエーションの問題は発生する。安さを追求した商品だから、バリエーションを持たせる(それに付随した変更や増額など。)コストを削減した為。そうなると、途中で変更や増額も出来ないし、使い勝手が悪くなる。でも、安い。

究極は、
医療保険とがん保険両方入れば何にも問題はない。
または、バリエーションが選べる保険会社の医療保険を選べばいい。ただし、保険料はセット商品や通販に比べると割高。
私の勝手な憶測だが、バリエーション=保険金額・入院日額の変更や選択のこと思っての回答。
がん初期保障~などの特約のことではない。

保険料との兼ね合いで~とお考えならば、
安い方を選べばよい。

保障を重視で~とお考えならば、がんのバリエーションが多くても、肝心の医療保障のバリエーションがなければ、お話にならない。

最初に書いたように、医療保険の目的は、
「病気や怪我での入院」
であり、がん限りの保障ではない。
「がん」という病気「ひとつだけ」で考えるならば、他の病気・怪我がおざなりになるでしょう。

将来的に、がん以外の病気や交通事故で入院される確率もある。がんになる確率と、がん以外で入院する確率を考えれば、いいのでは?

sarsのように、不意に出てくる病気もありますからね・・・。

>●ガン保険+医療特約
終身保障のものは、終身払いのものが多そう。
月額は確かに安いのですが、ずっと払いつづけるのは年金を
当てにできるかわからないので、一抹の不安がよぎっています。

がん保険が主契約のもので、終身払いだから、決めかねている。
そんな感じですかね?

がんになる確率と、がんも含む入院の確率。
明らかに、後者の方が大きいですよね?

なぜ、がん保険を主契約にしなければならないのか?
そのメリットとはなにか?
保険料が安いというだけなのか。。。
医療特約は...続きを読む

Q定期健康診断と集団検診(集団健診と同じ意味?)の違い

定期健康診断と集団検診と集団健診の3つの違いは何でしょうか。

まず、
定期健康診断は、学校保健法と労働安全衛生法に基づき、年1回行われる。
集団検診(集団健診と同じ意味?)は、企業や学校、地方公共団体などが、その構成員に対してまとまった人数で一度に行う健康診断のこと。
健康診断を行うために必要なX線撮影装置などの機材を搭載した検診専用の自動車と共に受診対象の団体に出向いて行うものを専ら集団検診と称する。
とあります。

当初は、定期健康診断は年1回自分達で病院に受診し、集団検診は年1回医師が学校等に来てくれるものだと思いました。
しかし、定期健康診断の行われる学校は医師が来校するので、違うことになりました。
では、いったい何が違うのでしょうか…。

あと、集団検診と集団健診は同じ意味で良いのですか。
検診は特定の疾病の早期発見で、健診は健康診断(健康状態の把握、疾病の早期発見)の略ですよね。
少し違いますが、結局は疾病の早期発見に繋がるので同じと考えて良いのでしょうか。

Aベストアンサー

 こんにちは。

◇「定期健康診断」と「集団検診(集団健診)」

・「定期健康診断」は,文字通り定期的に健康診断を行うことで,「集団検診」はその手法です。

・検診には,日を決めて集団で行う「集団検診」と,個人個人が例えば医療機関などで受ける「個別検診」があります。

・つまり,「定期健康診断」の方法として,「集団検診」と「個別検診」があると思っていただくと分かりやすいかと思います。

◇「集団検診」と「集団健診」

・これは,呼び方が違うだけで同じものと思っていただいてよいです。

・ちなみに「健診」は「健康診査」の略です。

Q三大疾病による保険料払込免除特約は必要でしょうか?

こんにちは。
私は29才女性、終身の医療保険加入を検討中です。
色々考えてDr.ジャパンに入ろうかと思っているのですが、
「三大疾病による保険料払込免除の特約」を付けるかどうかで迷っています。

もともと特約は無しで良いかなあと思っていたのですが、
代理店の方に「これは付けた方が良いですよ」と勧められ迷い始めました。
代理店の方いわく「うちで申し込む9割以上の方が付けてます」との事。

もちろん人が付けているから付けるという訳ではないのですが、
やっぱり付けておいた方が安心かなあと思ったり、
特約保険料(350円程)もかかるしわざわざ付ける必要ないかな
と思ったりで揺れています。

主人の医療保険なら間違いなく付けたと思うのですが、
妻の方にも付けた方が良いのか・・・本当に悩みます。

みなさん、どうお考えですか?
アドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

保険は「もしそうなったら・・」の為に加入しますよね。yuzu55さんが三大疾病になったら、とイメージして下さい。その時に保険料払込免除の特約は必要ですか?

付けるメリットとしては、当たり前ですが月々の支払いをしなくても入院すればお金が貰えることです。三大疾病になったら他の保険に加入することは(殆ど)無理でしょうから、その保険をずっと続けていくようになります。長生きをすればいずれその保険は時代遅れ?になってしまうかも。それでも続けていかなくてはならないとしたら?
ただ終身の医療保険の保険料自体はそれほど高額ではなかったと思いますので、免除にならなくても支払いが継続出来るから関係ない、といった考えもできますが。

350円位なら付けておいた方が良いかも。30歳の女性で今後20年以内に三大疾病になる確率は8.5人に一人です。また患者さんは全年齢合計430万人以上います。(H14年厚生省の患者調査)
自分には必要ないと思うならもちろん付けることはありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報