今年はじめてプランターで五寸人参を作りました。
ほんの少しですが収穫もできました。
今度は、三つ葉や二十日大根を植えたいと思っています。

人参で使っていた土は、それに肥料を加えて使っても大丈夫でしょうか?
また、人参の種が少し残っているんですが、連作はできるのでしょうか?
土はきっちり変えたほうがいいのか分からないので教えていただきたいです。
今まで使っていた土は、ホームセンターでよく売っている「野菜の土(肥料が混ざっている簡単なもの)」です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

<人参で使っていた土は、それに肥料を加えて使っても大丈夫でしょうか?



プランターの土は、肥料を加えるだけでなく、以下の手順でリサイクルしたほうが、いろいろなトラブルを防止できるようです。

プランターで使用した土は、一度新聞紙やブルーシートの上に広げ、乾かします。乾かしたら、ふるいの目の細かいので「みじん=粉末状になっている土」をおとします。この細かい土は、使えませんので捨てます。

次に、土の中に入っている根の残骸を拾い出し捨てます。

この状態の土を、黒いビニール袋に厚さ15cm程度になるように入れ、日の当たるところに4、5日放置します。これは、黒いビニール袋だと夏場、中の温度は60℃を越え土壌中の昆虫等の消毒になります。

この消毒済みの土に、苦土石灰、腐葉土、堆肥を混ぜ込み、場合によってはベラボン(あく抜きした、ヤシガラ)や砂を足す場合もあります。

この土をバケツにいれ、保管して適宜使っていますが、バケツには2種類あって、ナス系(ナス、トマトなど連作障害が起きやすい作物を作った土)とそうでないのに分けて保管しています。これは、連作障害を防ぐためです。

最近は、メーカー忘れましたが、ホームセンタなどで「土のリサイクル活力材 ツカエール」なんていのも売っています。

連作については、以下のURLにくわしく、組み合わせや対処方法がのっています。
http://www.jaac.or.jp/saien/basic/rensaku/
http://members.jcom.home.ne.jp/makotokuri/farm/c …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答をありがとうございました。
天気のいい日に早速やってみようと思います。
土は捨てるのもたいへんだし、もったいないしなるべく使いたかったので助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/13 10:02

私もプランター菜園を楽しんでいます。


連作に挑戦したことはありませんが、土は同じものを使っています。

その時に、土のメンテナンスとして「生石灰」や「苦土石灰」など
でアルカリ分を加えてやること。

肥料をやり土にスタミナをつけ、休ませること。
(油粕や骨粉など混じった配合肥料がお勧めで2ヶ月ほど休ませる
と次の生育がよくなる)

もみがらや堆肥などで土の通気性を高めてやること。

あと、肥料をこまめにやっていれば作物の大きさもそこそこになり
ますよ。
葉もの(ほうれん草や三つ葉など)は、油粕を多く、
実を食べるものは、骨粉などを多く与えると大きく成長します。
機会と量を多めにしてやってください。

収穫の楽しみはよくわかりますのでがんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

葉もの・実のもののポイントまで教えていただき参考になります。
収穫できるものがあるだけで、楽しいんです^^
ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/13 10:04

基本的な土はそれでよいと思います。


葉を使う野菜の土はプランターの場合は腐葉土、堆肥を多く使うことです。
前回に使った土は酸性化していろので苦土石灰などで中和すること(骨粉でもよい)、
連作は基本的には、だめですが連続でなければそれほどの影響はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

家庭菜園程度なら、連作も大丈夫なようですね。
中和したりしてみます。
ポイントも教えて下さり、ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/13 10:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q企業の排出量取引について

企業の排出量取引について

日本国内では、企業や業種ごとにGHG排出量の規制はされていません。そのため、企業が排出量取引を行う必要はありません。
ですが、排出量取引に参加することはできます。

排出規制があるわけではありませんが、企業が排出量取引を行うメリットは何かあるでしょうか。

回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

残念ながら2010年6月16日通常国会の閉会に伴い、「地球温暖化対策基本法案」が廃案になりました。そのため、排出量取引制度も具体的な制度として、今現在整備されていません。
環境省の描いていた案については参考URLをご参照下さい。

排出権取引については、非効率的な施設を使っていて無駄に(平均と比較して多量という意)排出していた施設Aが、施設を更新してある基準レベル以下まで排出量を削減する、と、ある基準レベルまでの差の分、余分に削減している事になります。

一方、最新の施設を既に導入しており、これ以上の排出量削減はエネルギー使用量削減効果を考慮しても費用対効果が認められない。このような施設Bがあったとします。

そこで、AとBとで排出権を売買する事により、双方に経済的なメリットが生じるというわけです。

参考URL:http://www.env.go.jp/earth/ondanka/det/capandtrade/about1003.pdf

Q「全植物用」と書いてある液体肥料を注釈通りにきっちり量って薄めて、ベランダで育てている花や野菜にあげ

「全植物用」と書いてある液体肥料を注釈通りにきっちり量って薄めて、ベランダで育てている花や野菜にあげました。
朝にあげて夕方仕事から帰って花を見るとほとんどが枯れていました。
成分はチッソ、リン酸、カリ、その他ミネラル成分と書いてあります。
野菜類(ネギ、パセリ、オカワカメ)には変化がありませんでしたが、花類(黄花コスモス、インパチェンス、サザンクロス、マリーゴールド等)は真っ盛りだったのに、全滅しました。
全植物用と書いてあるのに何がいけなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

肥料焼けかもしれません。
追肥は、株から離れた所に(直接あたらないように)施しますが、
プランターの場合、説明書通りの濃度では、薄まる分がないので、
濃くなり過ぎるのではないでしょうか。
野菜は、葉の部分なので、割と強いです。
窒素が多いと、よく茂ります。
実をならせるのが目的の野菜には、最初に窒素を混ぜますが、
実がなり始めたら、窒素は控えるとかしています。(葉ばかり茂るのも、結実に悪いので)
全植物用だそうですが、
葉、根、実、花かによって、やるべき肥料と、控えた方がいい肥料があるようです。
ご参考までに。
https://horti.jp/945

Q排出量取引について

CO2排出量取引について教えてください。
京都議定書で日本は2008年~12年度までの5年間に、温暖化ガスの排出量を1990年度比で6%削減する義務を負っていますが、排出量ってどうやって測定しているのでしょうか?各家庭の排出量なんか測定できるのでしょうか?
それと排出量取引制度に参加していない企業は排出枠がないのでやりたい放題になるのでしょうか?参加している企業も目標値を下回った場合ペナルティなどあるのでしょうか?
企業にとって排出枠を購入するメリットもよくわかりません。
支出を伴ってでも目標を達成するメリットは何なのでしょうか?
単なる企業イメージの為でしょうか?

Aベストアンサー

日本国内の排出量取引制度は、まだ試験的に行われているだけで、公式な制度ではありません。したがって、法律的に排出枠というものは存在しませんし、当然ペナルティもありません。
現在、排出枠を売買している企業もありますが、これは政府の試験的な実験に自主的に参加していたり、私的な制度として行われていたりするものです。この制度に参加していない企業はやりたい放題か、といわれればその通りです。
自主的に参加している企業のメリットは、企業イメージのほかに、今後、排出量取引が正式にスタートした場合に、いち早くスタートを切って、できるだけ有利なポジションを取りたいという考えもあると思います。
民主党は排出量取引の実施を公約していますので、民主党政権が発足すれば本格的に開始されるでしょう。
排出量取引が正式に開始されれば、大企業には排出枠が課され、達成しない場合はペナルティが課されます。したがって枠を達成しない企業が排出量を購入する金銭的メリットが発生します。中小企業には排出枠が設定されませんが、従来よりもCO2排出量を削減したと認定されれば、その量を大企業に売ることができます。
なお、CO2排出量は実際に測るわけではなく、企業が使用した電力や石油、ガスなどの量から算出します。各家庭でも同じようにしてCO2排出量を算定することができます。

日本国内の排出量取引制度は、まだ試験的に行われているだけで、公式な制度ではありません。したがって、法律的に排出枠というものは存在しませんし、当然ペナルティもありません。
現在、排出枠を売買している企業もありますが、これは政府の試験的な実験に自主的に参加していたり、私的な制度として行われていたりするものです。この制度に参加していない企業はやりたい放題か、といわれればその通りです。
自主的に参加している企業のメリットは、企業イメージのほかに、今後、排出量取引が正式にスタートし...続きを読む

Q連作の植木土について

ゴーヤを植えました。連作不適となっていますので、例年植えるときに土を替えなければなりません。現在使用している土を適宜勝手に夜半に?捨てるのも反社会的ですし、といって捨てる場所や設備もありません。現在使用している土に石灰を混ぜれば来年も使えるのでしょうか?土をよみがえらせる、出来るだけ経済的な方策などあればお教え下さい。毎年ゴーヤ以外は植えませんので空きの期間に対処できればいいのですが。起死回生の妙手などお教えいただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プランターなのか露地なのか文面からはわかりませんが、
いくつか方法はあります。

【土の再生を行う】
古い土の再生用の用土がいろいろと出ています。
 「古くなった土の再生材」
  http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=G513620F
 「まくだけで甦る土のリサイクル材」
  http://www.shizen-ok.co.jp/gardening/3
 「ふっかふかによみがえる古い土のリサイクル材」
  http://www.hanagokoro.co.jp/btoc/products/detail.php?id=14
腐葉土、石灰、鶏糞や牛糞などの肥料をたっぷり入れたり
緑肥を育てて漉き込む方法もありますが
「土を捨てる」という発想からおそらくプランター栽培と思うので
再生材を使う方がお手軽だと思います。
石灰だけ混ぜたのではPhの調整にしかならないのでご注意ください。

【冬から春にかけて別の植物を植える(裏作)】
 検索したところ花ならチューリップ、菊、
 食物ならいちごやスナップエンドウなどが上がってきましたが
 ウリ科以外の植物ならいいのではないでしょうか。
 植え付け前には腐葉土などを足したほうがいいと思います。

【天地返しを行う】
 露地ならこれが一番お金はかかりません。
 (労力は使いますが・・・)
 土の表面から5~60センチ掘りますので、
 広い場所なら機械を入れないと厳しいです。
 

あと、土を適当な場所に捨てるのは絶対にやめましょう。
もしも園芸用土を店舗から購入している場合、
そのお店に古い土の処分について相談してみてください。
無料で引き取りを行っているところもあります。
うちの近くのホームセンターでは
土や鉢底石の回収用のボックスが置いてあります。

プランターなのか露地なのか文面からはわかりませんが、
いくつか方法はあります。

【土の再生を行う】
古い土の再生用の用土がいろいろと出ています。
 「古くなった土の再生材」
  http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=G513620F
 「まくだけで甦る土のリサイクル材」
  http://www.shizen-ok.co.jp/gardening/3
 「ふっかふかによみがえる古い土のリサイクル材」
  http://www.hanagokoro.co.jp/btoc/products/detail.php?id=14
腐葉土、石灰、鶏糞や牛糞などの肥料をたっぷり入れた...続きを読む

Q車のCO2排出量と低排出ガス車について教えて下さい

車の燃費が良いとCO2排出量が少ないんでしょうか?それとも平成17年基準排出ガス75%低減レベル認定車だと従来の車よりCO2排出量が75%少ないのでしょうか?平成17年基準排出ガス75%低減レベル認定車とCO2排出量は別なんでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

75%削減されているのは炭酸ガス(CO2)ではなく排気ガス中の有害物質です。

車のエンジンは、燃料を燃焼することにより、エネルギー(推進する力)を得ていますが、
燃焼する工程で、炭酸ガス(CO2)と水(H2O)と窒素酸化物(NOX)などの有害物質が発生します。

このうち、有害物質は触媒を使用して浄化されますが、炭酸ガスと水はそのまま排出されます。
1リットル(牛乳パック)のガソリンが燃焼すると約2.3kgの炭酸ガスが排出されます。

したがって燃費の良い車は同じ距離を走行しても、消費するガソリンが少ないので、排出される炭酸ガス(CO2)は少なくなります。

75%低減というのは排気ガス中に含まれる有害物質の量を示した数字です。
炭酸ガスが75%も削減されればガソリンの消費量も75%削減されます。
4分の1のガソリンで同じ距離が走れることになり、1リトルあたり20km走る車は80kmまで燃費が伸びることになります。プリウス等の商品価値がなくなります。

詳しくは下記URLを参照ください。
各メーカー、各車種のCO2排出量が詳しく記載されています。
(大きなPDFファイルでです)

http://www.mlit.go.jp/jidosha/nenpi/nenpilist/nenpilist0403.pdf

75%削減されているのは炭酸ガス(CO2)ではなく排気ガス中の有害物質です。

車のエンジンは、燃料を燃焼することにより、エネルギー(推進する力)を得ていますが、
燃焼する工程で、炭酸ガス(CO2)と水(H2O)と窒素酸化物(NOX)などの有害物質が発生します。

このうち、有害物質は触媒を使用して浄化されますが、炭酸ガスと水はそのまま排出されます。
1リットル(牛乳パック)のガソリンが燃焼すると約2.3kgの炭酸ガスが排出されます。

したがって燃費の良い車は同じ距離を走行しても、消費するガソリンが少...続きを読む

Qプランターの土の酸性度

ベランダで、何年も使ったプランターの土の酸性度が調べたいのですが・・・。

高価な測定器とかを使うのではなくて、家庭で簡単に出来る方法がありますでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

だいたいでいいから知りたいのならばNo1さんがいうようにリトマス試験紙が手っ取り早いでしょう。
植えたい植物にあわせて知りたいのであればアースチェックという製品があります。↓
http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/guide/syo00448.html
何度か使えるのでなかなか便利なのですが…私の場合購入して数回は使いましたが最近面倒なので適当に酸度調整しています(#^.^#)。
ちなみに酸度調整は有機石灰や消石灰、苦土石灰などを混ぜ込むことで調整できます…。
さらに蛇足ですが過リン酸石灰の場合、実や花の成長を助けるリン酸含んで、かつアルカリなので一石二鳥です。

QCO2の排出量について

二酸化炭素の排出量について教えてください。

「東京都の排出量が02年度で90年度に比べ16%増加、特に家庭部門の増加が目立つ」という記事を読んだのですが、排出量というのはどのように(東京都、家庭部門など)算出されているのですか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

家庭からのCO2の総排出量は
家庭で消費するものとゴミ等の処理で出る物(以下)
電気、ガス、水道、灯油、ガソリン、軽油、可燃ゴミ
を係数で計算し算出し、合計した物です。

ですので、電力消費がCO2の排出量とイコールであるとも言えます。

Qプランターの土

そろそろ秋植え球根の準備をしようかと思うのですが、プランターの土は、どの位の期間繰り返し使って良いものでしょうか?
実は夏前に花手毬その他を植えたのですが、全くと言っていいほど花が咲きませんでした。素人考えですが、消石灰を使ったり腐葉土を足したりと土の改善は行ったつもりなのですが・・・
もうこの土は使わず、プランター用の新しい土を購入したほうが良いでしょうか?ただ土の処分などを考えると、今の土をなんとか使いたいと思っています。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

使ったことはないのですが、ガーデニングの講習に参加して「土ふっか」という土のリサイクル剤をもらいました。
1.2L入りで、袋の大きさはプランターの半分くらいなのですが、説明を見ると「プランター2杯の土を復活させる」と書いてあります。

使用方法は、土のゴミを取り除き、殺菌。
土を広げる場所がなかったら、熱湯をかけてもいいそうです。
その後、リサイクル剤と肥料を混ぜる。
です。

あと、開花を促進する肥料はリンサンなので、開花時期にはリンサンの多い肥料をやってはどうでしょうか。
よく、7-7-7とか数字が書いてありますが、チッソ(葉、茎)-リンサン(花、実、根)-カリ(茎、根)の割合です。
うちは観葉植物メインなのですが、チッソの多い肥料をやると、葉の色が変わります。

Q電気のCO2排出量

CO2排出量についてお教えください
電気のCO2排出量は昼間と夜間で異なると
聞いたことがあります(原子力発電の割合が異なるため)
しかし電力会社のホームページ等で調べてみても電気のCO2排出量は
「0.36kgCO2/kWh」としかに記載されていません
どこかに昼間と夜間のCO2排出量が記載されている資料は
ご存知ありませんか
お手数ですがご指導お願い致します
ちなみにお教え頂きたいのは中部電力管内です

Aベストアンサー

中部電力のホームページを見ると2003年で0.469kg/CO2/kWhとなっており2010年の目標を0.371kg/CO2/kWhとしています。
これはあくまで年間積算電力量から割り出した平均値で、質問の昼間と夜間についてはデータを明示してないようです。CO2排出量は火力、水力、原子力の配分で変わるものですから、何月何日の何時~何時までの排出量という表現なら実際の負荷配分から算出できるのでしょうけど、あまり意味がない数字になってしまうような気がします。

昼間のピーク時から深夜への3~4割の負荷変動を火力で対応すると仮定すると平均値の前後0.1kg/CO2/kWh程度が妥当ではないかと思います。ただし平均値そのものが季節や原子力の運転状況に大きく左右されます。中電は東電、関電と比べると原子力の割合が小さいので(中電17%、東電40%、関電50%)kWhあたりのCO2排出量が多いようですね。

参考URL:http://www.chuden.co.jp/torikumi/fr_kankyo.html

Qプランターの土の再利用

 今年、アサガオをプランターで栽培していました。
 来年に向けて土を再利用するための処理をしたいと思っているのですが

1.再利用土に腐葉土を混ぜるとあるのですが、具体的にはいつ頃混ぜるのがいいか

2.マルチング材として水藻を使用していたのですが、これを混ぜて再利用しても問題がないか

3.黒いビニール袋に入れて天日に当てることになるのですが、再利用するまで入れっぱなしでもいいか。また、この時に一緒にしておいた方がいい処理があれば教えてください

4.再利用土に混ぜているもの(培養土や腐葉土など)があれば、その割合などを教えてください

 ちなみに、来年はゴーヤを育ててみようかと考えています。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

◆土の神様・大豪院です。ご質問ありがとうございます。

再利用するための処理の目的は大きく2つあります。
(1)有機成分や肥料成分(窒素・リン・カリなど)の補充
(2)細菌やカビ、寄生虫などの除去

です。腐葉土の補充は(1)、天日に当てるのは(2)が主な目的です。
腐葉土を分解するのも微生物ですから天日に当てっぱなしではよくありません。いろいろその人ごとに手順はありますが、下記の手順で行うとまずはよくできます。

(1)再利用する土をビニール袋に入れるか、そのまま広いところに広げて日光に当てます。広げた場合は1日、ビニール袋に入れた場合は3-4日当てます。太い根やゴミは取り除きます。
(2)再利用する土に腐葉土や生ゴミ、枯葉(水藻も含める)を混ぜます。再利用土:他の成分=2:1~3:1程度がよいでしょう。
(3)プランターに入れます。土はかき混ぜますので、入れる量をプランターの7分目まで程にします。土の再生用にいくつかプランターを用意できればより良いです。
(4)表面が乾かない程度に水やりを行い、数日に1度、底の土を掘り返すようにかき混ぜます。数回行うと、土が混ざり軟らかくなってきます。
かき混ぜる頻度はだんだん減らしてよいです。水は時々あげて、雑草が生えてくれば抜きます。10月末までは日陰、その後は半日陰に置くのが理想的です。
(5)冬季には数回かき混ぜる程度でよいですが、冬に肥料を混ぜ込んでおくと更によいです。

来春には腐葉土も適度に分解されてちょうどよい土になっているでしょう。おいしいゴーヤができるとよいですね。

◆土の神様・大豪院です。ご質問ありがとうございます。

再利用するための処理の目的は大きく2つあります。
(1)有機成分や肥料成分(窒素・リン・カリなど)の補充
(2)細菌やカビ、寄生虫などの除去

です。腐葉土の補充は(1)、天日に当てるのは(2)が主な目的です。
腐葉土を分解するのも微生物ですから天日に当てっぱなしではよくありません。いろいろその人ごとに手順はありますが、下記の手順で行うとまずはよくできます。

(1)再利用する土をビニール袋に入れるか、そのまま広いところに広げて日光に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報