アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

この夏から個人事業者になりましたがまだ会計ソフトを入れておりません。
個人事業者向けの青色申告会計ソフトでお勧めはございませんでしょうか。

業種は建築設計で主に個人でやっております。
OSはWin(98SE)もMac(OS X)も両方使っているのでどちらでもかまいません。

その他青色申告での注意事項などもありましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

弥生会計などメジャーな会計ソフトは割と高価ですし、十分な簿記の知識があれば導入も簡単ですが、そうでない場合は、動かすのに苦労するケースもあるでしょう。


私は小さな不動産業をやっていますが、EXCELで組んでいます。最初は簡易簿記から始め今は複式簿記に対応しています。
建築設計ですと、固定資産管理はほとんど不要で、売り上げ伝票、支出の伝票もそんなに多くないと思います。せいぜい年間で1000件の仕訳帳の記入で終わると思います。
EXCELで自分で組まれることをお勧めします。めんどうでしたらVECTORに行って「青色申告」で検索すれば、EXCELベースのフリーソフトやシェアウエアが数十件出てきます。試用して気に入ったものにされてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/busin …
    • good
    • 2

会計ソフトの件ですが、弥生会計は顧客の中で大変使用している方が多いのですが、実際にはすべての機能を使いこなすとなると、簿記・税務などの知識が重要になってきますので、購入せずに弥生会計のHPから


体験版をダウンロードして試しに使ってみるのが良いと思います。
自分は会計事務所の者ですが、当社ではJDLの会計システムを使用しています、JDLからも一般向けに(当社で使用しているものとは若干違いますが)販売されているものがありますので検討をされてみてはどうでしょうか?
一番良いのは、依頼されている会計事務所の会計ソフトを採用するのが決算時に比較的スムーズに進むと思います。
最後に、エクセルなどで工事原価台帳をつけると1工事につきどれぐらいの利益があるかわかりますので、試しにつけてみてください。
    • good
    • 1

私も身近な者が個人事業を営んでおります。


商工会議所で「ブルーリターン」というソフトを販売していまして、使い方がわからない時など、職員の方が教えて下さるそうです。
使いやすさは人によると思いますが、他のソフトよりは確か安かったと思いますよ。
また、商工会議所の中に「青色申告者協会」という組合があって、そこに加入していると、決算の際の相談にものってもらえます。年間3千円会費とか、地域によって異なるでしょうが、わりと安めな会費でした。
    • good
    • 1

私も#1さんと同様、弥生会計を使っています。


不都合はありませんが、高額、かつ、法人向けにもなっていますので多機能すぎて、使わない機能が沢山あります。

今後、法人化が未定の場合は、参考URLの青色申告専用のブルーリターン何かが良いのではないでしょうか。
体験版もありますし、一度試されては?

参考URL:http://www.bluereturna.jp/
    • good
    • 0

こんにちは。


うちは建築土木設計(法人)をやっています。同業者ですね。よろしく!
うちでは、弥生会計を使っています。
導入するときにいくつか体験版を見てみて決めました。
最初のうちは会計ソフトを使っていなかったのですが、やはり楽ですね。電卓をたたかなくていいし決算書も作れますので、導入して良かったと思っています。
いろいろなソフトの中でも使いやすい方のソフトだと思いますが、ご自分で体験版などで使い勝手を確かめられた方がいいと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QブルーリターンAってどうですか?

はじめまして。

一昨年より父が開業しまして、そちらの経理をしております。
私自身、パートですが中小企業の経理を担当しておりますが、
会計士が入り出納帳のみの管理ですので、毎回決算時には非常に苦労しております。

青色申告会に入会しておりますが、ソフトはピクシスのわくわく青色申告を使用しています。
一昨年度の決算はそちらを使って申告を行いましたが、
「貸借対照表と合わない」と申告会の方から言われ、
「でも出していかれるんでしょ?」とそのままで申告となってしまいました。

そして昨年度の申告を先日行いましたが、決算に関する知識は乏しく、
一昨年度の決算もいい加減なままでしたので、今回は再提出となりました。
なんとか一昨年度の調整とネット等でいろいろ調べ、なんとか合わせることはできましたが、
これから先、現在使用しているソフトでいいのか不安になりました。


また申告時にも手書きの人たちは待たされましたが、ブルーリターンの利用者のほうが早く終わるように思います。


”わくわく”のほうは初期投資もさほど掛かっていないので、これを機に変更してもいいのかな、と思っていますが、ブルーリターンの使い勝手があまりよくないと聞き悩んでおります。


ブルーリターンの使い勝手はいかがなものでしょうか。

はじめまして。

一昨年より父が開業しまして、そちらの経理をしております。
私自身、パートですが中小企業の経理を担当しておりますが、
会計士が入り出納帳のみの管理ですので、毎回決算時には非常に苦労しております。

青色申告会に入会しておりますが、ソフトはピクシスのわくわく青色申告を使用しています。
一昨年度の決算はそちらを使って申告を行いましたが、
「貸借対照表と合わない」と申告会の方から言われ、
「でも出していかれるんでしょ?」とそのままで申告となってしまいました。

そして昨年度...続きを読む

Aベストアンサー

ブルーリターンよりも、ピクシスわくわく青色申告の方が単純だとおもいますよ。

ピクシスソフトは、決算書まで作るだけですが、ブルーリターンのほうは申告書の作成と電子申告まで対応してる分、操作選択のアイコンが多く通常月では使わないものまで目にはいってきて煩雑に感じます。
申告書の作成をフォローしてるので、バージョンアップが必要です。
その費用がかかります。

「貸借対照表と合わない」といわれたのはどこでしょうか。
入力した仕訳に基づいて貸借対照表ができますので、なにと合わないかが知りたいところです。

ピクシスソフトでは、決算書を作ることができますが申告書の作成はしてくれません。
基本的に青色申告決算書をプリントアウトして、国税庁HPを利用して同決算書と申告書を作成していくなどします。
高価なソフトを買わなくても、個人の申告なら充分ですし、決算書を一度HPで打ち直すことでミスを発見できるため(おかしな数字は入力してるときにピンとくるということです)、申告書まで自動作成してくれるバージョンアップ代のいるソフトよりも良いという面もあります。

仕事柄、多くのソフト利用者とお会いしますが、ピクシスのわくわく青色申告ソフトが「使いやすい」「わかりやすい」「ソフトの構成が理解しやすい」「決算書を見て、申告書を作る作業が必要だが、どっちみちチェックをする作業がいるので、一度決算書を目でみて入力をする作業がチェック作業になるので、全体的には時間がかからない」という意見が多いです。
ブルーリターンのほうは、申告会が薦めてるので使ってるが、例えば一昨年は21年が22年に変更されてない画面のままだったため戸惑いがあったという話です。

どんなソフトでも使い慣れているものが良いですが、どちらかを選択する岐路にあるなら、私はピクシスをお勧めします。
なお、ピクシスは使用説明書が薄いです(ダウンロード版にはついてないが、印刷アップはできます)が、メールで問合せすると、ほとんど時間をおかずにメールで回答をくれますよ。
印刷アップしてとっておけば、自分だけの「使用説明書」になります。

私はピクシスの廻し者ではないですが、廉価と云うよりも「いらない機能を減らしたらこうなった」良い例だと思ってます。

ブルーリターンよりも、ピクシスわくわく青色申告の方が単純だとおもいますよ。

ピクシスソフトは、決算書まで作るだけですが、ブルーリターンのほうは申告書の作成と電子申告まで対応してる分、操作選択のアイコンが多く通常月では使わないものまで目にはいってきて煩雑に感じます。
申告書の作成をフォローしてるので、バージョンアップが必要です。
その費用がかかります。

「貸借対照表と合わない」といわれたのはどこでしょうか。
入力した仕訳に基づいて貸借対照表ができますので、なにと合わないかが知り...続きを読む

Q開業2年目の個人事業主です。帳簿付けてません!

個人サロン開業2年目の個人事業主ですが帳簿を全然付けてません!
このままではいけないと、心が焦るばかりです。


備品や食糧、外食などの領収書やレシートは月別に袋に入れてます。

月々の売り上げ金額は大体わかります。

仕事仲間への支払いは、都度現金払いでしていたので、請求書や受領書など何もありません。

昨年度は申告もできていません。※昨年は初期の設備費用などでたぶんトントンだと思います。


私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?
お勧めの会計ソフトなども教えて下さい。※現金商売なのでごく簡単なもので大丈夫だとおもいます。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?

まずは、「トントンだったことを(赤の他人にも)証明できるようにしておく」のが一番重要です。

本当に「トントン=儲かっていない」ならば、所得税もかかりませんので、「所得税の確定申告」もする必要がありません。

ですから、とりあえず「体裁」はどうでもよいので、「証拠となるものを残す、忘れてしまわないように記録しておく」ようにしてください。

---
ちなみに、今のままだと「現金払いで請求書や受領書など何もない仕事仲間への支払い」は、証明する方法がないので「遊びに使ってしまった」と思われても仕方がない状態です。

ですから、今からでも「人件費などのお金の流れ」を証明できるようにしておいたほうがよいと思います。

なお、「お金の流れ」を記録したものが「帳簿」で、その証拠になるのが「請求書(の控え)や領収書(の控え)など」です。

---
あとは、「初期の設備費用など」の中には、「減価償却(げんかしょうきゃく)」という独特な考え方で必要経費にしないといけないものがある可能性があります。

あくまでも「たとえ話」ですが、「40万円のものを買ったら、1年に10万円ずつ4年で必要経費に計上する」というような感じです。

『必要経費になる?ならない?「必要経費」の考え方【2/2】|All About』(更新日:2012年10月16日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14618/2/
>>[支出した金額が必要経費になるとは限らない]

>お勧めの会計ソフトなど…

まずは、「税理士」にどうすればよいか相談して、ついでに「お勧めのソフト」を聞くのがよいと思います。

ただし、「とにかく安くあげたい」場合は、(自分で勉強する必要がありますが)「税務署や商工会などが行なう記帳指導で使われているソフト」を使うのがよいかもしれません。

『個人で事業を行っている方の帳簿の記載・記録の保存について|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm
>>青色申告をはじめてみませんか?
>>「会計ソフト方式」
>>指導会場において会計ソフトを用いて記帳の仕方等について説明します。パソコンは会場に準備しています。
>>※ 使用する会計ソフトの種類は、記帳指導の受託者である事業者により異なります。

『事業者サービス|全国商工会連合会』
http://www.shokokai.or.jp/somu/main_service.htm
>><ネットde記帳>
>>ネットde記帳は、…商工会で操作方法等のサポートを行なっていることに加え、身近な商工会から記帳・経理等の指導も受けられることが最大の特徴となっています。

※「民主商工会(民商)」は【別団体】です。

---
(補足1.)

「税金の時効」は、原則として「5年」、脱税など悪質な場合は「7年」ですから、「税務署の調査(税務調査)」は、いつ行われるか分かりません。

たとえば、今後儲かってきて税務申告した後で、税務署から「開業した時からの帳簿を見せてもらえますか?」というようなチェックが入る可能性は十分あると思います。

あとは、可能性は高くないですが、取引業者の税務調査の流れで自分のところにも調査が入るようなこともあります。

そうなったときに帳簿がないとどうなるかといいますと、「推計課税(すいけいかぜい)」という方法で税金を「一方的に」決められてしまう可能性があります。

具体的には、「今これくらい儲かっているんだから、○○年も○○円くらいは儲かっていたはず」というような税金の決め方が行われるということです。

もちろん、「必要経費がまったく認められない」ということはなく、同じように「この仕事だと売上の○割くらいの必要経費が妥当かな?」という感じで考慮はしてもらえます。

「推計課税」については、以下の記事が分かりやすいです。

『白色申告の話』(2010/06/25)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-527.html

---
(補足2.)

「所得税の確定申告」は、「儲かっていない≒所得税が0円」ならばしなくてもよいですが、「個人住民税の申告」は、「収入が全くない」場合でも原則として行う必要があります。

なぜかと言いますと、「収入があったかどうかすら分からない」と「国保の保険料の算定・軽減の判定」などの「行政手続き」に支障が出ることがあるからです。

『住民税の申告について|町田市』
https://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/tax/shimin/shimin02.html
>>【注】住民税の申告は前年の収入の有無等を市役所に届け出てもらうもので、収入が全くない方も申告の必要があります。
>>申告がありませんと、公営住宅入居・子ども手当・保育園入園・公的年金・事業資金の融資等の申請に必要な住民税の課税・非課税証明書の交付が受けられませんのでご注意ください。

ちなみに、「所得税の確定申告書を税務署に提出した人」は「個人住民税の申告書」は(市町村に)提出するする必要がありません。

『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08

※なお、「個人住民税」は「地方税」なので、詳しくは「1月1日に住んでいた市町村」にご確認ください。

『住民税とは?住民税の基本を知ろう|All About』(更新日:2014年06月06日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

※分かりにくい点があれば「補足」にてお知らせ下さい。



*****
(その他、参照したサイト・参考サイトなど)

『税務調査って怖いの?』(2009/08/29)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-373.html
『第1回 税務署に疑われない「必要経費」の区分|アットマーク・アイティ』(2009/2/4)
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/kakutei/01/01.html
---
『確定申告を忘れたとき|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm
『確定申告の期限後申告によるペナルティとは|All About』(更新日:2014年02月12日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14820/
>>延滞税の計算は…平成26年1月1日から平成26年12月31日までの期間は、【年2.9%】とされています。
---
『税務時効|大埜治仁税理士事務所』(2013年8月 5日)
http://www.ohno-jp.net/blog/2013/08/post-13-588376.html
---
『税務署の仕事|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/works.htm
>>個人課税部門は、所得税や個人事業者の消費税等についての個別的な相談や調査を行っています。また、個人事業者向けの各種説明会や青色申告のための記帳指導・研修等も担当しています。…
---
『腹が立つ国税局の税務相談室|税理士もりりのひとりごと』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切|こっそりと。』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切|家族を幸せにする自営業家庭の家計管理』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ|税理士もりりのひとりごと』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html
『ニセ税理士|税理士もりりのひとりごと』(2014/01/04)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1912.html
『リンク集|日本税理士会連合会』
http://www.nichizeiren.or.jp/link.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?

まずは、「トントンだったことを(赤の他人にも)証明できるようにしておく」のが一番重要です。

本当に「トントン=儲かっていない」ならば、所得税もかかりませんので、「所得税の確定申告」もする必要がありません。

ですから、とりあえず「体裁」はどうでもよいので、「証拠となるものを残す、忘れてしまわないように記録しておく」ようにしてください。

---
ちなみに、今のままだと「現金払いで請求書や受領書な...続きを読む

Q個人での飲食って経費になりますか?

個人事業者なのですが、例えば出先でコーヒーやお昼を食べたりした時(1人で)、これは経費になるのでしょうか?
以前年末調整をした際に話した青色申告会の人がこれも計上できると言っていたのですが…。
出来るとしたら勘定科目はなにに当てはまるのか教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.基本的には、自営業者個人の食事代や、事業主とその家族だけの食事代は経費にはなりません。
従業員と一緒であれば経費として処理できます。

2.業務上必要な打ち合せの食事代であれば「会議費」・慰労のためであれば「福利厚生費」です。

なお、酒が伴った場合は「接待費」となりますが、法人の場合は、「接待費」が一定額を超えると損金(税務上の経費) に出来ないという制約がありますが、自営業の場合はこの制約が有りません。

3.適用には、「○○他*名 会議のため」等と記入します。

参考URL:http://www.zeimu-soudan.com/report/report01.html

Q税理士さんにお願いするか、商工会議所に入会するか、どちらがいいでしょうか?

個人事業主です。確定申告は青色です。わからないながらも、自分で申告までやってます。が、今年から税理士さんにお願いしようか・・・とも思いました。ただ、毎月の記帳は自分でするし、結局お世話になりたいのは、記帳でわからないことが出てきたときと、確定申告です。それに毎月お支払いするのはもったいない気もしてます。それなら、わからないときは商工会議所に入会してそちらで尋ねた方がいいかなとも思いました。ご意見お願いいたします。

Aベストアンサー

お仕事は、何をされていらっしゃるのでしょうか?私は仕事柄、友人に事業主が多いのですがそのほとんどは確定申告のソフトを購入し自分で作成しています。よく出来てますよ~、カンタンです。記帳を自分で行い、申告時期のみ税理士に見てもらうということも出来ます。これなら毎月の顧問料はかかりません。(友人は税務署の無料相談で紹介してもらったそうです、1回5万と言ってましたが、事業規模によるかもしれません)かなり利益があるのなら、申告時に税理士に見てもらうことをオススメします。記帳だけでなく節税方法もおしえてくれますから・・団体への加入を検討されているのであれば事業主なら商工会議所ではなく青色申告会の方がイイと思いますが、申告のことだけなら加入する必要はないと思います。

Q写真をメールで送るのに圧縮して送る方法

写真の枚数が多いので、フォルダごと圧縮して送ろうと
思うのですが、どうやったら良いでしょうか?
送りたいフォルダ、右クリックの圧縮からしたらよいのでしょうか?
試しにしてみたのですが、23Mから減りません。
まったくの初心者ですみません。

Aベストアンサー

最初何MBだったのが23MBになったのか確認してください。
24MB→23MBとかまたは全く変わらないのではないでしょうか?
写真自体が既に圧縮された状態なので、さらに小さくはできないんです。
恐らくデジカメで撮った写真をそのまま送ろうとしていませんか?
高解像度なデジカメで撮ると、縦ピクセル×横ピクセルがとても大きいです。
パソコンで画像のサイズ(寸法)を下げればかなり小さくなります。
目安としては単に見せたいだけであれば640X480か800X600。
相手がL版サイズなどに印刷することを考慮するのであれば1024X768か1280X1024くらいでしょうか。

あと、メールで送るのに23MBは大きすぎますよ。
hellotanさんのプロバイダで1通のメールの容量制限を超えたメールは送ることができません。
また、相手先のプロバイダでの容量制限を越えると相手に届きません。
プロバイダ名が分かれば調べられますが、1通5MBなどの制限がかかっているところは多いですよ。

まったく画質を下げずにそのまま送りたい、または枚数が多いのであれば制限を越えない程度に小分けして送る必要がありますね。

最初何MBだったのが23MBになったのか確認してください。
24MB→23MBとかまたは全く変わらないのではないでしょうか?
写真自体が既に圧縮された状態なので、さらに小さくはできないんです。
恐らくデジカメで撮った写真をそのまま送ろうとしていませんか?
高解像度なデジカメで撮ると、縦ピクセル×横ピクセルがとても大きいです。
パソコンで画像のサイズ(寸法)を下げればかなり小さくなります。
目安としては単に見せたいだけであれば640X480か800X600。
相手がL版サイズなどに印刷することを考慮するので...続きを読む

Q「青色申告会」のメリット・デメリット

毎年青色申告をしております。

青色申告を始めるにあたり、よく分からないまま「青色申告会」へ入会したのですが、そもそも青色申告をする者としての「入会義務」などがあったでしょうか?

年間会費に比べて利用頻度があまりにないので、退会してもいいものなのか?悩んでおります。

「青色申告会」に入会している方は、そのメリットとデメリットについて、どのように感じておられますか?

Aベストアンサー

義務ではありません。私も税務署に青色の申告をしに行ったときに、よくわからないままに申込書を書かされ、あとで任意だと知ったときには愕然としました。ひとこと言ってくださいよ……、という感じですね。

私は会費をまとめて払ってしまったのでとりあえず続けていますが、そのうち退会するつもりでいます。理由は全然使っていないのに、お金がかかりすぎるから。

帳簿の指導など、ちゃんと受けに行けば役立つとは思いますが、自分でできるなら必要ないのではないでしょうか。それ以外にとくに続けるメリットは感じられません。

Q建築設計事務所の経理事務

建築設計事務所の経理事務は特殊と聞いたのですが
具体的に普通の経理事務と何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

以前、建築会社に勤めたことがあり、現在会計事務所に勤務する者です。
「建築業経理事務士」という資格があるくらいですので、特殊と言えば特殊かもしれません。
知人の方が何を根拠に特殊と言われているのかわかりませんが、例えば原価を現場ごとに振るとか、共通の経費を現場ごとに按分するとかそういうことをおしゃってるんでしょうかね?
それ以外は普通の経理とさほど変わらないと思いました。
No.3の方がおしゃっるようなことだったら特殊でしょうけど、ゼネコンではなく普通の建築業ではありえないと思います。
知人の方が大げさに言ってるだけではないですか?

Q住民税は控除対象にならないのですか?

住民税は控除対象にならないのですか?

無知ですいません。
社会保険料や雇用保険は控除され所得税などの課税対象外になってるかと思いますが、
住民税は所得税や次年度の住民税の課税対象になってしますのでしょうか?
今派遣で働いており、住民税は普通徴収になっています。

Aベストアンサー

控除対象と課税対象はまったく違うものです。

まず控除対象と課税対象の違いから、
控除対象とは所得税の計算上控除できるもので、
社会保険料や雇用保険料などお金を支払うものがこの分類に入ります。
課税対象とは所得税の元となる収入で、
給料や年金などお金を受け取るものがこの分類に入ります。

ですから控除対象=課税対象外ではありません。
社会保険料は控除対象ですが課税対象外ではありません
所得税の計算上控除できるものです。

そして住民税はお金を受け取るものではなく支払うものなので
課税されるかどうかという話にはなりません。
課税対象か対象外か?という問題ではありません。
所得税の計算上、控除できるかどうかという問題です。

結論ですが住民税は、消費税やたばこ税など他の税金と同じように、
所得税の計算上、控除できません。
控除の対象になりません。

Qクレジット払いの帳簿付け教えてください!!!

クレジット払いの帳簿付け教えてください!!!


個人事業主をしています。経理初心者で勉強中です><

会社の備品を(つくえとか・・・)ニッセンで買い、
それをクレジット払いしました!!

その時の帳簿付けを教えてください!!
・どの帳簿に記帳するべきか。
・勘定科目。


手元には、商品お届けについてのお知らせのハガキしかありません。
(商品名、金額、支払い方法、発送日が記載されています。)

Aベストアンサー

勘定科目は、其の備品が10万円未満ならば消耗品費、または備品費などの費用科目、それ以上ならば固定資産の器具備品で、減価償却をしていくことになります。

帳簿は、クレジット決済の日と商品到着の日が同じ年度内ならば、決済の日に預金出納蝶で支払いを記入します。

決済の日が翌年度になる場合は、商品受け取りの日に
 備品費 999/ 未払い金 999
として、未払い金に上げます。これは経費帳があればそこに、なければ決算処理として伝票で残すしかないでしょう。

決済の日には

 未払い金 999/ 預金 999
を預金出納帳に記帳します。

Q個人事業用の銀行口座開設について

この度、フリーランスとして活動を始めました。
そこで事業専用の銀行口座を開設したいと思っているのですが、
ここで分からない点があります。

個人事業や開業のノウハウを公開しているサイトを色々と閲覧したのですが、
個人用口座でも構わないけど、帳簿が大変だとか、
生活用の口座と事業用の口座を分けましょうとか記載されています。
そもそも個人事業主が個人用(プライベート)口座を事業用に使ってもよいのでしょうか?

口座の使い方としては、
銀行口座は屋号ではなく、私の本名のみで開設したいと思っています。
お金のやり取りも、月に企業2社程度(同じ会社)からの入金(仕事の報酬)を受け取る予定です。
個人の方など不特定多数の方からの入金の予定はありません。
受け取る金額は多くても10万円程度の見込みです。

現在、口座開設はジャパンネット銀行か住信SBIネット銀行のどちらかを検討しています。

どなたかご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

個人用口座を事業用口座と兼ねるような場合には、プライベートでの入出金も帳簿に記載することとなります。そうしなければ残高が合わなくなりますからね。もちろん事業上の経費や収入でなければ、帳簿に詳細な記載は不要でしょう。

ただ、個人事業とプライベートをしっかりと分けようと思っても、なかなか出来ません。毎日帳簿をつけるのであればまだよいかもしれませんが、多くの事業主はまとめて処理することでしょう。そうなれば、最大1年前のことを思い出す必要があることでしょう。そのような中にプライベートなものがあるほど、面倒になることでしょうね。

勘違いされる方もいますが、個人事業で会計帳簿を作成するのは、あくまでも事業上のものだけです。ですので、プライベートが分かれているほど、会計帳簿は事業のみの内容となり、作成が容易となります。
これを税理士などに依頼すれば、処理の量や複雑さで費用が変わるため、明確に分けてあるほどよいでしょう。

さらに、個人事業での税務申告を行うと、税務調査を受ける可能性が出てきます。税務調査では、申告書などに添付しない会計帳簿の内容確認やその根拠である領収書や契約書などを見ることになります。
その場合、申告に関係ないものは、見せる必要はありません。ただ、事業上のものとプライベートのものが混在するような預金などは、すべてチェックされることとなるでしょう。その際に見られたくないものもみられることになりますし、あなた自身にとってはなにも不利益がないと思っていることでも、税務署の人間は怪しむかもしれません。事業用口座を兼ねる通帳であれば、怪しまれればすべてこたえられないと、税務調査で信用を失い、長い調査になるかもしれません。

極力口座の利用を分け、どうしても事業用口座でプライベートな動きが出た場合のみ、個人事業主借勘定や個人事業主貸勘定を利用することをお勧めしますね。

ちなみに、私は小さい法人2社と個人事業主の3つの看板で経営しています。収入は一人分に満たない程度です。税金対策やいろいろな面を考えてこのようにしているため、複数の金融機関の利用も含めると、普段使う通帳だけでも10冊近く、それを持ち歩いていますね。

頑張ってください。

個人用口座を事業用口座と兼ねるような場合には、プライベートでの入出金も帳簿に記載することとなります。そうしなければ残高が合わなくなりますからね。もちろん事業上の経費や収入でなければ、帳簿に詳細な記載は不要でしょう。

ただ、個人事業とプライベートをしっかりと分けようと思っても、なかなか出来ません。毎日帳簿をつけるのであればまだよいかもしれませんが、多くの事業主はまとめて処理することでしょう。そうなれば、最大1年前のことを思い出す必要があることでしょう。そのような中にプライベ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報