興味本位の質問なのですが・・・。

”海外”から日本にいる恨みを持った特定の相手に対して以下の様な嫌がらせをした場合、罪を問われるのでしょうか? 

その1.イタズラ電話をかけまくる。(新聞等でたまに報道されてますが・・・)
その2.スパムメールを送る。(多頻度で・・・)

その加害者が日本国籍を持たない場合と、日本国籍を有する”たまたま海外旅行中野郎”だった場合。
またその”海外”が日本の警察と仲の悪い国(例えば韓国)だった場合。

*韓国警察は先の世田谷一家惨殺事件でも警視庁の捜査に非協力的だったそうで。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

刑法には、刑法に規定する罪ばかりでなく、刑罰に関する法律の基本規定も定められています。


第1条では「この法律は、日本国内において罪を犯したすべての者に適用する。」と規定し、第8条で、この規定がほかの刑罰法規にも適用されることを明らかにしています。また、特別の犯罪については、日本国外において罪を犯したすべての者(2条)、日本国外において罪を犯した日本国民(3条)や日本国外において罪を犯した日本国の公務員(4条)などに適用されます。
 犯罪地が国内であるかどうかは、犯罪の構成事実の一部分が国内にあるときや中間影響の地が国内(たとえば、国外から殺人の意思をもって郵送された毒菓子を日本国内で食べたものが、国外に出た後、毒物の作用により死亡した場合、は含まれるが国外から別の国外へ毒菓子を郵送し、その途中で国内を通過したに過ぎない場合は結果とか中間影響が生じていません。)で犯されたものと考えられています。
 問題になりますが、被害者がノイローゼになったりすれば、傷害罪が成立し、第1条がそのまま適用され、国内犯として、罰せられます。それまで至らないストーカー規制法だと犯罪の構成事実は国外ですので、罰せられませんが、名誉毀損になる場合は、犯人が日本国民ならば罰せられます(3条)。
 また、罰せられるとしても、警察権力は国内でしか行使できませんので、重要な犯罪については、犯罪引渡しに関する条約により、国内に移送することもできますが、条約を結んでいない国とか軽微な犯罪についてはどうすることもできません。なお、犯人が国外にいる間は時効は停止(刑訴255)されますので、軽微な事件でも50年後、日本に入国したとき、逮捕は可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 重大犯罪に関しては、各国の警察/Policeを越えて(インターポール?)犯人捜査や身柄の引渡しがありますよね。赤軍みたいな・・・。でも、標記の行為が日本の刑事罰(傷害罪)であったとしても捕まることは無さそうですね。。 インターネット同様犯罪も国を越えてボーダーレスになりつつある現代・・・、”イタ電屋”が成り立つかもしれませんね。

お礼日時:2001/04/20 12:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親が多重国籍だった場合の子どもの国籍

国籍についての質問です。

日本は国籍に関して血統主義を取っていますが、ハーフなどに限り22歳まで多重国籍を認めていたように思います。

そこで質問なのですが、

例えばイギリス国籍のイギリス人の男性と、21歳のロシアと日本のハーフで日本とロシアの両国の国籍を保有した女性が結婚してすぐに子どもが生まれたとします。

その子どもは日本で生まれ、各種申請などをして、
一時的ではありますが、
日本 ロシア イギリスの三国の国籍を保有することになるのでしょうか?

ふと思っただけの質問ですが、
回答を願いたく思います。

Aベストアンサー

そうですね、イギリスもロシアも原則血統主義であっても例外規定として出生地主義を認めていますので、親がイギリスとロシアの政府関係者でない限り(政府の要職の場合は多重国籍が禁止されるケースがあります)、生まれた子供は1時的に3つの国籍の保有ということになります。

Q永住権を持って海外在住、海外転出届提出済み、無収入、日本人国籍ありですが、確定申告ってするものなのでしょうか?

質問タイトルのとおりですが、永住権をもって海外在住、海外転出届提出済み、無収入、日本人国籍ですが、確定申告ってしなければいけないのかしら。あんまり良くない言い方ですが、したほうが得?
是非よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

>確定申告ってしなければいけないのかしら。
日本国内で課税されるべき所得が発生していない場合には確定申告の必要はありません。
日本国内で課税されるべき所得があれば確定申告しなければなりません。

日本国内で課税されるべき所得とは、たとえば日本国内の不動産による所得(賃貸収入とか)などです。

海外にいる場合には、海外から申告が大変なので、この場合には日本国内に納税管理人(誰でもよい)を税務署に申告し、その納税管理人が代りに確定申告します。

Q日本国籍保持者→無国籍になった人

日本生まれ、日本育ちの日本国籍を保持している人が、
本人の志望による外国籍の取得以外に、日本国は『本人志望による日本国籍の離脱』を認めているのですか?
以前、無国籍者の発生を防ぐためそのような日本国籍の離脱は認めていないと書いてあったのを見たことがありますが、
日本国籍を本人の志望で離脱する事は本当にできないのでしょうか?
本人が強い志望により日本国籍を海外で失効し、無国籍になった人がいるというのを聞いた事があるのですが。間違えでしょうか?
例外はあるのでしょうか?

当方、国籍について調べている学生で無国籍についてのテーマがでましたので、情報の程を御願い致します。

Aベストアンサー

>日本国は『本人志望による日本国籍の離脱』を認めているのですか?
出来ません。そのための手続きは用意されていません。

ただ外国籍を取得して日本国籍を喪失、その後外国籍をその外国の法律により喪失出来たとすると、無国籍状態になります。

あと、外国籍と日本国籍同時取得となった(国際結婚での子供など)場合には、日本の国籍の留保の届けをしないと出生児にさかのぼって日本国籍を喪失しますが、このとき外国の国籍でも取得できる手続きをしていなければ無国籍になってしまうことが考えられます。

Q国籍について(台湾→日本国籍取得→帰国後は・・・?)

こういう場合どうなるのかと疑問に思ったのですが、自分で調べてみてもよく分からなかったので、質問させて下さい。


台湾国籍のAさんが日本国内で日本の企業で働いていました。企業からの勧めで日本国籍を取得しましたが、その企業を辞めて台湾に帰る事になりました。(多分もう日本へ居住や働く目的で来る事はありません)

この場合、
外国人が日本の国籍を取得した際には元の国籍を喪失する事となっているようなので、Aさんは日本の国籍を取得した時点で一般的な(うまい言葉がみつからず、すみません)日本人と同じになるのでしょうか。
そして、再び台湾に住むには、元は台湾国籍の人であったということは全く考慮されず、扱いは所謂日本人が台湾に住む場合と全く同じ(台湾の国籍を取得するにしてもしないにしても)手続になってしまうのでしょうか。

なんだか、それもあんまりだ・・・という感じがするのですが、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

台湾の国籍法がどうなっているかは知りませんので、自信なしですが、
>外国人が日本の国籍を取得した際には元の国籍を喪失する事となっているようなので
これは相手国によって違います。日本人が外国籍を所得した場合日本国籍を失う事になっていますが、これは日本の法律です。国によっては外国籍を所得しても自国国籍を失わない国(二重国籍を容認・黙認している国)もあります。したがってポイントは台湾の法律がどうなっているかですが、これは知りません。
もし台湾も外国籍を所得した場合に国籍を失うという法律になっている場合は、この人の日本国籍所得は安易であったといわざるを得ません。
したがって基本的には一般人と同じになりますが、日本の場合ですと”元日本国籍所有者”に対して再度日本国籍を所得する事が容易になるような制度(簡易帰化申請)がありますが、台湾にも同様な制度があるかどうかは不明です。(リンクページ下のほう参照)

参考URL:http://www.celloko.com/foreigner/kika2.html

Q二重国籍を解消して日本の国籍へ(長文です)

アメリカの病院で生まれたため、アメリカの国籍も併せ持っている大学1年生です。いままでほとんどの期間を日本で過ごしてきたため、アメリカの言語も文化も知らず、およそ純・日本人として生きてきました。僕はもうすぐ20歳になります。日本の法律上では22歳までにどちらかの国籍を選び、もう一方を破棄することになっているので、僕ももうそろそろ動き出す頃です。二重国籍のままで日本に在住している人でも許容されて日本に暮らし続けることができる、という発言がググってみたら沢山見受けられました。ていうか、国籍のことを何も気にしないで放っておくと、自然とそうなるそうです。僕もできたらそうしたいところなのですが・・・
ここ最近、アメリカってイラクとか北朝鮮とかでキリキリしてますよね。こんな時にアメリカの国籍を持っていたら、いざアメリカが他国に戦争をしかけた(ブッシュなのでやりかねないかも)場合、僕みたいにアメリカ国外に住んでるアメリカ国籍保持者というのは格好の兵隊の材料ですよね。そこで思ったのです。戦争なんてご免じゃ、アメリカ国籍を破棄しようと。
んで、アメリカ大使館に問い合わせて書類をよこしてもらったのですが、そこには

「アメリカ国籍を破棄しても兵役は免れない。」

という内容の記述が・・・
つまり、兵役が嫌だからというのは、アメリカ国籍破棄の理由にはさせてもらえないというのです。

自分の行動力の無さに非常に悩んでます。どなたかアドバイスをよろしくお願いします。m(_ _)m

最後まで読んで下さってありがとうございます。

アメリカの病院で生まれたため、アメリカの国籍も併せ持っている大学1年生です。いままでほとんどの期間を日本で過ごしてきたため、アメリカの言語も文化も知らず、およそ純・日本人として生きてきました。僕はもうすぐ20歳になります。日本の法律上では22歳までにどちらかの国籍を選び、もう一方を破棄することになっているので、僕ももうそろそろ動き出す頃です。二重国籍のままで日本に在住している人でも許容されて日本に暮らし続けることができる、という発言がググってみたら沢山見受けられました。て...続きを読む

Aベストアンサー

通常、どこの国でも2重国籍を認めていません。ただ、相談者の方のように特例的に2重国籍になってしまった人間に対して、成人してキチンと判断できるようになるまでの間2重国籍を認めているものです。それ以後の2重国籍状態は単なる事務手続き上の問題ですね。

 さて、私は米国の法律は良く知らないのですが、民主国家且つ法治国家である以上国籍を離脱する自由を求めているはずです、恐らく「成人後、日本国籍を取得するため」という理由での離脱が可能だと思います。
一度離脱をしてしまえば、あなたは日本国民になるわけですから米国に入国しない限り米国の法律により縛られることはありません。従って徴兵されることもないはずです。

恐らくあなたの言う、
>「アメリカ国籍を破棄しても兵役は免れない。」
というのは、具体的に戦時になり、徴兵される可能性が高くなった場合に、国籍を離脱して兵役を逃れることはできないよ、と意味でしょう。推測ですが、そのような場合には、国籍を破棄した段階の事務手続きに誤りがあったとして離脱を認めないというやり方にでもするのでしょうね。
今、離脱するあなたに適用されるとは思えないですが・・・

因みに、万が一、兵役につかされる事になろうともアメリカに入国しなければ、全く問題ないです。

通常、どこの国でも2重国籍を認めていません。ただ、相談者の方のように特例的に2重国籍になってしまった人間に対して、成人してキチンと判断できるようになるまでの間2重国籍を認めているものです。それ以後の2重国籍状態は単なる事務手続き上の問題ですね。

 さて、私は米国の法律は良く知らないのですが、民主国家且つ法治国家である以上国籍を離脱する自由を求めているはずです、恐らく「成人後、日本国籍を取得するため」という理由での離脱が可能だと思います。
一度離脱をしてしまえば、あなたは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報