今度、ボランティアで聴覚障害者の方々のところへいってみることにしたのですが、いくつかみなさんに聞きたいことがあります。
私たちがこのサイトを利用し、便利だと感じているのだから、聴覚障害者の方々も健常者のようにPCを使いこなしたいと思っているのと思うんです。ですが、現状、聴覚障害者にとって不自由な点が多々あるのではないかと思っています。
今度ボランティアに行くときに、この点について聴覚障害者の方々と話し合ってみたいと考えています。
そこでですがみなさんが思いつく不自由な点やこうしたら良いのに・・・というアイデアがありましたら、ぜひぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

PCに関しては、あまり聴覚障害はハンディキャップにならなくて、むしろPCは聴覚障害の不便さを補う手段になっているぐらいです。

ですから、あまり聴覚障害だからということで、PCの使い方に差はないと思って構いません。
一応気をつけた方がいいことは、ビープ音などが聞こえませんから、操作を間違えてPCがピーピー鳴っていても全然気がつかないことがありますので、そういうときは教えてあげるぐらいでしょう。
あと、これは聴覚障害者に限ったことではありませんが、日本語が不得意な人がいるので、文字入力は「かな入力」の方が使いやすいという人が多いと思います。
    • good
    • 0

インターネットの危うさもきちんと説明してあげてくださいね。


例えば、知らぬ間に国際電話につながるのを防ぐ方法やネット上の売買についてやパソコンウィルス駆除など...です。PCの使い方と同時にこういった情報を都度提供する事も大切だと思います。
    • good
    • 1

PCを使いたくてパソコン講座を受けようにも、聴覚障害者を受け入れてくれるところがすくない。

これは、手話通訳や要約筆記が必要であることが理解されていないためです。
そのうえ、健聴者でもわかりにくい、「カタカナ語」がパソコンを使う上でどうしてもネックになりますね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q聴覚障害者の生活

子供(小4)が学校で聴覚障害者の生活を勉強しています。
その中で、何気ない日常生活について調べているようです。

電話、インターホン等の何気ない日常生活にどう対応されているのか・工夫されているのか等疑問に思っているようです。

日常生活の中での工夫等、教えていただければ有難いと思います

Aベストアンサー

#3です。

今日ニュースで聴覚障害者の方に火災などを知らせる為の新しい工夫が紹介されていました。

見ましたか?

なんでもワサビの匂いを噴射させて気づかせるんだそうです。
実際に聴覚障害者の方が眠っていて起きるかどうか実験していました。

起きて(4分かかったのかな?)、「なんだかワサビの多すぎる寿司を食べた様だ。」と言っていました。

障害者自身の工夫ではありませんが、「あれ。」と思ったので書かせて頂きました。。。

Q障害年金における聴覚障害の認定基準について

障害年金における聴覚障害の認定基準について
両側感音難聴ですが
申請書の中で病歴・就労状況等申立書は何にポイントをおいて書けばいいのですか?
受診した時、受診してない時の場合を教えてください。

Aベストアンサー

もう少し補足します。
診断書の内容との整合性も問われるので、医師とすり合わせて下さい。
よく相談することが大事です。

<初めての受診のとき>
 ・ 初めての自覚症状は不可欠(片方だけ?、両方同時に?)
 ・ どんな症状で始まったか? きっかけのようなものはあったか?
 ・ どのような治療がなされたか?(ステロイド、高圧酸素療法など)
 ・ 治療効果があったのか? それとも難聴がどんどん進んでいったか?
 ・ 聴力がその後回復せず、高度難聴に至ってしまったのか?

<その後の受診のとき>
 ・ どのような治療または検査を行ない、結果はどうだったか?
 ・ 難聴の度合いはより進行してしまったのか、そうでないのか?
 ・ 医師からどのような指示などがあったのか?

<受診していないとき>
 ・ なぜ受診していなかったのか?(治療の必要性の有無は?)
 ・ 服薬していたか、していなかったか?
 ・ 就学・就業上、困っていたことや工夫しなければならなかった点は?
 ・ たとえば、就職するときに支障があったか?
 ・ 職務上の制限があったか?(たとえば、配置替えや解雇など)
 ・ あるいは、職務上、特別な配慮を要したか?(筆談など)
 ・ 補聴器などを使用していたか?
 ・ 日常生活で困っていたことは?(電話、交際、対人関係、家族など)

その他、病歴・就労状況等申立書の説明事項にも書かれているように、
とにかく、以下の点については、上記と併せて、決してはずさないように
十分に気をつけて記していって下さい。

1 初診から現在までの経過を、年月順に記入してゆく
2 受診していた期間は、上と併せて、必ず、以下のことも書く
 ・ 通院期間、受診回数(できるだけ、きちんとカルテで調べてもらうこと!)
 ・ 入院した場合は入院期間
 ・ 治療の経過(治療内容を具体的に!)
 ・ 医師から指示された事項など
 ・ 転院した場合や受診を中止した場合は、それらの理由
  (自分の判断でそうしたのか?、医師からの指示でそうしたのか?)
3 受診していなかった期間は、上と併せて、必ず、以下のことも書く
 ・ 受診していなかった理由
 ・ その間の自覚症状はどのようなものだったか?
 ・ 日常生活はどのようなものだったか?

具体的に状況がわかるように書く、ということがポイントで、
たとえて言うと、読んだだけで第三者があなたを想像できればベストです。

なお、受診していた期間については、必ず、病院名も記して下さい。
あちこちの病院を移り変わっているときはそのすべての病院をピックアップする、
ということも鉄則です(かなりたいへんかもしれませんが‥‥)。
 

もう少し補足します。
診断書の内容との整合性も問われるので、医師とすり合わせて下さい。
よく相談することが大事です。

<初めての受診のとき>
 ・ 初めての自覚症状は不可欠(片方だけ?、両方同時に?)
 ・ どんな症状で始まったか? きっかけのようなものはあったか?
 ・ どのような治療がなされたか?(ステロイド、高圧酸素療法など)
 ・ 治療効果があったのか? それとも難聴がどんどん進んでいったか?
 ・ 聴力がその後回復せず、高度難聴に至ってしまったのか?

<その後の受診のとき>
 ...続きを読む

Q聴覚障害者の生活支援として給付されたFAXの修理代金に出張修理費は含まれますか?

聴覚障害者であり、身体障害者手帳2級を交付されています。
役所から生活支援サービスとして、FAXを給付されています。

このFAXが故障気味で、受信したページの下1/3が黒くなることが頻発するようになりました。

役所に相談すると、持ち込み修理として店に出した場合は、その全額を役所で負担するが、出張修理サービスを利用した場合、技術者の出張費は役所は負担できないと言われました。

このFAXの修理に自宅に来てもらった場合は、
・部品代
・修理技術料
・出張料金
がかかると思います。(未確認ですが、役所とのやりとりでお互い、このように想定しました)

FAXを修理に店に出すと、修理が終わるまでの数週間は外部との通信手段がなくなりとても不安なため、店に修理には出したくありません。(このパソコンは、知り合いに代筆入力してもらっています。自宅にはパソコンはありません)
店でも、修理を受け付けても、代わりのFAXは貸してくれないとの事です。


そもそも、「部品代」と「修理技術料」は負担するのに、「出張料金」は認めてくれないのは『制度』として正しい運用なのでしょうか?それとも役所職員が運用法もしくは制度解釈を誤っているのではないでしょうか?

生活支援サービスの正式名称は分かりませんが、自治体独自の制度ではなく、全国的な基準に基づいた障害者サービスだと言うことでした。


よろしくお願いします。

聴覚障害者であり、身体障害者手帳2級を交付されています。
役所から生活支援サービスとして、FAXを給付されています。

このFAXが故障気味で、受信したページの下1/3が黒くなることが頻発するようになりました。

役所に相談すると、持ち込み修理として店に出した場合は、その全額を役所で負担するが、出張修理サービスを利用した場合、技術者の出張費は役所は負担できないと言われました。

このFAXの修理に自宅に来てもらった場合は、
・部品代
・修理技術料
・出張料金
がかかると思いま...続きを読む

Aベストアンサー

私も聴覚障害者です。
そのサービスとは『日常生活用具給付制度』と言います。
厚生労働省が決めた基準に、自治体独自で品目を増やしたり、補助金を上乗せしている自治体があるそうです。
さて、出張料金ですが、残念ながら、その制度には含まれていません。あくまでもFax本体の購入や修理のみです。
FAXを修理に出すと、修理が終わるまでの数週間は外部との通信手段がなくなるの事ですが、代わりの物(携帯メール等)が無ければ、当分の間は我慢するしかありません。
どうしても駄目だというのであれば、Faxレンタルを使う手があると思いますが・・・私なら予備としてもう1台買います。(最近のFaxは安くなってきて、機能にこだわりなければ、8000円位~があるし、レンタルよりも安いと思います)
http://www.karirunara.com/office/fax.htm

修理予定のFaxが購入(制度で)してから、5年経てば、新しいFaxの購入にその制度が使えるはず(自治体によってバラつきあり)ので、お住まいの役所に聞いてみて下さい。

Q聴覚障害・視覚障害者のための情報機器

今大学で障害者(特に視覚・聴覚障害者)の方への新たな情報発信の方法を考える ということをやっています。そこで、現在開発されている障害者の方への情報機器について伺いたいと思い書きこみました。
 インターネットで検索してみると、点字ディスプレイやオプタコンといったような、視覚障害者の方用の情報機器はいろいろ出てくるのですが、聴覚障害者の方用の情報機器はなかなか出てきません。 そこで、質問タイトルの通り、聴覚障害・視覚障害者のための情報機器について、具体的な機器の名前や簡単な説明をいただきたいと思います。装置の画像等も可能であれば欲しいので、URLを教えていただけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ワールドパイオニアが有名かな。

参考URL:http://www.wp1.co.jp/

Qお聞きしたいこと(聴覚障害者について)

小学6年生のYamaminです。今回は総合学習でやっている福祉。その中でも聴覚障害者の方について質問します。
次のようなことに1つでもいいのでご回答いただければと思います。
・聴覚障害者の方は「障害者手帳」を発行できるのか
・聴覚障害者がやっている日ごろの工夫
・困ったことなどのエピソード
・聴覚障害者のための機械、介助器具
・ろう学校の生活について(授業の内容など)
・日本の障害者に対しての対応
以上です。そのほかにも聴覚障害者についてのことなら何でもかまいませんので教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

確かに、♯1の方の言うとおりですが、私はあえて一言。
私の祖母が聴覚障害者です。
小さい時に高熱が出て、聞こえなくなりました。
話すことが出来るようになってからの障害なので、ろうあ者ではありません。話は出来ます。
聴覚障害にも、先天性のものと、後天性のものがあります。
祖母は、障害者手帳を持っています。(現在91歳)
何級かまでは知りませんが、発行はしてもらえます。
話は出来るので、補聴器を付けていました。(健在ですが、今は寝たきりで意識も無いため、過去形にしました)
でも、自分の思いは人に伝えられますが、人の思いはなかなか伝わりません。
補聴器をしていても、かなりひどい難聴のため、うっすらと聞こえる、または、回りの雑音もかなり強く入るので、聞き取りにくかったようです。
話は出来るので、手話は一切習っていませんでした。
日ごろの工夫・・・。
あまり分かりません。

お役に立てないかとは思いますが。

Q肢体不自由児の公立小学校での問題点について

私の息子は公立小学校に通っています。
学校では足が不自由なことは分かっているのに、生徒数が多いこと・他の生徒たちが階が変わることによって学年が変わったことを意識させることが必要だと言われ3階の教室にされました。
その点の配慮のなさに納得がいきません。
教育委員会にもエレベーターの設置を依頼しましたが、全く期待できません。
学校生活での体験や情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

毎日3階までの上がり降り、授業の教室移動 etc とても大変ですね。

私は肢体不自由の養護学校の教員ですが、
多くの生徒の出身校も同じ様な状態でした。

以下は最悪の例です。
ある車椅子の生徒は、小学時代、同級生に車椅子を抱えられて、4階まで上がり降りをしていました。その為か、その子は「ありがとう」が口癖になってしまい、
養護学校入学時には、自分から何もしようとはしない子になっていました。
(養護学校では、自分で動ける様がんばっていましたが…)

他の子の親御さんは、教育委員会にまで直訴されたのですが、
「スロープやエレベーターが設置が検討されるのは入学後」と聞かされ、
「卒業してからでは遅い」と、養護学校を選ばれました。

また、階段を昇降する機械があった学校も、「機械が重い」という理由で
使ってくれなかったとのことでした。

これらは10年前の物ですが、余り事情は変わっていないのですね。
せめて3階の教室だけでも変えてもらうように、
教育委員会か、市の福祉課に訴えられてはどうでしょうか?
これは何とかなると思います。
それでも駄目なら、市会議員か府会議員に相談してください。
がんばってください。

毎日3階までの上がり降り、授業の教室移動 etc とても大変ですね。

私は肢体不自由の養護学校の教員ですが、
多くの生徒の出身校も同じ様な状態でした。

以下は最悪の例です。
ある車椅子の生徒は、小学時代、同級生に車椅子を抱えられて、4階まで上がり降りをしていました。その為か、その子は「ありがとう」が口癖になってしまい、
養護学校入学時には、自分から何もしようとはしない子になっていました。
(養護学校では、自分で動ける様がんばっていましたが…)

他の子の親御さんは、教育委員...続きを読む

Q聴覚障害者が自分で払う通訳派遣ってどう思いますか?

聴覚障害者が自分で払う通訳派遣ってどう思いますか?

13日の朝日新聞に、兵庫県西宮市にある団体が聴覚障害者向けの通訳派遣を始めた記事が載っていました。
記事によると、「手話や要約筆記などを学んだ学生、主婦ら約30人が通訳として登録している。1時間1100円で、100円はセンター。交通費は利用者が負担。千円を越える交通費は通訳者が負担。」
「聞こえないこと我慢しないで」という題字と記事内容から察するに、聴覚障害者本人がお金を払って通訳を雇うことを推奨しているようです。

これを見て、ビックリしました。

私の家族は難聴です。軽度なので、手帳も障害年金も貰えません。
でも生活上困難で、コミュニケーションも筆談を加えています。
補聴器も補助が受けられず両耳で50万しましたが感音性難聴なので、効果は低いです。
(今は性能が良いのが出ているみたいですが、購入の目処が立ちません)
何の公的支援も受けられない状況です。
生まれつきではないので口の形を読んで会話することも、ままなりません。
就職も手帳が貰えないから一般扱いで、障害者枠にも入れません。
その上「お金払って通訳を」なんて、とんでもない!
こんな通訳派遣が広まったら、「聞こえないんだから、自分で通訳雇いなよ」と言われて、生活が成り立ちません。
聴覚障害者自身が支払うのではなく、イベント主催者・雇用主の会社が支払うなら良いと思います。
その場合でも、記事にある「手話や要約筆記などを学んだ」レベル(だから安いのかな。)ではなく、正規の手話通訳士・要約筆記奉仕員でないと不安です。
(要約筆記奉仕員は、資格化されていませんが、厚労省のカリュキュラムを修了した人です。守秘義務にも厳格です。)
それを考えたら、今、行政の公的派遣事業を委託されている各地の身体障害者協会や難聴協会、要約筆記団体が、一斉に全国的にやってほしいです。

聴覚障害者がこの事業を立ち上げているのにはびっくりします。
この方達は、手帳を持ち生活用具が支給され、障害年金を受けられている方なのでしょうか。。
(100円だけ受け取るみたいだし)
「公的派遣がされないなら、自分たちで」という安易な考えだと思います。
「通訳派遣、飲み会もOK!」とされてますが、、権利という土台がないので、話が飛びすぎです。

公的派遣を受けられない時、主催者に要請しています。
言えば、案外すんなり要約筆記奉仕員を派遣してくれます。
してくれないときは、聴覚障害者情報センターという所に相談します。
そこから主催者を説得してくれる時もあります。
あるいは、主催者の係員が書いてくれたり、誘導してくれます。
聴覚障害者自身がお金払って通訳雇うより、そのほうが社会に啓発されると思います。
生活の全てに通訳を派遣することは、人材的にも不可能ですから、
社会の中に聴覚障害者がいることを認知してもらうことが大切だと思います。

とにかく、現状は、聴覚障害者の人権・権利が確立していないし、他の制度との調整が必要なので、「お金がある聴覚障害者だけが使える」事業は止めてほしいです。
「障害」を商売のネタにしているみたいです。
登録している人たちは、こういう事情を知らないのでしょうが、登録している団体と同じ考えと見られますね。

(1)この通訳派遣事業は、今の聴覚障害者の権利を守れるか?
(2)通訳派遣事業を担う通訳者は、誰が良いか?
(3)飲み会に通訳者が必要か?  等、

聴覚障害者の人や、福祉について知識のある方から意見を聞きたいです。

聴覚障害者が自分で払う通訳派遣ってどう思いますか?

13日の朝日新聞に、兵庫県西宮市にある団体が聴覚障害者向けの通訳派遣を始めた記事が載っていました。
記事によると、「手話や要約筆記などを学んだ学生、主婦ら約30人が通訳として登録している。1時間1100円で、100円はセンター。交通費は利用者が負担。千円を越える交通費は通訳者が負担。」
「聞こえないこと我慢しないで」という題字と記事内容から察するに、聴覚障害者本人がお金を払って通訳を雇うことを推奨しているようです。

これを...続きを読む

Aベストアンサー

身内に中途失聴者がいるので、その立場から。

手話通訳派遣・要約筆記派遣は、障害者自立支援法では、市町村が行なう事業になっています。
国の責任、というより、市町村の考え方や予算に左右されてしまいますよね。

聴覚障害者の情報保障というのは、その障害者の財産の状況などに左右されてはいけないと思います。
情報保障されるのは、あたり前の権利だと思いますから。お金を払えば払うほど差をつける、などということはあってはいけないと思うのです。

ただ、現実問題として、市町村などの予算の状況が改善されることを待っていたら、全体的な情報保障がますます進んでゆかなくなる、という事情もあるだろうと思います。
だとしたら、1つの考え方として、有志の方が有償で支援を提供する、という方法もありなのかな、とは思います。
但し、金額負担が極端に多くなるとか、お金を持っていない方を締め出すとか、そういうことになってしまうと本末転倒だと思うので、両刃の剣かもしれませんね。

もう1つの考え方として、障害を持っている方が受けるサービスを何でもかんでもただにしてしまうのは、あまり望ましいこととは言えない、という考え方もあるようです。
対等な関係で物を言えなくなってしまうんですね。
サービスを買う、ととらえると、ある一定の負担の見返りに、とことんきちっとしたサービスを提供してもらうように堂々と要求する、ということもできますよね。
なので、一定の負担はやむを得ない・むしろ当然なのではないか、という考えもあるようです。

問題は、聴覚障害だとされるdB値の設定値にあるかもしれませんね。
身障手帳でも障害年金でもそうですが、かなりの重度でないと対象外。また、片方だけ失聴してたいへん不自由を感じていても、もう片方が正常ならば認定されないおかしさ。
そういった、変なこともありますよね。
そうなると、情報保障が必要な人にゆき渡らないという問題が出てきます。
難聴の程度うんぬんじゃなくて、情報保障の必要性で考えなければならないのに、そうなっていないわけです。
そういったことも考えてみないと、なかなか問題の本質が見えてこないかもしれませんよ。

で、まとめてみると。
権利うんぬん、という点では、いわゆる素人の方がかかわるような印象を受けましたので、守秘義務などの点から確かに心配です。人権面での研修もないとだめだと思うんですが。
2つ目。手話通訳者・要約筆記者は、ある程度公的な資格認定制度がないと、その質にばらつきがあり過ぎてだめだと思います。市町村の講習会などの修了者をそのまま用いる、というやり方は、あまり賛成できません。
ただ、同時に、そういう養成が確立されるを待っていると、かえって情報保障がままならない、というジレンマもありますよね。むずかしいところです。
3つ目。飲み会にも通訳者は必要だと思いますよ。日常生活の一場面です。聴覚障害だろうが何だろうが変わりありません。しかるべき情報保障があって、日常生活が健聴者と同じレベルになるので、そういう意味では通訳者は必要だと思います。

身内に中途失聴者がいるので、その立場から。

手話通訳派遣・要約筆記派遣は、障害者自立支援法では、市町村が行なう事業になっています。
国の責任、というより、市町村の考え方や予算に左右されてしまいますよね。

聴覚障害者の情報保障というのは、その障害者の財産の状況などに左右されてはいけないと思います。
情報保障されるのは、あたり前の権利だと思いますから。お金を払えば払うほど差をつける、などということはあってはいけないと思うのです。

ただ、現実問題として、市町村などの予算の状況が改...続きを読む

Q聴覚障害者の等級

障害の程度に対して「障害の等級」ってありますよね。その等級で聴覚障害の等級には1級と5級がないのですが、何故なのでしょう?
分かる方教えてください。

Aベストアンサー

『何故』という部分のお答えにはなりませんが・・・
5級は、平衡機能障害のみ
1級の場合は、ろう者で言語障害が加わると
1級に認定される場合もあります。
最近の聴覚障害者は、発語訓練等もされていますので
1級に認定される方は、少ないですね。

Q聴覚障害者への配慮について

今度、ボランティアで聴覚障害者の方々のところへいってみることにしたのですが、いくつかみなさんに聞きたいことがあります。
私たちがこのサイトを利用し、便利だと感じているのだから、聴覚障害者の方々も健常者のようにPCを使いこなしたいと思っているのと思うんです。ですが、現状、聴覚障害者にとって不自由な点が多々あるのではないかと思っています。
今度ボランティアに行くときに、この点について聴覚障害者の方々と話し合ってみたいと考えています。
そこでですがみなさんが思いつく不自由な点やこうしたら良いのに・・・というアイデアがありましたら、ぜひぜひ教えてください。

Aベストアンサー

PCに関しては、あまり聴覚障害はハンディキャップにならなくて、むしろPCは聴覚障害の不便さを補う手段になっているぐらいです。ですから、あまり聴覚障害だからということで、PCの使い方に差はないと思って構いません。
一応気をつけた方がいいことは、ビープ音などが聞こえませんから、操作を間違えてPCがピーピー鳴っていても全然気がつかないことがありますので、そういうときは教えてあげるぐらいでしょう。
あと、これは聴覚障害者に限ったことではありませんが、日本語が不得意な人がいるので、文字入力は「かな入力」の方が使いやすいという人が多いと思います。

Q聴覚障害者のための電話

英語文化圏の会社などで、電話による customer service の案内で "speech and hearing impaired customers only" という注意書きがある電話番号があることがありますね。あれはどうやって要件を伝えられる仕組みになっているんでしょうか?日本にも同様のサービスはありますか?あれば同じ仕組みになっているんでしょうが。

Aベストアンサー

 TTY(テレタイプライター)のことでしょうか?

 もちろん私は使ったことがないのですけど、キーボード付のテレタイプマシンを電話線に接続して、キーボードをパコパコ叩くと、その内容が接続している相手のテレタイプマシンに伝わる、て仕組みらしいです。

 日本の場合は、聴覚障害者にはFAXが普及しました。漢字の多さがテレタイプに向かなかったのでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報