父がガンで明日手術します。
(実際には肉腫というもので、非常に珍しいケースです。)
今回で3回目になるんですが、手術のときのお礼は毎回渡したほうがいいのでしょうか。(過去2回は渡しています。)
その場合、いくらぐらいが妥当なのでしょうか。

家族としては、父の状態のほうが心配なのですが親戚は会うたびにそういう話ばかりでこちらとしては困っています。
正直な話、やはり渡すと渡さないでは全然違うのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

確かに医者へのお礼というものが、常識とされていた時代があった事は否定できません。

ただ、それによって、医療行為に差が出るということはないと思います。最近は、禁止している病院も多くなりました。
仲間に甘いと言われるかもしれませんが、もらったものの多くは一緒に手術に入るスタッフに分配する先生が多いと思います。また多くは難しい手術ほど外科医冥利につきるという意識が強く、お礼などで左右されません。外科医はプライドが高いと言われています。
ですから先生によってはお礼を怒る方もいます。
はっきりいってお礼は必要ありません。過去2回渡しているから、今度だけ渡さないのはという意識は捨ててください。3回のオペ、一番辛いのは、患者さん自身
です。よく頑張ったとお父さんにお礼を言うぐらいではなくては!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さすがに3回目ともなると見ているだけでつらくなります。
しかも今回は人工肛門になる可能性があり、本人はとてもショックが大きいみたいで・・・。立ち直れるかが心配です。
父の場合は、本当にまれな場合らしく、10年に1度あるか無いかとのこと。
無事に終わることを祈ってます。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/19 13:50

多くの皆さんが回答なさった後ですので、意見に留めます。

ここにアクセスなさる医療関係者にも読んでいただきたいです。私も個人的には、金品を渡すべきではないと思います。あなたは医療費を正当に支払うのですから。
執刀医も担当医もポケット・マネー(チップ)をもらえなければ、手抜きをするなどという態度であるのでしょうか。
きっぱりと断らずに受け取ってしまう医師や看護婦が勤務する病院なら、それこそ疑うべきです。
 ****** と、ここまでは私の経験から感じる意見です ******

しかし患者やその家族にすれば、命に、あるいは予後の後遺症に関わるのではないか、と不安になるからでしょうか。金品を渡しておけば、何かメリットが得られるに違いないという心理に陥るのも私は経験しています。
「金銭を渡している人を先に診て、渡さなかった私を後回しにされるなら、その人よりも多額を渡さなくては」
それは、すべて根拠のない不安から、つい思ってしまうことなのではないかと思います。
「独りだけ渡さないのが私ではないか」と健康時なら、思いもしない妄想にとらわれて「渡さないよりは渡しておこう」と考えてしまうのではないでしょうか。
受理する医療関係者にも、問題はあるけれど、渡す患者側にも問題はあるんですよね。
私の経験では、老齢の父親から「○万円を渡しておいたからね、早くよくなるようにしてくれるよ」と聞かされました。冷静に考えても、それで早く病状が回復するはずもなく、まったく根拠のない行為だと、いまは思い返します。
親戚の中には、「渡さなかったから、ほら回診が遅れてる」とか「看護婦が話しかけてくれなかった」などと、あら探しをする方もいますね。私も辟易しました。
それはすべて、こじつけだと思います。
「毅然となさいませ」とアドバイスを差し上げるのは、私も申し上げにくいですが「冷静になさいませ」とは、ぜひ申し上げたいと思います。
失礼がありましたら、ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も今時そういう固定観念にとらわれるのはどうかとは思うのですが。
やはり母や親戚にしてみれば、それが礼儀、と思うようです。
もうちょっと様子を見て、話し合ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/19 09:17

 謝礼などという悪習は早くやめるべきです。

謝礼をしなかったからといってあなたのお父さんの予後には全く関係ありません。つい1週間前にも同様の質問がありました。まだそんな風習がまかり通っている世界ってあるんですね、といった感じです。収賄にならないのは民間病院なんでしょうね。しかし民間病院にしても未だにそういった金が動く事になんら疑問を感じない医療機関はやはり治療内容も旧態依然としてるのでしょうね、肉腫は確かにガンより少ない疾患ですが非常に珍しいという表現を使うところからそういうふうに感じます。ガンにしても小腸の原発であれば非常に珍しいのですが..手術対象の非常に珍しい肉腫というのに何となく興味があります。よろしければどの部位の肉腫かをお教えいただけませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
父の場合は、年末か年明け頃から微熱が続き、だんだん体重も減少していき、検査をしてみたらまず腎ガンと言われ、すぐに右の腎臓を摘出しました。
その後生検してみたら肉腫であると言われ、前立腺のほうにも転移していました。
(今日手術してますがその前立腺と膀胱を摘出します。)
直腸も近いのでもしかしたら人工肛門になるかもしれません。
本人もさすがに相当ショックを受けています。
今のところ骨の転移はないのが救いですが、肺に疑いがあるそうです。
しばらくは大変な日々になるようです。
ごめんなさい、文章つくるのヘタなもので・・・わかりますでしょうか?

お礼日時:2001/04/19 09:31

お礼金は不要です。



J医大病院ではきっぱり断っていましたね。
個人病院では患者さんの中には看護婦さんに物を上げたり、お金を渡す人もいましたが、いかにも「私の事気にしてね」tt感じでかえっていやがっていましたよ。
渡すと渡さないで違うって言う事もよっぽど酷い個人病院で無い限りありえないでしょう。

私は退院するときには皆さんでどうぞとお菓子を差し入れました、感謝の気持ちをこめて丁度バレンタインだったのでチョコレートを...。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実際には母と叔母たちがやっているのでもうちょっと聞いてみます。
こういうのって難しいものですね・・・。

お礼日時:2001/04/18 21:54

お礼を渡す必要は、さらさらありません。

前の方が書いておられるように、お礼をしたからといって治療が変わるわけでもなく、しなかったから手抜きされるということもありません。(そんなことをして医療ミスでもおきたら、医者のほうがやばくなるだけです)

直接の回答ではありませんが、もし丁寧な扱いを受けたいのでしたら、お礼よりもっと効果的なものがあります。それは、開業医などからの紹介状です。紹介患者さんにはぞんざいなことは決してしません。紹介がもらえなくなると、大変だからです。

しかし、いいかげんにすべての病院で『お礼』廃止してほしいですねー。お礼を受け取る医者は、弱者からさらにお金を絞り取ることについて、良心の呵責はないのでしょうかね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
確かに誠意、というのは形にはしにくいものですよね。
私も実際に3回目ということもあり、お礼は1度でいいのでは?と思うのです。
(命が懸かってるのにそういうことばかり言う親戚にも?なのですが。)

もう一度、家族だけで話をしてみます。

お礼日時:2001/04/18 20:01

先の方がおっしゃるとおりに


医師・病院の「誠意」の問題だと思いますが
身内が公立病院で渡すのを 遅れた為に
手術を後回しにされた事があります。
(正確に言えば、後回しにされたから渡しました。)

単に 悪い病院に入院したと言われればそれまでなのですが
これが現状です。

私自身は 不必要だし 不正な事にさえ感じます。
しかし「健康とお金を引替にできるのなら」と
渡してしまう弱い自分がいます。
    • good
    • 0

病院が大学病院か国公立か個人開業かで変わってくると思います。


個人開業の場合は渡しておいたほうが無難でしょう。
大学病院や国公立の場合は病院の方針で受け取らないことになっているところが多いですが、実際はご存知のとおりの状態です。

ただ、渡さなかったからといって何か不都合なことをされる、ということは一応ありえませんし(あった場合は訴訟ものです)、渡したからといって何か特別なことをしてもらえるというわけでもありません。
要はいわゆる「誠意」の問題だと思います。(病院側も含めて)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインフルエンザの予防接種は1回より2回のほうが効果的ですか?

お世話になります。
中学3年生の受験生を持つ母です。

毎年インフルエンザの予防接種を親子で受けています。
子どもが小学生のときは2回接種していましたが、
中学生になってからは大人並みでOKとのことで
1回接種してきました。
今年も10月末に予防接種を終えたのですが、
先日ある掲示板で
「お医者さんに1回接種だったら感染しない率は65%、
2回接種したら99%感染しないと言われた。
受験生は2回接種がいいだろうとのことで2回接種しました」
と書かれていました。
もしそれが本当でしたら娘にもう1回追加して、ついでに
私も受けようかと思います。

やはり2回接種したほうがいいでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

掲示板の書き込みについては、どこに根拠があるのかわかりません。65%であったり、99%であったり、こんな数字は医学的にはどこにもありません。一部の研究などでこのような結果が出たかもしれませんが、少なくともコンセンサスが得られている事はないと断言できます。そこで再度一回接種か二回かという点に戻りますが、不活化ワクチンであるインフルエンザワクチンは回数を多く打てばそれだけ効果が上がるのは事実でしょう。ただ、一回より二回、二回より三回と接種を重ねたとしても抗体の上昇が二倍、三倍に上がるわけではなく、その上昇の差は少ないので、結局はもう一回で十分であるという結論になるのです。2回目を接種して抗体の値から考えたら損はありませんが、そうだからといって全ての人に勧めることもしません。後は保護者の判断と医師がそれを理解していくれるかです。もったいないからやめろと言われるかもしれません。それくらいのことかと思います。

Q父(72歳)が脳外科手術を受けました。元気に過ごしていたのですが、脳の

父(72歳)が脳外科手術を受けました。元気に過ごしていたのですが、脳の血管に瘤が見つかり手術に踏みきりました。瘤はうまく取れたらしいのですが、手術中に脳梗塞を起こして左手に少し麻痺がでました。本人はそれがショックで、病気の受容が出来ない状態です。手術後ふてくされてリハビリに消極的でした。

7/29に手術を受け8/14に退院し、その時もらった薬を見てビックリしました。胃腸の薬と、パキシルとアメリなどの精神薬だけだったのです。うつ病に使われるパキシルが8/4から使われてましたが、その説明は一切ありませんでした。

すぐに抗議しました。病気の受容ができない患者にカウンセリングもなく、いきなりうつ病の薬を処方するのはいかがなものか、しかも、なぜその説明がないのかと。抗議したら、パキシルとアメリは抜いてくれました。その後医師に説明を求めたところ、『リハビリの意欲が低下していたからパキシルを処方した、薬の説明をしなかったのは申し訳ない。』とのこと。

私は以前うつ病でない方がパキシルを飲み、昼も夜も寝っぱなしでヨダレを垂らしていた様子を見たことがあります。父も同様な状態になりました。リハビリに意欲的になるどころか、寝っぱなしで起きているのもやっとの状態。私たちはそれが手術のせいだと思っていました。今となっては、それが術後のためなのか、パキシルのためなのかわかりません。薬の効果があらわれるまで数週間かかるようですが、こんな状態を診てもなぜ薬を止めようともせず、更に25日分も精神薬をだしたのか医師に訊いても『意欲的になってもらいたかった』と言うだけです。
脳外科手術の後はてんかん症状が出るとかで現在はてんかん止めの薬を飲んでます。

ここで質問ですが、脳外科手術の後でパキシルを処方するのは一般的にされていることなのですか。適切な処方なのですか。手術からまだ1ヶ月程しか経ってませんが、父には痴呆の症状が出ています。いわゆる、まだらボケのような状態です。手術前は全く正常でアイパットを購入し、喜んで使いこなしていたのに、今ではパソコンも使えないことがあります。パソコンの電源を入れたまま、パソコンの前でボンヤリすることが多く、このまま良くならないのではと心配でなりません。脳外科に詳しい方や脳外科手術を経験されている方にアドバイスを頂きたく、どうかよろしくお願いします。

父(72歳)が脳外科手術を受けました。元気に過ごしていたのですが、脳の血管に瘤が見つかり手術に踏みきりました。瘤はうまく取れたらしいのですが、手術中に脳梗塞を起こして左手に少し麻痺がでました。本人はそれがショックで、病気の受容が出来ない状態です。手術後ふてくされてリハビリに消極的でした。

7/29に手術を受け8/14に退院し、その時もらった薬を見てビックリしました。胃腸の薬と、パキシルとアメリなどの精神薬だけだったのです。うつ病に使われるパキシルが8/4から使われてましたが、その説明は...続きを読む

Aベストアンサー

 実際にお父様を診察したわけでもなく、CTなどの検査結果を見たわけでもないのであまり適当なことは書けませんが・・・。

 術直後に見られた「うつ状態」の原因を、左手の麻痺にお父様がショックを受けてそれを受容出来ていないため、と質問者さんは判断されていますが本当にそうなのかどうか。脳外科医の立場からすると、質問文を読んだ限りお父様の「うつ状態」は脳梗塞の症状の一つと考えるのが自然だと思います。脳梗塞が原因のうつ症状であれば、カウンセリング云々はあまり意味ないでしょう。抗うつ剤を試してみるのが妥当だと思います。

 脳外科手術の後でパキシルを処方することはルーチンに行われるわけではありませんが、今回のように患者さんの術後の状態を見て主治医が処方することは十分ありうることです。また一般的に、脳梗塞後には脳血流の関係からかうつ病を発症する患者さんが一部いますが、そのような患者さんに対するパキシルなどの抗うつ薬の有効性は証明されています。

 現在のお父様の状態ですが、質問文を読んだ限りでの判断ではやはり手術時の脳梗塞が関与しているのではないかという印象を受けます。脳梗塞時には脳梗塞部位以外の脳血流も低下することがありますが、これらが正常化するには3カ月程度かかると言われています。また、脳梗塞後のうつ病が改善するには1年程度を要するとも言われています。従って今後お父様の症状がどの程度回復するかについては、術後最低でも3ヶ月間、場合によっては1年ほど経過を見ないと何とも言えないと思います。

 繰り返しになりますが、この回答はあくまでも質問の文章を読んだ限りでの判断ですので、実際についてはお父様の病状を最も理解されている主治医の先生にお尋ねになるのがよいでしょう。

 実際にお父様を診察したわけでもなく、CTなどの検査結果を見たわけでもないのであまり適当なことは書けませんが・・・。

 術直後に見られた「うつ状態」の原因を、左手の麻痺にお父様がショックを受けてそれを受容出来ていないため、と質問者さんは判断されていますが本当にそうなのかどうか。脳外科医の立場からすると、質問文を読んだ限りお父様の「うつ状態」は脳梗塞の症状の一つと考えるのが自然だと思います。脳梗塞が原因のうつ症状であれば、カウンセリング云々はあまり意味ないでしょう。抗うつ剤を...続きを読む

Q平滑筋肉腫とradioresistant腫瘍

どなたかどうぞご教授をお願いします。
私の妻(63歳)は1年前に平滑筋肉腫の手術を受け、今年1月に肺転移のため摘出手術、今月胸壁に再発が認められました。
2月末のCTではそれほどはっきりした読影は出来なかったのですが、今月初めのCTでは、「外科的にはどうしようもない」との状態まで来ています。
(今は痛みがひどく、モルヒネを投与し始めたが痛みを少し減らした程度であまり緩和されていない。5月8日より入院中です〉
腫瘍増大(分裂スピード)が想像を越えるものがあるようです。この後の対応について担当医は放射線を照射し、症状緩和し、体力が上がったら化学療法を考えようと言っています。
そこで次の2点についてご意見を承りたく。
1、平滑筋肉腫は一般的にはradioresistant腫瘍に付き放  射線照射しても効果が得られないのではないでしょう  か。
2、症状緩和のためには、その様な放射線でも照射した方  がよいのでしょうか。
  よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私は、日本医学放射線学会認定放射線科専門医です。
 放射線感受性ということでは、平滑筋肉腫、横紋筋肉腫、神経節繊維肉腫などは、高い、かなり高い、かなり低い、低いと4段階に分けた場合の、最も下の、低いにランクされます。それでも、多少の効果は期待できるのでしょうが、局所療法に過ぎません。
 既に血液を介して血行性に遠隔転移しているので、完治することは今の医学では不可能でしょう。放射線治療の選択は、手術ができない、化学療法は副作用が強すぎるということで、他に方法が無く、仕方なく選択したのでしょう。しかし、放射線療法にも放射線障害という副作用があるのです。年齢を考えれば、晩発性障害は考えなくてもよいのでしょうが、正常な組織が必ず障害を受けてしまいます。
 本人がどう感じているかが大事だと思います。本人がちょっとでも治療効果があると感じているのであれば続ければよいでしょうし、やっても苦しいだけだというのなら、無理になることは無いでしょう。

Q扁桃腺の手術はしたほうが良い?

2ヶ月に約1回のペースで、扁桃腺が炎症を起こし、発熱(39℃超)と喉の痛みで食事もろくに出来なくなります。
その都度、点滴、抗生物質、鎮痛剤のお世話になっております。
扁桃腺を切除すれば、扁桃腺が炎症を起こすことが無くなると聞きましたが、扁桃腺の摘出手術をしたほうがよろしいでしょうか?
又、それに伴なう副作用的なものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

私は小学生の時に手術しました。
ただ、手術後、声が変わったとは言われましたが、他には何も問題は出ていません。

私が入院中に、20歳過ぎた男性が扁桃腺が膿んで、手術したんですが、医師の言われた事が守れず、術後は苦しそうにしていたのを覚えています。その後は大丈夫でした。

医師の言った事は、手術中に絶対、血を吐きなさい、血を飲み込まない事。

一週間の入院で済みました。

Qレーシック手術後の白内障手術について

レーシック手術後の白内障手術について

今から10年ほど前にレーシック手術を受けました。
先日、左目の調子がおかしく(蛍光灯等の光がやけに眩しいため)
眼科に行ったところ、若年性白内障との診断結果でした。

ここで質問ですが、白内障手術(多焦点レンズ)を受ける場合、
レーシック手術を受けた病院で白内障手術を受けた方が良いでしょうか?
先進医療を実施している病院ならば、どの病院で受けても
一緒でしょうか?

Aベストアンサー

どの病院でも可能ですが、レーシックを受けたときのデータの提出が必要になります。
しかし、データを提出しても詳細が分からない場合があります。
なので、出来ることならどのような手術をしたのか分かっているレーシックを受けた病院での手術がいいです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報