父がガンで明日手術します。
(実際には肉腫というもので、非常に珍しいケースです。)
今回で3回目になるんですが、手術のときのお礼は毎回渡したほうがいいのでしょうか。(過去2回は渡しています。)
その場合、いくらぐらいが妥当なのでしょうか。

家族としては、父の状態のほうが心配なのですが親戚は会うたびにそういう話ばかりでこちらとしては困っています。
正直な話、やはり渡すと渡さないでは全然違うのでしょうか。

A 回答 (7件)

確かに医者へのお礼というものが、常識とされていた時代があった事は否定できません。

ただ、それによって、医療行為に差が出るということはないと思います。最近は、禁止している病院も多くなりました。
仲間に甘いと言われるかもしれませんが、もらったものの多くは一緒に手術に入るスタッフに分配する先生が多いと思います。また多くは難しい手術ほど外科医冥利につきるという意識が強く、お礼などで左右されません。外科医はプライドが高いと言われています。
ですから先生によってはお礼を怒る方もいます。
はっきりいってお礼は必要ありません。過去2回渡しているから、今度だけ渡さないのはという意識は捨ててください。3回のオペ、一番辛いのは、患者さん自身
です。よく頑張ったとお父さんにお礼を言うぐらいではなくては!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さすがに3回目ともなると見ているだけでつらくなります。
しかも今回は人工肛門になる可能性があり、本人はとてもショックが大きいみたいで・・・。立ち直れるかが心配です。
父の場合は、本当にまれな場合らしく、10年に1度あるか無いかとのこと。
無事に終わることを祈ってます。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/19 13:50

多くの皆さんが回答なさった後ですので、意見に留めます。

ここにアクセスなさる医療関係者にも読んでいただきたいです。私も個人的には、金品を渡すべきではないと思います。あなたは医療費を正当に支払うのですから。
執刀医も担当医もポケット・マネー(チップ)をもらえなければ、手抜きをするなどという態度であるのでしょうか。
きっぱりと断らずに受け取ってしまう医師や看護婦が勤務する病院なら、それこそ疑うべきです。
 ****** と、ここまでは私の経験から感じる意見です ******

しかし患者やその家族にすれば、命に、あるいは予後の後遺症に関わるのではないか、と不安になるからでしょうか。金品を渡しておけば、何かメリットが得られるに違いないという心理に陥るのも私は経験しています。
「金銭を渡している人を先に診て、渡さなかった私を後回しにされるなら、その人よりも多額を渡さなくては」
それは、すべて根拠のない不安から、つい思ってしまうことなのではないかと思います。
「独りだけ渡さないのが私ではないか」と健康時なら、思いもしない妄想にとらわれて「渡さないよりは渡しておこう」と考えてしまうのではないでしょうか。
受理する医療関係者にも、問題はあるけれど、渡す患者側にも問題はあるんですよね。
私の経験では、老齢の父親から「○万円を渡しておいたからね、早くよくなるようにしてくれるよ」と聞かされました。冷静に考えても、それで早く病状が回復するはずもなく、まったく根拠のない行為だと、いまは思い返します。
親戚の中には、「渡さなかったから、ほら回診が遅れてる」とか「看護婦が話しかけてくれなかった」などと、あら探しをする方もいますね。私も辟易しました。
それはすべて、こじつけだと思います。
「毅然となさいませ」とアドバイスを差し上げるのは、私も申し上げにくいですが「冷静になさいませ」とは、ぜひ申し上げたいと思います。
失礼がありましたら、ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私も今時そういう固定観念にとらわれるのはどうかとは思うのですが。
やはり母や親戚にしてみれば、それが礼儀、と思うようです。
もうちょっと様子を見て、話し合ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/19 09:17

 謝礼などという悪習は早くやめるべきです。

謝礼をしなかったからといってあなたのお父さんの予後には全く関係ありません。つい1週間前にも同様の質問がありました。まだそんな風習がまかり通っている世界ってあるんですね、といった感じです。収賄にならないのは民間病院なんでしょうね。しかし民間病院にしても未だにそういった金が動く事になんら疑問を感じない医療機関はやはり治療内容も旧態依然としてるのでしょうね、肉腫は確かにガンより少ない疾患ですが非常に珍しいという表現を使うところからそういうふうに感じます。ガンにしても小腸の原発であれば非常に珍しいのですが..手術対象の非常に珍しい肉腫というのに何となく興味があります。よろしければどの部位の肉腫かをお教えいただけませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
父の場合は、年末か年明け頃から微熱が続き、だんだん体重も減少していき、検査をしてみたらまず腎ガンと言われ、すぐに右の腎臓を摘出しました。
その後生検してみたら肉腫であると言われ、前立腺のほうにも転移していました。
(今日手術してますがその前立腺と膀胱を摘出します。)
直腸も近いのでもしかしたら人工肛門になるかもしれません。
本人もさすがに相当ショックを受けています。
今のところ骨の転移はないのが救いですが、肺に疑いがあるそうです。
しばらくは大変な日々になるようです。
ごめんなさい、文章つくるのヘタなもので・・・わかりますでしょうか?

お礼日時:2001/04/19 09:31

お礼金は不要です。



J医大病院ではきっぱり断っていましたね。
個人病院では患者さんの中には看護婦さんに物を上げたり、お金を渡す人もいましたが、いかにも「私の事気にしてね」tt感じでかえっていやがっていましたよ。
渡すと渡さないで違うって言う事もよっぽど酷い個人病院で無い限りありえないでしょう。

私は退院するときには皆さんでどうぞとお菓子を差し入れました、感謝の気持ちをこめて丁度バレンタインだったのでチョコレートを...。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実際には母と叔母たちがやっているのでもうちょっと聞いてみます。
こういうのって難しいものですね・・・。

お礼日時:2001/04/18 21:54

お礼を渡す必要は、さらさらありません。

前の方が書いておられるように、お礼をしたからといって治療が変わるわけでもなく、しなかったから手抜きされるということもありません。(そんなことをして医療ミスでもおきたら、医者のほうがやばくなるだけです)

直接の回答ではありませんが、もし丁寧な扱いを受けたいのでしたら、お礼よりもっと効果的なものがあります。それは、開業医などからの紹介状です。紹介患者さんにはぞんざいなことは決してしません。紹介がもらえなくなると、大変だからです。

しかし、いいかげんにすべての病院で『お礼』廃止してほしいですねー。お礼を受け取る医者は、弱者からさらにお金を絞り取ることについて、良心の呵責はないのでしょうかね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
確かに誠意、というのは形にはしにくいものですよね。
私も実際に3回目ということもあり、お礼は1度でいいのでは?と思うのです。
(命が懸かってるのにそういうことばかり言う親戚にも?なのですが。)

もう一度、家族だけで話をしてみます。

お礼日時:2001/04/18 20:01

先の方がおっしゃるとおりに


医師・病院の「誠意」の問題だと思いますが
身内が公立病院で渡すのを 遅れた為に
手術を後回しにされた事があります。
(正確に言えば、後回しにされたから渡しました。)

単に 悪い病院に入院したと言われればそれまでなのですが
これが現状です。

私自身は 不必要だし 不正な事にさえ感じます。
しかし「健康とお金を引替にできるのなら」と
渡してしまう弱い自分がいます。
    • good
    • 0

病院が大学病院か国公立か個人開業かで変わってくると思います。


個人開業の場合は渡しておいたほうが無難でしょう。
大学病院や国公立の場合は病院の方針で受け取らないことになっているところが多いですが、実際はご存知のとおりの状態です。

ただ、渡さなかったからといって何か不都合なことをされる、ということは一応ありえませんし(あった場合は訴訟ものです)、渡したからといって何か特別なことをしてもらえるというわけでもありません。
要はいわゆる「誠意」の問題だと思います。(病院側も含めて)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ