『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

難病を扱った映画で最も古いものはなんでしょうか?
邦画では、「」愛と死を見つめて(1964)」という説がありますが、
正解でしょうか。
肺病などの多かった戦前に無かったのが不思議です。
洋画で古いものは思いつきません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

『小島の春』1940年日本



ハンセン氏病(小川正子原作。豊田四郎監督)

という映画があるようです。

ウィキに「実在する特定の病気を主題とした映画の一覧」という頁があります。
その中では洋画としては「失われた週末」(1945)が一番古い作品です。
難病と言っても「アルコール依存症」ですが。

洋画で思いつくのはダニー・ケイ主演の「五つの銅貨」です。
病気そのものがテーマではありませんが、
主人公の子供が小児まひだったことから、
人生が変わっていくという実話をもとにした映画です。
(小児まひが難病に当てはまるのかどうかはわかりませんが)

もっと古い作品があるかもしれません。
    • good
    • 0

肺結核というと1948年の黒澤作品【酔いどれ天使】がそうですね。

戦後ですが・・・
続く1949年に梅毒をテーマに【静かなる決闘】を世に出しています。
戦前の映画の情報が少ないのでいかんともしがたいモノです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング