細々と数ある業務の一環で、一般のお客様相手に商品を販売することもあるのですが、その場合の箱代・送料・カタログ郵送のための切手代などは仕入れにするべきなのでしょうか、一般管理費(消耗品費・通信費)でいいのでしょうか。
それとも他にもっとふさわしい科目があるのでしょうか。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

こんにちは。



商品を購入する際の切手代ではないので、販管費(通信費、販売促進費)でいいのではないでしょうか。

もし、仕入れ時に切手代等が掛かるのであれば、原則として仕入勘定にするべきですが、金額が小さい場合は、販管費で処理してもいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ、切手はまさに販売促進費ですね……。しかし販売促進費使ってないので通信費……うーん、そうですね、切手は通信費ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/12 14:23

仕入れにいれるべきではないでしょうか?売上原価な訳ですから、一般管理費とは異なると思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

金額が大きければあまり悩まないのですが、何百円のオーダーだと何か迷います(^_^;)。金額の高ではないと思うのですが。
仕入れが本当ですよね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/12 14:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q口座振替決済管理費

プロバイダーのニフティーが来年から口座振替決済管理費を徴収しますが。

口座振替決済管理費とはどういう管理のお金でしょうか?
今までは、ニフティーが銀行に管理費を払っていたのでしょうか?


公共料金などは口座振替決済管理費を取られませんが。
なぜでしょうか??

定期的に支払うお金で、
口座からの自動引き落としで、管理費が徴収されるのは、
初めてなので?

Aベストアンサー

No.2です。
> 他のプロバイダーはどうなんでしょうか?

BIGLOVE他数は少ないですが、取っているところはあるようです。
以下参照。
http://kakaku.com/bb/faq/faq_link_campaign.htm?noredirecttopcs=1

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む

Q管理費のアップについて

よろしくお願いします。

現在私は分譲貸しのマンションに住んでいます。契約はオーナーと直接で、媒酌人として不動産管理会社が入っています。(家賃はオーナーの銀行口座に振込)
その契約で家賃にマンションの管理費が含まれていましたが、この度管理組合の臨時総会で管理費が上がりました。
それに伴いオーナーより「管理費等の改定に関する申し入れ書」という文書で家賃アップの申し入れがあります。
確かに契約には「甲及び乙は、管理費等の増減により管理費等が不相当になった時は協議の上、管理費等を改訂できるものとします」と記載があります。
ある程度は止む無いかとは思うのですが、5月入居で契約の際に家賃を取り決めたばかりなのに、もう上がるのは正直納得がいきません。
そこで、
・管理費のアップは借主負担が普通ですか?
・値上げの申し入れは断れますか?断れば退去でしょうか?
・媒酌人の不動産会社はなにも関係ないのでしょうか?
を教えて下さい。

Aベストアンサー

再度回答します。
管理費と修繕積立金ではまったく意味合いが違います。

管理費は共用灯やエレベータの維持管理、清掃や植栽の剪定に使われます。

これに対し修繕積立金は将来の修繕(例えば建物の外壁塗装、給排水管の取替えとか)の際に一度に負担を課すのは大変なので少しずつ貯金しときましょうということです。
積立金ですから実際にそれが修繕に使われない限り家主(管理組合)の貯金が貯まっていくだけで、これを借主に転嫁するのは明らかにおかしい。
また、もともとそうした資産価値を維持するための修繕は家主負担です。

裁判となればあなたが勝つでしょうが今後の生活を考えると関係を悪化させるのもどうかと思います。
その辺りをよく説明して値上げを回避してみて下さい。

Q消耗品費・消耗備品費の違いを教えてください

経理をしているのですが、
いつも消耗品費・消耗備品費の違いが分からず、仕訳に困っています。
明確な基準がありましたら、教えてください。
ちなみに、この二つ以外に事務用品費の科目も使っていて、こちらは文具やコピー機の使用料として使っています(これは問題ないでしょうか?)

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>消耗品費・消耗備品費の違いが分からず
本質的には、違いは有りません。
消耗品費だけでは都合が悪いので、会社が分類したはずです。
なぜ分類する必要が有ったのかが判れば良いのですが、
特に必要なければ、消耗備品費はなくしても良いと思います。

>明確な基準
これは会社等勘定科目を使う人が決めればOKです。

会計基準では一部の勘定科目を除き、明確に勘定科目とその使用方法が
定まっているわけではなく、一般に誤解を生まない名称によって
勘定科目を決めれば良い事になっています。(つまり勝手に勘定科目作っても良い)

ですから、消耗品費・消耗備品費・事務用品費と別れているなら、
より明確な勘定科目名を使っているものから、文字通り
事務用品費は、一般に事務用品店で販売しているノート・ボールペン・伝票など
消耗備品費は、金額が10万円以上となれば減価償却による費用計上を要するもの等
消耗品費は、金額が10万円以上となっても資産計上を要せず、貯蔵品となるものや
その他事務用品費や消耗備品費以外の消耗品。具体的には日用雑貨・トイレタリー等
でしょうね。

10万円は税法上の決まりでそうなっています。

ただしあくまで一般的な話ですので、会社でこの勘定科目の使い方はこうと決め
一度決めた勘定科目の性質は、みだりに変更しなければ問題なしです。

>消耗品費・消耗備品費の違いが分からず
本質的には、違いは有りません。
消耗品費だけでは都合が悪いので、会社が分類したはずです。
なぜ分類する必要が有ったのかが判れば良いのですが、
特に必要なければ、消耗備品費はなくしても良いと思います。

>明確な基準
これは会社等勘定科目を使う人が決めればOKです。

会計基準では一部の勘定科目を除き、明確に勘定科目とその使用方法が
定まっているわけではなく、一般に誤解を生まない名称によって
勘定科目を決めれば良い事になっています。(つ...続きを読む

Q賃貸マンションの管理費

こんにちは。
不動産広告を見ると、家賃・・・円 管理費・・・円とありますよね。
ということは毎月支払う金額は、家賃+管理費ということですよね。
家賃自体に管理費が含まれているということではないですよね。

Aベストアンサー

その通りです。

Q消耗品 消耗品費 簿記仕訳

決算整理前の合計試算表には
消耗品 借方13 貸方13
消耗品費 借方60

損益勘定の借方に消耗品費50
繰越試算表の借方に消耗品10

とあります。どのような仕訳でこうなるのか教えてください。
ちなみに問題では、決算整理前の合計試算表の消耗品の貸方と消耗品費の借方が、空白になっていて、そこを答える問題です
お願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。

本問は、期中には消耗品費勘定を用いて記帳し、期末に未使用分を消耗品勘定に振替えるという決算整理の方法を取っているものと考えられます。

消耗品勘定借方13は前期末の未使用分として当期に繰り越された分です。これを先ず期首に、

消耗品費 13  /消耗品 13

という仕訳を行なって消耗品費勘定へ組入れています。これが、
決算整理前合計試算表における
消耗品 借方13 貸方13
という意味です。

期首のこの振替の結果消耗品費勘定には13が計上されていますが、更に期中に消耗品を購入しています。金額は60-13=47です。
消耗品費  47  /現金など  47

これで期中における消耗品費勘定の合計額が60になります。

ここまでが期中、すなわち決算整理前合計試算表に計上されている金額です。


ここから、

損益勘定の借方に消耗品費50
繰越試算表の借方に消耗品10

を用いて、決算整理仕訳、つまり

消耗品 xx  / 消耗品費 xx

と言う仕訳を作成します。今分かっているのはこの決算整理仕訳を行なった後の消耗品勘定及び消耗品費勘定の残額です。それが損益勘定と繰越資産勘定に計上されています。つまり、

消耗品 10  / 消耗品費 10

が求める決算整理仕訳です。


ところで、

>ちなみに問題では、決算整理前の合計試算表の消耗品の貸方と消耗品費の借方が、空白になっていて、そこを答える問題です//

答えさせる試算表は決算整理後残高試算表ではないですか?決算整理前合計試算表だったら、既に

>消耗品 借方13 貸方13
消耗品費 借方60//

と出ているはずですから。私の指摘通り決算整理後残高試算表でしたら、問題として理屈が分かります。
そして、その問題を解答するヒントとして、損益勘定と繰越試算表は決算整理後残高試算表の金額を基に作成されるという事を付け加えておきます。

こんにちは。

本問は、期中には消耗品費勘定を用いて記帳し、期末に未使用分を消耗品勘定に振替えるという決算整理の方法を取っているものと考えられます。

消耗品勘定借方13は前期末の未使用分として当期に繰り越された分です。これを先ず期首に、

消耗品費 13  /消耗品 13

という仕訳を行なって消耗品費勘定へ組入れています。これが、
決算整理前合計試算表における
消耗品 借方13 貸方13
という意味です。

期首のこの振替の結果消耗品費勘定には13が計上されていますが、更に期中に消耗品を購入して...続きを読む

Q賃貸の管理費なしについて

初めまして。

今都内で2人暮らしをするために部屋を探しています。

今回、ネットで条件に合う物件があったので問い合わせをするつもりなのですが、2DK・ペット可・バイク置き場etc...で家賃が9万円です。
管理費の項目は空欄なのでなしだと思います。

そこで質問なのですが、管理費がない、というのはもしマンション内の設備で不具合等があっても取り合ってもらえない、という事でしょうか?
管理費を支払うマンションと、管理費のないマンションとはどのような差が出るでしょうか?

場所は多少違うのですが、同じような条件で家賃8万5千円、管理費5千円の物件もいいかな、と思っているところですが、周辺環境・通勤の問題で家賃9万円、管理費なしの物件の方が都合が良いです。

家賃が高い方が初期費用が増すのは承知なのですが、管理費がないことで不都合が起こる場合、初期費用がかかるうえにのちのちトラブルがあっては困ってしまうので質問させていただきました。

初めての引っ越しのため、無知で申し訳ありません。
わかる方いましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

大家しています。

管理費がないことを理由に、トラブルの対応を拒否する大家はいません。

マンションの場合、
マンション管理組合の管理費や修繕積立金を入居者に払ってもらう時に
契約に管理費を設定するのが一般的です。
中にはその費用を家賃に含めている大家さんもいるでしょうし、
我が家では、賃料8万円、管理費5千円の物件で借り手が見つからず、
賃料7万5千円、管理費1万円に変更したこともあります。
だからといって、管理の内容が変わることはありません(笑)
ですから、賃料+管理費で物件比較されれば良いと思います。

余談ですが、

管理組合の管理費は共用部分の清掃や備品の点検&交換、光熱費、理事の手当などに使われます。

家賃が安い物件ほど入居者の使い方は乱暴で
新しい人に貸す時は、バスやトイレもリフォームする羽目になり
敷金オーバーで大家の持ち出しとなります。
間取りだけでなく、どこまでリフォームしているかが重要ですので
ご自分の目で物件を見てから判断するといいですよ。
都内で2DK9万円は安すぎますから、汚いままかもしれません。。。

ご参考まで

QOA用紙→事務用品費、インク→消耗品費

引き継いだときから、
プリンタの用紙は事務用品費で、
インクは消耗品費でした。
(用紙はFAXやコピー機などにも流用している)

途中で変えるのもなんなので、そのまま続行しています。
同じプリンタの補給品なのに変なのって思っています。

皆さんの会社ではどうですか?

Aベストアンサー

はじめまして、零細企業で経理を主に総務関係全般をしている者です。
よくこういった質問に答えさせて頂いておりますが勘定科目はこれは
絶対にこの勘定科目でって決まりはないのです。
あまりにかけ離れた科目は問題がありますが正直分かれば何でも
良いっていう事になります。税法上も特に問題はありませんしね。
今まで使っていた科目を変える事はあまり好ましくないと思います
のでそのままで良いかと思います。

因みに弊社では用紙もインクも事務用品費で統一しております。
これも以前からこの科目で処理されておりましたので一貫して
使っております。

Q自己破産後のマンション管理費の支払いについて。

2008年の末に主人が自己破産を申請し、
2009年4月に免責が下りました。
2009年8月にマンションの競売がありました。
(自己破産申請から競売までの間のマンション管理費は払っておりますし、
マンション管理費に関しては未払いの滞納もありません)。
2009年の8月の競売が終わった時点でマンションの持ち主が変わったと思うのですが(通知はまだ来ていません)、
9月分のマンション管理費を支払うよう管理会社から言われたので、
9月分の管理費も支払いました。
管理会社は、競売で持ち主が変わっても、
そのマンションに誰かが住む事になるまでの管理費の支払義務は、
以前の持ち主である主人にあるとの事で、
今後もそのマンションに誰かが住むまで管理費を主人に支払うようにとの事です。
数年先も誰も入居しない場合も払い続けないといけないのでしょうか?
マンションを競売にかけた時点で、落札者が所有者になり、
管理費も落札者が支払うのではないのでしょうか?

このままではマンションを手放した意味がなく、大変困っております。

●自己破産後(競売後)もマンション管理費を払い続ける義務はあるのか?
●支払いができない場合の相談はどこにすればいいのか?

ご存知の方、ご教授お願いいたします。

2008年の末に主人が自己破産を申請し、
2009年4月に免責が下りました。
2009年8月にマンションの競売がありました。
(自己破産申請から競売までの間のマンション管理費は払っておりますし、
マンション管理費に関しては未払いの滞納もありません)。
2009年の8月の競売が終わった時点でマンションの持ち主が変わったと思うのですが(通知はまだ来ていません)、
9月分のマンション管理費を支払うよう管理会社から言われたので、
9月分の管理費も支払いました。
管理会社は、競売で...続きを読む

Aベストアンサー

#5 へ
近くの法務局で、全国どこでも取れます。

登記申請してから、1週間程度で、登記が完了します。
新所有者が記載されています。

Q消耗品費と事務用品費について

会計処理のお手伝いをしているのですが、いつも消耗品費と事務用品費の区別がはっきりとつかず、どちらで仕訳すればよいのか悩んでしまいます。消耗品費と事務用品費の明確な区別の仕方とかってあるのでしょうか?どなたか教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

企業会計上、仕訳の科目名に明確な区別の方法はありません。分かれば何でもいいのです。

ある程度の基準(税法とか)によって科目名が決まることもあるのですが、その場合でも具体的な科目名までは指定されていません。
つまり、「備品」でも「器具備品」でも「事務用備品」でもどれでもOKとされるわけです。
ですので、同じものを買っても会社ごと全く違う科目を使っていることがあります。
その上で、消耗品費と事務用品費の二つが用意されているということは、使い分けがgagagakobeさんの会社で決めごとがあるということです。それに従うのが○だと思います。


人気Q&Aランキング