細々と数ある業務の一環で、一般のお客様相手に商品を販売することもあるのですが、その場合の箱代・送料・カタログ郵送のための切手代などは仕入れにするべきなのでしょうか、一般管理費(消耗品費・通信費)でいいのでしょうか。
それとも他にもっとふさわしい科目があるのでしょうか。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

こんにちは。



商品を購入する際の切手代ではないので、販管費(通信費、販売促進費)でいいのではないでしょうか。

もし、仕入れ時に切手代等が掛かるのであれば、原則として仕入勘定にするべきですが、金額が小さい場合は、販管費で処理してもいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ああ、切手はまさに販売促進費ですね……。しかし販売促進費使ってないので通信費……うーん、そうですね、切手は通信費ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/12 14:23

仕入れにいれるべきではないでしょうか?売上原価な訳ですから、一般管理費とは異なると思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

金額が大きければあまり悩まないのですが、何百円のオーダーだと何か迷います(^_^;)。金額の高ではないと思うのですが。
仕入れが本当ですよね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/12 14:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原価になる費用と、販管費になる費用 ルールは?

会社の費用は、原価になるものと、販管費になるものがあると思いますが、どの費用がどちらに分類されるのかというルールはあるのでしょうか?それは何によって規定されているのでしょうか?

Aベストアンサー

>原価

 製品の製造にかかる費用
 材料費、製造に係わる労務費、外注費、製造部門で使う備品費、消耗品費、固定資産の減価償却費、電気代など
 製造に係わる間接要員(管理部門、管理職)の費用も含まれる。

>販管費

 販売や管理にかかわる費用
 営業、総務、経理の労務費や消耗品費やその他
 運送費

 上記の区分けがが基本だと思いますが、会社の考え方や区分けにより若干変ります。
 製造コスト以外を販管費(販売管理費)としています。
 細かいことをいうと、原則、建物費用や電気代、水道代も、製造コストと販管費に分けます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報