こんにちは。
佐藤賢一の本は、「王妃の離婚」「双頭の鷲」など面白く読みました。が、「カルチェラタン」「二人のガスコン」などが面白くなく、忙しくもなったため、しばらく読んでいませんでした。久しぶりに「赤目」を呼んだのですが…。ポルノ小説かと思いました。
読んだ方います?どうおもいました?これって、直木賞作家の小説として、落胆したのは私だけでしょうか?

A 回答 (2件)

随分前に読んだのでうろ覚えですが,確かに期待はずれに感じました.


長編でも性描写はありますが,ストーリーの迫力で気にならないんですね.(長い,というのもありますか)
短編の「赤目」はストーリーが今ひとつで,そこだけ目立ってしまったようですね.佐藤作品の中でもちょっと異色です.
私は「カルチェラタン」も「二人のガスコン」も楽しめましたが,「傭兵ピエール」も良かったですよ.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>短編の「赤目」はストーリーが今ひとつで,そこだけ目立ってしまったようですね.佐藤作品の中でもちょっと異色です

ありがとうございます。そうですか…。ここいくつかの作品を読んでなかったようなので、「ついにそっちにいってしまったか」と思ったんですが、異色なのですね。では、他のも読んで見ようかな…。

「傭兵ピエール」読みましたよー。あれは、まだ、確かに、ストーリーの迫力でなんとかなってましたけど、あの頃から、そっち方面が多い気がして、ちょっと気になってましたね。「カルチェラタン」「二人のガスコン」は、そんなシーンがあったかどうかも覚えてないほど、私はきたいはずれでしたね…。

お礼日時:2003/09/17 23:51

そうですね、ポルノ、ととられても仕方ないかも知れませんね。


ここらの線引きは、好みの問題もあると思います。
私は、佐藤さんの性描写はあまりすきじゃないから。

でも、エンターテイメントとしては、力のある作家だと思います。
私はジャンヌダルクの話は好きですね。

性描写としては、私は花村萬月さんと村上春樹さんがいいですね。それだけとりあげるつもりはないけど。

この回答への補足

しばらく待ってみましたが、これ以上回答は増えない見たいですね…。ありがとうございました。

補足日時:2003/11/01 23:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

性描写そのものの好みですか・・・。うーむ。

村上春樹さんは(性描写じゃなくて)好きですよ。花村萬月さんは読んだことがないです、残念ながら。読んで見ようかな?

お礼日時:2003/09/17 23:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小説「半落ち」が直木賞で落選させられた「致命的な欠点」って何ですか。

なにやら、
選者に「致命的な欠点」を指摘されて、
直木賞をとりそこなったと聞きました。

その「致命的な欠点」とはいったいなんだったのでしょうか。

googleで検索してみましたが、よくわかりませんでした。
(どうも「言いがかり的」なものである可能性が、
高いようですが・・・)

どなたか簡潔に教えてください。

Aベストアンサー

選考委員の北方謙三さんが「これっておかしいんじゃないか」と疑問を口にして、主催者側がある機関に問い合わせたところ、「(規則上)ありえません」との回答が来たそうです。北方さんはそれを「ちょっとしたミスではあるが、作品として成立しないほどのものではない」と見ていたのに対し、同じく選考委員の林真理子さんが記者会見で酷評し、「今までたくさんの賞を受けている作品なのに、誰も気づかなかったのか。ミステリー業界も悪い」と業界批判。「読者と差実作者側ではこだわるところが違うようだ」と読者批判とも取れる発言をし、大きな議論となったようです。
その内容に関しては参考URLに詳しいですが、作品をこれから読むつもりの方は決して見ないように。お願いします。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~katsuaki/sesou49.htm

Qある推理小説の名称と作家名

 ある推理小説?の名称及び作家名を教えてください。内容は次の通りです。
「殺人者が殺人を犯すと必ず自分の犯した行為を恐れ、食事ものどを通らず、夜も眠れないと我々は通常想像する。しかし、それは殺人者の心を想像する我々の心が弱いからである。実は本当の殺人者は殺人を犯した後、いつもと変わらずおいしく食事を摂り、夜も健やかに眠り、朝もいつもと変わりなく目覚めるものだ。…」
 今から30年ほど前読んで記憶に強烈に残っているのですが、作家名と作品名を思い出せません。ある推理小説の文庫本で短編集の一つだった思います。フランス?のバーグ?とか言ったのか?再度読み直したいと思って、本屋とかカタログ、インターネット等で調べても全くわかりません。お願いします。どうか教えてください。
 

Aベストアンサー

実はこの質問が気になって登録しました。私もそういう文章をどこかで読んだ気がします。
補足を読んで、「世界」「短編」「バーグORバーク」というキーワードで一つ思い浮かんだ短編があります。
トマス・バークの「オッタモール氏(オッターモール氏)の手」です。
創元推理文庫の『世界短編傑作集4』と光文社文庫のエラリイ・クイーン編『世界傑作推理12選&ONE』に収録されています。
ただ、この短編の名前を思いついても、ストーリーはおぼえているのですが本が手元にないし、断言できないんですよね…。でも内容的にはそういう文章がありそうなミステリです。
週末にでも図書館にあれば調べてきたいと思います。気になる~。
http://homepage1.nifty.com/ta/sogen/an.htm#m1
http://homepage1.nifty.com/ta/sfq/queen2.htm#104

Qオススメの小説・作家さんを教えてくださいm(__)m

最近さらに読書にはまってしまい、新しい本を読みたくてしかたありません。
本屋でブラブラと探すのも好きなのですが、仕事も忙しいので、なかなかその時間もとれないのが現状です。
好きな作家は、宮部みゆき・東野圭吾・乃南アサ・島田荘司さんなどで、彼らの本はすべて読破してしまいました・・。
最近は恩田陸さんや貫井徳郎さんの本を読み始めています。

読書好きな方、ジャンルに問わず、オススメの作家さん・作品を教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

あなたの読書の傾向からすると、伊坂幸太郎が合っているように思います。もう読まれましたか? 推理小説業界で今一番ホットな作家です。男性の作家ですが、どちらかというと女性読者に支持されています。どれも同じような作風の作品なので、どれを読んでもいいように思いますが、現時点で最も評価が高いのは「重力ピエロ」です。昨年の「このミステリーがすごい」というランキングでも上位にランクインされていました。

そう言えば、来月になれば「このミステリーがすごい」をはじめ、各社で今年のミステリーランキングが発表されると思います。あなたの場合、比較的偏った趣味の読者ではないように思いますので、こういった本を参考にするのがいいでしょう。

Qオススメの小説・作家さんを教えて下さい

以前もこちらで質問させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1082126
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1100268
また同じような質問ですいません・・・。

読書が好きです。好きな作家さんを挙げると
1.東野圭吾 2.乃南アサ 3.宮部みゆき 4.貫井徳郎
5.恩田陸・・・などです。順位がつけられないので順は不同。1~5はすべての作品を読んでしまい、新作が出るのを待っている状態です。ツライ。

他には、伊坂幸太郎、新堂冬樹、高野和明、歌野唱午、島田荘司、野沢尚さんなどが好きですね。
最近読んで「良かったな」と思ったのは、雫井侑助さんの「火の粉」、朝倉卓弥さん「四日間の奇蹟」、真保裕一さん「ホワイトアウト」「奪取」などがあります。
本屋でブラブラと新しい作家さんを開拓するのも好きなんですが、時間&お金の節約の為に・・・。
こんな私に合いそうな、あなたのイチオシの作家さん&作品を教えて下さい♪(新旧問わず)
よろしくお願いします。

以前もこちらで質問させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1082126
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1100268
また同じような質問ですいません・・・。

読書が好きです。好きな作家さんを挙げると
1.東野圭吾 2.乃南アサ 3.宮部みゆき 4.貫井徳郎
5.恩田陸・・・などです。順位がつけられないので順は不同。1~5はすべての作品を読んでしまい、新作が出るのを待っている状態です。ツライ。

他には、伊坂幸太郎、新堂冬樹、高野和明、歌野唱午、島田荘司、野沢...続きを読む

Aベストアンサー

私のイチオシは
貴志祐介「クリムゾンの迷宮」「青の炎」
京極夏彦「ウブメの夏」(←すみません漢字分かりませんでした)

ruri-ruriさんとは好みが合いそうなので本当にオススメです☆

Q読みたい小説

初めまして。

最近、小説を読んでいるのですが
いつも同じ作家さんなので
たまには別の作家さんの小説も読んでみたいのですが
なかなか手が出ません。
最近読んでいる作家さんは赤川次郎さんや
村山由佳さんなのですが
他の作家さんでお奨めの小説などありましたら
是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

村山由佳さん、私も好きです。「天使の梯子」もよかったですよね。

さて、私のお勧めの作家さんですが、イチオシはやはり村上春樹さんです。
村上春樹さんの作品はどれも独特の雰囲気があって、ストーリもさることながらその文体もとても優れていて何度読んでも飽きません。
一番有名なのは「ノルウェイの森」で、これは多くの人から共感を得ている作品ですから、読んで損はないです。とても爽やかでいながら力強い作品です。
他にも、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」は、二つの全く異なるテイストの物語が進行する作品で、私が一番好きな作品でもあります。初期の作品であれば「羊をめぐる冒険」なんかもとてもおもしろいです。

私が次に好きな作家さんは、小池真理子さんです。
小池真理子さんは、どちらかというとミステリー作家として知られているのですが、個人的には恋愛モノがとても好きです。
村山由佳さんの作品がお好きであれば、小池真理子さんの作品にも共感できると思いますよ。
特に好きなのは「水の翼」です。ものすごく切なくて、強い衝撃を受けた作品です。
他にも「冬の伽藍」や「恋」「欲望」なども印象深い恋愛小説です。

村山由佳さんに近い系統(?)では、石田依良さんもお勧めです。
私が一番好きなのは「娼年」ですが、タイトルどおり、女性に体を売る少年のお話です。が、非常にさっぱり爽やかでいながら繊細な雰囲気の作品です。

あとは、そうですね、恩田陸さんの「光の帝国」も良い作品です。
不思議な能力(いわゆる超能力)を持つ一族の話で、連作になっているもので、ストーリー自体はあってないようなもので淡々と進むのですが、とても印象に残る作品です。

それから、読後感のいい作家さんは梨木香歩さんです。
ファンタジー系の作品が多いのですが、ちょっと童話のような雰囲気を残した大人向けの作品といった感じです。
「西の魔女が死んだ」や「裏庭」がお勧めです。

他にもたくさんあるんですけど、押し売りじみてもいけませんから(笑)この辺で。
村上春樹さん、是非是非一度読んでみてくださいね。

村山由佳さん、私も好きです。「天使の梯子」もよかったですよね。

さて、私のお勧めの作家さんですが、イチオシはやはり村上春樹さんです。
村上春樹さんの作品はどれも独特の雰囲気があって、ストーリもさることながらその文体もとても優れていて何度読んでも飽きません。
一番有名なのは「ノルウェイの森」で、これは多くの人から共感を得ている作品ですから、読んで損はないです。とても爽やかでいながら力強い作品です。
他にも、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」は、二つの全く異なる...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報