52才の父が2月末に肺腺癌の宣告を受けました。
遠隔転移は無いものの、同側のリンパ節転移があり、
また肺繊維症を併発しているため、手術・抗がん剤・放射線は
適用外とのことでした。しかし、今日、別の病院で放射線治療
を5月9日から行うことが決まりました。

質問は
肺繊維症を併発している肺癌の放射線治療の予後は一般的に
どうなのでしょうか?一気に肺機能が低下することもあるそうですが、
確率的にはどうなのでしょうか?
今までダメだと言われてきた治療法があっさりやることになり、
とても心配です。
医者からは最悪の場合、逆に旨く行った場合の、説明は受けましたが、
まだ迷いがあります。

どんなことでもかまいませんのでご存知の方教えてください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

お父様の病状がだいぶ理解できました。


抗癌剤の使用に関しては、低頻度ながら肺線維症の合併症が起きることがあります。腺癌という組織型が、抗癌剤に対する反応が得られにくいタイプであることから、使用することで得られる延命効果よりも、副作用で失う肺機能がQOL(生活の質)を低下させたり、場合によっては直接死につながるような重大な副作用が発生したりする可能性を重要視したということだと思います。さらにリウマチという疾患をお持ちということですが、(リウマチと肺線維症も関連している可能性が高いと思いますが)その場合、特にステロイドを使用しなければならないほどの活動性がある場合、当然、抗癌剤の副作用の発現はより強くなる可能性がありますから、確かに使用しにくいということはいえると思います。それよりは、局所療法である放射線療法の方が、むしろ副作用のリスクを低く抑えることができるだろうとの判断だと思います。放射線治療を単独で行うことは、決して珍しいことではありません。ただ、現在の肺癌治療は、様々な治療を組み合わせて、最大限の効果を得る(集学的治療といいます)という方針で進めますから、一般的に単独での治療頻度が少ないだけだと思います。治療方針というのは、患者さんの病状に応じて一人一人異なります。別の病気をお持ちである場合は、当然治療が制限されることは、やむを得ない事だと思います。それから、放射線科だから抗癌剤の治療を行わないということはありません。現在かかっておられる放射線科の先生も上記のような考えで、放射線の単独療法を考えておられるのだと思います。
リウマチのような合併症がある場合、抗癌治療しないほうが予後がよいのではないかという疑問についてですが、これはとても難しいことです。それは副作用の発現の予測が非常に難しいからです。ただ、早期に副作用の発現を発見できれば、ある程度、対処可能ですから、慎重に経過を見る必要があると思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

迅速で詳しいご回答ありがとうございました。大変参考になりました。
また病状の説明が的を射ず質問が雑多に及んでしまい、申し訳ありませんでした。お蔭様でさまざまな疑問が解けました。父の回復を信じつつ注意深く看護していきたいと思います。今回はありがとうございました。また機会がありましたら宜しくお願いいたします。

お礼日時:2001/04/24 21:46

追加させていただきます。

肺癌は4cm大で、近接臓器への浸潤無く、悪性胸水も貯留していない、リンパ節は同側の肺門まで、遠隔転移なし、ということですね。ということは、病期はご指摘のとおり、2bということになります。肺線維症がなければ、全身状態がよく手術に支障になる合併症がなければ当然、手術の適応になります。右肺全摘術が必要といわれたとのことですが、肺葉をまたがって存在していたか、中枢側の気管支にまで浸潤し肺葉切除では厳しいとの判断なのか、何らかの事情があったのでしょう。肺線維症が存在して肺機能が悪いときには、肺の部分切除が施行されることもありますが、4cm大ではかなり困難だと思います。何らかの理由で、右肺全摘術が必要だが、肺機能的にそれには耐えられないとの判断なのだと思います。そうすると、放射線か、抗がん剤かという選択になりますが、肺線維症が存在する場合の放射線の合併症が、そうでないときに比べて大きいことはいうまでもありません。抗がん剤については、何の記載もありませんでしたが、お話は無かったのでしょうか。確かに腺癌は、肺癌の中では抗がん剤に対する感受性が悪く、反応がほとんど認められないものもありますが、少数ながら大変よく効くケースがあるのも事実です。最近は、臨床に新しい抗がん剤が導入され、肺腺癌に対しては、カルボプラチンとタキソールという薬剤の併用療法が標準的な治療になっています。重篤な副作用も少なく、私も一例、肺腺癌の進行例でほぼCR(癌が完全に消失すること)に近い効果があった症例を経験しています。ただ、事情が詳しくわからないので何ともいえません。複数の病院で、抗がん剤の適応がないといわれたのなら、それなりの理由があったのだと思いますが・・。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
おっしゃる通り手術の適応除外は繊維症のため残された左肺だけでは機能的に耐えられないとの判断からです。抗がん剤は大学病院(呼吸器外科)、専門病院(呼吸器内科)、ともに「統計的に効果があまり期待できない上、副作用が強い・肺繊維症がある」という理由でやらないことになりました。現在かかっているのは3箇所目の大学病院の放射線科で、先日の初診では抗がん剤の治療についての話はまったく出ませんでした。放射線単独の治療はあまりしないものなのでしょうか?
それから、ここ2ヶ月関節の痛みがひどく、1週間ほど前からステロイドを服用しています。肥大性骨関節症などが疑われましたが検査の結果はリウマチでした。今後放射線治療に向けて減量していくことになりますが、完全に絶つことは厳しいと言われました。どんな治療法にせよ積極的に治療するならリスクはつきものということは重々承知なのですが、このように危険因子があると治療しないほうが延命するのではないかという思いもあり、ためらわれます。

補足日時:2001/04/23 20:32
    • good
    • 2

肺腺癌の予後のご質問ですが、一般的に肺癌の予後を考える場合、癌の進展度の評価がもっとも大切です。

「肺繊維症を併発している肺癌の放射線治療の予後」を一般的に述べることはできません。肺癌の進展度は、腫瘍自体の大きさやその周辺への浸潤の程度、リンパ節転移の程度、遠隔転移の有無によって評価をします。一側のリンパ節転移を認めるとのことですが、これは肺門部だけなのか、縦隔リンパ節までいっているのかによって、さらにそのリンパ節の大きさによって、予後が異なります。さらに腫瘍がどの程度の大きさなのか、悪性の胸水が貯留していないか、近接の臓器への浸潤がどうかなども重要な要素です。放射線療法が肺線維症にどの程度影響するかも、その線維症の活動性がどの程度なのか、放射線を照射する範囲がどの程度なのか、などによって異なります。一般的に、肺への影響は、照射した範囲にのみ放射線肺炎を起こすことが多いですが、線維症の影響でその範囲外に広がる可能性は否定できません。肺機能が、かなり低下している状態なら、放射線肺炎の発生によって、深刻な肺障害が出る可能性はありますが、当然、担当の先生は、そのようなことを十分検討したうえで、予後の改善に効果が出ると思われ、なおかつ副作用が最小になるよう、照射野を設定しているはずです。放射線肺炎の発生は、照射をはじめてすぐに起きるわけではありません。大体4週以降、照射終了後、数ヶ月にわたって起きる可能性があります。病院入院中は、発見しやすいですが、退院した後は発見が遅れることもあります。早期に発見すれば、ステロイドである程度、炎症を抑えることができるので、発熱や息切れの増悪などの、症状の変化を見逃さないようにしなければなりません。
治療の成功をお祈り申し上げます。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
実際に資料を見ていただかないと判断は難しいのでしょうが、癌は4センチのピンポン大、心臓、背骨に近接しています。肺門リンパ節はかなり腫れているそうです。この程度の説明しか出来ないのでもどかしいですが、他の臓器や骨、脳への遠隔転移、腹水の貯留、自覚症状は今のところありません。ステージ的には(2)bということになるのでしょうか?
そうですね。先生は可能性・自信がまったく無ければ治療を試みることはないと思うのですが、一方で父の寿命がかえって短くなったら・・・と思うと家族としては躊躇してしまいます。ただ今まで打つ手が無いと言われてきたところに可能性が出てきたため、父は治療に対して「リスクを冒してでも」、と意欲的です。
先生からはほっといても癌が進行して呼吸困難になってくるだろうし、もっと肺繊維症が進んでいて先生が治療したくない人が治療を強く希望したため行ったところなんの副作用もでない人もいる、という話を聞きました。
ところでもうひとつ素人質問させていただきたいのですが、最初の2ヶ所の病院で手術は右肺全摘出が適用だができない、と言われましたが癌細胞だけを(例え取り切れないとしても)摘出するということはなぜしないのでしょうか?

補足日時:2001/04/20 22:39
    • good
    • 0

 肺線維症がどの程度のものかによりますが、放射線療法の合併症に肺線維症というのがあります。

肺がんだけでなく乳がんの放射線療法のときにも問題になります。換気が十分に出来なくなっていわゆる呼吸困難を引き起こす可能性もあります。肺がんを放っておいてどんどん進行しても呼吸困難を起こす事もあります。治療は助かる可能性はありますが逆に肺線維症を進行させる可能性も十分あります。確かに腺ガンは手術対象でなければ非常に厳しい状況だと思います。ただ腺ガンでも高分化型から未分化型までいろいろあります。治療効果は未分化型のほうが大きい代わりに進行も一般的には早いようです。高分化型は抗がん剤などの効果はあまり期待できませんが逆に進行は一般的に緩徐です。
 もう少し詳しい状況がわかれば的確な説明ができるかと思います。

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。
肺繊維症は2年前の健康診断でわかり、お医者さんが言うにはそんなにひどくない、
とのことです。・・・とこの程度の説明では何もわかりませんよね・・・。
肺繊維症がどういう状況なのかはあまり詳しく聞いていません。
いままで何処の病院でも真っ先に放射線はダメだ、と言われてきたので
本当にできるのだろうか?と私自身が疑心暗鬼になってしまっています。
成功するかどうかは誰にもわからないことですよね。父自信はやる決心がついているようです。元病巣は4センチのピンポン大、肺門のリンパ節転移ということです。
現段階では気管支を圧迫しない場所に癌が出来ているので自覚症状がまったく無いそうです。2ヶ所の病院で手術するなら右肺全摘出だけど肺繊維症のためそれも出来ない、と言われましたがこうなったら病院によっては手術するところもあるのは?と考えるとどうするのが一番いいのかわからなくなってきます。高分化型か低分化型かについてなど私にはわからないので詳細を補足することができません。肺繊維症の人が放射線治療を受ける場合と、そうでない人が受ける場合のリスクを比較したら前者の方がやはり高いのでしょうね・・・・・。

補足日時:2001/04/20 22:37
    • good
    • 2
この回答へのお礼

今回はありがとうございました。またあまり詳しい説明ができず申し訳ありません。また機会がありましたら宜しくお願いいたします。

お礼日時:2001/04/24 21:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q15歳の愛犬が肺水腫を繰り返し利尿剤の使いすぎで

15歳の愛犬が肺水腫を繰り返し利尿剤の使いすぎで
腎臓の数値が100を超えてきてしまいました。

ラシックスという利尿剤を毎日2.5~3.5ミリ投与していますが
それでも水が溜まってしまい、緊急なときは利尿の注射をしてもらってます。

今日スピロノラクトンという利尿剤は腎臓を傷めないとある方から聞いたのですが
本当でしょうか?

かかりつけの獣医さんにも相談してみようと思っていますが。

詳しい方がいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.cocokarada.jp/medicine/rx/2133001F1476/index.html
によると 腎臓に作用して、、、なのでやはり痛めないこともないような。
腎臓が悪くなっても薬を変えないということは 他に薬がないのか・・・やはりあえて指摘してみたほうがいいと思います。
あとサプリではありますが、タンポポ茶は利尿作用が高いようです。
楽天などでも相談も可能で購入でき、1袋400円で何日も使えると思います。
http://www.cocokarada.jp/medicine/rx/2133001F1476/index.html

Q肺がん生検しなくても放射線治療できますか? 90歳の父に肺がんが見つかりました。放射線治療が良いみた

肺がん生検しなくても放射線治療できますか?
90歳の父に肺がんが見つかりました。放射線治療が良いみたいなのですが、生検と言って、針を肺にさして、細胞をとる検査をしなければ放射線治療できないということです。生検は、90歳にはリスクがあるそうです。生検をせずに放射線治療できるところ、ご存知でしたら教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

妻70歳で肺がんに亡くしました。

一番副作用が少ないという放射線治療20回照射もしましたが、骨が弱ってしまい背骨骨折で激痛、今度は、骨を強くする点滴を毎月。

抗がん治療も。ハッキリ申し上げて、何もしなのが一番よかったと。90歳のお父さんを苦しめずに、余命を家族そろって楽しく暮らすのが一番です。妻は肺のガン潰瘍45mmから13mmに縮小しましたが、ガンでは死亡せず、治療のための副作用に心臓が耐えきれずに、逝ってしまいました。治療を始めるまでは通常生活でしたが、治療を初めてすぐに、ガンでない痛み、下痢、嘔吐、やけどのような皮膚のただれ、それでも、治したい希望で抗がん治療に。3年半、苦しみまくり、最後の半年は、自分で起き上がることもできずに。

最後は、医師の診断中、息子も私も立ち会っているときに、心臓停止、医師は、まだ蘇生できる可能性はあり、と心臓マッサージを始めましたが、息子も、もう逝かせてあげてください、と。

何もしなければ、1年以内余命宣言でしたが、せめて自分の足で歩ける、食事もおいしく頂ける、体に優しい旅もできる期間が長かかったのに残念です。

標本採集の生検は、手術室で全身麻酔をして標本採集で手術と同じ。体の負担もすごいです。

妻70歳で肺がんに亡くしました。

一番副作用が少ないという放射線治療20回照射もしましたが、骨が弱ってしまい背骨骨折で激痛、今度は、骨を強くする点滴を毎月。

抗がん治療も。ハッキリ申し上げて、何もしなのが一番よかったと。90歳のお父さんを苦しめずに、余命を家族そろって楽しく暮らすのが一番です。妻は肺のガン潰瘍45mmから13mmに縮小しましたが、ガンでは死亡せず、治療のための副作用に心臓が耐えきれずに、逝ってしまいました。治療を始めるまでは通常生活でしたが、治療を初めてすぐ...続きを読む

Q利尿剤について教えてください。

利尿剤について教えてください。
ダイアモックス、サイアザイド、イソバイド、など、いろいろ利尿剤が有りますが、内耳に有効な利尿剤というのは、この中で、ダイアモックス、イソバイド、だと思うのですが、実際、体の多くの組織の中で、内耳のむくみだけを選別して効果を示すということが可能なのでしょうか?
※利尿剤を飲んでいる時には、水分を控えないといけないのか?取らないといけないのか?がわかりません。
ご教示ください。

Aベストアンサー

利尿剤ですね。
内耳のみのむくみを取るということは不可能です。
利尿剤とは,全身の余分な水分を取り除くものなので,体のある部分のみのむくみをとることは出来ません。
また,利尿剤を飲んでいるときの水分摂取についてですが,特に気になさる必要はありません。水分を控えすぎると脱水になってしまいます。一日1.5~2Lくらいを目安にされてはどうでしょうか。

Q乳がんで全摘手術後に放射線治療をしています。放射線治療室は高齢の方が多く40代の私がいるのが不自然な

乳がんで全摘手術後に放射線治療をしています。放射線治療室は高齢の方が多く40代の私がいるのが不自然な空間に感じる場所です。
治療室に入るとベットの上に座り放射線技師の男性の前で私は自分で検査着の前を外して胸を出さなくてはいけなくて…胸を出したら放射線技師の男性が私の背中に手を回して抱きつくような体勢でベルトを巻くんです。
毎日上半身裸になってベットに寝て腕を頭の上に上げた状態で照射するのですが…3人の男性の放射線技師さんに囲まれて身体にマーキングされたり…ベルトを巻いたあとはベルトの中に手を入れて健側のおっぱいの位置を整えたりするのでかなり恥ずかしい時間なんです。
乳がんだから仕方ないし…放射線技師さんたちは仕事として見ているんだと思うのですが…放射線治療は25回も続くためほぼ毎日病院なんです。
全摘してる胸は誰にも見せたくない気持ちなので…いくら治療とはいえ恥ずかしくて仕方ありません。
治療室の中には看護師さんもいなくて男性だけというのもかなり不安になります。
あからさまにセクハラ行為がある訳ではないのですが……数人いる放射線技師さんの中のひとりの男性は明らかに親近感を持ってる様子で話しかけるときもタメ口だし…おっぱいのベルトを巻く時も必ずその人が一番に部屋に入ってきます。ベルトの中に手を入れて健側のおっぱいの位置を整えるのもその人で、たまに他の技師さんがそっちに立った時はベルトの中に手を入れてくる事はありません。
でもこういう事ってギリギリのラインなのでクレームとして言うことは難しいですよね…。
まだしばらく毎日会うので話を大きくして気まずくなるのもイヤだけど…いくら治療とはいえ同じ男性に毎日全摘した胸を見られたり、触られたりするのは恥ずかしさを超えてかなり苦痛です…。

乳がんで全摘手術後に放射線治療をしています。放射線治療室は高齢の方が多く40代の私がいるのが不自然な空間に感じる場所です。
治療室に入るとベットの上に座り放射線技師の男性の前で私は自分で検査着の前を外して胸を出さなくてはいけなくて…胸を出したら放射線技師の男性が私の背中に手を回して抱きつくような体勢でベルトを巻くんです。
毎日上半身裸になってベットに寝て腕を頭の上に上げた状態で照射するのですが…3人の男性の放射線技師さんに囲まれて身体にマーキングされたり…ベルトを巻いたあとはベ...続きを読む

Aベストアンサー

毎日おっぱい見たり触ったりしているので何とも思ってないと思いますよ

この治療をしないとあなたはどーなりますか?

クレームとか考えるより
直す事に集中してください

考え方にもよりますが…
触られて治るもんなら大儲けと前向きな考え方もあります

病は気から…NKキラー細胞は前向きな考え方の人の方が活発になります。

不満を希望に変え完治してくだい

Q今回、腹水がたまり入院して先日退院しました。 利尿剤を2週間分処方していただいたのですが効果を感じら

今回、腹水がたまり入院して先日退院しました。
利尿剤を2週間分処方していただいたのですが効果を感じられません。現在、毎朝食後に服薬しています。
入院時には効果があったのですが…
初めは静脈に直接の利尿剤を使用しました。その時は4リットルくらい出ました。
効果を感じられていなければ、副作用等が不安になってしまうだけなので、中止しても大丈夫でしょうか?

担当医には水分不足は怖いから水は飲んで大丈夫と言われています。
脱水症状になるのも怖いのですが、あまり多くの水分を摂ってまた腹水が溜まってしまう事も怖いです。
利尿剤を使用している場合には水分補給はどちらがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

2週間またずに、再診を。副作用なども医師に質問を。

Q肺がんの放射線治療

この間から度々質問させて頂いています。
脳梗塞に肺がんを併発している67歳の母の事ですが、非小細胞ガンだとの診断で、今週中に放射線治療を始めますがその治療に成果が出る確率は100分の1だと言われました。放射線治療は身体が衰弱しやすいと聞き、心配しています。
100分の1に掛けてみたいけど、副作用に苦しむ母の姿も見たくない!
脳梗塞も良くなっていないようで、実際どれぐらい本人が耐えられるのか・・・。
個人差もあるでしょうが、放射線治療をして本人は楽になるのでしょうか?
難しい質問ですみませんが、お願いします。

Aベストアンサー

不思議な話ですね、それは。

医師は、その治療の有益性が、その治療のリスクを上回る
と考えるからこそ、患者さんに治療を勧めるハズです。
どんな場合でも、治療の意義は、その一点にあるはずです。

放射線治療には、放射線宿酔(全身倦怠感・食欲不振・嘔吐など)
や、皮膚障害、骨髄抑制、食道炎(これは照射部位によって)
など、様々な副作用があります。

これらの副作用が出れば、苦しむのは医者ではなくてmonkoさんの
お母さんですよね?
そのことを考慮しても、百分の1の可能性の方が有益だとその医師は
考えているのでしょうか。

末期癌なのですか?
その場合、手の施しようが無いから、放射線でもかけてお茶を
濁しておこうかというぐらいの意図しか、私には感じられません。

小細胞癌でなければ、第一選択は手術ではないかと思います。
たとえそれが不可能だとしても、可能性のきわめて薄い治療を
選ぶ理由にはならないと思います。

いずれにせよ、納得がいくまで医師と話し合うべきでしょう。
monkoさんが心配されるお気持ちは、当然ですよね。

不思議な話ですね、それは。

医師は、その治療の有益性が、その治療のリスクを上回る
と考えるからこそ、患者さんに治療を勧めるハズです。
どんな場合でも、治療の意義は、その一点にあるはずです。

放射線治療には、放射線宿酔(全身倦怠感・食欲不振・嘔吐など)
や、皮膚障害、骨髄抑制、食道炎(これは照射部位によって)
など、様々な副作用があります。

これらの副作用が出れば、苦しむのは医者ではなくてmonkoさんの
お母さんですよね?
そのことを考慮しても、百分の1の可能性の方が有益...続きを読む

Q利尿剤でむくみが取れる?

むくみがひどいと内科へ行ったら利尿剤が出たので、
それ以来、むくみがひどいときは代行輸入で買った利尿剤を飲んでいるのですが、
むくんでいる分の水分が出ているのでしょうか?
血液の水分を出しているだけでしょうか?
血液の水分がすくないとむくみが解消されるのですか??

Aベストアンサー

血液の水分量は、塩分などの濃度を一定に保つために極端に変わる事は有りません。
むくみの状態は、細胞の中に血管から排出された水分を上手く血液の流れに戻してバランスを保つ状態が、何らかの原因で崩れた状態です。
その因をはっきりさせないまま利尿剤を利用し続けると、思わぬ副作用で取り返しがつかなく成る事もあり得ます。

>血液の水分がすくないとむくみが解消されるのですか??
血液は同じ状態を保つために、細胞間に排出させたり取り込む等の働きをしています。
むやみに水分摂取を控えても、簡単に血液中の水分が少なく成る事は有りません。
無理に水分が不足する状態を作ると、脳梗塞や熱中症などの危険性が増してしまいます。
素人判断をしないで、お医者様でむくみの原因が何かを調べ、それに合った適切な投薬を受けてください。

http://plaza.umin.ac.jp/~kidney/mukumi-2.html

Q肺がん : 化学・放射線治療の副作用について

こんにちは。

(この場をお借りしていつもアドバイスを頂いている者です。)

肺がんの父は、8月中旬~10月頭まで

■抗がん剤
タキソール+?(名前忘れました)を3回でワンクール。

■放射線
計35回照射

という形で治療を受けました。

治療後は今まで自宅で療養中なのですが、
副作用がだんだんひどくなってきているようで
大変心配です。

具体的には、食欲不振、吐き気(むかむか感)、
全身倦怠感、あと、これは副作用かどうかわかりませんが、
胸をしめつけらるような違和感 などがあるようです。

それから、この前までは椅子に座ると楽だと
言っていましたが、もうどの姿勢も楽でなくなったようです。
(これって、がんが大きくなっているため
でしょうか。レントゲン上では変化がありません。)

---

上記の治療が終わって3週間くらい経っていますが、
いっこうによくならず、むしろ副作用がひどくなって
いるようで、家族として正直辛いです。

もう少しで良くなってくる可能性はありますか。
といいますか、もともろ副作用ってこんなものでしょうか。
もしそうならば悲観せずに時が経つのを待てる
と思いますが。。。

ご意見・アドバイスをいただけたら幸いです。
どうぞ宜しくお願いいたします。

※食欲がない中でもがんばって1日3回食事を取っています。

こんにちは。

(この場をお借りしていつもアドバイスを頂いている者です。)

肺がんの父は、8月中旬~10月頭まで

■抗がん剤
タキソール+?(名前忘れました)を3回でワンクール。

■放射線
計35回照射

という形で治療を受けました。

治療後は今まで自宅で療養中なのですが、
副作用がだんだんひどくなってきているようで
大変心配です。

具体的には、食欲不振、吐き気(むかむか感)、
全身倦怠感、あと、これは副作用かどうかわかりませんが、
胸をしめつけらるような違和感 などが...続きを読む

Aベストアンサー

タキソール、あります。イチイの木から取り出され、20世紀最高の抗がん剤といわれるそうです。
私の知人も、肺がんでこれを使っていましたが、副作用がきついらしいです。白血球の数が減るので、そんなときは、病室の外にも出ませんでした。タキソテールというのもあって、これはタキソールよりも副作用が弱いのですが、タキソールよりは効きも弱いとききました。

↓ご参考までに。
http://kawa2000.at.infoseek.co.jp/index-301.html

でも、治療終了後には必ず回復します。
治療、ご本人もご家族にとってもつらいものであると思います。
体力温存して、協力し合って支えあって(付き添う側にはこれくらいしかできないのが辛いところですが)乗り越えてください。一日も早いご快復を願っております。

Qむくみがひどいため利尿剤を飲んでいます。 今までは、利尿剤を飲むと最後の方は透明な尿だったのですが、

むくみがひどいため利尿剤を飲んでいます。
今までは、利尿剤を飲むと最後の方は透明な尿だったのですが、
3日ほど飲まずにいたら、またむくみがひどいくなってきたため、飲みました。
すると、ずっと濃い黄色い尿が続きます。
汚いお話で申し訳ないのですが、考えられる原因はありますか?m(_ _)m

Aベストアンサー

>医師からではなく、個人輸入です(><)

多分ラシックスかそのジェネリックかと思いますが。
利尿剤はむくみが取れて痩せられる薬として個人で輸入している方も多いようですが
本来の目的とは違った使い方です。
本当にむくみがあるのでしたら、内科を受診して医師の指導の元服用して下さい。
安易に服用すると危険です。


>3日ほど飲まずにいたら、またむくみがひどいくなってきた

漫然と利尿剤を服用し続けると、利尿剤がないとむくみがひどくなることがあります。
服用を中止して、医師の判断を仰ぐべきですね。

Q中期の肺ガン、抗ガン剤・放射線治療以外の道は?

はじめまして。
73歳の父親の肺ガンが中期(3A~B)で発見されました。若い頃患った結核の陰影と見まがい、年4度も受けていた検診にまったくひっかからず、保険が満期になったときに見つかったのが実に皮肉です。
転移が肺のリンパ節にあり、年齢をかんがみても手術での除去は不可能、と診断され、例のごとく抗ガン剤と放射線による治療を勧められました。
この方法でも、完治の可能性が10%程度あると告げられましたが(この進行度の癌は平均的な余命が1.5~2年くらいということです)、以前に身近な方がやはり癌になり、抗ガン剤で弱り果てた上に余命を充実させることもできずただ死に至った経緯を思い出すにつけ、「他の方法はないか?」と考える昨今です。
西洋医学に限らず、しかも老人が在宅でも適用可能な治療、なんてのは夢物語とは知りつつも、その筋の方の有効なアドバイスを仰ぎたい次第です。どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は初めのガンの手術の後、1年後さらにその半年後と2回再発(リンパ節への転移を含む)し、計3回の手術を受けたのですが、3回目の手術の直前から再発予防のためにハスミワクチンとサプリメントを始めました。それから4年半の経過ではありますが、現在のところ、PET(=全身の検査方法の一種)などの検査の範囲で再発は認められておりません。抗癌剤、放射線治療を受けた経緯はありません。私の知っている範囲でを質問内容に合わせてお話しさせて頂きます。

質問者さんの場合ですと下記URLの ANo.3 中に記載の樹状細胞ワクチン「DCTI療法」が適用できるかもしれません。血液から採りだした樹状細胞(ガンを認識しTリンパ球などに伝達役割を持つ白血球)を活性化した上で体内の腫瘍に注入し、腫瘍自体を抗原としてガンワクチン化する新しい免疫療法です。これを用いる場合は、抗癌剤や放射線との同時治療は出来ないと思います。

http://okweb.jp/kotaeru.php3?qid=1113897

上述の「DCTI療法」が適用出来ない場合には同URLの ANo.3 記載の中で「ハスミワクチン」の中の「自家ワクチン」に「新開発のアジュバント(スーパーマグリナーゼ)」を組み合わせることも検討に値すると思います。主治医の許可が無くても使用可能です。


上記の「DCTI療法」や「ハスミワクチン」は、「ガンを敵として認識する力(能動免疫と呼ばれます)」を育てるものです。また、下記のサプリメント(機能性食品)の多くは「ガンと直接戦うTリンパ球などの増殖と活性化する(受動免疫と呼ばれます)」ものです。この両者は機能が異なり互いに補足しあいますので組み合わせるのが良いと思います。具体的には上記のどちらかと下記の例えば、1.と4.と6.とかの組み合わせです。同様のことが書いてありますが、下記の回答を補足的に参照下さい。

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1125708


下記のものは肯定的な方向で研究がなされているサプリメントです。

1.マイタケエキス  商品名 MD-フラクション (株)ベルダ 社製
  ・マイタケ成分の一部分すなわちD部分のエキス
  ・期待される効果→受動免疫賦活、アポトーシス(ガンの自殺)誘導
  ・神戸薬科大学教授 難波宏影 の研究、ニューヨーク医科大学泌尿器科での研究 など

2.アラビノキシラン  商品名 レンチン プラス1000 大和薬品株式会社
  ・米ヌカの成分
  ・期待される効果→受動免疫賦活
  ・UCLA DREW 医科大学免疫学教授マンドゥ・ゴーナムの研究など(日本語の著作あり)、代替療法で有名な帯津三敬病院で使用されている

3.担子菌培養抽出物  商品名 AHCC イムノメディックピュアタイプ (株)アミノアップ化学
  ・キノコの菌糸体の成分
  ・期待される効果→受動免疫賦活
  ・多数の論文があります。
http://www.aminoup.co.jp/j/

4.昆布フコイダン  商品名 新フコイダンプラス (株)グランヒル大阪
  ・昆布に含まれる成分
  ・期待される効果→アポトーシス誘導
  ・宝酒造バイオ研究所と糖鎖工学研究所の共同研究(55回 日本癌学会総会 千福功ら)

5.アガロオリゴ糖  商品名 寒天オリゴ糖 タカラバイオ(株)
  ・寒天から作成したオリゴ糖
  ・期待される効果→アポトーシス誘導
http://www.takara.co.jp/news/1999/07-09/99-i-012.htm

6.ビタミンC  商品名 日本薬局方 アスコルビン酸(ビタミンC) (株)武田薬品
  ・期待される効果→抗酸化作用
  ・広島県立大学生物資源学部の三羽信比古教授 の研究 など多数


ガン関連のサプリメントに関する本はかなりの数を読みましたが、その中で下記の本は一読の価値があると思います。上記サプリを含む効果割合に関して医者の実感として言及してます。特に原発が肺の場合も、効果が高いとの記述があります。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9975982255


また、食事内容、整腸、睡眠などの生活習慣に心がけることも重要と思います。

私は初めのガンの手術の後、1年後さらにその半年後と2回再発(リンパ節への転移を含む)し、計3回の手術を受けたのですが、3回目の手術の直前から再発予防のためにハスミワクチンとサプリメントを始めました。それから4年半の経過ではありますが、現在のところ、PET(=全身の検査方法の一種)などの検査の範囲で再発は認められておりません。抗癌剤、放射線治療を受けた経緯はありません。私の知っている範囲でを質問内容に合わせてお話しさせて頂きます。

質問者さんの場合ですと下記URLの ANo.3 中に記載の樹...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報