ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

はじめまして。
薬理学を勉強していたら、分からないところが出てきましたので質問させてください。
よろしくお願い致します。
Gqタンパク質共役型受容体の作用機序について調べた中で疑問が出てきました。
標準生理学(医学書院)と青本(薬学ゼミナール)の本を見ると、プロテインキナーゼCとCa2+/カルモジュリンキナーゼは別の酵素であるように書いてありました。(青本の画像を参照してください)
しかし、虹本(ファーマプロダクト)や黒本(日本医薬アカデミー)やコスタンゾ明解生理学(エルゼビア・ジャパン)を見ると、プロテインキナーゼCとCa2+/カルモジュリンキナーゼが同じものであるかのように書いてありました。(下のコスタンゾ明解生理学の文章を参照してください。)どちらの本が正しいのでしょうか?
僕と致しましては標準生理学(医学書院)が一番信頼できるような本のような印象を持っているので、標準生理学(医学書院)と青本(薬学ゼミナール)の本が正しいと思っていますが、どうでしょうか?
※コスタンゾ明解生理学には以下のように書いてありました。
 ホスホリパーゼC系
(1)細胞膜の受容体にホルモンが結合すると、αqサブユニットの立体構造が変わる。これによってGDPがαqから離れ、代わってGTPが結合してαqはGq・タンパクから解離する。
(2)αq・TP複合体は膜内を移動してホスホリパーゼCに結合してこれを活性化する。ホスホリパーゼCが活性化されると膜のリン脂質であるPIP2が分解されてジアシルグリセロールとIP3が遊離される。生成されたIP3は小胞体や筋小胞体からCa2+が遊離され、細胞内のCa2+が一過性に上昇する。
(3)Ca2+とジアシルグリセロールはCキナーゼを活性化して、このキナーゼによるタンパクのリン酸化によって生理機能が発現する。
拙い質問ですが、ご存知の方は答えていただけると非常にありがたいです。
ぜひともよろしくお願いいたします。

「Gqタンパク質共役型受容体の作用機序につ」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

プロテインカイネース=タンパク質リン酸化酵素です。


カルモジュリンもタンパク質ですから、プロテインカイネースによってリン酸化されるでしょう。
ということで、カルモジュリンカイネースと結果的に同じ作用があると言えます。

細胞内にはカルモジュリン以外にもプロテインはいくらでもあります。
プロテインカイネースの一つとしてカルモジュリンカイネースが同定され、
カルモジュリンカイネースはプロテインカイネースに分類されるでしょう。

そのような意味あいですが、それ以上でもそれ以外でもないでしょう。

より詳しくは、担当講座の教員にご質問するのが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく理解できました。どうやら担当の先生に聞かなくても解決できたみたいです。
ありがとうございました。非常に助かりました。

お礼日時:2011/02/20 00:24

補足というかなんというか、PKCとCamKは別物ですからね。

プロテインキナーゼというくくりの中に、PKCとかCamKがあるわけです。

あと、CamKはCa/カルモジュリン依存性キナーゼであって、活性化にCa/カルモジュリン複合体が必要なことから来た名前ですから、カルモジュリンをリン酸化するわけではないですよ。念のため
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q花菖蒲の切花の梱包の仕方

花菖蒲を切花にして、宅急便で発送する再には
どうのような注意というか、方法がいいでしょうか?
おそらく翌日の夕方までには到着すると思われます距離です。
中国地方→関東地方でクロネコヤマトの宅急便

花菖蒲って、水の中に咲いているイメージがあって切花のまま
新聞紙に包んで、ダンボールにいれて発送でも大丈夫でしょうか?

経験者、またはその知識のある方がおられましたら教えてください。

Aベストアンサー

鮮度保持の観点から言えば、たっぷり水を含ませたオアシス(活け花用のスポンジ)に切花を挿し、縦詰めにして発送するのが最も良いです(勿論オアシスはビニール袋で梱包、荷物は天地無用)
または、新聞紙等で包んで普通にダンボール詰め発送しても、相手先でしっかりと水揚げをすれば、それなりに回復します。発送前に予冷(5℃~10℃位)が出来れば良いですが、無くても構いません。
ビニール包装は通気性が悪く、蒸れによる劣化の原因となるので禁物です。
なお、クール便では霜焼けにより変色する恐れがあるので、通常便での発送をお勧めします。

Qタンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

膜タンパク質の性質や特徴は図書館で調べたら出てきたんですが
可溶性タンパク質の方は調べても出てきませんでした。
なので、水溶性タンパク質の性質や特徴を教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くあるので、膜タンパク質と言えば、何となく脂溶性(水溶性でない)タンパク質かな?と
玄人は連想できますが。

で、「膜タンパク質」は、そのタンパク質が機能する場所である膜に存在するタンパク質の総称なので、
調べると「膜でどのような機能を持っているタンパク質たちである」と本に書いてあると思いますが、
一方の「水溶性タンパク質」は化学的な性質を言ったものたので、どのようなタンパク質がと言われても
「水に溶ける」くらいしか共通点は挙げれません。
(っていうか水溶性と言っている時点でそれはわかることなので、いちいち解説する必要ないでしょ?)

つまり、何が言いたいかというと、
そういう分類は一般的じゃなく、もし、「膜タンパク質と水溶性タンパク質」に分ける人がいるとして、
その「水溶性タンパク質」と言っている人が、ある程度何かを想定して言っているはずだということです。

なので、その人に「何のことを指しているのか?」って聞くしかわからないのと、あとは
No1様のおっしゃるように自分で決めて調べるしか無いと思います。

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くある...続きを読む

Q抗コリン作用と記憶力

自分はアレルギー性鼻炎と軽度のアトピーがある為、エバステル錠を服用しています。抗コリン作用というもののせいで、眠気を誘発する事もあるのを知り、これからは夜に飲むようにしようと思いました。
抗コリン作用はアセチルコリンの結合を阻害する作用があると知りました。という事はアセチルコリンと密接な関わりのある『記憶力』にも悪影響があるのでしょうか?
もし悪影響があるのなら、抗コリン作用のある薬を、昼間ではなく、一日の勉強が全て終わった後の夜遅くに飲んでも悪影響がある事には変わりはないのでしょうか?資格試験の合格を目指して毎日勉強しているので抗コリン作用の記憶力への影響を知りたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 ねむけは脳内の抗ヒスタミン作用と考えられています。抗ヒスタミン薬にも色々な種類があり眠くなるものとならないものがありますよね。経験上、個人的には効果が強いものは眠気も強いですね。
 さておき抗ヒスタミン薬に抗コリン作用があるのは良く知られています。この抗コリン作用が記憶力に悪影響をおよぼすことが最近分かってきました。
 特に昔から使われている抗ヒスタミン薬は過量投与の場合や他に飲んでいる薬との相性で記憶障害が起こることが確認されています。(しかし通常投与ではこの点は問題ないと言われています。)
 エバステルはこの抗コリン作用はだいぶなくなり通常量では抗コリン系の副作用は出にくいと考えられています。しかし過量ではやはり同じような副作用が出るだろうと考えられます。
 現在眠気などの副作用は出ていますか?出ているとしたら薬が脳に行っているのですから、夜飲むようにするといいと思われます。出ていないとしたらそれほど脳内には影響を及ぼしていないと考えていいと思います。
 試験勉強、頑張ってください。

Q薬理学でいう、「~拮抗作用」と「抗~作用」とはどう違うのでしょうか?

薬理学でいう、「~拮抗作用」と「抗~作用」とはどう違うのでしょうか?
意味合いの違いがわからなくて困っています。
どなたかわかる方教えていただけないでしょうか?
具体的な例などあげていただけるとさらに有り難いです。

Aベストアンサー

薬学部出身ではありませんが、おそらく生物系全般に共通する言葉だと思いますので。

>~拮抗作用
対象となる菌と同じ環境に生育し、相手の生育を抑える(ように見える)菌の働きを、拮抗作用と呼びます。
簡単な例だと、腸内の悪玉菌の生育を抑えるビフィズス菌が挙げられます。
ビフィズス菌は悪玉菌を直接殺しているわけではありませんが、活動を抑え、生育場所を奪って生育を抑えます。

>抗~作用
抗酸化作用が有名で、毒素(や毒になる物質)を無効化する働きを指します。

Q類語辞典アプリについて

最近出先で類語辞典を使うことが増えました。
今までは講談社の類語辞典とオンラインのシソーラスを使っていましたが、講談社の類語辞典は語彙少なく、通信環境必須でした。
しかし必ずしも作業する環境が通信環境がいい状況でなかったりするのでオフラインで使える類語辞典を探しています。

角川類語新辞典と三省堂類語新辞典のどちらかの購入を考えています。
この2つのアプリはオフラインで使用できますか?
アプリ評価のサイトを色々探ったのですがオフラインについて記述が見当たりませんでした。
価格が価格だけに試しに買ってみるのはちょっとためらってしまいます(書籍の類語辞典買うよりは安いんですが…)

それと角川の方は2200円のものと1500円のものがあるので、どちらを使っているかも書いていただけると助かります。

ちなみに角川は大辞林との連携が売りですが、私はあまりそこは用途として必要としていません。

Aベストアンサー

角川の2種類と三省堂のものを持っています。
以下に挙げる辞書はすべてオフライン利用が可能です。
角川の1500円のほうは、説明文の単語をキーに再検索しようとすると、それを再入力しなければならず、UI的にダメです。

角川2500円のものと三省堂では個人的には三省堂のものが好みです。
理由は幾つかあって、角川2500円のほうで見つからなかった単語が幾つかあったこと(例えば「順手」)、三省堂のほうでは対義語も表示されること、三省堂のは他の辞書との連携が特定の辞書に限定されていないことなどです。

それから私がよく使う類語辞書を紹介します。
ネット上に存在するデータを使いローカルに持っているアプリですが、Word ouenというところが出している類義語辞書です。
この辞書では単語のみが表示されて用例や意味は表示されませんが、関連語というカテゴリがあって、類語からは外れる近い単語を表示してくれます。
また類語と共に英和・和英ができ、英語の類語と関連語も捜せるのが魅力的です。
意味や用例については外部辞書連携が利用できます。
広告は入りますが無料版もあります。

角川の2種類と三省堂のものを持っています。
以下に挙げる辞書はすべてオフライン利用が可能です。
角川の1500円のほうは、説明文の単語をキーに再検索しようとすると、それを再入力しなければならず、UI的にダメです。

角川2500円のものと三省堂では個人的には三省堂のものが好みです。
理由は幾つかあって、角川2500円のほうで見つからなかった単語が幾つかあったこと(例えば「順手」)、三省堂のほうでは対義語も表示されること、三省堂のは他の辞書との連携が特定の辞書に限定されていないことなどです。

そ...続きを読む

Qタンパク質相互作用を調べる

現在あるタンパク質についてどんなタンパク質と相互作用しているか(homodimerを含めて)を簡単に調べる方法を探しています。数個のものを調べるのなら論文を読めば済むのですが、100以上の蛋白質について調べようとしているためこの作業がかなり大変です。何かいいデータベースでもないでしょうか?

Aベストアンサー

rei00 です。

 補足拝見しましたが,少し説明不足だったようです。お詫びと共に補足致します。

> データベースはこんな作業を軽減し、研究をより促進させる
> ために存在しているので積極的に活用すべきだと考えています。

 その通りだと思います。私が示した「PubMed」もデータベースですから。

 ただ,既に確立された「PubMed」等と異なり,お書きの様なデータベースは,まだ,公には存在しないと思います。wolv さん(確か,近い分野で研究されていた様に思いますが)の回答でもその様ですね。

 それに,相互作用が明らかになっているタンパク質も未だ少ないのではないでしょうか。現在は,あるタンパクが何と相互作用しているのかの解明が研究テーマになる時代です。

 この様な状況ですので,「必要なら文献調査をするしかない」でしょうし,「何らかの手段で調査対象を絞り込んで数を減らさざるを得ない」のが現状だと思います。

 参考になるかどうか分かりませんが,「Google」で「タンパク質相互作用 データベース」で検索すると,こんなページが見付かりました(既に御存知の様な気も・・・)。

◎ http://www.genome.ad.jp/Japanese/
  ゲノムネット

参考URL:http://www.genome.ad.jp/Japanese/

rei00 です。

 補足拝見しましたが,少し説明不足だったようです。お詫びと共に補足致します。

> データベースはこんな作業を軽減し、研究をより促進させる
> ために存在しているので積極的に活用すべきだと考えています。

 その通りだと思います。私が示した「PubMed」もデータベースですから。

 ただ,既に確立された「PubMed」等と異なり,お書きの様なデータベースは,まだ,公には存在しないと思います。wolv さん(確か,近い分野で研究されていた様に思いますが)の回答でもその様ですね。...続きを読む

Q人名に由来する数学・物理用語 ~ ヤコビアン・ラグランジアン・ハルミトニアン・ガウシアン

数学や物理学で使われる用語で

・ヤコビアン(ジャコビアン)
・ラグランジアン
・ハルミトニアン
・ガウシアン

といった、人名が入っている言葉があります。



【質問1】
まだ、上記のほかにありますか?
恐れ入りますが、「簡単な解説、および、由来となった学者名の紹介付き」で挙げていただけますようお願いします。
(申し訳ありませんが、解説無しはご遠慮ください)

<例>
「ラグランジアン:
   ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ
   数学・天文学者(伊・仏)
 解析力学の基本をなす関数で、物体の運動は最小作用の原理という法則にしたがっていることを示す。」



恐れ入りますが、下記は対象外とさせていただきます。

・「ジュール」、「アンペア」、「ウェーバー」、「シーベルト」、「ユカワ」など、単位の名称

・「ガリレイ変換」「ローレンツ変換」「オイラーの公式」など、2単語以上の熟語

・「ブーリアン」のように、英語では1単語(形容詞も含む)であっても、日本語では2単語以上の熟語で使用されるのが通例であるもの





【質問2】
下記についてご存知の方、人名の紹介および簡単な解説をお願いいたします。

・ヘシアン

・ダランベルシアン

・ルジャンドリアン

・ローレンチアン

数学や物理学で使われる用語で

・ヤコビアン(ジャコビアン)
・ラグランジアン
・ハルミトニアン
・ガウシアン

といった、人名が入っている言葉があります。



【質問1】
まだ、上記のほかにありますか?
恐れ入りますが、「簡単な解説、および、由来となった学者名の紹介付き」で挙げていただけますようお願いします。
(申し訳ありませんが、解説無しはご遠慮ください)

<例>
「ラグランジアン:
   ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ
   数学・天文学者(伊・仏)
 解析力学の...続きを読む

Aベストアンサー

siegmund です.

ポピュラーはやつは大体出尽くした気がします.
結局,元素名は別にしまして,
出てきた中で私(物理屋)がよく使う(耳にする)のは
ヤコビアン(ジャコビアン)
ラグランジアン
ハミルトニアン
ガウシアン
ヘシアン
ダランベルシアン
ローレンチアン
ブーリアン
ラプラシアン
ロンスキアン
アーベリアン
カーテシアン
エルミーチアン
パフィアン
ブラウニアン

ボソン
フェルミオン

> 実は、その辺は得意です。
> 御礼がてらに、ちょっと、ひけらかします。(笑)

お,そうでしたか.
じゃ,私がコメントするまでもありませんでしたね.
元素の話がお好きなら
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=206305
などお読み頂けたら,と思います.
宣伝で恐縮です(^^).

Qあるタンパク質が結合する他のタンパク質の同定法

生物学をかじっている者です。分子生物学の実験で、あるタンパク質の機能を調べる際、それが他のどのタンパク質と結合するのかを調べる一般的なやり方が知りたいです。
私は、Far western blotting、免疫沈降、アフィニティークロマトグラフィーといった専門用語を単語としては知っている、個々の意味を調べれば理解出来る、というレベルなのですが、そういった手法を行う具体的な順番や、どういった手法がメジャーなのかがよくわかりません。大雑把でいいので教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

順番は場合によって異なると思います。
最初に、酵母Two-hybridで相互作用する因子をスクリーニングし、次に、プルダウンアッセイで相互作用を検討するといった感じで行うことが多いと思います。
また、目的タンパク質が組換えタンパク質、もしくはタグ融合組換えタンパク質として得られており、nativeで認識できる抗体があるのなら、免疫共沈殿もしくは免疫アフィニティクロマトグラフィで候補因子を精製し、SDS-PAGE後、目的バンドを切り出して、LC-MS/MS等の質量分析に供するという方法もあります。
BIACOREを使う方法もありますが、機械がないとできないので一般的ではありません。

QLaTeX

お勧めのLaTeXの参考書はありませんか?
レポート(プログラミングなどの)を作成するためにLaTeXを使います。
初心者です。

Aベストアンサー

LaTeXトータルガイド(秀和システムトレーディング)という本を持っていますが、少し古いので書店で入手できるかわかりませんが。
ISBN4-87966-230-5
その他にウェブサイトで大学の講義をホームページにしているところなどがありますので、少しだけ紹介しておきますが、今でも有効かどうかは探してみて判断してください。
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/anes/www/latex/latex.html
http://momonga.t.u-tokyo.ac.jp/~paoon/Lectures/2002-1Semester-InformationLiteracy/07.html
http://www.fsci.fuk.kindai.ac.jp/~kakuto/win32-ptex/web2c75.html
http://mailsrv.nara-edu.ac.jp/~asait/latex/tex.htm
http://akagi.ms.u-tokyo.ac.jp/ftp-j.html
これらは、私が個人的にLaTeXを整備した時に参照したページで実際にLaTeXの各モジーュルをダウンロードする事も出来ると思います。

LaTeXトータルガイド(秀和システムトレーディング)という本を持っていますが、少し古いので書店で入手できるかわかりませんが。
ISBN4-87966-230-5
その他にウェブサイトで大学の講義をホームページにしているところなどがありますので、少しだけ紹介しておきますが、今でも有効かどうかは探してみて判断してください。
http://www.med.osaka-u.ac.jp/pub/anes/www/latex/latex.html
http://momonga.t.u-tokyo.ac.jp/~paoon/Lectures/2002-1Semester-InformationLiteracy/07.html
http://www.fsci.fuk.kind...続きを読む

Q遺伝子側とタンパク質側、双方からのタンパク質の構造決定について、抗原抗体反応を利用した分析方法について

テストで次の内容が出たのですが、答えられませんでした。気になって夜も眠れません。回答お願いします。

問)現在では、誰でもWeb上から各種データベースにアクセスしてタンパク質をコードする遺伝子の塩基配列を基にしたタンパク質の一次構造を比較的容易に推定できる。しかしながら、タンパク質そのものを生体から単離して構造決定することは非常に重要である。なぜ、遺伝子側だけでなく、タンパク質側からも構造決定する必要があるのか?理由を述べなさい。

問)抗原抗体反応を利用した様々な分析は、生命科学研究で欠くことができないほど重要である。抗体を利用した分析方法を挙げ、原理を簡単に説明しなさい。

Aベストアンサー

問1についてだけ(問2はNo.2の回答でOKです)。

1) 塩基配列情報では、ゲノムDNAならゲノムにそのような配列があること、あるいはcDNAならそういうRNAが細胞内にあることはわかりますが、それがほんとにタンパクに翻訳されているかどうかは実は不明です。配列の都合で偽遺伝子化している場合もありますし、mRNAは多くの細胞で発現しているが、それがペプチドにまで翻訳されるのは特定の細胞だけ、などという例もあります。塩基配列情報はあくまでも予測にすぎません。

2) ペプチドが翻訳されていたとしても、それがそのまま細胞内で機能しているとは限りません。いわゆるタンパクの翻訳後修飾を受けている可能性があります。たとえば、mRNAからペプチドがつくられた状態ではそれは前駆体ペプチドであり、その一部がちょん切れてはじめて生理的な活性のあるペプチドになる例、糖やそのほかの物質が結合してはじめて活性が出る場合もあります。こういった翻訳後の変化も塩基配列からある程度までは予測できますが、実際に調べないとはっきりしたことはいえません。No.1の回答のグレリン(ghrelin)の苦労話もこの典型的な例です。

問1についてだけ(問2はNo.2の回答でOKです)。

1) 塩基配列情報では、ゲノムDNAならゲノムにそのような配列があること、あるいはcDNAならそういうRNAが細胞内にあることはわかりますが、それがほんとにタンパクに翻訳されているかどうかは実は不明です。配列の都合で偽遺伝子化している場合もありますし、mRNAは多くの細胞で発現しているが、それがペプチドにまで翻訳されるのは特定の細胞だけ、などという例もあります。塩基配列情報はあくまでも予測にすぎません。

2) ペプチドが翻訳されていたとしても...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報