ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

ひらがなやカタカナはだれが発明したのでしょうか?それとも不特定多数の人々の合作なのでしょうか?これらの起源などについて教えてください。

A 回答 (2件)

発案者はわかりません。

何せ平安時代のことですから。

ひらがなもカタカナも、すべて漢字から作られています。下記に詳しい解説があります。

http://homepage1.nifty.com/snap/room04/c01/nihon …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ホームページを見て当初は母音が8つあったことを知りました。
むかしあったという母音を聞いてみたいものです。
カタカナひらがなが一個人の創作だとしたら10万円札発行時には載せてもらいたいと思ったんですが。

お礼日時:2003/09/13 15:43

ここで答えるにはあまりにも長くなると思うのですが、もし本当に興味がおありなら、大野晋『日本語の年輪』という本をおすすめします。

詳しく解説されていますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
私は日本人が表意文字を作ったことはとてもすばらしい発明だと思っていたんです。
あの中国でさえ4000年も歴史がありながら漢字から脱却できなかった。
今でも漢字以外の言葉を表すのに表意文字で表現しているそうです。
もっとも漢字が漢の時代に出来たとするとおよそ2000年ですが。

お礼日時:2003/09/13 15:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qひらがなの学習で、学習が易しい→難しい順に並べた表や練習シートが欲しい

ひらがなを子どもに覚えさせたいのですが、
学習が易しい→難しい順に並べた表や練習シートが欲しいのですが、
ネットで上手く見つけられません。

もし無料教材をご存知の方がいらっしゃいましたら、
シェアして頂けると助かります。

またひらがな学習に消極的な子どもが、
ひらがな学習に意欲的になれるようなアイデアもあれば幸いです。
(現在ごほうびポイント制を検討中)

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

・無料教材
http://print-kids.net/print/kokugo/hiragana-rensyuu/
・難易度順
「く つ し い こ り と そ ら ね せ み ふ え は ね へ わ け き て ま た か ほ ん す れ ひ ろ う
お も ち る の な や あ さ ゆ め に を よ む」
http://1st.dtiblog.com/

Q不特定多数への誹謗中傷とはなにか。

誹謗中傷とは他者への悪口・謗りであるということは理解していますが、通常相手が特定(単数とは限らないが少なくとも個別に対象が特定…個人・団体等)されているべきものだと思ったのですが、実は違うのでしょうか?

<不特定多数への誹謗中傷という概念>は果たして成立するものかどうかをお教えください。もし成立するということでしたら出来れば実例を添えて教えてください。

ある筋から「不特定多数への誹謗中傷は認めることは出来ない」というコメントをもらったのですが、直感的にこのような言い回しに疑問を抱いたのと、もし不特定多数への誹謗中傷なるものが成り立つとするならば、世の中にある啓蒙的な文言は全てこれにあたり、例えばある習慣を問いただす(禁煙者を否定するコメントはすべて禁煙者への誹謗中傷となってしまう)ような行為は全て認められなくなってしまうのではないかと思うのです。そうした矛盾についても言及していただけますとありがたいです。純粋に日本語的な問題と解釈してご回答いただいてかまいません。(といいますか、この質問への純粋な回答以外の内容をこの質問へかこつけて書き込むのはお避け下さい)

恒例ですが無用なトラブル回避のため、必要と考えた回答へのお礼と最小限の補足のみとさせていただきます。

誹謗中傷とは他者への悪口・謗りであるということは理解していますが、通常相手が特定(単数とは限らないが少なくとも個別に対象が特定…個人・団体等)されているべきものだと思ったのですが、実は違うのでしょうか?

<不特定多数への誹謗中傷という概念>は果たして成立するものかどうかをお教えください。もし成立するということでしたら出来れば実例を添えて教えてください。

ある筋から「不特定多数への誹謗中傷は認めることは出来ない」というコメントをもらったのですが、直感的にこのような言い回し...続きを読む

Aベストアンサー

不特定多数に対する誹謗中傷、というのは、やはりインターネット時代の概念のような気がします。

たとえば、先の回答者さんが出してくださった例を考えてみましょう。

>「喫煙者はみんな低脳のバカだから、みんな肺癌で死ねばよい」

たとえばこの文章が、他のメディア、たとえば新聞に載ったとします。
いったい誰が腹を立てるでしょうか。
言った人間の知性をせいぜい疑われる程度で、何らかの反応を引き出すことはむずかしい、と思います。

ところが、たとえばこのサイトに
「gooなんかに質問を出すやつも答えるやつも、大馬鹿だ」というコメントを誰かが書き込んだとします(あくまで例ですので、この例文に反論しないでください)。
おそらく非常に多くの方が、不快感を感じられることと思います。

言っているレベルはほとんどちがわない。
けれど、媒体がちがうのです。

これはマクルーハンの『人間拡張の原理』あたりから説明できるんじゃないかと思うんですけれど。

詳しくお知りになりたかったら、“クールなメディア、ホットなメディア”で検索をかけると、たくさんヒットすると思いますので、ここでは非常に簡単な説明に留めておきます。

マクルーハンはデータ的に高い密度を持つメディアを“ホットなメディア”、情報が少ないものを“クールなメディア”と呼びます。たとえば、写真がホットなのに対し、マンガはクールなメディアです。
ここで重要なのは、情報の密度が低い場合、「受け手」が補充することになるのです。
活字メディアは、非常にホットなものですから、情報の流れは一方通行になっていきます。受ける側の参加度は低いものになっていきます。

マクルーハンは1960年代にすでに『聴衆の量的規模が大きいというのではなくて、すべての人びとが同時にそれに関与し参加するということのためにマス・メディアなのである』と、今日のインターネット時代を予見するようなことを言っています。

インターネットの最大の特徴は、不特定多数同士を結びつける媒体である、ということです。
不特定多数が結びつくことによって、これまでになかった形態の感情の交流というものが生まれてきた。
「不特定多数に対する誹謗中傷」という概念も、そうした脈絡の中で考えるべきではないでしょうか。

不特定多数に対する誹謗中傷、というのは、やはりインターネット時代の概念のような気がします。

たとえば、先の回答者さんが出してくださった例を考えてみましょう。

>「喫煙者はみんな低脳のバカだから、みんな肺癌で死ねばよい」

たとえばこの文章が、他のメディア、たとえば新聞に載ったとします。
いったい誰が腹を立てるでしょうか。
言った人間の知性をせいぜい疑われる程度で、何らかの反応を引き出すことはむずかしい、と思います。

ところが、たとえばこのサイトに
「gooなんかに質問を...続きを読む

Q外部ファイルに「漢字(かんじ)、片仮名(かたかな)、平仮名(ひらがな)

外部ファイルに「漢字(かんじ)、片仮名(かたかな)、平仮名(ひらがな)、アルファベット」と書かれていたとします。これをperlのopen(IN,">ファイル名");で読み込んでファイルの中身を$_に代入する時に、漢字(かんじ)や平仮名(ひらがな)などの漢字と括弧で囲まれた平仮名の文字列にマッチしたらルビタグを挿入したいのですが、どうすればいいですか?
「漢字(かんじ)」や「平仮名(ひらがな)」を「<ruby><rb>漢字</rb><rp>(</rp><rt>かんじ</rt><rp>)</rp></ruby>」のような文字列に置換したいのです。

Aベストアンサー

今まであなたがしてきた質問に対する回答は読みましたか?

Q中国人は日本人が漢字を書いている事についてどう思っているんですか?また日本人は漢字を進化させて平仮名とカタカナを発明して

中国人は日本人が漢字を書いている事について
どう思っているんでしょうか?
また
日本人は漢字を進化させて
平仮名とカタカナを使用していますが
その事について中国人はどう思っているのでしょうか?

Aベストアンサー

別にどうも思わないんじゃないでしょうか。
日本から中国に渡った和製漢語もありますが、ほとんどの日本人は何とも思わないでしょう。

中国語の中の日本語
http://www.catv296.ne.jp/~t-homma/dd040912.htm

日本から中国へ伝来した和製漢語
http://freett.com/nandon/lunwen1.htm

Qなぜ濁音を専門にあらわすひらがなやカタカナがないのでしょうか。

なぜ濁音を専門にあらわすひらがなやカタカナがないのでしょうか。例えば、「か」の濁音の表記は「が」ですが、この場合の濁点は、補助的に使われています。「が」そのものを、表すひらがなやカタカナがないのはどうしてか教えてください。
言い換えると、なぜ昔の人は濁点がなくてもちゃんと読めたのですか。

この場合の昔の人とは明治より前の時代の人たちのことです。明治より前の文献には、濁点がでてきません。それなのに明治になってから濁点を用いるようになりました。不思議です。昔の人は、濁点がなくても朗読する際、きちんと濁音で発音したと考えられます。濁点に頼らず、濁音で発音できたのはなぜでしょうか。そもそも、濁音で発音するならなぜ濁音を専門にあらわすひらがなやカタカナがないのかが不思議です。どなたか教えてください。参考URLなどもどんどん教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

濁音と清音を区別する必要がなかったからです。

ヤマトコトバで濁音の発音になるのは連濁の場合のみです。これは条件が合えば必ず濁音になるので、区別の必要はありません。古代日本人にとって濁音と清音の区別はなかったのです。
例えば「あお」のつぎに「そら」と言おうとすると[アオソラ]とは言いづらく[アオゾラ]になってしまいますが、本人は「あお」と「そら」をつなげただけで、別の発音になったとは思いもしない、ということです。
今でも、多くの日本人が気づかずに発音を変えている音はたくさんあります。
例えば、「ザ」は語中で[za:サの濁音]、語頭で[dza:ツァの濁音]と別の発音になることが多いです。
でもこの違いによって意味の違いは起こらないのでこの2つに別のカナを用意する必要はない。これと同じことです。

時代が進み漢語が浸透するにつれ日本人にも濁音と清音の区別が付いてきて、それを区別する文字が必要になってきたので、急ごしらえで濁点を作ったのでしょう。
現代でも鼻濁音の「が」行に対する「か゜」やVU音に対する「ヴ」など新たなカナができています。

ところで、濁音用にまったく新しい文字をこしらえることをせずに濁点をつけるだけで済ませられたのは文字の関係が分かりやすく、私はとてもいいことだと思います。
これが英語なら
absor"b"→absor"p"tion
とまったく別の文字になって語の変化に伴うb/pの変化が分かりにくくなってしまいます。

濁音と清音を区別する必要がなかったからです。

ヤマトコトバで濁音の発音になるのは連濁の場合のみです。これは条件が合えば必ず濁音になるので、区別の必要はありません。古代日本人にとって濁音と清音の区別はなかったのです。
例えば「あお」のつぎに「そら」と言おうとすると[アオソラ]とは言いづらく[アオゾラ]になってしまいますが、本人は「あお」と「そら」をつなげただけで、別の発音になったとは思いもしない、ということです。
今でも、多くの日本人が気づかずに発音を変えている音はたくさんあ...続きを読む

Qひらがな・カタカナ のサイト

外国人に日本語を教えることになりました。
ひらなが カタカナ の一覧サイトを探しております。
印刷して利用したいのですが、調べる時間がなく、
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「Hiragana And Katakana」とか英語でGoogle先生に聞けば調べるまでもなく結構見つかります

http://www.okayama-u.ac.jp/user/int/study/gakusyu/index.html
このサイトではstroke order(筆順)も述べられていますね。

#もしかして同時に載っている奴が欲しい?

QZEPP NAGOYAはペットボトル持ち込みOKですか?

ZEPP NAGOYAはペットボトル持ち込みOKですか?
今度UVERWORLDのライブに行くのですが、1コイン制ですがドリンクコーナーに寄っているとどんどん後ろになってしまうため、ペットボトルを持ち込みたいのですが・・・

Aベストアンサー

Zepp Nagoyaを含め、6ヶ所のZeppに行ったことがありますが、ペットボトルを持ち込んで文句を言われたことはありません
(もちろん、バッグ等に隠す等はしていません。手荷物は基本全てロッカーに入れますから)
Zepp Nagoyaだと隣のゲームセンター等にある自販機で買ったペットボトルを普通に持ち込んだことがあります

Zeppではドリンクを交換すると、
http://www.zepp.co.jp/com/eco.html
のようなストラップをくれるのですが、前回もらったものを利用してペットボトルを首にかけて入場列に並んだりしている人もいますから

別にペットボトルを持ち込んだからといってドリンクの引き換えを拒否できない(入場時には確実に500円取られる)ので、持込み禁止にする必要もないですしね
特に整理番号が若いチケットを持っている場合は、入場後早くステージ近くに行きたい、でも水分もほしいということになりますから、当然ペットボトルを持ち込みたくなりますよね

Qカタカナとひらがなについて

仕事柄たまに法律の条文を読むことがあるのですが,戦前の条文は漢字とカタカナになっています。
この当時は日常的にカタカナが使われていたのでしょうか?
もしそうならなぜその後,ひらがなに変わったのでしょうか?
(条文に限ったことではなく,日常的な使用自体の変更が意図的に行われたのかという意味です。)
ご存知の方,ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 戦前でも普通の文章、たとえば新聞、小説、雑誌などはひらがなでした。しかし、法律文、公用文は漢文訓読体が用いられたため、漢文訓読体はカタカナで書かれるという常識のため、カタカナになったようです。1885年ごろまでは候文、ひらがななど混用された頃もあったようです。また、カタカナの方が覚えるには楽だろうとする配慮から教科書にも使われた様です。
 下はWORDでも読めます。

参考URL:http://www.zenkankyo.gr.jp/gakujutu/q002.htm

Qひらがな練習シート

こんばんわ。

子供が保育幼稚園へ通うようになるので、そろそろひらがなの書き順や五十音をきちんとかけるように少しずつ練習させたいのですが、ネットで調べたようなただ単に『あ』『い』『う』『え』『お』があり、その横に書くようなものがあるのですが、なかなか子供が食いつかず…

好きなイラストなどを入れていきたいのですが画像のようなものをWordで作りたいのですが、どのようにやればいいのか…

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4849568.html

見たような質問が有ります。

Qひらがなの「へ」とカタカナの「ヘ」の違い

ひらがなの「ヘ」とカタカナの「ヘ」って、形はどうちがうのでしょうか。

あくまでも、手書きするときの話で、活字での違いを聞きたいわけではありません。

ひらがなの「ヘ」とカタカナの「へ」の区別を習った記憶はありません。
みなさんは区別を習いましたか?

もっとも、文脈でどちらか判断できることが多いため、区別がどうであれ、実際にはあまり困ることはありません。

でも、私だけが知らないのかもしれません。

今 手元に小学校のときの「かきかた」の本がある(すべてがそろっているわけではないですけど。)のですが、見た範囲だと、ひらがなの「へ」とカタカナの「ヘ」の区別について触れているところはないようです。

「かきかた」の本なので、ひらがな・カタカナの見本はあります。
それに見ると、確かに微妙に両者は異なります。

・ひらがなの「へ」のほうが(ほんの少しだが)角が丸みを帯びている。
・見本は正方形の枠の中に書いてあるのですが、枠が縦の点線と横の点線で十字に区切られています。ひらがなの「へ」の左端(始点)は横の点線に触れているが、カタカナの「へ」の左端は横の点線に触れていない。

しかし、たまたま違っているだけで、区別ではないのかもしれません。

それとも、ひらがなの「へ」とカタカナの「へ」というのは同じ文字で、それをひらがなとして使ったり、カタカナとして使ったりしているのでしょうか。(まさか!)

(ついでの質問)
数式を書くときにzに線を入れて数字の2と区別することがありますが、ひらがなの「へ」とカタカナの「へ」にもこのような区別の仕方はあるのでしょうか。

#この文章を入力したときに、ひらがなの「へ」とカタカナの「ヘ」を混同している可能性があります。コンピュータでの文字入力で区別があるのは間違いないようです。

ひらがなの「ヘ」とカタカナの「ヘ」って、形はどうちがうのでしょうか。

あくまでも、手書きするときの話で、活字での違いを聞きたいわけではありません。

ひらがなの「ヘ」とカタカナの「へ」の区別を習った記憶はありません。
みなさんは区別を習いましたか?

もっとも、文脈でどちらか判断できることが多いため、区別がどうであれ、実際にはあまり困ることはありません。

でも、私だけが知らないのかもしれません。

今 手元に小学校のときの「かきかた」の本がある(すべてがそろっているわ...続きを読む

Aベストアンサー

とても興味深い問題ですので、いろいろな回答を楽しみにしていたのですが、以外にも少なくちょっと残念です。
 私の記憶では、違いを習っていません。
忘れただけかもしれませんが、その代わりに残っている記憶としては、カタカナのへは憶えなくて良いから楽チンだ、という事です。ですから、ことさらに、区別についてはうるさくは言われなかったのだろう、と推測いたします。
 違いについては、まったくわかりませんが、参考URLでは、へのひらがなとかたかなの書き順をQUICK TIMEでMOVIEにしており、ここでは、形がまったく一緒です。
 また、ビートルズのヘイ・ジュードのシングルレコードのジャケットが手書きだったような気がしたので見てみたのですが、手書きではなく、デフォルメされているカタカナで、へは、右側の斜面が上向きに反り返っています。
 次に、実際に自分で書いてみると、区別がつきません。どちらのへも、山頂部が丸まってしまうし、直線になりきっていません。
 最後に息子が使っていた2年生の"新しいしょしゃ"の本を見たところ、カタカナの「へ」の左端は横の点線に触れています。かいてある事は、"ひつじゅんに気をつけよう"と"にているかん字とかたかなに気をつけよう"です。
 ひらがなのへとの区別については、何も触れていません。
 従いまして、もしへのひらがなとカタカナで区別をしなければならないのであれば、この気をつけようの所に出ていてもおかしくないだろう、と思います。
>でも、私だけが知らないのかもしれません。
以上の推測から、これだけは言えます。知らないとしても、aabbccddeeffさんだけではありません。


 

参考URL:http://www.brise.org/gahoh/homej.html

とても興味深い問題ですので、いろいろな回答を楽しみにしていたのですが、以外にも少なくちょっと残念です。
 私の記憶では、違いを習っていません。
忘れただけかもしれませんが、その代わりに残っている記憶としては、カタカナのへは憶えなくて良いから楽チンだ、という事です。ですから、ことさらに、区別についてはうるさくは言われなかったのだろう、と推測いたします。
 違いについては、まったくわかりませんが、参考URLでは、へのひらがなとかたかなの書き順をQUICK TIMEでMOVIEにしており、ここで...続きを読む


人気Q&Aランキング