家の庭に、みの虫が大変多くなりました。

最初は街中でみの虫を見ることも珍しいと思い、ほかっていましたが、さすがに増えてきて木の葉が大量に食われると気になってきました。

田舎の実家などでも、特別駆除などやってはいないのですが、やはり駆除したほうが良いのでしょうか?

また、駆除する良い薬はありますでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

う~ん。

確かにミノムシって見かけなくなりましたね。
都心部など絶滅してしまった地域もあるほどです。

見守って欲しいと言いたいところですが
食害が見られるまで増えてしまったので
あれば仕方ありませんね。

スミチオン乳剤が良く効きます。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

10年前に家を建て庭木を植えました。

初めて庭でみの虫を見つけたときは、ようやくみの虫が生息出来る庭になったんだなぁと思いましたし、子供のころから害虫を殺すのもかわいそうで出来ませんでした。

しかし、庭の木々の葉が大量に枯れているので変だと思ったらみの虫だらけでした。

葉を食いつくし幹まで食べ始めました。

かわいそうですが駆除することにしました。

お礼日時:2003/09/14 19:22

普通に見られていたミノムシがここ数年、激減しています。

外来の寄生バエの影響とみられ、とうとう、オオミノガは絶滅危惧種にまでなってしまいました。
 
 1990年代半ばから急激にオオミノガに寄生するオオミノガヤドリバエの出現によって激減しました。

 オオミノガヤドリバエは、もともとは中央アジアから東南アジアにかけて生息し、オオミノガの幼虫に寄生しますが、90年代初め、中国がオオミノガを駆除するため、このハエを人為的に導入した際、何らかの原因で日本に入ってきた結果といわれています。

というわけで、駆除する場合には、農薬でなく、捕殺で2,3個はミノを残していただけるとミノムシも絶滅しないのですが・・・・・・
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

庭木もかわいそうなので残念ですが駆除することにしました。

お礼日時:2003/09/14 19:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qみのむしって?

みのむしって、日本固有種なのでしょうか?
子供に聞かれて、答えられずに、困って
います。

Aベストアンサー

ミノガの仲間は、世界で300種ほどいます。日本にはこのうち約19種が生息しています。

<みのむしって、日本固有種なのでしょうか?

ミノムシのうちオオミノガだけが日本固有種です。

Q庭の木の葉についた虫の対処法。

中庭のはきだし窓を開けたところに、ハナミズキを植えました。

毎年、緑と黄色のハデな色の虫がつきます。

昨年までは手の届く範囲だったので、目で見て虫のいる葉を切り落とせば、なんとかなりました。

今年は、台に乗っても手の届かない位、たかーく伸びています。

窓際だし、高い場所に殺虫剤をかけると、自分に降りかかるのが心配で、あまり使いたくありません。
殺虫剤以外で、何か良い虫の取り方はないでしょうか。

頑張って高いところの木の枝も落とすしかないでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。昨年の今頃もほぼ同じような質問に回答しました。殺虫剤以外なら水圧で吹き飛ばすのが普通です。全部落としきれなかったら少し葉を手で切り取るか、武田オルトランSを散布すればそれで十分と思います。
毎年ですか・・・写真があれば何の幼虫か特定できますが、ハナミズキでしたらヒロヘリアオイラガ(またはその他イラガ類)か、オオミズアオの幼虫でしょうか。

ヒロヘリアオイラガ
http://lalala--garden.seesaa.net/article/53916543.html
http://www.jpmoth.org/Limacodidae/Limacodinae/Parasa_lepida.html
イラガ
http://www.jpmoth.org/Limacodidae/Limacodinae/Monema_flavescens.html
イラガ科
http://www.jpmoth.org/Limacodidae/P000Thumb.html
オオミズアオ(大水青蛾)
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/oomizuao.html

↓(注:URLがリンクしない場合はコピーして貼り付けて下さい)

<方法1>
まだ幼虫が小さいうちならまとまっていますから頑張って葉だけ取り除いて下さい。樹木が大きく食害範囲が広ければ、まずジェット噴射のホースか、普通のホースの水で吹き飛ばすと楽です。そのあと落ちた幼虫を集め処分します。※刺されると痛いですし、後々いつまでも痒さが残りますので絶対に手で触らないで下さい。
↓<もっと近づいてね!>
http://shibafu.enjoy-gardening.com/diary-g/20070630/image/SANY0067.JPG

<方法2> ※または、上記で完全に落ちなかった場合
武田オルトランS(オルトラン+スミチオンの合成スプレー)散布。我が家にも有りますが、農薬などに比べて人体には比較的優しく広く利用されています。長く使用できて他の幼虫にも効果大ですので1本あると便利です。
↓このように高い所にもスプレー(もっと近づいた方がいいですが)
http://shibafu.enjoy-gardening.com/diary-g/20070729/image/SANY0138.JPG
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1016821560
※樹木が大きく噴霧作業が長時間に及ぶようでしたら、収縮式噴霧器を園芸センターで購入し薬剤散布。作業時間が長くなるほど素肌を出さないような服装で。

今後の他樹木の参考に <樹木と、その食害虫、駆除剤>
http://uekiya3.net/sub3.html#aobaha

こんばんは。昨年の今頃もほぼ同じような質問に回答しました。殺虫剤以外なら水圧で吹き飛ばすのが普通です。全部落としきれなかったら少し葉を手で切り取るか、武田オルトランSを散布すればそれで十分と思います。
毎年ですか・・・写真があれば何の幼虫か特定できますが、ハナミズキでしたらヒロヘリアオイラガ(またはその他イラガ類)か、オオミズアオの幼虫でしょうか。

ヒロヘリアオイラガ
http://lalala--garden.seesaa.net/article/53916543.html
http://www.jpmoth.org/Limacodidae/Limacodinae/Parasa...続きを読む

Qみのむしについて

木の枝にぶらさがっている「みのむし」についていろいろ疑問に思っていることがあります。  
詳しい人 もしくは書籍など 関係する情報を待っています。
よろしく お願いします。

Aベストアンサー

本だとこんなものです。年齢が判らないので幼児向けしか
探せませんでした。

みのむし-ちゃみのがのくらし- 特製版かがくのとも 甲斐 信枝 福音館書店 1984年
ミノムシ カラー自然シリーズ 三枝 豊平 偕成社 980 1985 年
みのむしがとんだ えほんちいさなせかい 得田 之久 童心社 680円 1978年
ミノムシは鬼の子か? 子ども科学図書館 いぬいみのる 大日本図書 1200円 1988 年

Q庭の桃の木、アブラムシ駆除の方法を教えてください

タイトルのとおりなのですが、まだ植えて5年ほどの桃の木です。
葉が茂るのですが、巻いてしまい棒状になってしまいます。いろいろ調べたところアブラムシが原因のようですね。アリもたくさん上っていますので、上のほうにはアブラムシがいるんだと思います。スミチオンを散布しましたが効果がゆっくりあらわれるもののせいか全く改善されません。
巻いてしまった葉は除去したほうがいいのでしょうか。
アブラムシによって葉が巻いてしまった際に、どういう手順でどのような薬剤を使って駆除すればよいか、また桃の木の手入れの仕方でもかまいませんので教えてください。実は毎年10数個つきますが、大きくならずに腐って落ちてしまいます。この点も教えていただければ喜びます。

Aベストアンサー

まずは、ここを読んで殺虫剤以外の駆除方法を知ってください
http://www.kingdom.or.jp/nanchie/html/02/01_08.html

我が家の庭にも桃があり、無農薬でがんばっています
我が家が使用するのは
(1) 唐辛子をベースにした薬(唐辛子も庭で栽培しました)
(2) 木作酢とHB101の混合液
HB101は万能無農薬です、詳しくは↓
http://www.earth-design.jp/~flora-hb101/default.php

我が家での実際の対策(その年のアブラムシ発生量で多少頻度は異なります)
春から夏にかけて(1)を月一くらい散布します
(2)は1週間から10日置きに散布しています。

アブラムシや病気で変色や丸まった葉っぱは、見つけるつど切り取って処分しています。

せっかく付いた実の腐れ対策は(我が家も最初のころこれで全滅を繰り返していました)
ホームセンター等で売っている、果実の袋をかけています
http://www.valley.ne.jp/~sat001/kajitu.html
実際には、袋をかけても、1割程度はカビにやられますが、
今までのように全滅はなくなりましたよ

袋のサイズは、12~15cm程度が良いと思います。
たいていの袋には、対象果実が記載されているので、
桃と書いてない場合は、りんごか梨ようのを購入してください

※ 我が家では、本格的な梅雨に入る前(今年は先週末)に袋をかけています。

※ 桃の木の下の土に藁などを引いて、雨で土壌の菌が四散しないようにするのも効果あります

※ 桃は古い枝には実(花)をつけないので、ある程度大きくなったら、
  秋に思い切った剪定をすると良いかも・・・我が家は枝の選び方が下手で、今年はあまり実をつけなかったです

私から、アドバイスできるのはこのくらいかな?
他の方のアドバイスも参考に、自分にあった方法を見つけてください、
では

まずは、ここを読んで殺虫剤以外の駆除方法を知ってください
http://www.kingdom.or.jp/nanchie/html/02/01_08.html

我が家の庭にも桃があり、無農薬でがんばっています
我が家が使用するのは
(1) 唐辛子をベースにした薬(唐辛子も庭で栽培しました)
(2) 木作酢とHB101の混合液
HB101は万能無農薬です、詳しくは↓
http://www.earth-design.jp/~flora-hb101/default.php

我が家での実際の対策(その年のアブラムシ発生量で多少頻度は異なります)
春から夏にかけて(1)を月一くらい散布します
...続きを読む

Qみのむしって年中いるのですか?

みのむしは冬をこすためにみのにはいってるのだとずっと思ってました。しかしメスは一生みので過ごすと辞書にのっていたのです。ということは年中みのむしはいるということになるのですよね?オスはみのに入ってない状態ででも存在するのですか?たとえばオスは春夏秋はうじむし状でみのには入っておらず冬だけはいって春には蛾になるといった考え方であってますか?そしてメスだけはうじむし状でいることはなく年中みのにはいってるのですか?そして一生蛾にはならない。。ということですか?オスメスの違いと春夏秋冬の状態を回答ください。

Aベストアンサー

みの虫の移動ならびに食事シーンを目撃したことがあります。ミノガ科のどの虫かはわかりません。目撃したのは愛知県です。
ミノの上部に穴が開いていて、頭部~胸部をその穴から出していました。胸部に足が3対あって、これで移動したり食草をつかんだりしていました。
幼虫が十分に成長して越冬に入る直前に、ミノを枝に固定するようです。

Q教えてください!田舎の100坪の庭を整地しています。専門家はどうやって地面を均一にならすのでしょうか

田舎の土地なので庭だけで100坪ほどあります。(2~3万円/坪、何でこんなに安いの! 無料?高速道路ICまで5分、国道1号線沿線で上水道、ケーブルTVまで有るのに) 全面芝生の庭にしようと思いますが、どうしても凸凹になります。
経験された方のアドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

100坪ですか
建設機械を入れるには狭いし、人力だと大変な広さですね。
基本的には高いところを削って低いところへという作業を繰り返していけば
平らにはなりますがこれは正直難しいです。
低い部分に買い入れた土砂を敷き入れて転圧し、高い部分へあわせる方が簡単です。

精密を期するならkitayan7777さんの言われる通り水糸で計画高さに仕上げますが
100坪で4隅だけでは中央部部分まで見出すことができません。
4隅の水平を決めた後、芝張り工を計画している部分を碁盤目状に分割していきます
このとき割り出す大きさはyamatyan2さんの作業をする器具によって変えてください
シャベルだけで作業を進めるのか、一輪車(ネコ)を使うのか
転圧はコンパクターでするのかローラーを引くのかなど色々ですね。

その碁盤目各点へ割り箸程度で結構ですから見出し杭を立てて、糸の高さ=計画高さを書いていきます。
あとはひたすら低い場所へ土砂をいれて転圧していきます。
気がつくと平らな土地が出来上がっているはずです。

健闘を祈ります。

Qみのむしについて教えてください

みのむしがみのをまとっているのは冬を越すときだけですか?

Aベストアンサー

>エサを食べるのは幼虫の時期のみとのことですが幼虫でも少しずつみのをつくっていっているのですよね??みのから顔をだしてえさをたべているのをみたひとがいますがそれは幼虫時代の様子なのですかね?

仰るとおりだと思います。
幼虫時代はミノから体を乗り出してエサを食べたり移動したりします。

Q庭にいる蚊の駆除方法はありますか?

あまり日の当たらない庭です。草取りや花の水やりで庭に出ると、すぐさま蚊が寄ってきます。植木や花に害にならない蚊の駆除剤は市販されていますか?また、身近にあるもので何か方法はありますか?

Aベストアンサー

○たまった雨水などは早目に(水やりなどに)使いきる。
○天敵であるトンボやカエルを大事にする。
○ウェットティシュー状の虫よけを全身に塗りたくってから庭に出る。
○刺されたら早めに患部を、石鹸で洗い、アロエの果肉を刷りこむ。

などの対策を私はうっています。駆除剤は園芸店に売ってはいますけど、除虫菊の蚊取り線香以外使ったことがありません。「蚊の駆除剤」で検索すれば、ほかにもいろいろとヒットしますよ。

Qみのむしについて教えてください

以前に質問したのですが、納得いく回答が得られませんでしたのでわからない点だけ教えてください。

1、ミノムシは孵化から羽化までずっとミノの中という ことはまる一年みのの中にいるということですか?

2、春夏秋冬みのにはいったみのむしはみれますか?

3、メスの一生はどれくらいですか?

これだけおしえてください。お願いします

Aベストアンサー

(1)ミノガのメス(ミノムシ)には3種のタイプがあります。オスはすべてガになります。詳しくは,下記URLをご覧ください。

・ガになるもの
・翅が退化したもの
・幼虫形態(蛆虫状)のもの
http://www.museum.kyushu-u.ac.jp/INSECT/20/20-1.html

(2)(3)ミノガのメスは(6~7月頃)孵化して,蓑をまとって冬を越します。ふ化直後は当然蓑をまとっていません。詳しくは下記URLをご覧ください。

http://www.jppn.ne.jp/fukuoka/boujyo/kaboku/5120.htm

Q松の木の葉が茶色・・・どうすれば?

一昨年の冬、松の木の葉が一部茶色くなりました。
そこで、昨年の6-10月頃にスミチオンとボルドー(orダイセン水和剤orベンレート)を水に溶かして噴霧しました。
複数の薬剤を使ったのは、当時ネットや本で調べたのですが、それぞれ違った薬剤が書いてありどれが適切かわからず、毎回変えていたからです。
 挙げてあったのは以下の薬剤です。
  スミチオン、ベンレート、ケルセン、ボルドー、
  マンネブダイセン、銅水和剤、ドウグリン水和剤、
  キノンドー水和剤、ダイセン水和剤

噴霧を2週間毎にやった効果か、茶色の葉が落ちた後出てきた葉は緑色のままでした。

今年、別の松の木の葉の色が変わったのですが、
 1)冬に入るこの時期にやれることは無いでしょうか?
 2)来年消毒するとしたら、どの薬剤を選べばいいのでしょうか?

庭木は祖父の代からあり私は興味が無く、噴霧器も昨年ホームセンターで2000円ほどのを買った素人です。剪定にくる植木屋に聞いても、樹木の病気については知らないようでした。

写真を添付しますので、アドバイスよろしくお願いします。

一昨年の冬、松の木の葉が一部茶色くなりました。
そこで、昨年の6-10月頃にスミチオンとボルドー(orダイセン水和剤orベンレート)を水に溶かして噴霧しました。
複数の薬剤を使ったのは、当時ネットや本で調べたのですが、それぞれ違った薬剤が書いてありどれが適切かわからず、毎回変えていたからです。
 挙げてあったのは以下の薬剤です。
  スミチオン、ベンレート、ケルセン、ボルドー、
  マンネブダイセン、銅水和剤、ドウグリン水和剤、
  キノンドー水和剤、ダイセン水和剤

噴霧を...続きを読む

Aベストアンサー

これは害虫ではなく病気だと思います。
肉眼で害虫は見えていないと思います。
マツクイムシやセンチュウなどは幹や枝の中にいて目には見えません。しかし、これらの被害で枯れてしまった松をたくさん見ていますがこれはに被害ではありません。
写真を見ると枝の先端までではなく枝の途中の一部分が茶色くなっているようですので、何らかの病気と考えるのが妥当かと思います。
またこの季節になると古い葉は茶色くなってしまいますが、この場合は木全体に現れこのように一部分ではありません。
その時も全部が茶色くならずに新しい葉は緑のまま残ります。
なんという病気かはわかりません。

害虫には殺虫剤、病気には殺菌剤を散布するのが原則です。
いろいろな薬剤を使われたようですが、
 
 この中で、   
殺虫剤は、、、、、スミチオン。
殺菌剤は、、、、、ベンレート、ボルドー、マンネブダイセン、銅水和剤、キノンドー水和剤、ダイセン水和剤

ケルセン、、、、は、葉ダニ用の殺虫剤ですが現在製造中止になっていますのでこれはしかるべき方法で廃棄したほうがよいでしょう。
ドウグリン水和剤、、、は芝用の殺菌剤ですのでこれは松には使わないほうがよいでしょう。

ということでこれは何らかの病気なので殺菌剤を散布すればいでしょう。
茶色くなった葉はきれいに全部取ってしまい、焼くかゴミとして出してしまう。
近くに置くと菌が付いているので他の枝にうつってしまいます。



 >1)冬に入るこの時期にやれることは無いでしょうか?

殺菌剤を散布し、1週間後にもう一度散布してください。
問題はどの殺菌剤を使うかですが、一昨年どの薬剤が効いたのかわかりません。
あるいはどの殺菌剤でも効くのかもしれません。 
なのでとりあえずは、ベンレートかマンネブダイセンを使ってみてください。
それで葉が黄色くなるのが止まればこれが効いたことになります。
薬剤が聞けば被害が広がらなくなり、来年春にはまた緑の葉が出てくるでしょう。
葉が黄色くなるのが止まらずもっと広がるようなら他の薬剤を使ってみるより方法はないと思います。

2)来年消毒するとしたら、どの薬剤を選べばいいのでしょうか?

上記の方法で効果のあった殺菌剤を年2~3回散布すればよいと思います。
ただ、葉が黄色くなることが、頻繁に、また広範囲にあるわけではなさそうなので、症状が出てから対応してもよいかなという気がします。

また、薬剤の散布のしすぎは環境への影響と、耐性菌といって薬に対して抵抗力を持つた菌がうまれてきますので要注意です。
散布回数や濃度に気を付けてください。

これは害虫ではなく病気だと思います。
肉眼で害虫は見えていないと思います。
マツクイムシやセンチュウなどは幹や枝の中にいて目には見えません。しかし、これらの被害で枯れてしまった松をたくさん見ていますがこれはに被害ではありません。
写真を見ると枝の先端までではなく枝の途中の一部分が茶色くなっているようですので、何らかの病気と考えるのが妥当かと思います。
またこの季節になると古い葉は茶色くなってしまいますが、この場合は木全体に現れこのように一部分ではありません。
その時も全部...続きを読む


人気Q&Aランキング