大腸菌の培養で、培地に使用するデオキシコレート酸ナトリウムが、
何故発色するのか?

A 回答 (1件)

大腸菌を含めた腸内細菌は乳糖を分解し、酸を産生します。

産生された酸はデスオキシコール酸ナトリウムからデスオキシコール酸を析出させます。デスオキシコール酸は培地に含まれる中性紅(指示薬と呼ばれるものですね)と結合して、集落を赤変させます。つまり、デスオキシコール酸ナトリウムだけではなく、培地に添加した乳糖や中性紅などの作用により発色がおこるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。いろいろな本で探してみたのですが、なかなか見つからなくて困っていたんです。とてもわかりやすい説明で本当に助かりました。

お礼日時:2001/04/19 11:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸菌培養の液体培地

大腸菌で目的タンパク質を発現させる時の液体培地ですが、LB培地のほかに何がありますか?プロトコルに選択培地と書いてあるのですが、やっぱり培地はベクターやコンピテントセルの種類などで変えたほうがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

以前に大腸菌に作らせた組み替え蛋白の可溶化効率が悪くて困ったことがあります。そのときは、培養温度を25℃に下げたところ少々改善されました。蛋白質の生産が緩やかな方が可溶化効率はよいようです。
可溶化の際にバッファーに界面活性剤を入れておられますでしょうか。TritonやNP-40も試しましたが、オクチルグルコシドが比較的良好でした。

Q液体培地で培養すると大腸菌が生えてこないんです。

当方、実験初心者です。初歩的な質問になりますが、よろしくお願いします。

目的遺伝子をインビトロジェンのTOPOベクターに組み込み、自作のコンピテントセル(XL10)にトランスフォームし、アンピシリン(Amp)入り寒天培地にまきました。
そこで生えたコロニーをピックアップしてLB+Ampに植菌しましたが、全く増えてきません。液体培地をTBに変更してみましたが、効果はありませんでした。
Amp濃度は100μg/mlです。
この問題を解決する方法がございましたら、お教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初心者、を前提に回答させていただきます。

まずは以下の点を、再確認してみてください。
1)プレートを作製するときに、培地が熱いうちにAmpを入れませんでしたか?またはプレートが古すぎはしませんか?
→Ampは結構不安定なので、AmpRで選抜するならCb(50ug/ml)を使ったほうがいいかもしれません。またTOPOならKmRもあったとおもうので、Cb, Km両方入れてはいかがでしょう?プレートに入れたAmpが死んでいて、プラスミドを持たないのに生えてきたコロニーを拾ったのかもしれません。

2)液体培養する前にプレートのコロニーに対しダイレクトPCRなどをして、目的配列・プラスミドの導入を確認しましたか?
→目的配列が入っているようなら1)の心配もたぶんないと思います。

3)プレートでの培養、あるいはその後の保存は適切でしたか?
→死滅期近くになるほどに培養するとプラスミドをリリ-スしてしまったりします。

Q(大腸菌群用)デゾキシコレート培地(顆粒)の作成について

(大腸菌群用)デゾキシコレート培地(顆粒)の作成について

精製水1000mlに45gの顆粒を入れてかき混ぜ、オートクレイブで80℃5分で溶解した後、再び、オートクレイブで、121℃15分で滅菌したものをシャーレに分注していました。

この作成方法が間違っているかもしれないので、確認したいのです。

(1)オートクレイブ(高圧滅菌)してはいけないのでしょうか?
 そうであれば、その理由を教えてください。

(2)オートクレイブを使わない作成方法を教えて頂きたいのですが・・・

よろしくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

元々滅菌せずに使用する培地です。

45gを1Lに均等浮遊し加温溶解して使用します。
滅菌及び過熱は避けないとグラム陽性菌に対する阻止作用が減弱します。
顆粒ということは、市販培地だと思いますが、
ラベルに使用方法が記載されていないですか?

Q大腸菌の蘇生培養

大腸菌のシングルコロニーをピックアップして、LB培地に抗生物質を加えた液体培地中で培養しているのですが、一向に増える気配がありません。
そこで、大腸菌がVNC状態になっている可能性があるのではないかと思い、蘇生培養を試そうとしたのですが、その方法が分かりません。
どなたか大腸菌の蘇生培養法を知っていらっしゃる方がおられましたら、是非ともご教授下さい。
どんな些細な情報でも歓迎致します。

Aベストアンサー

もしプレート上でカリカリになっていて
プレート上に撒いても生えないのでしたら、
そのカリカリな部分を集めてフェノクロ抽出を行い
トランスフォーメーションを行うと回収できる場合があります。
同様にグリセロールストックからもプラスミドを回収して入れなおせば
また形質転換株が得られると思います。

こんなことをするのは
前に回収したプラスミドを使い切って
どうしようもない場合だけでしょうが。

Q大腸菌培養液見分け方

JM109株、JM109/pUC19株、JM109/pUC19-Xの3種大腸菌培養液の実験的見分け方について、

なのですが、電気泳動を行う、以外に思い浮かびません・・・。

どなたかご存知でしたらよろしくお願いいたします・・。

Aベストアンサー

すべて大腸菌側が同じですから、プラスミドの有無や種類の違いを判別できるような手法ならなんでもいいでしょう。
フェノール/クロロホルムで菌体破壊して電気泳動すればプラスミドのサイズで区別できるでしょうし、pUC19でしたらM13 forward/M13 reverseプライマーでPCRすれば増幅サイズで区別することもできますよね。
(pUC19-XのXがマルチクローニングサイトへの塩基挿入であると仮定してます)

こじつけみたいなものでもよければ、Western blottingでもNothern blottingでもできます。目的の割に手間だけ異常にかかりますが・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報