ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

40歳以上の介護保険が義務づけられましたが、サービスを提供してくれる若い世代の人間は、どんどん減ってきていますよね?信頼して大丈夫なのでしょうか?ただでさえ介護職をやりたいと思う人間は少ないだろうに・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

すんませんな



もう一度回答しますが・・・

>運良く(?)受けられたとしても、痴呆状態等では、業者に都合よく(大金を取られる)扱われて終わりそうな気もします・・・。信頼しない方が無難なのでしょうか?

・・・大変失礼なんやけど、介護保険というものはお金がもらえるものではない、ということはご存知ですよね?

介護度に応じて、お金に換算した介護「サービス」が提供されるものなんですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

運良く「サービスを」受けられたとしても、という意味です。「サービルを」という言葉が足りませんでしたね・・・。生命保険なんかと違うことは理解していますよ。介護が必要になった時に、今までの保険料によって、サービスをしてくれる業者がいるということですよね。
しかし、今再び不安が・・・。その業者がつぶれる可能性も大いにあるんですよね・・・。現に、経営が危なくなって、働いている人が次々と辞めてしまって、入居者がまともなサービスを受けられなくなったと訴えられている
老人ホームがありましたよね。母体(経営)がしっかりしている所を選びたいものです。

お礼日時:2003/09/15 07:24

 信頼しているかどうかについては信頼していません。

私も既に給料から天引きですが、必要になったときにそれだけのサービスが受けられるとは思っていません。その頃になったら支給額(受けられるサービスの限度額)引き下げや、支給開始年齢の引き上げなど平気で行われるんじゃないかと思っています。健康保険・国民年金などの先例がありますし。

 質問とは関係ありませんが#3の「意図的に医者が作った・・・」発言は問題ありですね。
 医療の発達で平均寿命が伸びたが、そのため寝たきりや痴呆の老人が増えているという意味なら分かりますが・・
 ただ「金だけ取られて.関係産業が儲かる」と言う部分は同感です。病院もそうですから。結局関連産業にお金が流れていき、病院には余り残らないように出来ています。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。確かに健康保険や国民年金などの先例があると、内容変更等の心配がありますよね。運良く(?)受けられたとしても、痴呆状態等では、業者に都合よく(大金を取られる)扱われて終わりそうな気もします・・・。信頼しない方が無難なのでしょうか?

お礼日時:2003/09/14 18:10

現在の介護保険利用者を見ていると


医療ミスで(意図的に医者が作った)寝たきり老人の後始末
のような雰囲気を拭い去れません。介護保険自体が.高齢者から金を巻き上げる手段としている(ですから.近所の人は事故負担金が高すぎて利用できない)ような.雰囲気です。
つまり.金だけ取られて.関係産業が儲かるというのが.介護保険産業と考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。社会で助け合う制度と言うと聞こえが良いですが、悪い方向へ利用されてしまう場合もあるのですね。頭に入れておきます。

お礼日時:2003/09/14 10:26

>ただでさえ介護職をやりたいと思う人間は少ないだろうに・・・。


 いえいえとんでもない。大学の社会福祉学部、専門学校の介護福祉科などは非常に人気が高いです。老人福祉、老人介護はこれからの成長分野だから、資格を得ておけば働き口に困らないと考える若者はたくさんいます。もちろん純粋な動機で介護や福祉の仕事を希望する人も大勢です。
 下記は以前に回答した別の質問ですが、ご参考に。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=538478
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。介護や福祉の仕事を希望する人は多いのですね。大変な仕事だろうから、就きたいと思う人は少ないのでは?と思っていたので意外でした。大学などでも40代、50代の学生さんが多いのですね。参考になりました。

お礼日時:2003/09/14 09:54

>サービスを提供してくれる若い世代の人間は、どんどん減ってきていますよね?信頼して大丈夫なのでしょうか?ただでさえ介護職をやりたいと思う人間は少ないだろうに・・・。



すんません、ちょっと意味がワカランのですが。

介護保険のサービス提供者は「ボランティア」ではありません。
すべて「事業」「仕事」として行われています。

ビジネスとしての介護業界はまだまだ、やりようによってはうまみのある世界、でありこれまで関係がなかったいろんな業界からの参入が相次いでます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

サービスという言葉が良くなかったですね。
介護が必要になった時に、今まで支払ってきた保険料によって、介護をしてくださる業者がいるわけですが、この手の仕事はすごく大変だと思うのです。就きたいと思う人がいなければ業者も成り立たないわけで、大丈夫なのかなあと思いまして。ただでさえ少子化が進み、若い世代が減ってきているのに・・・という事です。

お礼日時:2003/09/13 19:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング