トヨタ ヴィッツ1000cc(2009年型)に乗っています.
気温が氷点下の日など特に,エンジン始動からCVTが正しく動作するまでに必要な走行距離が長く(5km程度必要)て困っています.
(質問)単刀直入に,2011年になって次々と出てきた新型CVT(副変速機付や,エクストロニックCVTなど)は,上記の点は,格段に改善されているのでしょうか?

所有するヴィッツは,以下の状況です.(もしこの症状が故障でしたら教えていただけるとありがたいです)
---
エンジン始動
おとなしく(40km/hをなるべく超えないように運転)していれば,3km程度走行したあたりから,40km/h以上でエンジン音が下がりCVTに正常につながるようになる.
その後さらに2km程度走行すると,20km/h弱あたりからエンジン音が下がりCVTに正常につながるようになる.
その後は快適に走行できる.(合わせると,正常になるまでに最低5kmの走行が必要)
---

さらに問題があり,CVTが早くあったまらないかと,以下を行っても効果がないか逆効果でした.
(1)駐車場で暖気(5分程度の暖気でもやっぱり5km程度の走行が必要で効果なしのよう)
(2)CVTを早くあっためようと,エンジン音がうるさくなるのを我慢して加速をがんばる.(正常になるまでに必要な走行距離が逆に伸びてしまうようです?)
燃費も,カタログ燃費23km/リットルに対して,(2)をしようものなら10km/リットルになってしまいます.

結局,後続車には申し訳ないと思いつつも,やむを得ず走行開始から5kmまでは,40km/hの法廷速度で走っています.(落ち葉マークを付けようかと)

まだ,購入して間がないのですが,今の車を親戚関係に譲って,新しいCVTを搭載した車に買い替えることを考えています.(今の車も,関東以南ならGood carだと思います.)

新型CVTの冬の始動特性はいかがでしょうか.特に北海道の方の様子がいただけるとありがたいです.よろしくお願いいたします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

CVTの速度比の制限は無いようなので、コンバ-タ-のロックアップが油温で入らないのでは


CVTのウォ-マ-はたぶん付いていると思いますが、エンジン冷却水で暖めるので、水温が上がらないと効果なし

油温を上げるには、スト-ル(Dレンジでブレ-キを踏みアクセルも踏む)が効果ありますが

駐車場で暖気をDレンジでやってみては?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信が遅くなりすみませんでした。
一冬を越して、おとなしく運転するのが一番燃費がいいことが分かりました。
早く暖めようと、無理して加速するとなかなか安定しません。
コールドスタートして出発後、下り坂がありそこでエンジンブレーキを効かせても、
CVT安定までの時間は逆に伸びてしまうように感じました。過度な負担を抑えようと、
マイコンがセーブしてしまうのではないかと察しています。
不思議なことに、少し走行して信号待ちなどで一度アイドリングストップすると、
早く安定するように思いました。これもマイコンにリセットがかかるのではと察しています。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/15 20:18

メーカー保証期間中ですよ

この回答への補足

No.1~No.3の皆様.教えていただきありがとうございます.
その後,Webで調べたところ,日産では,CVTオイルウォーマーという装置が付いていることを知りました.
http://www.nissan-global.com/JP/TECHNOLOGY/OVERV …
ヴィッツも調べたのですが,
http://vitz.iidashippe.com/vitz/koukivitz.html
に控えめにCVTウォーマーと書いているだけでした.1000ccヴィッツには非搭載なのだと思います.

新型マーチを検討していたのですが,それには非搭載のようでした.

今の車を買う前に,日産に行かなかったことに後悔しています.
一応,日産への買い替えに心が向いていますが,他のメーカーでも寒冷地に力を入れている車種がありましたらよろしくお願いします.

暖気15分というのはかなり辛いです.

補足日時:2011/02/25 19:57
    • good
    • 1
この回答へのお礼

販売員に聞いたのですが、「それは仕様です」のような返答でした。
春になり、満足のいく性能になってきたので故障とまでは言えないのかもしれません。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/15 20:22

AT時代から同じですね


無理に動かすよりは長い暖気の方が負担が少ないと思いますよ。
暖気を15分してガソリンが無駄になってもトータルでは一緒程度かも?
(暖気5分を15分程度に伸ばしても、安定するまでの走行距離が縮まるかどうかは分かりません。
 ガソリンを節約するよりもオイル劣化や機械的ダメージの軽減の方を気にする考え方をしています。)

>後続車には申し訳ないと思いつつも・・・
法廷速度で走ることに胸を張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信が遅くなりすみませんでした。
冬場はあまりに寒すぎたようで、その場合には暖気の効果を感じることができませんでした。
今は、春になり気温が少しずつ上昇してきたおかげで、暖気5分でも効果が出るようになってきました。
ただ、今の車を購入する前は、「最近の車は暖気は必要ない」と聞いていたので、CVTになって、やっぱり
暖気は必要ということになると何か損した気分になっています。
今は希望する性能が無いようなので、あきらめて、今の車を10年間乗ることにします。

市街地法定速度は40km/hなのに、そして40km/h以上で走っていても嫌な顔されますよね。
何のための法律かと思ってしまいます。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/15 20:10

適温になるまではミッション保護のためにはある程度仕方ありません。


あきらめてください。
因みに距離ではなく温度で制御しています。
私の経験ではエンジンの暖機が早くなるようにすると多少はましになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信が遅くなりすみませんでした。
コールドスタートでも燃費劣化の少ないCVTを教えていただいて、それに決めようと思っていたのですが、
実運用におけるCVT機種間の「コールドスタート時の性能比較」に関する情報の少なさを改めて実感しました。

昔あったリモコンエンジンスターターのように、リモコンCVT電気ヒーターができて、出社10分前から
ヒーターONできればかなり燃費が良くなるのにと思うのですが無理ですね。
周りを見ても、冬は燃費が悪いのは当たり前という認識のようで、エンジンをぶん回して走ってられる方が
多いので私のようなニーズはごく少数なのだと思いました。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/15 19:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCVTケーブルの許容電流について

こんばんは、例えばCVTケーブルの100Sqを考えた場合、
IV電線・・・298A (基底温度30℃)
CVT・・・・290A(基底温度40℃)

と書いてありました。

しかし、√{(90-θ)/30}という式から考えると、CVTの場合もっと大きい許容電流となります。

私的には290Aよりもう少し大きい許容電流となりそうなのですが・・。

どちらが正しいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いやいや、ですのでCVT(架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブルのトリプレックス)とIC
(架橋ポリエチレン絶縁電線)とは別物ですので、その設定がおかしいのではと思います。

無理やり回答しますが、
IC100sq-3W(管路敷設)
 I=IV許容電流*許容電流補正係数*許容電流減少係数R*管内3条減少係数--(1)
  =298A*1.41*√{(90℃-30℃)/30}*0.7
  =416A
(ここで、IV許容電流*許容電流補正係数=420Aが60℃におけるIC100許容電流の基準値 ※1)

CVT100sq(管路敷設)
 I=√{(T1-T2-Td)/(n*r*Rth)}--(2)
この式で管路土中埋設で25℃の場合に250A(電線便覧)となるはずなわけですが、この式の分母が
ややこしくて私はやる気がおきませんm(_ _;m
そこで、ICの場合と同じように扱ってみると、CV100-1c-3条を気中暗渠敷設が碍子引きと同等(ケー
ブルなのでコロガシ敷設出来る)なわけで、この時の許容電流が355Aat40℃。
(2)式の内、Td:誘電損による発熱は低圧ケーブルでは無視してよいと思うので、上記から分母を
求めてみると、
 355A=√{(90℃-40℃-0℃)/(n*r*Rth)}
 (n*r*Rth)=50℃/355A^2=0.000408
60℃に直して
 √{(90℃-60℃-0℃)/0.000408}=271A(※2:※1にあたるが正確ではない)
ビニルシースの有無でこんなに違うのか?って位違いますが、(1)式で同じように扱ってみると、
 I=271A*√{(90℃-30℃)/30}*0.7
  =268A(30℃管路敷設における許容電流)
250Aと比べると少し高いですが、(2)式の分母も周囲温度に依存する部分があるのと、(1)で管路に
入れる≠土中埋設ではない、という位でしょうかね? 
結局のところ許容電流は敷設環境で大きく変わるということはお分かりだと思います。ですので、
設計などにおいては電線便覧に載っている許容電流の内で、一番条件の悪いものを選択しておくこと
が安全策です。もし、工法や材料を変えて工事を安く出来ないだろうか的な考えで質問されている
ならば、よほどの検討をしないと痛い目を見ることになるかもしれません。

いやいや、ですのでCVT(架橋ポリエチレン絶縁ビニルシースケーブルのトリプレックス)とIC
(架橋ポリエチレン絶縁電線)とは別物ですので、その設定がおかしいのではと思います。

無理やり回答しますが、
IC100sq-3W(管路敷設)
 I=IV許容電流*許容電流補正係数*許容電流減少係数R*管内3条減少係数--(1)
  =298A*1.41*√{(90℃-30℃)/30}*0.7
  =416A
(ここで、IV許容電流*許容電流補正係数=420Aが60℃におけるIC100許容電流の基準値 ※1)

CVT100sq(管路敷設)
 I=√{(T1-T2-Td)/...続きを読む

Qトヨタ ヴィッツ F(CVT_1.3) スペックについて

小回りの利くクルマが好きです。
ここでお聞きします。
トヨタ ヴィッツ F(CVT_1.3) スペックは最小回転半径が4.4メートルですが、他のグレードと比較して0.3~0.5メートルは数値が低いのはどうしてでしょうか?何か特別な工夫でもしているのでしょうか?
また、最小回転半径が4.4メートルである場合、他のグレードと比較してのメリット・デメリットがあればぜひお教え下さいませ。

Aベストアンサー

タイヤが標準のままだと細いのが付いてるので
曲げられるだけ
「*4 .185/60R15タイヤを装着した場合、4.7mとなります。」とも書いてありますね?

QCVT許容電流が2個より?

孫請けで電気設計をしているものです。
マンションの設計で住戸分岐幹線が8m超の為、
ブレーカー(300A)の55%の許容電流のケーブルを分岐部分に使用し設計しました。
300A ×55%=165A以上のケーブル
内線規定 別表よりCVT気中 CVT38(155A)なのでCVT60 を選択したのですが。

発注元のチェックバックで
CV2個より38(165A)なので CVT38で修正するよう指示が来たのですが。
なぜでしょう?

東電よりで住戸幹線用に2個よりの許容電流資料をもらったような話も聞いて???

とっても困っています。
これは通常なのか特殊なのか。

Aベストアンサー

単3の場合 接地相はカウントしません。
 内線規程(内線規定じゃないよ)の備考のところまで読んで見てください。
よって2導体の場合の許容電流を調べてください。
 電圧降下や低減率も考慮されているものとして 空中暗渠(規定温度40℃)CVT38sqでよいかな
それでも解りずらいようであれば
強い味方のフリーソフトがあります。
 【 マンション幹線計算VerC-CVT】 を検索してみてください(エクセル)
 お試しあれ

Qヴィッツ1000ccから1300ccRSへの買い替えについて

こんばんは、私はヴィッツ(旧型-H16.12)1000cc FLパッケージ(MT)に乗っていますが、以下の点に不満を持っています。

・登坂力がない(ある程度勢いをつけないとつらい)
 →一度失速すると再加速が難しい
・高速で流れに乗れない
 →走行車線(80~100km程度?)の流れに乗るのもかなり辛い。登り坂だと20kmくらいスピードダウンしてしまう。
・燃費が悪い
 →市街地走行で14km、高速17km程度。1000ccにしては良くない気がします。(それとも、こんなものですか?)

そこで1000ccのヴィッツを下取りに1300ccRS(旧型)MTを中古で購入できないかを考えました。
中古とはいえ、かなりの上乗せ金が必要になると思います。

そこで以下の事についてアドバイス頂きたいと思います。
1.この買い替えはメリットがあるのか?(1000ccと1300ccではそれほど違いがあるのか?)
2.買い換える際に最も上乗せ金が少なくなる方法はどのようなもの?


かなり迷っていますので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヴィッツの1Lモデルは、パワーが無くて意外と燃費悪いですよねw 
私の知人も、始めは1Lモデルが安かったので1Lモデルを購入して乗っていましたが、思っていたより燃費が悪いので、車検時に1.3Lモデル(RSではないです)に乗り換えました。
この1.3Lモデルにした所、1Lモデルより加速や燃費の良さに満足しているようです。

あなたも1Lモデルに不満があるのでしたら1.3Lモデルに入れ替えるメリットはありますよ。
#1さんも仰ってますが、RSでないとダメなのでしょうか?
RS以外のモデルの方が中古でもタマ数がありますし、安いですよ。
そうすれば上乗せ金が少なくなりますしね。

 http://car.autos.yahoo.co.jp/search.html?type=model&mo_id=01011086&cs_flg=1

参考URL:http://car.autos.yahoo.co.jp/search.html?type=model&mo_id=01011086&cs_flg=1

QCVTの許容電流改正盤

はじめまして。

条件を設定します。

周囲温度30℃、ケーブルはCVT100Sqを使用。

配管は、金属配管で線の数は3本とします。
(CVTの場合は3本が撚っているので、この3本の意味です)

これで、IV電線100Sqを3本入線した時と比べたいと思います。


技術基準の第172条より考えると、
(1)IV電線の場合は
√{(60-θ)/30}よりθに30℃を代入して考えると、

1となります。
よって、
298(A)×1×0.7=208.6(A)となります。

注意:0.7は金属管に3本入線するのでこれの減少係数

(2)次にCVTで考えると、
√{90-θ)/30}よりθに30℃を代入して考えると、

1.44となります。

よって
298(A)×1.44×0.7=300.4(A)となります。

この考え方は間違っているのでしょうか?

ご教授の程よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CVTケーブルの電流補正係数40℃→30℃で1.10倍。

298A×1.1×0.7=229A

上記式より、229Aになると思います。

ただ、今、手元に内線規程がありませんが、2000年版や2005年版の内線規程には最後の方のページにCVTケーブルを電線管に収めた場合の許容電流表がズバリ載っていたはずです。
そちらの表を使った方が正しいかもしれません。

Q新車でヴィッツ(1500cc)か、デミオ(1500cc)か

お世話になっております。宜しくお願いします。
10年乗ってきたインプレッサが古くなってきたのと、車検を迎える
ので、思い切って買い替えを検討中です。
 
今度はコンパクトカーにするつもりでタイトルの通りなのですが、
どちらもスポーツタイプより1グレード下の1500ccタイプを検討
しております。試乗しようにもどちらも1300しかなくて、知りたい
1500の車はなかなかありません。高速利用がよくあり、ごくたまに
家族4人乗るので、1300よりは1500が欲しいのです。
 
実際に乗っておられる方、個人的主観で構いませんのでお手すきの
時にでも乗り心地や使い勝手など自由な感想をお願いできればと
思います。私は後発でMC後のデミオも良さそうですが、実績のある
ヴィッツも侮り難しだと思っています。

Aベストアンサー

この2台は考え方の全く違う車です。

Vitzはあくまでユーティリティカーです。ですので、使い勝手などが
優先。あんな車体なのに意外に室内も荷室も広くて使いやすいです。
Demioはデザイン優先で意外に狭いです(特に室内高や後席の広さが
不足気味)。

走りの味付けもかなり違っていて、Vitzの「スポーツ」と謳ってない
バージョンは、意外にもっさりしていて鋭さがなく、コーナーなどで
攻め込んで行くとズルズル滑るような、ごく普通の車です。逆にDemio
は以前のバージョンよりかなり鋭くなり、走っていて楽しい車です。

この「車としての」性格は排気量にあまり関係なく持っていますので
まずはどっちの車の性格が好ましいか、を判断してください。

ちなみに、性格上Vitzは1300がベストバランス、1500だと足回りと
パワーのバランスが崩れて乗り心地やハンドリングが良くないです。
逆にDemioだと1500、できればそれ以上のパワーが欲しくなります。

Q電気の許容電流について

VVケーブルを電線管などにおさめた場合の許容電流が内線規定にのっています。電線管サイズが奇数であるので金属管と思いますが、Sロンパイプの場合には許容電流は減少しないのでしょうか?よろしくお願いします。SV8スケ3芯をSロンパイプに通すと許容電流42Aは幾らになりますか。

Aベストアンサー

金属管と合成樹脂管(VE)(HIVE)では、許容電流は、変わりません。
ただ、同じ配管でも、その配管を地中埋設した場合と、露出で直射日光が当たる場合及び日陰に配管する場合では、許容電流が変わります。当然、周囲温度が上昇すれば、許容電流が減少します。また、配管を集中させた場合も、その配管の間隔によっては、許容電流が減少します。
ご質問のSV8Sq-3CをVE36に入線し、単独配管の場合で、直射日光無しの時、許容電流は、42Aになります。
VE36としたのは、私も許容電流を確認するときは、メーカーの資料を見て決定しています。その資料に電線管のケーブル占積率が40%以下の内径の電線管を使用した場合の許容電流値が載っているからです。

Q発進がっ......................................................

今日愛車の原付のスマートDioのエンジンをかけて発進しようとしたら全然進まなかったんですよ。何回かスロットル回してたらやっと動いたんですけど、なんで発進しなかったんでしょうか?しかも出だしがすごい遅くなってた。ちなみに今日は雨が降ってました。でも昼間は普通にうごいたんですけどね。オイルが関係してるんでしょうか?オイル交換は1万キロいってからしてないです。今は1万2千です。

Aベストアンサー

追伸
#3のnecokenです。もう1つ、いまのシーズンならではの原因で突然なることがあるのを思い出しました。
それは、マフラーの中にハチが巣を作り、穴をふさいでしまうことがあります。ただ、スマートDioでは今のところ事例はありませんが、念のためマフラーの出口の所を針金のようなもので、突付いて試してみてください。
それとも、もう1日経ってるから解決済みかな?

もう1つ。#3でエアクリーナーエレメントの清掃のことを書きましたが、jyannudaruku君のお住まいは首都圏寄りですか?そうでしたら1万キロ走っていますので、エレメントは清掃より交換がいいかもわかりません。首都圏(都市部)と、そこからうんと離れた地区では、エレメントの汚れ方は驚くほど違います。これも念のために点検してみてくださいね。

Q電気設備基準 許容電流 遮断器容量について

電気設備基準では電線の許容電流と遮断器定格電流を決める際、「電動機等」の有無が条件に含まれています。
電動機等の突入電流を考慮した条件と思われますが、この「電動機等」にはトランスも含まれるでしょうか。
トランスが「電動機等」に含まれないと解釈すると、トランスの突入電流を考慮し遮断器定格電流をトランスの定格以上に決めた際、
電線の許容電流は遮断器定格電流以上にする事になるのでしょうか。
現状は負荷に電動機が無いため、各負荷の定格電流の合計を目安に電線を選択しています。(遮断器定格電流よりも電線の許容電流が小さい)

Aベストアンサー

追伸
サージカットトランスというものを扱ったことがありませんので先の回答は参考にとどめてください。
このトランスがどの程度の励磁突入電流が流れるとか、%Zとか さっぱり分かっていません。
端的に回答を書いたつもりです。
このほかに検討事項として電圧降下、将来設備増ほかがありますので念のため

私の書いた
「トランスの励磁電流ではトリップに至らないと思います。」
というのは
>トランスの突入電流を考慮し遮断器定格電流をトランスの定格以上に決めた
ここが誤りではないか という意味です。

参考URLの左側 「製品情報」次に、ほぼ中央の「カタログ、技術情報」次にアイコンで「ノーヒューズ遮断器」を選択
さらに技術資料集と進んで下さい。

サージカットトランス、ノーヒューズ遮断器製造者に相談されてはいかがですか?

Qヴィッツとアクアで迷い中 12年乗ったヴィッツの買替えを検討中です。 ヴィッツの特別仕様車に希望する

ヴィッツとアクアで迷い中
12年乗ったヴィッツの買替えを検討中です。
ヴィッツの特別仕様車に希望するオプションをほとんどつけた見積価格がアクアの車両本体価格くらいでした。
毎日の通勤が往復で16kmくらいです。
長いことヴィッツに乗って、飽きてきたのもあり、アクアを初めは欲しかったのです。ところが、担当の営業スタッフさんから、走行距離からすると、アクアの価格とヴィッツの価格の差はガソリン代では元が取れそうにないですね、と言われましたので、再度ヴィッツにしようかなあと迷っています。
ヴィッツはアクアより価格も安く、車体の大きさもあまり変わらない(アクアが10センチくらい長く、高さはヴィッツが7センチくらい高い)のですが、街を走れば、アクアだらけです。
すごく売れているのはどうしてだと思われますか?
ハイブリッド車だという理由だけですか?
乗り心地や内装がアクアのほうがはるかにいいのでしょうか?
アクアの売れている理由がハイブリッド車だから、というだけならヴィッツに決めようと思います。
ヴィッツとアクア、どちらにするか検討した方がいらっしゃったら、どちらに決めたのか、とその理由を、お聞かせいただけないでしょうか?

ヴィッツとアクアで迷い中
12年乗ったヴィッツの買替えを検討中です。
ヴィッツの特別仕様車に希望するオプションをほとんどつけた見積価格がアクアの車両本体価格くらいでした。
毎日の通勤が往復で16kmくらいです。
長いことヴィッツに乗って、飽きてきたのもあり、アクアを初めは欲しかったのです。ところが、担当の営業スタッフさんから、走行距離からすると、アクアの価格とヴィッツの価格の差はガソリン代では元が取れそうにないですね、と言われましたので、再度ヴィッツにしようかなあと迷っています...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえず・・・ハイブリッド車は「エコカー」と言われていますが、これは『エコロジー』の略です。『エコノミー』ではありません。
別の見方をすれば高性能車という枠です。省燃費という性能にお金をつぎ込むというものです。その性能に損得とか見返りを求めるのは野暮なんです。(汗)
実際ハイブリッドモデルと同格のガソリン車で ガソリン代の差額で車両価格の元が取れるか? については90%以上のケースで無理!となります。

ヴィッツとアクアですが、基本的に内外ともほぼ同サイズのコンパクトカーです。
燃料価格や税制が現行のまま、と仮定します。経済的に有利なのは原則ヴィッツです。

アクアを選ぶとすれば ハイブリッドによる走行フィーリングや航続距離、車体デザインやハイブリッドというステータス などに価値を見出せるか否かです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報