矢沢あいさんの下弦の月。
登場人物をフルネームで頼みます!

A 回答 (1件)

わかったのは、このくらいです。



イヴ=望月美月
アダム=ADAM LANG

白石 蛍
香山 紗絵
杉崎 哲
三浦 正輝

上條 さやか(アダムの恋人、イヴにとりつく)
望月 唯(美月の妹)
三浦 正人(正輝の父)

安西 知己(美月の恋人)
綾(美月の友達)
茂(美月の友達)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!!

お礼日時:2004/08/11 23:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウィキペディアの「アニメNARUTOの登場人物」の4代目火影の説明文に

ウィキペディアの「アニメNARUTOの登場人物」の4代目火影の説明文に「ハヤテと共にナルトの夢枕に現れたこともあった。」というのがあります。このハヤテとは誰のことでしょうか?

Aベストアンサー

中忍試験の時試験官をしていた月光ハヤテじゃないですかね?
砂の上忍に殺されてた咳してた人
うろ覚えですけど

Q矢沢あい*下弦の月

コミックスで先生自身が「りぼんを読んでいた読者にはビックリすることをした」
というような内容の文章が書かれていましたが、
それはなんでしょうか??

小学生のときにリアムタイムでりぼんを読んでいましたが、
その時は暗くてつまらないマンガと思っていたので、
あまり覚えていないんです;

最後、アダムが主人公のような、アダムの世界になっていますが、
それはりぼんにはなかったとは思うのですが…。
これだけでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。

仕掛けは、本誌りぼんでの連載は、正輝がイギリスにアダムの墓参りに行った際の見開き2ページのところで終わっているんですが、単行本では、それ以降のエピソード、アダムの告白体のように綴られています。これが仕掛けです。まあ、書き下ろしってことですね。
当時、本誌を読んでいたので、単行本を読んだときは、本当におどろきました!

QNARUTOの登場人物に

キサメ、カガリ、タスクというキャラは出てきますか?

Aベストアンサー

キサメはいますね。干柿鬼鮫です。元霧の忍刀七人衆のひとりです。今は「暁」のメンバーです。
カガリはガンダムSEEDに出てたような気が・・・・

Q矢沢あいさんの「NANA」について質問なのですが(ネタバレあり)

19巻から登場しているギターを弾いている男の子はいったい誰と誰と子なのでしょう?

20巻でタクミのことをパパと呼んでますが、見た目はチビシンちゃんって感じですし レイラがギタリストの手と言ってますし誰の子でしょうか?

シン×レイラ? タクミ×レイラ? タクミ×ハチ?(ではないですよね~)それともレン??

みなさんはどう思われますか?

Aベストアンサー

タクミ×ハチだと思いますよ。
19巻までは謎でしたが、20巻を読んで考えると、彼は皐のお兄ちゃんってことじゃないですか?
つまりハチが妊娠している幸子=皐 ではなくて、
幸子=ギターの子(レン)で、そのあと生まれた妹が皐
そうするとレイラの「憎らしかったはずなのに」やタクミの「奈々が意地でも連れて帰る~」などの台詞とも辻褄が合うと思います。
「お兄ちゃん」という単語も出てきていましたし。

Q辻村深月さんの作品の登場人物について

ウィキペディアには、登場人物がリンクしていると書いてありましたが、具体的にどの作品の登場人物でしょうか?
それと、その登場人物の出ている作品で、何を先に読んだらいいかも教えてください。
お願いします!

Aベストアンサー

たとえば『冷たい校舎のときは止まる』の登場人物たちは、『ロードムービー』や『光待つ場所へ』に出演しています。『名前探しの放課後』の登場人物も、『光待つ場所へ』『ぼくのメジャースプーン』『凍りのくじら』『スロウハイツの神様』に登場するようです。くわしくはリンク先をご覧ください。
http://bookloid.com/midukit-link/
おすすめの「読む順番」も、同ページ(下の方)で紹介されています。

なお、登場人物の相関関係については、講談社ノベルスの公式ページにも図解がありますので、ご参照ください。
http://kodansha-novels.jp/1009/03/map.html

Q矢沢あいさんのNANA

今NANAにスゴクはまってるんですけど、私はその中でも1番ドラムのヤスが好きなんです。だからケータイの待ち受けをヤスにしようと思って画像を探していたのですが、見つかりません。どなたかご存知の方がいたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

googleのイメージ検索でキーワード「nana yasu」で、いくつか出てきますよ。

Q「戦争と平和」の登場人物を紹介してるページ

はじめまして。
mcurryです。
トルストイの「戦争と平和」を読みきろうとして
何度も挫折をしています。
登場人物が多いので覚えきれないためだと思います。

登場人物についての簡単な紹介や
人物の関係図?家系図みたいなものを
のせているサイトまたは本など
ありましたら教えてください。
(メインの登場人物だけでもいいです。)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サイトでも本でもありませんが、ソ連映画「戦争と平和」をビデオを見ることをお勧めします。

ソ連映画は原作に極めて忠実です。また、文字情報からは読み取りきれない当時のロシアの風俗・習慣・宗教を、本家本元の解釈に基く映像として提示してくれます。

ナターシャの社交界デビュー、アンドレイの戦死、モスクワ炎上、どれも印象的な映像です。

Q漫画家「矢沢あい」さんについて

漫画家の矢沢あいさんが
雑誌「りぼん」に連載漫画を描いていた頃、
描いてはいけないようなことを描いてしまい
「りぼん」から追い出されてしまったと聞きました。

どなたかこのことについて
詳しくご存知の方がいらっしゃれば教えて下さい。

お忙しいとは思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ちょうど私が学生の頃、矢沢あいさんが流行っていて「りぼん」から連載がなくなった時はショックだったのを覚えています。
おそらくなのですが「ご近所物語」という作品を描かれた際、主人公の2人が体の関係を持つ内容の話を描かれたことがありました。その際、一応、避妊具をモザイク的な描きかたにして「少女漫画なのでお見せできません(笑)」というような矢沢先生のコメントがあったかと思います。それが原因かどうかは分かりません(その後、「下弦の月」の連載があったし)が、この件が一時、問題になったという話は聞きました。確かに「りぼん」は小学生も読みますしね。
「りぼん」から離れた今、NANAなどでは明らかに性行為のシーンが増えていますよね(笑)

Q「残雪」は登場人物なのですか?

『大造じいさんとガン』という物語が、小学校5年生の国語の教科書に物語が載っています。
その物語に登場するガンの頭領「残雪」は、登場人物に数えていいのかということをお尋ねしたいのです。

質問の内容からお分かりいただけるかもしれませんが、私は小学校の教諭をしています。
上記の問題について、かなりの人数の同僚・同業の職員に尋ねてみましたが、すっきりした答えを得られません。
ネットで調べてみても様々な意見があって、そのどれもが納得のいくような説明を添えてくれていないように感じました。

「残雪」は人ではありませんが、物語で大変重要な役割を果たしている。
その条件で考えると、登場人物に数えてよいのかもしれません。

しかし、同じように考えると、「ハヤブサ」も登場人物になる。
その延長線上でとらえると、「大造じいさんに飼い慣らされたガン」も登場人物になる。
さらに他の意見としては、「その他のガン」もまた登場人物に数えるべきだという主張もあります。

そうなると、あまりにも範囲が広がりすぎているように思います。
では、どこで線を引けばよいのこかというのが分からないのです。

同じようなことを、宮沢賢治作の「やまなし」でも悩んでいます。
『大造じいさんとガン』で「残雪」や「ハヤブサ」が登場人物に入るのなら、
『やまなし』において「カワセミ」と「やまなし」も登場人物に入ることになります。

では、『モチモチの木』の「モチモチの木」は…?

詰まるところ、文学作品(教材)における“登場人物”の定義をどうとらえるかという問題になってくると思います。

よろしくお願いいたします。

『大造じいさんとガン』という物語が、小学校5年生の国語の教科書に物語が載っています。
その物語に登場するガンの頭領「残雪」は、登場人物に数えていいのかということをお尋ねしたいのです。

質問の内容からお分かりいただけるかもしれませんが、私は小学校の教諭をしています。
上記の問題について、かなりの人数の同僚・同業の職員に尋ねてみましたが、すっきりした答えを得られません。
ネットで調べてみても様々な意見があって、そのどれもが納得のいくような説明を添えてくれていないように感じました。
...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。教育現場それも最前線でのお仕事をなさっている方ならではの質問ですね?
国語という教科目で「文章理解の分野」は多分に難しい仕事の一つと言われています。「文章の理解」と「作品の理解」は別問題だからです。一定程度の学力をお持ちの子どもさんならば、質問者の意図としての「文章理解」と作者の意図の違いにも気付くはずですが、小学生ならばその様な区別を付けることもままならないのが現実でしょう。
 さて前置きは長くなりましたが、この作品を読んでみました。質問者様が「この作品に登場する人物」に挙げているのは「大造じいさん」「残雪」「その他のガン」「大造じいさんに飼い慣らされたガン」「ハヤブサ」(登場順)となります。
 けれども実際には他の「しりあいのかりゅうど」「わたし」「イノシシがりの人びと」「かりゅうどのだれ」などの「物語には登場しない人物」の名前を見つけることもできます。そして大切な点は「物語の展開との関係」で、それを示しているのは「誰が、何について語っているのか」を具体的に表す「言葉」です。
 これを「台詞」と読み替えるならば、児童の理解(論理的に物事を判断する力)を手助けする材料ともいえましょう。
 物語りの骨子は「大造じいさんが私に話した、三十五~六年前の雁狩りの思い出話」です。その物語に「残雪の台詞」が具体的に書かれているかといえば、一言も記されていません。全ては「大造じいさんが見たこと」「大造じいさんが想像したこと」で綴られています。つまり残雪は「物語を構成する上での重要な要素」ではあっても登場人物ではない、との結論になります。むろん、残雪がいなければこの物語は成り立たないことも前提にあります。もしここに「残雪の発した言葉」が一言でも具体的に記されていれば、話は別になります。
 危険を察知するために鳥が持っている本能やら、それに基づいた行動は「残雪」でなくとも他の雁であっても持ち合わせていることでしょう。ここで作者の椋鳩十さんが「敢えて残雪にこだわった」のは、大造じいさんにとって「残雪が格別の存在である」ことを言外に示している。それがなければ、大造じいさんの狩人生活はまた別のものになっていたかもしれないとの考えがあってのことかもしれません。
 こうした類例は他の児童文学にも数多くあります。たとえば新美南吉さんの『二匹の蛙』です。晩秋のある日に畑の真ん中でぱったりと出会った「二匹の蛙」が互いの肌の色を見比べて喧嘩になり、冬眠の後に改めてその姿を見直してみたら、互いの美しさに気付いて仲直りをした、との物語です。生物としての蛙が人間の言葉を話すことは常識的にはあり得ないことに属しますが、「物語の展開」から見たならば、互いの遣り取りが原因で喧嘩になり、それを収めたのもやはり「言葉」ですから、この物語を理解するには「蛙を登場人物」として扱うことが必要になります。

 一方『やまなし』ですが、この作品に登場するのは「蟹の兄弟」と「お父さんの蟹」です。その理由もおわかりでしょう。物語の中で「言葉の遣り取りをしている」のは蟹以外にはいないからであり、物語は「蟹の身の上に起きたこと」「蟹が見たこと」が骨子です。蟹の兄弟は自身以外の「他のもの」を見たことがなく、そうした未知のものが次々と目の前に表れる、とのいわばカルチャーショックを表した文章ともいえるでしょう。

 ただ物語には「独自の解釈」の余地も付きものですから、お子さんが解釈した物語の世界も大切にしてあげたいとのお気持ちも理解できる部分です。文学作品の理解に「正解はない」とも言われております。もし「物語の言葉」を一つの枠に押し留めてしまうならば、そうした行為は言葉を恃むこととの間に越えがたい溝を生み、言葉の生命を奪うことになるやもしれません。読み方には幾つもの可能性はあっても「定義付け」はあまり必要のない要素と考える次第です。
 

 こんにちは。教育現場それも最前線でのお仕事をなさっている方ならではの質問ですね?
国語という教科目で「文章理解の分野」は多分に難しい仕事の一つと言われています。「文章の理解」と「作品の理解」は別問題だからです。一定程度の学力をお持ちの子どもさんならば、質問者の意図としての「文章理解」と作者の意図の違いにも気付くはずですが、小学生ならばその様な区別を付けることもままならないのが現実でしょう。
 さて前置きは長くなりましたが、この作品を読んでみました。質問者様が「この作品に登...続きを読む

Q矢沢あいさんの ”天使なんかじゃない”について

私は、友達から矢沢あいさんの漫画で”NANA”を借りてハマリ、今更のように天使なんかじゃないを買って感動・・・・・!!でも 買うときに悩んだんです。
完全版で全4巻でているんですけど、あれは内容が違うんでしょうか?”完全版”
という言葉が気になって。もし、内容が違うなら購入したいんですけど。知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

両方持っているのですが、完全版は3分の1スペースとかが省かれています。
No.1の方がおっしゃっているとおり、表紙が書下ろしです。カバーをはずすとさらにイラストが…!?
書下ろしではないですが、ポストカードもついてます。
マンガの内容は同じです。
愛蔵版ってことなのではないかとおもいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報