水の中に気体が溶け込む時、その量は、気体の圧力に比例し、温度に反比例するという事で良いかと思うのですが、溶け込む速度についてはどうなんでしょうか?
単純に考えて、水と気体とが接触する表面積に比例すると思われますが、それ以外の要素はあるのでしょうか? 例えば触媒とか、振動などは?
ご存知の方、宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

あんまり詳しくないですが、思いついたので。



(見かけ上の)濃度差が、効いてきます。
同じ分圧でも、まっさらな水と、ある程度飽和状態の水では、
とけかたが違います。

# 難しく言うと、溶解速度は濃度勾配に比例する、です


それから、解ける速度は、接触面の単位面積当たり、で
表されるので、速度は表面積には比例しません(速度を表す
単位次第です)。

「振動」は、二つの面が有ります。表面が波立つことによって、
接触面積が増えるということ。もうひとつは、水の中の
濃度が均一になることで、静置する場合に比べて、濃度勾配が
大きくなることが期待できるということ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

濃度差ですか。 見落としていました。 納得です。

接触面の単位面積当りで溶解速度が表される… その通りでした。
定義からして認識が誤っていたようです。

振動、こんなところですか。 超音波で霧が発生したりするので何かあるかな~などと思っていたりしたのですが、やはりこの場合は話が別になりますよね…

参考になります。 ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/20 14:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ