人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

僕は今吹奏楽部に所属していてホルンを吹いています。
ピアノはやっていたのですが、ホルンは全く初心者でまだ一年もやっていないと思います。
しかし最近夏にやる全日本吹奏楽コンクールのための自由曲をやり始めたのですが、音域的に厳しい部分が頻繁に出てくるようになりました。
基本的に厳しいのはやはり高音域で、hiBまでは出るんですが、hiCは唇の状態が良くないと出にくく、曲中にでてくるhiDに限ってはもはや一か月に数回偶然で出るか、のような状態です。
どなたか具体的な音域拡張案を出してはいただけないでしょうか?

これは余り関係がないのですが、高音域になると、鼻からどうしても息が抜けてしまい、長い間音が保てなくなってしまいます。
レッスンの先生などにも聞いてもあんまりそういう経験がないらしく、鼻に関してはわからなかったらしいです。
どなたか同じような経験を持っている人はいますか?周りの先輩や友人に聞いてもみんなそんなことは起きたことがないといって具体的な解決案が見つかりません。

質問が多くてあれですが、よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

トランペットをしていますレッスンも受けているのですがぶっちゃけ体験としては


気持ち(自信と意志)と横隔膜の意識(腹筋というより下っ腹イメージが良いと思います)とやっぱ何より基礎練です!
始めて1年であと4ヶ月位あります。
ひたすら良い音を聞き同じ練習(私の場合ロングトーンの音階を毎日アップ練の後に3、4本(更に高音が欲しい時は内1本は必ず高めの音))の反復が利きます。高い音だけでなくついでに基礎力Upしましょ笑
音は自分の耳を鍛えて目標音の設定に良いですし
反復練習は日々の変化の実感と改善点を見つけ易いからです。
またペダルトーン練習の活用も良いかと。(これはロングトーンでなく音程差の練習ついでに)

プロが何回も高音をだせる理由として私の先生が良く言う台詞は『口は息の通り道であって力み過ぎもダメ適度な大きさ開いてあとは息のスピードと量で音程変えやがれ』だそうですд笑
あと始めたばかりなら毎回アップ前にちょいキツメのブレストレーニングの習慣をつけると良いですよ。
慣れるとブレストレーニングの後ちょっと慣らすだけでも調子を戻し易くもなりますし。

鼻の件ですが
ちょっと口に意識をもっていってみたらいかがでしょうか…??


あ高音の注意ですが意識が高く高くとなりすぎると音も上擦りがちですからそこ注意ですb
少しでも参考になったら幸ですm(..)m(汗
    • good
    • 0

手っ取り早く高音を出すには、下唇を巻くのがよいです。


上唇が下唇に少しのっかるというか、下唇を硬くするというか、
そんな状態の唇で吹けば簡単に高音が出ます。
(ただし、音色が変わってしまいます。また、このアンブシュアは
高音域専用なので、全音域をこのアンブシュアで吹くことはできません)

でもまじめにやるなら、シラブルを使うとよいかと。
つまり、低音域から高音域にかけて、舌の位置を上げていく。

こんなふうに↓

 低――――――――――――――高
   ア―――エ―――イ―――ヒ

またこのホームページにあるようなペダルトーンの練習や、
倍音で上がっていく練習も効果的。
http://www.jade.dti.ne.jp/~ebakos/warmup/play4.h …
(トランペットの楽譜のためin Bで書かれているので注意)

参考URL:http://www.jade.dti.ne.jp/~ebakos/warmup/play4.h …
    • good
    • 0

こんにちは。

おっさんです。

私は中学時代、ユーフォニアムを吹いていたんですが、ある日、遊びでトランペットを吹いてみたら簡単に高音が出てしまいました。
そして、僅か2~3日で、トランペット担当の人達よりうまくなってしまいました(←嫌な奴)。
Hi-G ぐらいまで楽勝。

高校ではトランペットに転向しました。

ユーフォニアムやトロンボーンのマウスピースのカップって、金管の中では唇の調節がいちばん簡単だと思います。
ですので、裏ワザ的ではありますが、ユーフォニアムかトロンボーンのマウスピースで、ホルンで出したい音程近くまで出せるように訓練すると、ホルンのマウスピースでも簡単に同じ音が出せるようになると思います。
おそらく、鼻から漏れるのも直るのではないかと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど・・・
hiGとはすごいですね!
とりあえず同級生のトロンボーンとユーフォのやつに貸してもらおうとおもいます(笑)
鼻から漏れる原因もなんとか頑張って探って解決していきたいと思います。
返答どうもありがとうございました!

お礼日時:2011/02/27 23:41

はじめまして。


私は中学から大学に入るまで(今は大学生で、家でたまに吹くくらい)です。
コンクールに出場したりしてはまり、大学もどこか有名な音楽科に入る!と、調子に乗り大阪フィルハーモニー交響楽団首席の先生の元に通っていました。(が、高3の始めに顎がダメになり今では幼い頃から習っていたピアノを続け、大学はいわゆる普通の大学に進んでいます^_^;)
そこで本題についてですが、私も高音が超苦手でした。
吹けば吹くほど、口が疲れ果てますよね(;_;)
高音なんて私には、、と、先生に伝えると、
腹筋を意識!
自分は高音は出るんだ!
という意気込みが必要となんともそのまんまな意見を言われました(;∀;
他には(こちらはちゃんと内容があります)、F管で自然倍音のリップスラーをチューニングのB♭から一音づつ増やしてすると良いよ!と言われ、ロングトーン、タンギングなどの後に毎日し続けると効果がバッチリでした。
とにかくリラックスして腹筋と複式呼吸を忘れず、柔らかい大きな息をホルンに繋げて下さい。
下手なアドバイスでしたが、ホルンほど深い管楽器はないので頑張って下さい(*^o^*)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧に体験談までありがとうございます!
これからちょっと意識してみようと思います!
これからコンクールや定演もあるので、頑張ってなんとかそれまでに音域を広げるよう努力します!

お礼日時:2011/02/27 23:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吹奏楽 金管楽器担当者の唇のバテ解消方法

吹奏楽の指導をしている者です。指導をしているといっても,専門的な知識はあまりないので教えて下さい。

トランペットを担当している生徒が,毎日の練習で唇がバテてしまったらしく,音が十分に出なくなってしまいました。特に高音はかすれた音ばかりで,まったくでません。本人もつらそうです。
コンクールが来週の土曜日にあるので,何とかバテを解消して,練習に取り組みたいのですが,唇のバテをなるべく早く解消する方法はありませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
吹奏楽の指導にもちょっとだけかかわったことがあります。今は吹奏楽関係者はコンクールシーズンで大変であろうとお察しします。

ちょっと前にも同じような質問があり,そちらにも回答していますので,よろしければご参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1532873

---
以下,先に挙げた質問の回答と重複する部分もありますが。

「バテ」というのは,通常は筋肉の疲労の事を指し,たいていは一晩できちんと回復します。今の生徒さんの状態は「バテ」ではなく,#2さんがおっしゃるように,疲労した状態で吹きすぎてバランスを崩したか,あるいは,唇の粘膜を痛めてしまっている,という状態だと思います。

まず,今の生徒さんの状態は,運動部で言うところの「けが・故障」に近い状態である事をご理解ください。今はとにかく,無理をさせないことが大事だと思います。特に指導者側からのプレッシャーは絶対に禁物です。出ない音を無理して吹かせない,というのは絶対に守ってください。粘膜の部分はデリケートですが,一方で回復も早いですから,あせらずに数日リラックスすれば,きっとかなりの部分回復すると思います。

コンクール間近であれもこれもやりたい,というのはお察しいたしますが,これは金管楽器奏法の本質的に関わる部分ですので,都合のよい特効薬はない,というところはご理解ください。

<以下,直接ご質問とは関係ないとは思いますが>
この時期,コンクールを目指す学校・団体は,どこも練習時間を長く取っていると思います。しかし,金管楽器奏者の唇は紛れもなく「消耗品」ですので,過剰な練習は禁物です。疲れて音が出なくなったら休む,というのは大原則です。耐久力(唇の筋力)をつけるためには,ある程度の負荷は必要ですが,それ以上は唇の粘膜を痛めたり,奏法のバランスを崩したり,と何もいい事はありません。
今さらかもしれませんが,必要以上に体(唇)をいじめない,というのは,本番直前のコンディション悪化を予防するための非常に重要なポイントですので,ご指導の際はお気をつけください。
本番当日の練習も,生徒さんの耐久力に応じて加減してください。

---
以上,長文失礼いたしました。ご参考になりましたら幸いです。
ご健闘お祈り申し上げます。

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
吹奏楽の指導にもちょっとだけかかわったことがあります。今は吹奏楽関係者はコンクールシーズンで大変であろうとお察しします。

ちょっと前にも同じような質問があり,そちらにも回答していますので,よろしければご参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1532873

---
以下,先に挙げた質問の回答と重複する部分もありますが。

「バテ」というのは,通常は筋肉の疲労の事を指し,たいていは一晩できちんと回復します。...続きを読む

Q吹奏楽 金管楽器で唇がはれた?!

初めて質問します。

現在高校でホルンを吹いています。
コンクールまであと1週間しかないのですが、唇が厚くなってしまい、どうも腫れてしまっているようなのです。
前までと同じ吹き方をしていても出てくるのは普段とは違う雰囲気の音・・・。
ハッキリした音が必要とされる曲なのでなんとかしたいのですが。
どなたか同じ経験をしたことはありませんか?
よければ対処法を教えてください!!

Aベストアンサー

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
そういえば今はコンクールシーズンですね。懐かしいです(笑)。

まず,余計なお世話かもしれませんが,
>腫れてしまっているようなのです。
>前までと同じ吹き方をしていても出てくるのは普段とは違う雰囲気の音・・・。
自分の体,音がきちんと観察できている事は素晴らしいことだと思いますが(それこそが上達への最大の鍵ですからね),本番が近くなって必要以上に神経質になっている可能性もないとは言えません。もう一度,自分の体の状態,吹き方,出てくる音を冷静に観察してみてください。ちょっとした調子の変動の範囲内の事が過剰に気になっているだけかもしれませんよ。

ただ,実際のところは,吹きすぎによる疲労が原因の可能性が高いと思います(もちろん,断定はできませんが)。私も同様の経験あります。

この時期,どうしても練習時間は長くなると思いますが,金管奏者の唇は「消耗品」ですので,疲労してしまったら休めるしか回復方法はありません。きちんと休息を取れば,すぐにコンディションは戻ると思います。また,回復を早めるには,#2さんがおっしゃっている「冷やす」は効果あると思います。
*ちなみに,またしても余計なお世話ですが,ある程度負荷をかけた練習は耐久力アップのために必要ですが,音が出なくなってしまってもしつこく練習を続けるのは逆効果です。

なお,練習後の疲労した唇は,粘膜が弱くなっていますので,場合によっては#1さんがおっしゃっているような状態にもなりかねません。日常の手入れにも気を配ってください。といっても,
 ・唇周辺についた汗や唾液をきれいにする
  (できればリップクリームくらいをつけておく)
 ・マウスピースも同様にきれいにする
くらいのことに気をつけていれば十分と思いますが。

もしも,原因が分からなくて&本番までに治るかどうか不安でしたら,今のうちに一度病院に行っておく事をお勧めします。大したことなくても,それが分かるだけでも気分的にはずいぶん楽になるでしょうし,ちょっとした腫れならば,薬で比較的簡単に治ると思います(これも私からは断定できませんが)。

---
長文失礼しました。素敵な音楽が楽しめるよう,がんばってくださいね!

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
そういえば今はコンクールシーズンですね。懐かしいです(笑)。

まず,余計なお世話かもしれませんが,
>腫れてしまっているようなのです。
>前までと同じ吹き方をしていても出てくるのは普段とは違う雰囲気の音・・・。
自分の体,音がきちんと観察できている事は素晴らしいことだと思いますが(それこそが上達への最大の鍵ですからね),本番が近くなって必要以上に神経質になっている可能性もないとは言えません。もう一度,自分の体の状態,吹...続きを読む

Qホルンの音がかすれる…

はじめまして!今高校1年で、訳あってトランペットからホルンに変わって半年目です。
早速相談なのですが、今ホルンのパートには先輩がいないので、ユーウホニアムと一緒に基礎練習をしています。なのでチューニングB♭からオクターブ下のB♭の音域で練習しています。
これってホルンには低すぎてあまりよくないんですよね?

そのせいだけではないとは思いますが、高音域がかなり苦手です…。
五線譜内のドの音が綺麗に出せる音の限界で、そこから上はもうカスカスで、曲で出てくるとかなり苦労します。
吹きすぎるとそのドの音さええも力んでしまう始末で…

しかもホルンらしい音がしなくて、どっちかと言うとトロンボーンみたいな音がするんです(たまに音が割れる時がある)

高音域とも言いがたいような基礎的な音なんですが、本当に悩んでいます。
せめて上のファまでは出せるようにしたいんです!
どうかアドバイスよろしくお願いします!

Aベストアンサー

ロングトーン、リップスラー、音階などを吹きながら、唇の感じや力の入れ方を覚えていきます。
(1)力任せに吹かない。
(2)高音域では、唇の振動している部分を小さくする。
(3)高音域では、息の圧力を高める。
(4)細い穴から勢いよく息が出るイメージで。
(5)いつも唇が気持ちよく振動するイメージで。
(6)あまり強く楽器を唇におしつけない。
普段使わない筋肉を使うので、慣れとコツが必要です。気長に地道に練習するといつのまにか音域が広がっていくと思います。
ホルンは音域が特に広いので、そこが魅力でもあるし、難しいところでもありますね。
うまくいきますように。

Qホルンのプロテクターについて…

ホルンのプロテクターに付いて質問です。

先日YAMAHAのYHR-668を購入して使っています。
今まで使っていた楽器が古い学校楽器でシングルだったので
凄く軽かったのですがダブルに成って凄く重たくなり
もともと手も小さいので左手がうっ血してしまいます。

そこで値段も安いのでプロテクターを購入しようと思っているのですが、
色々調べていたら
「響きが失われる」
など書いてあったのですが
やはり響きは悪くなるんでしょうか?
本番などの発表の場では付けない方が良いでしょうか?
また練習でプロテクターを付けていて本番は外すという場合
やはり本番は右手が持たなかったりすると思いますか?

分かる範囲で良いので
回答お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

 プロテクターを使ったことはありませんが、「響きは悪くなる」といっても程度問題で、プロが最高の響きを求めるレベルでは多少の影響があるのかもしれませんが、アマチュアのレベルでは個人差の範囲以下かと思います。
 それよりも、楽器を満足に構えられないという方が大きな問題です。「楽器を構える」という負担のために、演奏に注ぐべきエネルギーや注意力が失われているなら、それを取り除くことの方がメリットが大きいと思います。
 練習のとき付けるなら、本番も同じコンディションにするため、付けたままの方が良いと思います。

 プロテクター以外に、手が小さいのであれば、小指の指かけの位置を変えることも考えた方が良いかもしれません。一度楽器店に相談してみてはどうでしょうか。
 ↓ 参考までに、ヤマハのホルンQ&A(3番目のQを見てください)。

http://www.yamahamusic.jp/shop/ginza/p/hrqa


人気Q&Aランキング